Deprecated: Assigning the return value of new by reference is deprecated in /home/users/2/kilo.jp-superblue/web/aohitokun/class/View.php on line 25

Deprecated: Assigning the return value of new by reference is deprecated in /home/users/2/kilo.jp-superblue/web/aohitokun/class/View.php on line 30

Warning: Cannot modify header information - headers already sent by (output started at /home/users/2/kilo.jp-superblue/web/aohitokun/class/View.php:25) in /home/users/2/kilo.jp-superblue/web/aohitokun/class/View.php on line 81
あおひと君ブログ::肉体のアナーキズム
ARCHIVES















    • Contemporary Art 2.012展
      記事掲載
















  • 肉体のアナーキズム
    スウェーデンから戻ってすでに1ヶ月が過ぎようとしている。

    時の経つのが加速度がついて速くなる。

    このままいけば光の速度に近くなって永遠に存在できてしまうのかもしれない。

    今「肉体のアナーキズム」(黒ダライ児著、グラムブックス)を読んでいる。

    黒ダライ児、かっこいいペンネームだなぁ。。。ホルモン関根は。。。。;_;

    アンビートというグループを組んで破天荒な活動をしていた中島画伯も本著に頻繁に登場している。



    ヘルシンボリのお宅でもいろいろ当時の記録など見せてもらったが、とにかく中島画伯以外にも60年代の日本はハンパじゃなかった。

    sweden36-09-021.jpg
    中島氏のソ連でのパフォーマンス。パナマレンコが撮影、サインがある。彼はオークションでこれを買い戻したのだと言う。

    当時、安保闘争があって高度経済成長があってオリンピック、万博と敗戦の焼け野原から、日本の復興で夢と希望が臨界状態だったから、超ウルトラパワーを発している。

    自分はその後の世代で神田に実家があったものだから小さい頃よく学生運動で街が騒然となっていた光景を覚えている。

    幼稚園、小学校と臨時休校になったり、友だちの家が小川町の交差点で喫茶店を経営してて逃げてきた学生と追っかける警察で騒然となったり、機動隊との衝突を見に行って催涙ガスの強烈な痛さに逃げて帰ってきたりした。

    現在、ネットを通していろいろ暴露されつつある情報を知る限り、力道山も安保も岸も佐藤栄作内閣も植民地政策の一環で仕組まれていたと思うとあの60年代は何だったんだろう。

    正義だ、愛だ、信念だと疑わなかった自分が、大きな策略に仕組まれ踊らされていた、と知った時、どういう気持ちなんだろう。

    ところでその本の話に戻ると、戦後1955年から70年、万博までの期間で主にパフォーマンス芸術にスポットライトを当て膨大な取材と調査をもとに書かれている。この労作、電話帳なみの厚みがあるのだ。

    画像資料もよく集められたものと関心する。今のように写メがあるわけでもなく安いデジタルカメラがあったわけではないので記録がないのだ。

    上昇志向ばかりのアート業界の中でこういう地味でニュースバリューも少なく、まして有名にも金持ちにもなれる希望のかけらもない(?)仕事を成し遂げた黒ダライ児氏の情熱に頭が下がる。

    とにかく60年代は何でもモハメド・アリだった。

    中島画伯が18、9の頃、アンビートのメンバーたちと駅のホームで何かやろうと企んでいたら、彼は居ても立ってもいられず、自らホームから線路に飛び降り山手線を止めて、大事になったことも記述してあった。

    sweden34-09-203.jpg
    いまでも当時のままのパフォーマー!

    そのとき中島画伯は目覚めたのだと語っていた。こんな自分でも注目されるのだ!と感動したのだという。このときから路上や読売アンパンなど64年渡欧するまでメチャクチャなハプニング活動をはじめる。渡欧してからはもっと過激になりオランダ、ベルギーなど国外退去をくらっているから筋金入り。

    読み進んでいくと、エログロなんでもありきでパフォーマーと言う自分が恥ずかしくなるくらいだ。ほとんどのネタが出尽くしている。

    パンツを6枚重ねて履いて一枚づつ脱ぎ、最後のパンツは刻んでオムレツにした、とか舞台で排便してみせ、それをリンゴになすりつけ客席に投げる、とかホルマリンみたいな劇薬を会場にまき散らす、火を付ける、オナニーを見せる、路上でセックスする、などなど。

    当然、過去は過ぎ去ったことで同じことを繰り返すことはありえず、形を変え進化しなくてはならない。(このあたりのセントラルドグマも考察対象だが)

    しかしこれほどまでにアートに対して真摯で純粋な取っ組み合いは、現在周りを見回すといかがなものか?

    sweden34-09-255.jpg
    HORMONE SEKINE OFFICIAL SITE | comments(0) | trackbacks(0) |
    <<玉三郎とゼロ次元 | スカンジナビア滞在記 その3 >>