ARCHIVES















    • Contemporary Art 2.012展
      記事掲載
















  • ジャパン・ボイコット
    街も4月に入り、少しだけ活気を帯びるようになってきた。

    今日も銀座へ知り合いの展覧会を見に行った。

    でも夜はすっかり様相が変わった。

    暗い。

    パリなどのヨーロッパの大きな都市の夜に比べればまだ明るいンじゃない?

    ところで瞳の色のせいで我々黄色人種の日本人は白人種より夜は暗くなるそうだ。

    今週末は都知事選投票日だ。

    立候補者の声が何も届いてこない。

    こんなんでいいの?

    四年間の都税を任せていいのだろうか?

    海外の人たちはすぐに日本を離れろ、とか言うが、そう簡単に移住なんてできないし、この世界不況では言葉も文化も違うのに仕事もないだろう。

    人生最後は原発の復旧作業で全うしてもいいかもしれない。

    オヤジが一番、放射能に強いそうだ。

    ところで震災直後、暴動も略奪もなくパニックにならない日本人の沈着冷静な行動は世界から絶賛された。

    自分も自転車で走り回ったがクラクションひとつ鳴らさず何時間も渋滞に耐えていた光景に感動した。

    こんな素晴らしい行動ができる日本人。

    それは我々はロボット化されてしまった?!のかも?!

    親の言うこと、先生の言うことに疑うことをまったくせず素直に従う人格形成された結果?!

    二宮尊徳を尊び、おしんに涙し、自己犠牲、貧乏礼拝、人徳尊重。

    でも、それは怖いかもしれない。

    嫌われたり怒られることに免疫のない日本人。

    議論をさせない教育。意見の言う必要のない教育。

    ごねればごねるほど声は大きければ大きいほどよく通る。

    政府、東電への抗議デモはほとんど小さい規模で終わっている。

    もちろんマスコミは報道しない。

    でも100万人になれば?

    だんだん月日がたって海外から自己主張のできない腑抜け国民と、同情が罵倒に変わっていくかもしれない。

    なにしろ西海岸ではすでに放射能で騒いでいる。

    早くしないとジャパン・ボイコットだ。
    HORMONE SEKINE OFFICIAL SITE | comments(0) | trackbacks(0) |
    <<ウォーホール | がんばらない、ニッポン! >>