ARCHIVES















    • Contemporary Art 2.012展
      記事掲載
















  • ギャラリーコエグジスト・トーキョー&アースプラス・ギャラリー
    先週土曜はギャラリーコエグジストのリニューアル・オープンだった。2年前、個展を開催したギャラリーだ。そのときは台東区の末広町と浅草橋の中間くらいにあった。

    この度、江東区木場の東京現代美術館そばに移転。倉庫を改装、前にも増して大きく立派になった。おそらくギャラリースペースが清澄白河の小山登美夫ギャラリーのメインホールくらいありそう。天井も高くとてもかっこいいホワイトキューブ(白い箱のようなスペースのこと。現代美術系ギャラリーのことを指す)に仕上がっている。

    2フロアーにわかれ1階はEARTH-Plus Gallery(アースプラス)とカフェ、2階は100平米のGallery COEXIST-TOKYO(コエグジスト・トーキョー)で、オシャレなギャラリーコンプレックスになっている。

    2階のギャラリーのこけら落としはフランス人の女性現代美術家レティシア・シュレッサー-ガムランさんの個展。彼女の作品はキャンバスに樹脂をベースにして描かれた抽象画。丸いモチーフでは顕微鏡をのぞいて中でうごめく極彩色の無機質な色の広がりを表現したシンプルかつビビッドな作品群。展覧会のタイトルは「原初の言葉」。

    レティシアさんもパリでギャラリーを経営するご主人と来日。お話しさせてもらったがご夫妻とも気さくで日本大好きフランス人だった。

    1階ではメディアミックス的活動をしているヘテロフォニーという若手グループが展示とパフォーマンスで構成。音楽、ファッション、現代美術、舞台などの作家が集まり今回の展覧会を演出する。

    自分は6月に個展を開催。去年スエーデンの中島由夫現代美術館も大きかったが、それよりも広いかもしれない。どうしても高さのある作品を発表したかったのでとても楽しみ。

    東西線木場駅から歩いて来たが、帰りは門前仲町をブラほるもん。

    人形町と似て富岡八幡宮の門前町だけあって街並みはよき江戸下町風情を残している。スカイツリーも完成し、これからこの界隈ももっとにぎわいそうだ。

    永代通り沿いにはドラッグストアーがなぜか多い。高齢者が多いせいなのかはわからない。そんな街並みに昔懐かしい純喫茶があったり、美味しそうな和菓子屋さんがあったりして幼い頃、育った神田を思い出し童心に戻る自分がいる。

    ふと通りかかった和菓子の伊勢屋の誘惑には勝てず、豆モチと塩大福を購入。いつもならスイーツは眺めるだけでツバを飲み込むだけで、あきらめているのだが、さすがに下町の風に背中をおされ一個づつ買ってしまう。純喫茶でクリームソーダでも飲みたかったが、すでに閉店。ここの商店街はだいたい9時くらいには閉まってしまうようだ。

    東西線門前仲町からもさほど遠くなさそう。ギャラリーまで10分くらいとのこと。木場駅からだと8分だからそれほど変わらない。ちなみに清澄白河からだと20分くらい。

    このあたりにもいろいろなギャラリースペースができているから、すぐにアート好きの散策コースに組み込まれそうだ。

    <Gallery INFORMATION>
    コエグジスト・トーキョー&アースプラスギャラリー
    open:11:00〜19:00(月曜休)
    住所:江東区木場3-18-17 TEL03-5809-9949
    http://www.coexist-tokyo.com/

    <1階スペース>
    ヘテロフォニー個展「颯爽的転回」4/7〜4/29
    イベント4/22 fijii collection A/W 2012 SHOW open:18:00〜 入場無料
    イベント4/29 fiClosing Party open:14:00〜 ¥1500(1ドリ付)

    <2階スペース>
    レティシア・シュレッサー・ガムラン個展「Primitive Language 原初の言葉」4/7〜4/29

    Coexist-tokyo01.JPG
    coexist-tokyo02.JPG
    HORMONE SEKINE OFFICIAL SITE | comments(0) | trackbacks(0) |
    <<消費増税するのか?! | 咲くっと日記 >>