ARCHIVES















    • Contemporary Art 2.012展
      記事掲載
















  • 脳とれ
    犯罪者を罰する、違反者を非難することに人の脳は快楽中枢で反応する、というNHK特集で説明していた。近年の科学医学の進歩で人間の中身もどんどん明らかになっていて面白い。

    種は環境に適応するため、自らの欲望を満たすため肉体的進化を日々刻々と遂げている。手の代わりに機械を作りだし、速く走るために今やロケットまで発明した。が、人間の感情はまったく進歩していない。

    恐らく数万年以前にホモサピエンスになって喜怒哀楽は変わらないのだろう。彼らに喜びしかなかったら、すぐに攻め込まれる。怒ってばかりいたら戦いばかりで生きていけない。また哀しんでばかりいたら隙をつかれるし、常に楽しかったらやっぱり騙されて殺される。

    だからこの四つの感情が同時になければ人間は生きてこれなかったのだ。技術の進歩と同じように感情が進歩はしていない。自分に喜怒哀楽以外の感情は思いつかない。他にどんな感情があるのだろうか? 

    新しい感情が生まれているとしたら、それは愛?憐れみ?義?忠?無?

    ナショナルジオグラフィックでいま、脳トレ最新科学という番組を放映している。注意力、記憶力、認識について実例を挙げトレーニングしながら解き明かす3シリーズだ。

    手品や催眠術、サギなどのトリックもなるほど!とつながっていて為にもなる。

    下記に簡単なテストがあるので試してみたら面白いです。
    http://www.ngcjapan.com/special-contents/test-your-brain/

    人間ってとにかく不完全なのだ。思っているより間抜けだ。だから国連とか大統領とか総理大臣とかノーベル賞受賞者とかたくさんいても平和にならないことがよくわかる。

    ニーチェじゃないが、超人は生まれない。逆に言うと核戦争や隕石衝突で文明が崩壊してこの生活がすべて無に帰しても生きていけるのだろう。だって感情は原始人と変わらないのだから。

    そういえば今年は一日多いうるう年です。

    1983年ギャラリーQでの故若林直樹氏との2人展。
    1983ninin.jpg
    HORMONE SEKINE OFFICIAL SITE | comments(0) | trackbacks(0) |
    <<今年は寒い! | 中島由夫展覧会 >>