ARCHIVES















    • Contemporary Art 2.012展
      記事掲載
















  • 804 反ACTA デモ
    ナデシコおめでとう、決勝進出!

    今晩はメンズだ。もしサッカー男女とも金だったらどうしよう。それに卓球だってあるぞ。

    この際、キンキンいって五月蠅いヤツラを黙らせちゃおう!

    ということでオリンピックはちょ〜盛り上がっている。

    しかしそのスキにまたまた国民はうまくやられてしまった、、、

    それはACTAという新種のウイルスだ。芥川でもアクターズスタジオでもアフターでもないぞ、アクタだ。

    Anti-Counterfeiting Trade Agreement =模造品・海賊版拡散防止条約。

    手っ取り早くアクタを理解できるムービーです。



    なんと2005年小泉元首相がG8グレンイーグルズ・サミットで提案した日本生まれの条約だそうだ。

    しかし密室条約で、後にあのウイキリークスが条文案を暴露。とたんに危なすぎるとEU内では250万人デモまでに発展。それで先日7月4日、EU議会は絶対多数で批准を否決。メキシコでも大統領がかってに批准したら議会が猛反発してチャラに。

    知ってた?!

    またまたマスメディアの情報操作だ?!

    それでなぜ、今頃急にいわれはじめたかとネットを探ると日本ではなんとキャンドルチェーンデモのすぐ後7月31日に外交委員会で静かに採択がキッカケのようだ(この議決でいつでも批准OKに)。

    もちろん中国韓国のブランドコピー商品とか知的コンテンツの保護などいいところばかりを喧伝するが、これまた原子力と一緒で強烈な毒素が仕込まれているのだ。

    はてなキーワードにアクタの問題点のわかりやすい説明があったので引用します。

    •インターネットサービスプロパイダへの監視義務の強制
    •著作権侵害が疑われるウェブサイトの強制シャットダウン
    •ISPから操作当局への情報提供
    •国境でのiPod等の内容操作
    •スリーストライク法(2度までの違法DLは警告、3度目は通信切断など法的罰を加える)
    •ジェネリック医薬品の取り締まり
    •ポリシーロンダリング(実現したい政策を海外に出して、「海外で決まったから」といって国内法を成立させる。)

    参考サイト:http://d.hatena.ne.jp/keyword/ACTA?kid=364770&alias_redirect_referer=364776
    ここは詳しい→http://fr-toen.cocolog-nifty.com/blog/cat39552431/index.html
    http://tentama.livejournal.com/1280.html

    このアクタの毒バリはイモガイなんて比べものにならないぞ。つまり今までネットが守ってきた表現の自由がなくなりテレビのようになってしまう危険があるらしい。

    月火曜は反ACTAデモがあるとツイッターで知り、チャリをとばすも数人しかいなかった。が丁度、三宅雪子さんが演説したので聞き入る。

    0807-01.JPG

    このアクタ条文もネットで解釈を読むと、これまたどっちにもとれるような日本語のあいまいさがてんこ盛り。

    しかしそれより私的ダウンロード法は10月一日から施行されるんでかってに映像や音源をDL(ダウンロード)すると捕まりますよ!AKBの動画なんてDLしたら即逮捕だよ。画像やテキストはOK。

    でもみんな捕まって裁判とかムショ送りになったらどうなるんだろうねぇ。。。飯食えなくなった高齢者は捕まったりしたほうが楽な世の中になってきた。

    まさに生活保護とワーキングプアの図式と一緒。刑務所で暮らすほうが仕事もあるし友だちもいるし飯も食えるしなんと屋根もある!

    年金も家族も家もない孤独な高齢者(身につまされる〜)がまともに働いても刑務所くらいの生活水準を保つの無理だろ。

    仕方ない。10月からAVばんばんDLするしかないか、、、笑

    たぶんノストラダムスとかマヤの予言って自然災害つまりハード面とばかり思っていたけど精神的心理的破滅、つまりヒューマンOSシステムの崩壊だったのね。

    0807-3.JPG
    HORMONE SEKINE OFFICIAL SITE | comments(0) | trackbacks(0) |
    <<増税法案可決 | メダルは金に統一されるそうだ!? >>