ARCHIVES















    • Contemporary Art 2.012展
      記事掲載
















  • Sa Okayame 日本&セルビア現代美術展レビュー
    先月、開催された『Sa Oakayame 岡山からー2012』展のレビューです。

    9月18日、夜行バスで、息も絶え絶え岡山に早朝着。当日、展示作品で使用する水を、近くに流れる旭川から採取。展示終了後、蒸発、また雨となり旭川に戻るか、下水を通って、環流する。



    【あおひと君お水取りの儀】


    日時:2012年9月18日(火)
    場所:岡山市内
    撮影:中島博美、世利 之、ホルモン関根


    会場は、前川国男設計による岡山県天神山プラザ。三大庭園のひとつ、岡山後楽園、烏城といわれる岡山城などが点在するカルチャーゾーンにある。当日はあいにくの雨。前日、巨大台風が、沖縄を通っていった。

    WC02.jpg

    あおひと君は大のコーヒー好き。地球では、ブルーマウンテンが好物。ちなみに、あおひと星のコーヒーは青い。(というか、あおひと星の色は青しかない。)

    WC01.jpg

    旭川に到着。カラス城とも言われる岡山城をバックに記念撮影。左側の森が後楽園。

    WC03.jpg

    お水取りの儀を、おおごそかに執り行う。まずは川の神に感謝と祈りを捧げる。いまのところ警察から職質を受けたことはない。もしあおひと星人がバレたら星外追放だ。ちなみに過去、東京神田川、神奈川県相模川で敢行。

    WC04.jpg

    WC07.jpg

    WaterCelemony01.jpg

    ラブ&ピース!

    WaterCelemony03.jpg


    参考:神田川
    coexist05.jpg


    相模川
    sagamigawa03.jpg


    【青い水 ー 岡山天神山文化プラザ】

    Ok03.jpg

    Ok04.jpg

    Ok01.jpg

    直径 約300cm 高さ 約16cm 
    使用素材:バイオマスプラカップ、水彩紙、輪ゴム、エコインク、旭川の水。

    現在、世界に206カ国(国連加盟193カ国、非加盟国または自治領13地域)あり、そのうち原子力発電所を保有する国は32カ国、473基のうち366基が稼働中といわれている。

    それに相応する青い水を入れた473個のプラカップを核マーク状にインスタレーション。それに輪ゴムで丸めた水彩紙を、稼働中をしめす366個に投入する。

    カップの水は、近隣を流れる旭川の水を使用。また輪ゴムを各大陸ごとに色分けしている。

    青:アジア(9カ国65基)紫:アフリカ(1カ国2基)緑:ヨーロッパ(17カ国173基)
    赤:北米(3カ国122基)黄色:南米(2カ国4基)

    なお随時、停止点検などは行われるため、原子炉の数は正確ではありません。あくまでも象徴としての数として理解してください。また、廃炉作業、建設・計画中および教育・公的機関の実験炉などは除く。(2012年8月現在)※ウィキペディア、外務省ホームページなどを参考

    Ok05.jpg

    会場の天神山文化プラザ。

    【意味のあるモノにはすでに意味はない ー 現代ハイツ】

    Tokyo02.jpg

    Tokyo01.jpg

    Tokyo03-2.jpg

     現在、世界に206カ国(国連加盟193カ国、非加盟国または自治領13地域)あり、そのうち原子力発電所を保有する国は32カ国、473基のうち366基が稼働中といわれている。それに相応する473個のピンを核マークを形作るように刺す。そのうちの稼働中を象徴するピン366個に、各大陸ごとに色分けした輪ゴム206本をかける。

    青:アジア52カ国(原発保有国9カ国、稼働原発炉65基) 紫:アフリカ56カ国(1カ国2基)

    緑:ヨーロッパ47カ国(17カ国173基) 赤:北米23カ国(3カ国122基) 

    黄色:南米12カ国(2カ国4基) 白:オセアニア16カ国(0)

    直径 約70cm 高さ 約2cm  使用素材:輪ゴム、ピン

    なお随時、停止点検などは行われるため、原子炉の数は正確ではありません。あくまでも象徴としての数として理解してください。また、廃炉作業、建設・計画中および教育・公的機関の実験炉などは除く。(2012年8月現在)※ウィキペディア、外務省ホームページなどを参考。


    Information
    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
    『Sa Oakayame 岡山からー2012』展

    9月18日(水)〜23日(日)
    岡山県天神山文化プラザ
    岡山市北区天神町8-54
    http://www.tenplaza.info/

    <東京展> 出品作家の小品展
    9月20日〜10月2日 15:00〜22:00
    現代ハイツ ギャラリーDEN
    世田谷区北沢1-45-36
    http://gendaiheights.sakura.ne.jp/

    【出品作家】
    ホルモン関根、伊藤千宏、耀樹孝鷺鶯、後藤智、中島博美、森敏明、O-JUN、KIMIKO ITO、世利之、小峰倫明、板津版画工房、伊丹脩

    (セルビア参加作家)
    Ana Nedeljkovic、Luka Klikovac 、Gordana Baskot 、Nebojsa Babic 、TKV 、Multiflex、Bozana Marincek 、Branimir Karanovic 、Vladimir Markovic 、Aleksandar Kujucev

    主催:NPOユーゴ・アートプロジェクト

    後援・協力:在日セルビア大使館、財団法人日本セルビア協会、岡山大学(鐸木道剛)、国立ベオグラード芸術大学、奈義町現代美術館(岸本和明)、Stevan Vukovic、Gallery O3one 、Gallery OKO

    助成:芸術文化振興基金、朝日新聞文化財団、野村財団
    HORMONE SEKINE OFFICIAL SITE | comments(0) | trackbacks(0) |
    <<春樹と龍 | 陰謀説はなかった!日本語の二重構造に見る日本の本質と現代美術 >>