ARCHIVES















    • Contemporary Art 2.012展
      記事掲載
















  • メダルは金に統一されるそうだ!?
    連日、暑いが別の熱い戦いがロンドンと国会議事堂で繰りひろげられている!

    オリンピックも折り返し点をすぎた。

    韋駄天 永井選手、負傷のためメキシコ戦が危ういとの情報が!!!

    しかし男女サッカーのレベルが一気に向上した。本当に見ていて面白い。

    数年前くらいだったら相手次第では試合前から勝てない空気がただよっていた。

    サムライブルーには申し訳ないが、えっスペイン!? そりゃ無理だろ、、、と思ったのは自分だけではないと思う。

    あとバドミントンのフジカキペアの銀も素晴らしいが、中国ペアは金メダル欲しさに無気力試合まで起こしてしまう。

    順位はもちろん大事だが、オリンピックは参加することに意味がある。

    次回リオリンピックからメダル3個同じ色にして記録はオフィシャル・レコードで残せばいいんじゃない。

    金銀銅なんて分けないで勝者3人、金メダル!

    いっそのことリオから青色に統一 ;^_^v

    例えばイランとアメリカとイスラエルが表彰台にのぼって同じメダルで勝利をたたえ合う!

    北朝鮮と韓国と中国と日本(敗者復活で3位が2人)が喜びあう!

    でも、一位表彰台に登ることが国家政策だったり自国の存在をワールドワイドにアピールできる唯一のチャンスと思っている国と地域は多いからね。

    もちろん選手たちが一番、望んでいる。

    でも3位まで金だったら逆にプレッシャーが抜けて好成績残せるんじゃないだろうか?

    記録はちゃんと残ってたたえられるんだから世界一位にはかわりない。

    特に優しい謙譲の文化ジャポンにとっては絶対、有利!スポンサーだって大喜び!

    それで一番喜ぶのはもちろんヘイジュードー篠原監督だろうね。

    今回、日本が予想どおり金メの大漁だったらこんなことは思わないのだろう。

    こういうことを感じたのもあまりにもマスコミがキンキン言うからだ。

    スポーツを本気でやったことのある人ならわかると思うが、世界で3位の銅メダルだってありえないほどスゴイ。

    ここまでだけでも、最後の1秒で太田選手が同点に追いつき延長で勝利したフェンシング男子団体準決勝、バドのフジカキペア対中国との決勝戦最後の攻防、アーチェリー女子団体3位決定戦、卓球女子団体の準決勝初戦、福原戦などなどを見せられたら、金でも銅でも関係ない。

    それにもう戦いで優劣つけること自体になぜか違和感。

    へりくつ言っちゃえば勝者は敗者がいるから価値がある。

    だったら敗者も同じ賞賛があってもおかしくない、なんてポストモダンな思考回路になっているのかも。

    ところで目を国内に向けると、、、ダメだ〜〜〜

    ノダ総理もあの熱き清き戦いを見て、

    「感動しました。

     彼らアスリートに負けていられません!

     命がけで消費増税を通す!」

    なんてくれぐれも勘違いしないで欲しい。

    ところで今日は広島原爆被災日。(記念日じゃないだろ)

    二発も原爆おとされた国なのに気づいたらこんなにたくさん原発がある。

    あらためてスゴイ国だ。

    <告知>

    友人がアースプラスギャラリーで個展を好評開催中!
    ヨウナコウサギウグイス個展「EXCUSE ME MR.」
    会期:8/4〜26 11:00〜22:00 月曜休廊
    場所:江東区木場3-18-17 TEL03-5809-9949
    http://www.coexist-tokyo.com
    HORMONE SEKINE OFFICIAL SITE | comments(0) | trackbacks(0) |
    <<804 反ACTA デモ | 803反原発デモ >>