ARCHIVES















    • Contemporary Art 2.012展
      記事掲載
















  • 浮世絵
    今日は本格的な雨。

    先回、せっかくの花見が中止になった4月9日以来だ。

    都内の放射線量計測値を一時間ごとに発表しているサイトをチェック。

    http://radiation.goo.ne.jp/

    マイクロシーベルトだかミリシーベルトと単位がわからない。

    それも一時間の線量やら年間量やら情報は統一されていない。

    ほかにもグレイとかベクレルとかいろいろあって???

    東京は今のところそれほど線量は高くない。

    スーパーなどでコンブとか海草類を見て安かったら手が伸びる。

    でもマスコミは報道しなかったらしいが、米ソ冷戦時代の核実験真っ盛りの頃はもっと日本にも放射能が流れてきて汚染されていたようだ。

    世界でこんなに放射能に攻撃されている国はアリエナイふぉっくす。

    ゴジラ、アトム、ミニラ、カネゴン。

    きっと日本人は今から放射線への耐性を遺伝子レベルで獲得していて最後まで生き残るのだろう。

    ところでぐぐっと話は変わるが、節電のためかコンビニの肉まん・あんまんの保温機売りが無くなっていた。

    年に何回か急に、KFCもそうだが、あんまんが食いたくなる。

    今日もそうだった。

    ところがいつもレジ前にあった井村屋のベンダーがない。

    やっと何軒目のコンビニで発見。

    たまに手がけるライターのお仕事に日本画関連の取材がある。

    日本画としてフレーミングせず、いい絵はいい!というスタンスだけど興味はあるし好きな絵描きもいる。

    ところで御用絵師狩野派、土佐派、琳派などいろいろあるが、なぜ浮世絵が独自の系譜をたどったか。

    当時の差別意識が大きくかかわっているそうだ。

    サムライの血筋をひく者も多かった絵描きだったが役者は河原乞食。

    今で言う同和問題。

    当時の常識では士農工商以外を対象にすることは御法度だった。

    ところが戦国の世も終わり庶民生活も安泰すると歌舞伎など芸能が人気を博する。

    でも役者はそもそも被差別階級。

    もちろんご用絵師は見向きもしないし、描きたくても出来ない。

    でも浮世絵師はそういうこだわりがない。売れてなんぼ。

    狩野博幸氏によると写楽の謎の絵師と言われる理由もそこにあるという。

    ところで浮世絵の評価は海外から興った。

    アートの本質が覗いている。

    浮世絵は表現の価値観を変えているのだ。

    いまアカデミックな現代美術界が歯牙にもかけない世界とは?

    被差別社会とは?

    アートにふさわしくない世界とは?

    あまりにも自由になり何でもOKだと錯覚する。

    でも日本にはまだまだタブーもしがらみもたくさん隠されている。

    もちろんあおひと君のロング○ニスも微妙だけど。
    th_coexist.jpg
    HORMONE SEKINE OFFICIAL SITE | comments(0) | trackbacks(0) |
    <<震災ウツ | ウォーホール >>