ARCHIVES















    • Contemporary Art 2.012展
      記事掲載
















  • メーガン・マークルさんと星の王子さま
    180410-10.jpg

    ドローイング・色鉛筆 36cmx25cm 2018年


    ハリー王子こと、女王エリザベス2世の孫、ウェールズ公チャールズとダイアナ妃の次男ヘンリー・オブ・ウェールズ王子が、めでたく5月に結婚するそうです!

    お相手は、なんとあの米女優のメーガン・マークル!

    といってもマークルさんと聞いても、ピンとこないひとがほとんどではないでしょうか?!

    自分は、どこかでみたことあるな〜と、最初から?でした。誰だっけ〜?

    なんと彼女は、米テレビドラマ『スーツ』で重要な役どころを演じていたのでした!

    マークルさんは、ドラマの舞台になった法律事務所につとめるパラリーガル役(弁護士アシスタント)で、肉感バディのエキゾチックな個性を振りまいていたのが印象的でした。

    ドラマ・スーツとは、ハゲタカファンド並の強引なやり口で金儲けに突っ走るニューヨークの法律事務所を舞台にした、アメリカならではの弱肉強食ドラマです。

    なにせハーバード大の成績優秀な卒業生しか人間として認めず、企業買収、民事訴訟で金をどれだけふんだくれるかで、その人間の価値が決まるという露骨なストーリー。

    そんなドラマ・スーツは、高級スーツを身にまとう人たちが、マンハッタンの超豪華なマンションや豪邸に住み、パーティざんまいの大金持ちの人たちが繰り広げる容赦のない拝金主義のドギツイ演出です。

    これがアメリカ人の上昇志向には合っているようで、かなりの人気を博しているのだそうです。それが証拠に、シーズン9までは続くことがわかっています。

    ちなみにマークルさんは結婚がためにドラマから降板するそうです。

    ここ数年、アメリカのテレビドラマは秀逸なものが多い。

    どれもテンポがとてもスピーディだし、役者の個性も存分に発揮しているし、脚本がとても練り上げられているのです。

    他にも『グリム』というグリム童話をもじったドラマは、妖怪、悪魔、魔女は実在しているとの設定でこれも人間の悪魔の部分と重なっていて面白い。

    『フリンジ』は、非主流科学者を主人公に、マルチバース(この世界は複数存在している説)な世界を舞台に、怪現象を解明する設定で、先端物理の知識も織り交ぜ、興味がつきない。

    ハリウッドの大作映画も、そろそろ過渡期ではないでしょうか?

    こんなドラマのひとつをとっても、面白い!と思ってしまうのは、やはり考えつかない設定だったり、ストーリーだったりしたものなのです。

    つまり、創造、クリエイティビティがあるものなのです。

    創造力は、神がひとに授けた最高のギフトではないでしょうか!

    180410-pyonchun.jpg

    「小平奈緒ちゃんとユズル君」ドローイング・鉛筆 36cmx25cm 2018年


    ふと自分は、サン・テグジュベリの『星の王子さま』を読んでいないことに気づき、図書館で借りました。

    すぐに読める簡単な読み物でしたが、内容が想像と違ってました。

    童話というよりも、箴言集か、仏様の説教集とも思わせる、意味ぶかさにはっとさせられました。

    さすがフランス的教養ですが、こういう思考回路をもった、サン=テグジュべリさんの表現力、創造力にはアッパレ!拍手です。

    さて、自分は、この創造力のあるものを見分ける感性はあると自負できるのですが、いざ作り出す段階になると、急に頭が固くなってしまうのです。

    なんなんでしょう? この見えない壁は?

    やっとこの年になって、ほんのちょっと、その原因がわかったような気もします。

    もう遅いってか。。。

    いや遅くない!まだ間に合う!がんばれ〜〜〜汗汗汗涙涙涙

    180410-09.jpg

    ドローイング・色鉛筆 36cmx25cm 2018年

    180421_IMG_3946.jpg

    新国立競技場建築現場(2018年4月21日)
    HORMONE SEKINE OFFICIAL SITE | comments(0) | trackbacks(0) |
    Tokyo Olympic Studium timeline - 新国立競技場フォトブック
    文書改竄・隠ぺい祭で大にぎわいだ。

    タガがはずれたとしかいいようがない。

    こんな政府にこの日本を、私たち国民を託してもいいのだろうか?ちゃんと守ってくれるのだろうか?

    消費税や所得税もろもろ税金払うのが腹立たしい!!!!

    いまだ健康保険料が払えず、もう無保険だ。病気になったら気力で直すしかない、、、涙

    てなことで、東京オリンピックまであと2年。

    どーでもいいけど、新国立競技場の建設現場の変わりようを中間報告。

    亡きザハ・ハディト氏のコンペ当選案、でも流れたのは記憶に新しい?!
    02.jpg

    03.jpg


    2014年7月7日 競技場取壊し反対のデモ
    IMG_1042.jpg

    IMG_1050.jpg


    2014年6月1日国立競技場お別れセレモニー。入り口の看板 ナチ ○ ナル スタジアムかよ!ブラックジョークでもヤバいだろ〜〜〜〜
    IMG_0879.jpg

    IMG_0934.jpg

    旧国立競技場内部通路。デザインは好きでした。
    IMG_0915.jpg


    2015年1月14日
    IMG_1947.jpg

    2015年5月16日
    イメージ 2.jpg

    2015年8月24日
    KC4H0004-2.jpg

    2017年4月29日
    170424_st03.jpg

    2017年7月17日、こっからは早いぞ、どんどん上物が作られていく!
    170711-03.jpg

    2017年8月12日
    171003-03.jpg

    2017年10月24日
    171023_03.jpg

    2017年12月26日
    171223_02.jpg

    2018年1月18日
    1811_IMG_3598.jpg

    現在の新国立競技場建設現場 2018年4月9日
    180409IMG_3930.jpg

    2018年4月9日
    180409IMG_3942.jpg

    このスピードだと、2020年には間に合うのだろうな。

    そのかわり過酷な労働環境は、たびたび問題になっている。事故がないように十分気をつけて!
    HORMONE SEKINE OFFICIAL SITE | comments(0) | trackbacks(0) |
    祝1万アクセス!とブロックチェーン革命の続き
    180327-s01.jpg

    「祝1万アクセス!」ドローイング・色鉛筆 36cmx25cm 2018年


    なぜかいくつかアップしているあおひと君Youtube動画のなかで、下に添付した動画だけがブレイク中!

    2009年、西麻布交差点にあったクラブでやったパフォーマンス。

    それが2年前?くらいからアクセスが急増。

    といってもユーチューバーたちとは比べ物にならないけど、とてもマイナーな現代美術で、とうとう1万アクセスを達成。

    さらにさらに驚くことが!

    なんとそのアクセス、インドから9割、1割がサウジアラビア、アラブ首長国連邦なのだ????



    う〜ん、なぜかわからない。。。汗

    ナマステ、シュクランです!

    さて本題、前回のブログの「これからの世界を変えるブロックチェーン」について、もう少し自分の考えを書きます。

    あくまでもど素人の妄想ですのでご注意を!

    現在、お金(通貨)が人間の活動すべてを司っていることに異論はないと思う。

    戦争も貧困も、個人の悩みの健康もお金はかならず関与する。お金持ちなら、自分の寿命さえ伸ばすことができてしまう。

    そんな人生に絶大な影響力をおよぼすお金。

    このお金は、金の価値の裏づけがあったから信用された。

    以前は、1万円札と同等の金の現物と交換できた。

    そして、ニクソンのドルショック(為替変動制1973年)から現在、金の価値から国(中央銀行)が代替して、通貨の価値を保つようになった。

    ブロックチェーンは、その信用=通貨の価値を、なんとトランザクションがとって変わるというのだ。

    ウイキペディアによると、トランザクション(transaction)とは、

    「データベース管理システム(または類似のシステム)内で実行される、分けることのできない一連の情報処理の単位である。トランザクション内では、ユーザインタフェース、アプリケーションプログラム、永続性記憶資源、各種I/Oが実行される」という。

    難しい。

    自分もポワ〜んと、あいまいもこみちだ。

    180326_0593.jpg

    新国立競技場建設現場 2018年3月26日


    ところで、国の信用の裏づけの1つは、経済力だ。

    経済力があれば、税金も増え、国民を守るための財政も保て、国民も国を信用できる。

    一種の互助会みたいなもの(今、日本のトップはそれを私物化している)。

    その経済力とは、どんだけ物やサービスがやりとりされているかの総量だ(いわゆるGDP)。

    それがその国のお金の信用を支えている。

    話は変わってブロックチェーンは、分散型台帳技術といい、同じ取引台帳を、膨大な不特定多数のところに保存する方法だ。

    と言われても、ピンとこないと思います。

    一度、記録された取引データは、取引もしくは時間ごと(ビットコインだと10分おき)に積み上げられていくのがブロックチェーンの基本形。

    すると今、巷をにぎわす改ざんも、廃棄処理もできないことになる。

    なぜなら取引データが、不特定多数の膨大な同じ取引記録として残っているうえ、枝分かれして増えているから。

    なんかDNAみたいだ。

    もし悪さをしようとするなら、その膨大な不特定多数の帳簿の51%以上を探しだし、一気に暗号化された膨大なデータを解読し、修正しなければならない。

    さらに、修正する間にどんどん、新たな記録が増えてしまい、結局、不可能だというのが、現在の定説になっている。

    もちろん記録が保管されている世界中のすべてのサーバーが破壊されれば話は別だけど、それはイコール人類の破滅なようなことだから別に問題はない。

    つまり、改変できない記録だから、信用していい、イコール価値が生まれ、価値があるからお金の価値にも代用できる。

    という理屈らしい。

    180327-s02.jpg

    ドローイング・色鉛筆 36cmx25cm 2018年


    これって資本主義を変えないか?

    通貨(お金)の裏づけだった国の経済力から、コミット(やり取り)された情報量の過多に差し代わる。

    現状は、物やサービスの交換がなければならなかったのが、イイネ!とコミットするだけになるのだ。

    されにそのコミットさえ多くできれば、誰がやろうと関係なく、権威も優劣も入り込む余地はない。

    それが革命的だと思うのは、中央集権的覇権から、分散型覇権になるということにある。

    つまり国力といわれるGDPより、より多くのコミット(参加)があればあるほど、その国は価値があるとなれば、原発やめて、軍隊も小規模にして、たくさんの情報アクセスがあり、観光客がくるようにすればいい。

    でも人間、それを武力で破壊しようとするんだよね、あーなんという愚かな生き物なんだ!

    正直、まだまだ不明瞭なところがたくさんあって、どうなるかはわからない。

    ちなみに仮想通貨でたびたび起こる事件は、ブロックチェーンのシステムそのものには関係ない。

    銀行強盗されたからって、銀行はダメージくらうけど、その盗まれたお金の価値基準には影響しないのと同じ。

    とにかく、まだまだ投資的意味合いが強いので、貧乏、金持ちの差は出るし、マスメディアや広告宣伝の影響力を否めないが、システムがもっと成熟すれば、既存の中央集権的権力の影響力も衰えるのではないだろうか?と期待しちゃいます。

    正直、今の世界って、一部の富裕層が牛耳っている、地球的社会主義、共産主義と変わらない。

    いくらネトウヨたちが、パヨクを社会主義、共産主義だと罵倒したって、もう似たような状況にいるじゃぁないか。

    そういう昔の封建制、今の「金的」中央集権体制が崩れるんじゃないか、と少しは期待します!


    180326_0591.jpg

    新国立競技場建設現場 2018年3月26日
    HORMONE SEKINE OFFICIAL SITE | comments(0) | trackbacks(0) |
    ブロックチェーンが世界を変える!
    180324-1.jpg

    無題・ドローイング・色鉛筆 36cmx25cm 2018年


    今年の冬は、メチャ寒くて温暖化は陰謀論だ!と思っていたら、

    もう関東地方では、サクラが満開だ。なんじゃこりゃ?

    近くのサクラも、うすピンクの花をみごとに咲かせているのにびっくり。

    森友学園問題、東京都迷惑条例改悪とあいかわらず政治は、機能せず。

    もう安倍さん辞めてくれ!

    ところで、なぜ勤め人の賃金があがらないのか?

    経営者、株主ばかりに富が集まってしまうのか?

    その理由について、目からウロコな説明を読んだ。

    雇われ人たちの賃金が上がると、使う金が増えてインフレになる。

    インフレを押さえようと長期債権などの金利があがる。

    するとお金が、株から国債などに流れてしまい、株価は下がる。

    株主・経営者はそれでは困る。

    という理屈で賃金は上がらないそうだ。

    そんな簡単なことではないだろうが、納得させられる。

    つまり資本家の力のほうが国とか公的機関より支配力があるのだ。

    だから戦争だって起こらないとは限らない。

    武器を消費し、資材の供給で潤い、復興ビジネスも待っている。

    企業家・大株主たちは、戦争の被害が及ばないところに逃げるだけ。

    以前は、国のほうが力があったから、それこそ国民すべてのためという国VS国の戦争だった。

    ところが今は、国なんて富裕層たちにとっては第一義じゃない。自分たちが心地よいいところに住むことができるので、国はあまり関係ない。(もちろん愛国者的な企業家もいっぱいいます。おかきの播磨屋サンとか・・・)

    このままではどんどん格差は広がるばかりじゃないか、、、、

    と思いきや、もしかするとブロックチェーンが、その貧困の連鎖をぶっつぶすかもしれない!


    180324-2.jpg

    無題・ドローイング・色鉛筆 36cmx25cm 2018年


    原発再稼働やら輸出とか、迷惑条例改悪、改憲で騒いでいるすきに、ちゃくちゃくとブロックチェーンのイノベーションは進んでいる。

    難しい話はおいといて、ブロックチェーンのシステムはまさにパラダイムシフト(価値感の転換)だ。

    おそらくほとんどの人はビットコインなどの仮想通貨、暗号通貨のことで、ネガティブな印象を持つ人が多いと思う。

    仮想通貨は、ブロックチェーンという仕組みを利用したひとつの商品にすぎない。

    本来のブロックチェーンの仕組みは、グーグル、Amazon、安倍政権、どれも中央集権=独裁の典型だけど、それが機能しなくなるかもしれないのが、ブロックチェーンだ。

    それこそ森友学園の文書改ざんなんて、ぜったいできなくなる。

    ネット投票も可能になるから、確実に投票率は上がるだろう。90%近くになることだって不可能じゃない。

    あとグーグルの検索に悩まされることもなくなるし、アフリカの僻地にいるアーティストでも、ネットにつながったパソコンがあって動かせれば、食っていけるようになる可能性大!

    世間じゃあ、AI(人工知能)ばかりを喧伝するが、ブロックチェーン技術のほうがよっぽど衝撃的だ。

    でも政府も大企業もブロックチェーンが、社会に認知されたら自分たち、既得権益を持っている者たちは、潰されるので隠しているのじゃないだろうか?と勘ぐるほどスゴイことだと思っています。

    日本はガラパゴスもひどいもんだが、例えばアーティストたちには、ujomusicがある。

    もうプロダクションを通したり、JASRACなど著作権管理会社もいらない。

    直接、投げ銭を稼ぐストリートミュージシャンのようなことが、ネットを通して世界中で24時間ぶっ続けで永遠とできる。
    https://ujomusic.com

    そこで、Youtubeと違うのは、著作権の契約も、一個人とアーティストで個々に結んでしまうのだ。そして投げ銭した人にもお返しで利益がでるからすごい!

    フェイスブックのイイネのようでも、steemitというブロックチェーンSNSでは、イイネをしてもされても課金される。

    今、日本では、日本人開発のアイリスがある。

    今年中くらいをメドに稼働させるという。

    ある意味、仕事の仕方も社会のシステムもすべて変わってしまうほど破壊力があるとも思っている。

    だって戸籍も住民票も役所が一元管理していたことを、世界中の一人一人の個人がやるようになる。

    そして管理する人たちには、賃金が払われるのだ。つまり税金だ。

    今の安倍政権のように友だちだけじゃなくても、税金が払われるのだ。

    すごくない!

    もちろんデータは膨大になるし暗号化も高度だし、言葉も違うし個人情報を引き出すなんて、できないし、やる意味がない。

    1人が悪事をしても、同じ情報は何十億の人たちが持っているからすぐにバレるし、修復もあっという間だ。

    スマホの普及もあっという間だったから、20年後くらいになると、どうなっているかわからないぞ!


    180324-4.jpg

    無題・ドローイング・紙に色鉛筆 36cmx25cm 2018年
    HORMONE SEKINE OFFICIAL SITE | comments(0) | trackbacks(0) |
    モリカケのりたま
    180312_IMG_0578.jpg

    新国立競技場建設現場(2018年3月12日)


    財務省の文書改ざんが明らかになった。

    朝日新聞がスクープをしたのも、このままじゃあ、マジ、安倍総理に会社を潰されると危機感を持ったのではないだろうか?

    それとも新聞社にわずかに残った矜持が奮い立たせたのだろうか?

    てか、まともなジャーナリズムだったら、日常茶飯事にこんなスクープは飛びかっていたはずだ。

    歳とると、困ったもので、いつも過去と見比べる習慣が根付いてしまう。

    昔はよかった、昔はこうじゃなかった、自分たちは昔だったら、こうした、などなど。

    でも〜〜〜

    やっぱり今の日本はおかしいよ!!!!

    テレビやネットじゃ、世界のいい評価だけを探しだし、てんこもりに日本自慢を並び立て、日本人とジャパンはスゴイ!と外国人たちに褒め言葉を言わせまくり、

    でも日本人のトップの頭脳集団連中は、法律を守らない、私利私欲でキリキリまい。

    せっかくのイノベーションで成功できるはずの、再生可能エネルギーやEV(電気自動車)や、IT業界では中国、欧米のはるか後ろにおいてきぼりだ。

    かたや日本は、原発を世界に売るという、悲しいくらいのみすぼらしさ。

    なぜなら権力者の頭の程度と、それにぶら下がる監督省庁の忖度がおおいなる障壁になっているのだ。

    TPPも加盟したそうだから、これは交易障壁で取払ってもらいたいぐらいだ。

    180312_IMG_3866.jpg

    新国立競技場建設現場(2018年3月12日)


    矛盾がひどすぎる!

    文科省は、前川前文科事務次官の講演をチェックするし、太もも展、百合展も自主規制で、場所変えるし、それでも東京オリンピックに乗じた日本大宣伝でアート業界も、わずかなおこぼれを拾うように、イベントやら熱気は高まっている。

    でも公序良俗は御法度だ。エロ系、思想系、政治系はNG。

    それをしたいと、助成金のたぐいはない。

    今となっては、逮捕もあり得る恐ろしい時代だ。

    日本は、新自由資本主義を目指しながらも、政府がすべてをコントロールする。それって本末顛倒。

    新自由主義は自己責任で、政府の規制は最小限にすることだ。

    ところが日本はその逆を行く。唯一法人税だけの値下げ。

    あとはメチャ上納金をとりたて、口を挟み、行く手を邪魔し、挙げ句の果てには、ここぞとばかり、使えない役人の天下り先にしろと、規制を振りかざし脅す。

    つまり新自由主義と名前だけの、全体主義、独裁国家作りに他ならない。

    欧米の現代アートは、確かに新自由主義の典型的な商材になっているが、思想、宗教、エロの背景がなければ見向きもされない。

    工芸だったら技術と美しさで評価はされるかもしれないが、あくまでも骨董品みたいなもの。

    ところがゲンダイアートは、リアルタイムと未来に対する、思想、哲学的な自由な探求心の結果を評価するからだ。


    180312_IMG_0576.jpg

    新国立競技場建設現場(2018年3月12日)
    HORMONE SEKINE OFFICIAL SITE | comments(0) | trackbacks(0) |