Deprecated: Assigning the return value of new by reference is deprecated in /home/users/2/kilo.jp-superblue/web/aohitokun/class/View.php on line 25

Deprecated: Assigning the return value of new by reference is deprecated in /home/users/2/kilo.jp-superblue/web/aohitokun/class/View.php on line 30

Warning: Cannot modify header information - headers already sent by (output started at /home/users/2/kilo.jp-superblue/web/aohitokun/class/View.php:25) in /home/users/2/kilo.jp-superblue/web/aohitokun/class/View.php on line 81
あおひと君ブログ::フェイスブック
ARCHIVES















    • Contemporary Art 2.012展
      記事掲載
















  • フェイスブック
    最近、フェイスブックにハマり、友だちリクエストをバンバン送っていたら、とうとうスパム扱いにされ、2日間のトモダチ申請拒否という処分を受けてしまった!

    フェイスブックが、サイバー攻撃を受けているせいもあるしな。

    FBも日本公開当時からメンバーにはなっていたけど、インターフェイスがわかりづらく、しばらくミクシーに夢中。

    いかんせん、自意識過剰で人を喜ばせるのが大好きな性分、足アトなんかで自分の発言がどれだけ受けたかがうれくてハマッていたけどだんだん、そんな内輪ネタとサークルっぽさに息苦しさを感じ始める。

    去年、イスタンブールのアートフェアに行ったとき、トルコ人はじめ、いろんな外国人やアーチストと話したら、みんなフェイスブックをやっていた。

    ある絵描きはFBに作品をいろいろアップしてたら、けっこうオファーもある、と言うじゃないか。もちろん参加費や金目当ての誘いも多いけど、中にはちゃんとしたオフィシャルな展覧会への出展にもつながったよ、なんて聞いたらやるっきゃない!

    それでミクシーにはまだ残っているけどほとんど休眠状態。あとツイッターももうフォローは減る一方。

    なんでこれほどまでにハマったのか?!

    最初の頃は宣伝のためだと思っていたけど、よく考えるとちょっと違う気がする。

    それで自己分析をするとある真実が浮かび上がってきたのだ!

    じゃじゃじゃじゃ〜ん、家政婦は見た!

    それは、いろいろな画家やアーティストの作品がすぐ見られる、そして中にはとってもクオリティの高い作品も多い、と言う点がまずあげられる。

    特に、チリとかペルーとか南米のアーティストやリビアとかイランとか、とても現代美術どころじゃないないだろ!くらいの国の人たちの作品が特に面白かったりするのだ。

    なんかピュアっていうかパワフルというか、色使いが飛んでたりしてホント面白い。

    それにアーティスト同志は話す必要がないのもいい。作品で通じ合えるのだ。だからそれほど会話ができなくても問題ない。難しかったら翻訳サイトを使えば事足りる。

    でももっと重要なファクターがある。

    それはしょっちゅう、イイネ!とかThank you 、Merci、Grazie、Gracias、Dankeと「ありがとう」って書きまくっているのだ。

    決してネガティブなことは書かないし、書かれない。自分のスレッドや投稿に対しても、イイネ!やありがとうって各国語で言われるのだ。

    それだけだ。

    でもそんな些細なことが、とっても精神状態にプラスになっているというか、心が温まるというか、、、自己啓発系じゃないが、ありがとうと言い続けて出世するとか夢かなうとか読んだことがあるし。

    現実は厳しい。絵は売れないし、金もない。あるのは文句ばかり。ネットを見れば、他人の批判ばかり。それもちっちゃなことを大げさにあげつらっている記事がほとんどだし。

    前にもかいたけど日本人は真面目だから、規則に少しでも反していると、すぐに指摘したがる。それが悪いというのではないが、限度はあるだろ。と同時に、多数決な意見や流れに反することにはとてもパワーを要する。

    もちろん自分は違う、と異論があるでしょう。とすぐに反論したくなる国民性だと思うのです。

    そりゃ民主主義という環境にいるから、選挙民としての自覚は必要だ。政治や社会のことは無責任ではいられない。

    阿修羅という有名なサイトがあるが、そこで書かれていることはとっても勉強になるし、視点が広くなってプラスの面もあるのだが、ネガティブオーラが強くて、散歩してても脳みそにネガティブ志向がべったり濡れたノリのようにはりついて、頭から離れなくなってしまうのだ。

    そこでは政治家についてよく言い合っているのだが、思えばおなじ穴のムジナかな、って。

    けっきょく、今は何が正しいことなのか、何が正義なのか、

    戦前までは天皇という存在があった。また仏様や神様もいる。けど今はそれらは批判の渦に吸い込まれてしまっている。

    だから、フェイスブックで世界中の同じような考えや仕事をしている人たちとイイネ!とか、ありがとう!ってやっているだけが楽しかったりするのだ。

    やっぱり楽しく逝きたいからね!


    マイフェイスブック:http://www.facebook.com/HormoneSekine?ref=name
    HORMONE SEKINE OFFICIAL SITE | comments(0) | trackbacks(0) |
    <<不安な日本人 | インディアンとTPP >>