Deprecated: Assigning the return value of new by reference is deprecated in /home/users/2/kilo.jp-superblue/web/aohitokun/class/View.php on line 25

Deprecated: Assigning the return value of new by reference is deprecated in /home/users/2/kilo.jp-superblue/web/aohitokun/class/View.php on line 30

Warning: Cannot modify header information - headers already sent by (output started at /home/users/2/kilo.jp-superblue/web/aohitokun/class/View.php:25) in /home/users/2/kilo.jp-superblue/web/aohitokun/class/View.php on line 81
あおひと君ブログ::ハイデッカーと子供
ARCHIVES















    • Contemporary Art 2.012展
      記事掲載
















  • ハイデッカーと子供
    最近、読んだ本の中で、スポっと心に響いた文章があった。

    それは「存在と時間」で有名なハイデッカーが問うた、投企または被投性という考え方だ。

    彼は20世紀初頭のドイツ人哲学者でオリジナルではgeworfenheit(投げ込まれた)という。

    哲学っていうとそれだけで難しい〜と先入観が先走るかもしれないけど、平たく言えば、生きるって何? 私って誰? ってことを言葉で整理して普遍性をもたせることだと思っている。

    つまり、人それぞれ個人的で抽象的で漠然としたことを誰が読んでも同じ意味に受け取れるように整理して言葉にすることではないだろうか?

    科学では、リンゴが落ちる、ということを例えば数字や言葉でもって誰にでもわかるようにすることだ。だって重力ってことを伝えるために毎回、リンゴを落とすのはとってもめんどくさい。リンゴを持っていなかったら話がそこで止まってしまうし。

    ある意味、簡略化&抽象化するってことだけど、そうすると誰でもそこから個人個人、自分の考えを付け足して発展させることができる。

    ところでこのゲヴォルフェンハイトの意味とは「我々はこの世に突然、投げ込まれてきた存在」なんだそうだ。どこから来たかはここでは問題ではないらしい。

    当然、右も左も上も下もわからいない。我々は目が覚めたら全く見知らぬ世界にいた!というわけだ。

    だから人間はなんとか自分と回りの世界との関係の道筋をつけようと試みる。そのために自分がどのような存在としてこの世界にいるのか物語を作り続ける、そういう努力を宿命的に強いられている。それが人間のアリさんマークの、じゃない、有り様だという。

    世界と個々人の間には、あらかじめ決められた絆も安定した秩序もなく、まして明確な定義もない。

    それだから人間は自分が誰か、どんな存在か、常に納得し了解していかないと生きられない存在だと。

    ちょっと難しいけど、結局自分がなんだかわからないから不安なんだ。宗教はそういうことで生まれた必然的な自衛手段でもあったのですね。

    話は飛躍するけど、日本人の法令遵守の精神っていいことなんだけど、その自分のわからない不安を規則や法律などの決まりを作り、守ることで自分の存在を確かめあっている、って思うこともある。

    決まり事を守っている自分の物語を作ることで漠然とした不安から少しでも目をそらせられるんじゃないのだろうか。

    もちろん、家族っていうことはその流れから思うと、とても大事だ。

    親族や特に自分の子供って自分っていう存在理由を裏付ける物的証拠だもんね。その血脈の物語が広がっていき民族や国につながっていく。

    (そういう自分は子供はいない。今からがんばって作るかぁ!って自分にとっては作品が子供だもんね、青い血だけど)

    そう考えていくと、なんであんな残酷で悲惨で誰も望まないと思うような戦争が起こってしまうことが、なんとなく理解できたりする。

    ちなみにハイデッカーはワーグナー大好き親ナチスで戦後、その責任を問われたこともあったそうだけど。
    392741_317560131594300_100000209469615_1568432_1547494384_n.jpg
    HORMONE SEKINE OFFICIAL SITE | comments(0) | trackbacks(0) |
    <<インディアンとTPP | コンプライアンスと愛 >>