Deprecated: Assigning the return value of new by reference is deprecated in /home/users/2/kilo.jp-superblue/web/aohitokun/class/View.php on line 25

Deprecated: Assigning the return value of new by reference is deprecated in /home/users/2/kilo.jp-superblue/web/aohitokun/class/View.php on line 30

Warning: Cannot modify header information - headers already sent by (output started at /home/users/2/kilo.jp-superblue/web/aohitokun/class/View.php:25) in /home/users/2/kilo.jp-superblue/web/aohitokun/class/View.php on line 81
あおひと君ブログ::ヘルマン・ニッチェの記事
ARCHIVES















    • Contemporary Art 2.012展
      記事掲載
















  • ヘルマン・ニッチェの記事
    先月の月刊誌『ナイルス・ナイル』10月号にオーストリアの現代美術家ヘルマン・ニッチェについて原稿とイラストを書きましたです。

    niles10cover.JPG

    現代美術と羊
    ヘルマン・ニッチェの世界


    ヨーロッパにおける
    羊の意味と絵画


     一二干支のひとつである羊は、ルネッサンス以降のヨーロッパ絵画にたびたび登場するモチーフだ。中国で生まれた干支とは違いユダヤ教、キリスト教に由来することは言わずもがな。
     迷える子羊よ…で知られるようにキリスト教では民は羊に、キリストは羊飼いに例えられている。
     またユダヤ教では「過越の子羊」の逸話が出エジプト記にあり、その祝祭日に、ほうむられた子羊を家族みなで食することは欠かせないイベントのひとつだ。
     そのため羊やその群れが絵の背景に描き込まれたり17世紀の画家エル・グレコの「羊飼いの礼拝」のように羊飼いをモチーフにした作品が数多く描かれてきている。
     現代美術においても、ひとつのメタファーとして重要な立ち位置を占めていることは言うまでもない。

    ヘルマン・ニッチェと
    OMシアター


     羊を使った作品で有名なのはヘルマン・ニッチェとダミアン・ハーストがまず思い浮かぶ。
     ヘルマン・ニッチェは1938年オーストリア・ウィーンに生まれグラフィックデザインを学ぶ。最初は抽象画を描いていたが、60年代になってパフォーマンスを始める。
     そのニッチェの代表作と言えばOMシアター(Orgies - Mysteries Theatre)であろう。観客の五感すべてに訴える6日間の総合舞台芸術として57年から構想が練られ60年にウィーンで試演。しかしその過激さゆえ何回かの裁判、収監3回という散々な結果に終わってしまう。
     なにしろそのパフォーマンスとは子羊の皮を剥ぎ解体し白い布に内臓や血をぶちまける何とも言いがたい壮絶な内容なのだ。
     しかし62年ウィーンのアパートメント・ミュールで9時間にわたり上演、「アクション1」として彼の歴史に刻まれることになる。
     OMシアターとは古代ギリシャの酒神ディオニッソス(ローマ神のバッコス)の”乱痴気騒ぎ祭り”と”神秘的な劇場”といったような意味で、本人曰く「存在の歓喜の美的儀式」なのだそうだ。
     最初はニッチェ自身が羊の血を浴びたりしていたが評判をよぶにつれ参加者たちも演じるようになる。
     彼ら(女性もいる)は全裸になり羊の内臓や血を体中に塗りたくられキリストの磔刑を模して十字架に括られ行進する。上演中は楽団がニッチェ自ら作曲した音楽を演奏、他の参列者はみな白い服を着て血を浴び最後はみなで祝宴をあげ、残った数々の血に染まったシーツや服や十字架など遺留品すべてをアート作品に仕立て上げてしまうのだ。
     71年にはオーストリア郊外のプリンチェンドルフ城を購入、会場をここに移し今年までで計131回を数える。
     過去には何度も逮捕されたりしたが、本国でも徐々に認知されるに至り95年にはウィーン国立歌劇場の美術と舞台監督も委嘱された。
     もちろん現代美術界では世界を代表するアーチストのひとりでもありドクメンタを始めシドニー・ビエンナーレ、08年には横浜トリエンナーレに招待されてもいる。

    ニッチェの目指す
    作品の意図とその暗喩


     ニッチェにはアクション・パフォーマンス以外にもペインティング・パフォーマンスという赤や紺、茶、濃緑、黒などの絵の具を大きなキャンバスにぶちまける一連の作品群がある。どれも激しい動きから生み出されたタブローは血のしたたりや肉体の破壊や暴力を彷彿させる。
     一般の人にはとうてい理解できないだろうが「目指すところは人間がもつあらゆる欲望、残忍性、性癖、狂気などからの解放。それに伴い歓喜から来る覚醒」と彼は言う。
     それはまたヨーロッパ文明に長く根付き、刷り込まれたキリスト教という既成概念や固定観念からの脱却とも受け取れないだろうか?
     ヨーロッパ文化はキリスト教の影響下のゆえ、初めに言葉ありき、の世界観でもある。ゆえに現代美術の存在する価値のひとつは言葉では置き換えられないエネルギーや真実を伝える手段とも言えるのだ。
     ところで羊はその性格から家族の安泰と平和な暮しに例えられる。来年は羊のような良い年になることを心から願ってやまない。
    (無断転載禁 ©Niles Comunications Co,.ltd.)



    あとWEB版にはイタリアン・レッドについて書きました。
    http://www.web-nile.com/article/article.php?category=03&article=000113

    NIles.jpg
    HORMONE SEKINE OFFICIAL SITE | comments(0) | trackbacks(0) |
    <<コンプライアンスと愛 | ジョブス >>