ARCHIVES















    • Contemporary Art 2.012展
      記事掲載
















  • 増税目覚まし!新発売
    個展の準備も佳境にはいる。といっても徹夜がつづくとか、何度も何度も制作をやり直す、とかいった作業はほとんどない。日々、規則正しい?スケジュールですぎていく。

    NHKの「美のツボ」で益子焼きの巨匠 浜田庄司を取り上げていたが、生前、ある人からかけ秞の作品に対して、なぜこんな15秒くらいでできてしまうのに高価なのか、問われたとき、15秒と60年と考えてみてください、と答えたという。

    つまり、かけ秞というひしゃくで釉薬を皿などにたらしかけていく実作業は15秒でもそれに至るまで60年の人生をかけてきた、と言うことなのだ。陸上の100メートル・ランと一緒。早くなるためにトレーニングを何年も積んできても本番は10秒かからない、と言うことなのだ。スポーツだと結果が明らかだし、その記録が自分の能力とすぐに比較できるから疑問もわかない。

    人は見た目で判断する。当たり前だが見ていないもの、知らないことは判断基準にはならない。まだまだ日本人的意識では価値観の規準は=実働時間(見える作業)である。特に芸術作品の価値基準を「膨大な実働と労力のたまもの」「自分には絶対できないと思わせるテクニック」「アカデミックな評価」などに求めている人がほとんどだ。もちろんそれらを否定はしないが、それだけではない、ということも強調しておきたい。(現代美術の価値はたびたび書いているから省きます)

    そういえば昨夜いきなり、トキがふ化した、と臨時ニュースがながれたが、すぐに裏を読もうとする自分がいた。月曜朝、何か政府&政治的な仕込みを隠すためか?!と。しかし今朝になってそれは杞憂(きゆう)だったと知る。

    いっぽう早朝なので誰も見ていないと思うからどーでもいいが、NHK視点論点での消費増税の話は怒りを通り越して呆れた。まったくの世論誘導だ。ここまで中立を欠いた放送をしていいのか?

    とにかく借金2000兆円でギリシャみたいになっちゃうぞ、とデフォルトの危機感をあおり、挙げ句の果て一年でも消費増税が遅れると数兆円の借金になる、という虚構をすでに決まった事実のようにイケしゃあしゃあと論ずる解説者(でもなんとなく表情・語調から自信なさげで良心の呵責みたいなものが伝わってきたのは笑った)。

    すっかり目が覚めてしまった。だったら毎朝放送してくれればサイコーの目覚まし時計になるぞ!

    ーCMです!ーーーーーーーーーーーー
    サイコー社製 増税目覚まし!新発売
    「10%なのだ!増税なのだ!10%増税なのだ、のだ、のだ、NOーだ!」
    と、毎朝あなたを深い眠りからたたき起こすノダ。
    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    1100兆円の負債に資産が800兆円くらいあるんだから会計上、バランスシートでは実質300兆円ほどの借金だ。だからインフレにすれば資産価値があがって税収増えてかつ、歳費削減すればいいだろ、と素人目には考えてしまうがそうはいかないのが東大頭脳だ。マクロ的に将来を見据えると消費税あげるのが一番効果的との判断なんだろう。(先回書いた対談参照http://ameblo.jp/heiwabokenosanbutsu/entry-11224870797.html

    そういえば一時期、毎週のようにマスメディアを騒がしていた世論調査合戦は急になりを潜めてしまった。いま世論調査なんてやったら増税なんて吹っ飛んでしまうのだ。まったくいくら官房機密費をマスコミに流しているのだ、この政権は!

    今週は26日に小沢元代表の判決があるが、どうも日本のマスコミだけでなくワシントンポストまで現政権を持ち上げる記事を掲載したりとてもキナ臭い。杞憂(きゆう)かも知れないがこの前の秘書裁判での登石裁判長のように「常識的に考え〜証拠はないが法を犯したことは否めない、、、」とかで小沢氏は有罪になりそうな匂いがただよってきている。

    なぜここまで強引に政府与党、一部海外メディアを使ってまで消費増税を決めようとするのか?税と社会保障一体改革より福島原発、放射能除洗、被災地復興、エネルギー政策とか専権事項は山積みのはずだ。それにこんな時にIMFに600億ドル(5兆円弱)緊急融資とか2000億円年金パーとか昔の自民党の方がまだかわいかったくらいに支離滅裂な印象だ。

    とにかく先回、総選挙でマニフェストを訴え国民はそれを信じ期待されて政権与党になったはずの民主党。どうみても消費増税はフェアではない。少なくとも民主主義だったら総選挙でもう一度、国民に信を問うべきだ。親小沢氏とか民主党支持とかではなくて、最低ルールをこわしはじめたことは、とても危険に感じる。なし崩しに法治国家でなくなる。

    現状にくらべたらまだ、小泉の郵政選挙のときのほうが、国民はうまく騙されたが、信を問いただけフェアに感じてしまう。当時はまだ今日ほどネット・オピニオンが定着していなかった。なんか今回のブログは政治色なものになってしまった。あしからず。
    HORMONE SEKINE OFFICIAL SITE | comments(0) | trackbacks(0) |
    <<パラレルワールドと呼び寄せの法則 | ファストファッションと今そこにある危機 >>