ARCHIVES















    • Contemporary Art 2.012展
      記事掲載
















  • ガラ携とTPP
    最近、外国人旅行者の姿をよく見かける。

    急に増えたみたいだ。

    だって円安だもんね。

    しかし、アガリスク、じゃないアベノミクスが、やたら人気?!

    あの竹中平蔵は、テレビで、そらみろ!って得意満面。

    でも、あの小泉改革で、煮え湯を飲まされた善良な市民はもうだまされない!

    日銀が、いままで御法度だった(といっても特例で過去にも行われていた)、日銀国債買い付けが、効果がでてきて1ドル100円まで下がったからだ。

    だいたい消費増税のための名目GDP2%目標、円安差益効果で、自然に2%はあがるそうで、なにも景気がよくなったとはまだ言い切れない。

    というのか、エネルギー保存の法則で、無限に資産や財産が増え続ける、ことなんてあり得ない。

    でも経済は、そういう仕組み。ロックやスミスとか、経済黎明期、地球の資源は、あの松下幸之助の名言のごとく、水はじゃぶじゃぶ使ってもタダ、という資源無尽蔵説で、発展した分野だから、とうぜん、破綻する。

    やっと300年ほどたって、資源は無限じゃない、ということに気づいたのだから、これから、アジアピボットじゃないけど、資源は有限ということで、経済やら人類の発展は、リバランス(再調整)にはいったのだ。

    17日から個展です!

    ということで、準備におわれ貧乏、暇なし。ブログもすっかり書く気がなくなってしまう。

    それでも、毎日、500PVくらいあって気がひける。

    権威はまったくないが、美手帖よりは部数が、ありそうだ。

    それに先週、パソコンが昇天、復旧にメチャクチャ苦労、ストレスてんこ盛り!

    そして、今日、ジーパンを洗濯して、終わって洗濯機のフタをあけたら、携帯電話が無惨な姿で、、、、底に転がってた。ズボンに入れたままでした。

    ということで、携帯なしの生活にしようか、考え中。

    それで当分、あおひと君への連絡は、青色申告でお願いします。

    まあ、昨年から、ガラ携から、あいふぉんに乗り換えるか、躊躇してたんで、誰かが、僕の背中を一押ししたんだろうな。

    まあ、TPPみたいなものか。

    外圧がないと、自分から変われない、、、、とほほ

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
    瑞聖寺アートプロジェクト企画
    個展「愛と安心」
    関根カンジ a.k.a. Hormone Sekine

     昨年、横13メートルの巨大壁画「安心できる世界を願って」を制作。愛と安心のメッセンジャーあおひと君たちが、子どもを守ろう、将来、子たちが安心して暮らせる世界を築いていこう、との願いを込めました。そんな壁画が併設されているZAPギャラリーで、個展を開催します。
     今回は、タブロー作品の他に、あおひと君ショートムービーを制作。また、イタリア人アーティストのリッツ・モネ氏とコラボ、被災地石巻で制作した映像作品も、発表します。

    期間:2013年5月17日(金)〜26日(日)※会期中無休/入場無料
    時間:12:00〜19:00
    住所:東京都港区白金台3丁目2番地(目黒通り沿い)

    ※レセプション・パーティ17日(金)17:30〜(入場無料)

    ■主催:瑞聖寺アートプロジェクト 東京都港区白金台3-2-19
        (ZAP)http://www.zuisho-ji-arts.net/ 
        (ホルモン関根)http://www.super-blue.com/
    ■問い合わせ先/スタジオミーム:aohitokun@super-blue.com
    ZAP: zuisho-ji@zuisho-ji.or.jp

     どんなに素晴らしい科学的研究がなされようとも、画期的な商品が発売されようと、未知の生物が発見されようと、すべて自分自身の認識のなかで、繰りひろげられている『長大なファンタジー』。語り尽くせぬものは、沈黙しかない、とヴィトゲンシュタインは言った。だったら、語り尽くせぬ場合、現代アートに置き換えてみた。すると、現代アートとは、新しい化学反応であり、その沈黙から、我々を解き放つ強烈な触媒だったと知る。 

    以上
    HORMONE SEKINE OFFICIAL SITE | comments(0) | trackbacks(0) |
    <<日々雑感 | 調子ワル >>