ARCHIVES















    • Contemporary Art 2.012展
      記事掲載
















  • 自分探しとポストモダニズム
    春だ!加速度がさらに加速度をつけたように時の流れは、ああ〜無情。でもこうやって毎日、無事でいられることに感謝しなくてはいけない、ありがとうございます!

    ・・・なんで自分は自分なんだ?

    なぜ自分以外の、たとえばトムハンクスとか小泉進次郎とか柳井会長に生まれて来なかったのだろう、、、

    しかし! 彼らも生まれたときは自分といっしょで赤ん坊の無名。いきなり有名人として生まれてくることはないから、この願いは無意味。結局そのあとの努力なんだよねぇ、、、汗。

    ずっと自分が持っていた疑問。それは自分の正体だ。「自分探し」とも言う。たとえば作品について「何がテーマなんですか?」って質問されると、躊躇(ちゅうちょ)なく、「自分を見つけるために表現しています。表現とは自分探しだと思っています」と胸はって答えたモンだ。

    でも〜!

    哲学なんか囓りはじめると、そんな回答が、赤坂見附じゃない、浅はかきわまりない、と感じるように。

    「自分探し」しているってことは自分が自分じゃない、って意味も含む。どうやって本当の自分じゃない自分が、本当の自分を探すことができるのか?

    今の自分はつまりあおひと君の代理人?つまり偽者?その偽あおひと君が本当の自分のウォンテッドみたいな人相書きを持っているのだ。じゃなければホントの自分かどうか最終確認できない。

    プラトンは、人はすべて真理(イデア)をすでに知っていて、忘れているだけだ、だからそれを学習して思い出すだけなのだ、と「想起説」をといた。(当時ギリシャ文明では魂の輪廻(りんね)が信じられていた。アカシックレコードの元ネタ)

    だとすると、ここでいう自分探しは成り立つ。つまり表現する(学習する)ことによって忘れていた本当の自分を思い出すのだ。さすがプラトン!

    で、今のところ自分は想起論者じゃないので「自分探し」と言わなくなった。現代美術に対して「感性や知覚の探求」と答えている。認識論風だ。乱暴な言い方だと、ニーチェのように「真実は自分が決める、神は死んだ!」となる。

    でもでも〜〜〜〜!

    リオタールが「白人男性によって形成された」大きな物語は終わった、といい(「ポストモダニズムの条件」1979年)、ポストモダニズムが70年代ごろからもてはやされる。それは二度の世界大戦やドイツ・ナチスの蛮行、共産主義やその冷戦などの反省から、これまでの権威主義や教条主義、啓蒙主義をすべて否定しようとする思想だ。

    そのかわりフェミニズムや世界多極化、ゲイや少数民族などのマイノリティの肯定などあらゆるアウトサイダー的価値を見いだし強調する。するとあら不思議、ニクソンショック(金本位の廃止)、共産主義崩壊、新自由主義の台頭、アート界をみればニューペインティング旋風が世界を駆けめぐる。日本をみればあっとう間にバブル経済になりオタクの公認、オカマ、NHのタレント化、などなどナンでもありすがわの世の中に!

    でもでもでも〜〜〜

    これがまた否定されつつある時代に突入した(そうだ)。

    その自分に対する認識も、実は自分自身がホントに「為(な)していること」ではない可能性もでてきた。いままで哲学的な問題と捉えられていた「存在」や「言語」の謎が最近の急激な脳科学や遺伝子工学などの発達で少しづつ解明されてきた。

    ガンや遺伝子病系は言わずもがな戦闘好きな戦士の遺伝子やら肥満遺伝子などなども発見され、アーティスト遺伝子が見つかるのも時間の問題だろう。ある意味、500年前のようなイタリア・ルネッサンス的科学万能時代の再来かもしれない。というのもポストモダンから見ると、そのような流れは至極とうぜんなのだ。

    例えば建築分野でもポストモダンはよく言われているが、それまで「住居とは住む機械だ」と言ったコルビジェに代表されるようにムダを排し機能性、合理性を追い求めていた近代建築を比べてみても明白だ。それは非対称性、脱中心などがキーワードになっている。

    何が言いたいかって? 

    つまりポストモダニズムの思想家たちが脱権威、脱中心と唱って目指した結果、思想・イデオロギーなど中心になって引っ張っていく強力な磁場がなくなったから、行き場のなくなった「知」が自然科学などに向かいはじめた。哲学とアプローチの仕方が似ていてゴール(目標)が見える自然科学(実証主義)によりどころを求めるようになったのではないだろうか。

    これから何を手本に、何を根拠にしていいのだろう? と思ってどっかの自己開発セミナーみたいに、自分を信じろ!ッて言うが易し行うが難し。人間って目的やゴールがないと急に無能になる。

    孫引きになるけどリオタールが面白いことを言っている。「ポストモダニズムとは何か」(スチュアート・シム編著・伊藤賢一訳/松伯社叢書)から引用するとー
    「地球が死に絶えた後(四五億年程未来の出来事)でも宇宙のどこかで存続し続けるような、ますます洗練されたコンピュータ技術を開発することによって、技術科学者は徐々に人類を視界から抹殺しつつある。〜略〜 技術科学の究極の目標は肉体なしでの思考を可能にすることである。」(原典は「非人間的なるもの」1988)ここでは科学技術ではなく技術科学がキーワードだ。

    この考え方は極論かもしれないが、面白いと思う。もし肉体と思考が分離できたとすると肉体はどういう扱いになるのだろうか?思考がなくなった肉体はやはり思考できなくなるのだろうか?

    なぜなら肉体があるから生じる哲学的な謎はあるはずだ。肉体がなかったら食事も性交も集団生活をする必要もない。そうすると怒りとか悲しみという感情すら一部、いらなくなる。すると哲学的課題もずいぶんと減るだろうし真理も見つけやすくなるのではないか。

    哲学と科学とは竹田青嗣氏曰く(近代哲学再考より)
    「自然科学と哲学の方法がその基礎原理をおなじくしているからといって 〜略〜 自然科学の領域を原因 ー 結果の系列、その法則や構造の把握をこととするのに対して、哲学はものごとの存在意味、価値、その関係性の把握を目的とする領域だ。」

    そ〜ら、哲学はやっぱりないとダメなんだ。自分が思うに、科学はより個人に向けた強化と繁栄、哲学は全体へ向けた普遍と進歩と棲み分けがされているのだ。

    でもポストモダニズムもやっぱりうまく機能しないとなると、どういう思想がこれから人間を先導していくのだろうか?

    ・・・やっぱり愛だろ!愛!

    なんでも愛でくくってしまう哲学。そんな愛はエネルギー、喜び、美(ヘーゲルも言った)、生命、真理もろもろなのだぁー。
    SudohDM.jpg
    HORMONE SEKINE OFFICIAL SITE | comments(0) | trackbacks(0) |
    <<東京アートフェアと代々木公園 | 自由と平等 >>