ARCHIVES















    • Contemporary Art 2.012展
      記事掲載
















  • タイと日本
    昨日は大雪。雪が止んだと思ったら地震が数発。ということで3月になった。

    アメリカにとって9月が特別な月になったように(?)日本人にとっても3月は忘れられない月になった。とにかく福島原発の安全維持と復旧を心から祈っている。しかし復旧工事の経過や作業員の奮闘ぶりなどなかなか聞こえてこないのが不思議だ。

    また第4原発の貯蔵核燃料の始末は報道されないが、時限爆弾になっていると広瀬隆氏は警鐘を鳴らしている。これがメルトダウンするともう関東も終わりだ。
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20120229-00000307-sasahi-pol

    震災から一年になろうとするこの時期、再び日本海プレートが活発化しているように茨城県沖を震源とする地震が多発しはじめた。「日本の地震の地図」と言うサイトは震源と規模が地図上に示されて、まるでマグマの動きがわかるようで参考になる。
    http://www.japanquakemap.com/week?lang=jp

    いやはや一昨日も菅元首相の原発対応の調査結果がマスコミをにぎわしていたが、一夜越せばスッカラカンで今度は野田・谷垣密談疑惑! 辻元清美じゃないが政府は疑惑の総合商社かぁ。少しは政治家の皆様も霞ヶ関の官僚ばかりでなく、票を投じる選挙民の方を見て欲しい。当選したら、ハイさようならじゃ、明らかに裏切り行為だ。とにかく消費税増税は拙速すぎる。

    最悪、生活必需品は免除する欧米版付加価値税(VAT)だったらわからないでもない。日本のマスコミは欧米のVATを消費税と同じとしているがちがうのだ。

    ところが以前、藤井元税調会長(元財務大臣)がそれに対しての答えが、必需品と贅沢品の線引きが煩雑(はんざつ)になるので現実的でない、と言っていた覚えがある(確かな情報ありましたらフォロー願います)。税金ってその小市民に出来ない仕事やサービスをするために使われるンじゃなかったっけ?めんどくさいってことなのだ。国民もバカにされたもんです。

    ところで国際情勢分析が秀逸な田中宇(サカイ)氏という元共同通信記者のメルマガを購読している。海外ニュースを情報元に翻訳分析しているので日本のマスコミでは得られない各国の実状がわかって為(ため)になる。昨日のメルマガ「民主化するタイ、しない日本」にとても興味深いことが書いてあった。
    http://tanakanews.com/

    詳しくはブログを読んでほしいが、タイも日本と似ていて官僚支配の国なんだそうだ。タイは官僚が王室と軍部の複合体という違いがあるが、政治家が権力が発揮できないようになっているという。

    そういえばタイではたびたび軍部クーデターが起こっていた。それは実は政治家が権力を拡げようとすると軍部が反乱を仕掛け、国王がそれを仲裁し議会もくじけて国民も納得する、という筋書きができあがっていたのだそうだ。

    その理由とは両国とも長い植民地支配の経験がないので旧態依然とした官僚権力が温存されてきたのだという。日本は第二次世界大戦敗戦後、官僚が天皇と軍部をGHQに差し出し(宮内庁に天皇家の監理監督を承諾という形)で保身に成功したというのだ。

    しかし、タイはこの数年でその盤石(ばんじゃく)だった官僚(王室・軍部)体制も揺らいできたのだという。それはタクシン(海外亡命中)が開かずの扉をこじ開けたのだそうだ。ちなみにタクシン派は赤シャツで反タクシンが黄シャツだ。今は妹インラック・シナワット女史が首相を務めていて、官僚と国会をうまく操っていて安定しているのだと言う。

    日本はせっかく55年体制から脱却し官僚権力の縮小をはかったが、残念ながらあっという間に官僚政治にあと戻りしてしまった。なにしろ日本はバックにCIAなど強力な応援団がついているからタイのようにはうまくいかない。

    地政学的に日本は中国、ロシアとの中間位置だからアメリカも太平洋覇権のために必死である。この辺はEUとアラブの中間にいるトルコに似ているのかも知れない。

    今日も野田首相と谷垣党首の密談が暴露されたようだが、早くしないと消費税やら国民総番号制とか抵抗力をどんどん抜かれていってしまう。100万人くらい青シャツ来て議事堂前でデモったら少しは変わるかもかな(笑)

    さあ、日曜で個展も終わる。土日、天気がよければいいが(よくなさそう、、、涙)。なにしろまだ富士山の勇姿を拝めないでいるもんなぁ。。。

    写真:「試作10」水彩紙にグワッシュ、77cm x 51.5cm
    sudoh_10.jpg
    HORMONE SEKINE OFFICIAL SITE | comments(0) | trackbacks(0) |
    <<個展雑記-2 | 個展雑記-1 >>