ARCHIVES















    • Contemporary Art 2.012展
      記事掲載
















  • 個展雑記-1
    今日もメチャ寒いじゃないか!梅の開花が1ヶ月遅れだそうで花見と一緒にダブル花見になりそうだ。

    先週土曜から個展がはじまった。初日はいつもの通りパフォーマンスをサクっと上演。ラセン階段を使って面白い演出ができ、お客さまたちも喜んでいただけたようで、ひと安心。

    昨年のスウェーデンで発表したコトバ・シリーズの新作やドローイング、旧作の油絵を展示。小田原ケーブルテレビの取材もあって火曜に放映。自分は残念ながら見られないけど。

    会場のすどう美術館は小田原から小田急線で3つ目の富水駅からすぐ。富士山の眺望よい静かないいところにモダンな住宅を美術館に改装、展示室3部屋の、こじんまりした現代美術のプライベート・ミュージアムだ。

    以前、銀座や町田でギャラリーを運営されてた館長ご夫婦が5年ほど前、現在のところにオープン。昨年は小田原市などと組んで世界中からアーティストレジデンスも招待した大きなイベントを主催したり、5月には震災被災地にいってボランティアをするなど精力的にアートを巻き込んだ活動をされている。

    富水というから水がよかったのだろう。となりは蛍田と栢山という地名だから、昔から自然の豊かなところだったと伺わせる。また栢山は、江戸後期に活躍した思想家・農政家の二宮尊徳の生誕地で記念館や名所も点在する。

    彼は幼名金治郎と言い早くに両親と死別、苦学苦労して出世していく。逸話がいろいろ残っているが勤勉、真面目、努力家の手本となり、戦前、国策がそれをうまく利用した様子も若干、感じられる。

    昔の小学校の校庭には必ず薪を背負いながら読書をする彼の彫像が立っていたものだ。ウィキペディアによるとその彫像の高さが1メートルと決まっていたそうで生徒たちに1メートルを実感させるに一役買ったという。知らなかった。でも本人は90kg超で1.8m以上のかなりの偉丈夫だったようだ。そう言えば足柄山には童話で有名なクマを倒した金太郎の史跡もある。

    来館者さんたちといろいろ芸術談義もでき昨日は日本画の作家さんとその世界のいろいろな裏話で盛り上がる。でもアーティストが集まると最後に必ず行きつくところが、生活と創作活動の両立だ。

    欧米ではもはや生活必需品みたいな現代美術。もちろんそんな簡単な世界ではないが、マーケットはある。日本では実際マーケットが成り立たない。まだまだ砂上の楼閣の感が否めない。また何回かブログでもグチっているけどその認識&理解度と閉鎖的社会性。

    政治や官僚制度と一緒でいくら愚痴っていても変わらないから、あまり考えず悩まず前に進むしかない。でも徐々にだがよくはなっていると思う!がんばろう!アート界の二宮尊徳になろう!自分の場合は薪じゃなくて青テープの束を背負ってだ。

    そんなこんなで現代美術は止められない。

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
    日本一小さな現代美術館すどう美術館企画

    「 神 話 」 ホルモン関根絵画展
    記憶のあいまいさ、多重人格な世界と洗脳された幸福論からの旅立ち

    会場:すどう美術館 http://www.sudoh-art.com
    日時:2012年2月25日(土)〜3月 4日(日) 11:00 〜19:00
    住所:神奈川県小田原市堀之内373 TEL0465-36-0740

    ※入場無料 2月27日(月)休館 最終日3月4日(日)17:00まで
    ※オープニング パフォーマンス パーティ :
     2月25日(土)15:00〜/入場無料 共演:早乙女和完

     作家在館予定 3月3、4日午後
    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    写真は第1展示室の新作ドローイング。
    Ap_sudoh.jpg
    HORMONE SEKINE OFFICIAL SITE | comments(0) | trackbacks(0) |
    <<タイと日本 | 今年は寒い! >>