ARCHIVES















    • Contemporary Art 2.012展
      記事掲載
















  • 仏教とパラレルワールド
    都内を移動するときは、ほとんど自転車を利用している。

    経済性と健康のためと、気持ちいい。

    でも最近は、PM2.5がおそってきて、鼻水、たん、鼻毛を強烈に刺激することがあり、堪りましぇ〜ん。

    それで、都心では、スーパーカーが増えたことに気づく。

    特に週末、青山、青森、ブルーマウンテンと走り回ると。じゃない、青山、西麻布、広尾、白金台と高級住宅街を走り抜けると、いるいる!

    ポルシェの最高級仕様や、フェラーリも走っているが、ランボルギーニがとくに目につく。う〜ん、一足早く、消費税還元セールとかあったのかぁ。

    まあ、一生、縁のない、スーパーカー。

    自分にとってはスーパーブルーだ。てか、車なんて一度も所有したことない。って威張るなって!

    それより個展を終え、少し時間に余裕ができて、週末は久々の画廊巡り。

    それと所用もあって、瑞聖寺ご住職にお会いして、説法をしていただく。

    仏教にはとても興味があり、先日、仏教的死生観について伺ったら、とても面白かったので、もう一度、続きを聞いたのだ。

    やっぱり、あおひと君は仏教的だ。

    基本、仏教では、過去世の中心仏が大日如来、現世が釈迦如来、来世が弥勒菩薩という。

    禅宗(瑞聖寺も黄檗宗禅宗)は、死後より現世成仏を目指す。それで、仏教宗派の違いは、時制によって変わる。それで日蓮は、現世利益の本人信仰だからチと違う。

    うんうん、宗教もいろいろ信仰もまちまち。

    しかし、仏教はいろんな本を読んでも、なかなかその核心には触れることができない。というよりいくら読んでも、いまいちピンこ来ない。

    難しいわけではないが、捕まえそうになるとスルッと逃げてしまう感覚。

    まさに仏教宇宙はパラレルワールド。

    五重塔は、地、水、火、風、虚空を表し、黒、白、赤、黄、青で、てっぺんはやっぱりブルー。そして青の供物に、キュウリを捧げるという。

    そもそも仏教は、ヒンディーの影響を、多く受けているので、関連性が随所にみられるそうだ。また中国のいう五行とは、微妙に違う。

    青は、きゅうりかぁ。青い食材ってないもんね。魚の青ブダイくらい?

    仏教はあくまでも自己実現完結型。認識論的宇宙観。

    さて、金曜は、ミーツギャラリーから銀座ゼロ8へ行き、オーナーご夫妻と友人アーチストが在廊、作家不在で盛り上がる。

    土曜は、板橋区立美術館の牧野邦夫ー写実の精髄ー展へ。メチャ混み!

    牧野氏は以前から、知ってはいた。さすが、レンブラントを超越する技術獲得を目指していただけあって、写実のすごさに圧倒される。

    まあ、突っ込みどころはいっぱいあるが、日本におけるアートの文脈?とはこういうことだ。

    それから、モナド・コンテンポラリーの「十字縛り キャッチ・アンド・リリース」松本春崇 展へ。
    ーーーーーーーーーー
    2013年5月25日(土)〜 6月23日(水)※家縛り 5/25 12:00‑
    open 土・日(13‑18 時),月‑金(予約制)
    スペース・チェリーハイム (アパートメント*)*お静かにご覧ください。
    東京都豊島区上池袋 2‑40‑11‑101
    キュレーション:サーカス・ノマド #02 企画:モナド・コンテンポラリー
    主催:木賃アート(コミュエ) 協力:アート・フィル

    予約・問い合わせ:
    info.monadecontemporary@gmail.com
    http://www.art-phil.com/monade
    ーーーーーーーーーー

    この企画は、池袋のワンルームアパートの一室を使った展示だ。

    なんかロケーションが、今の日本の閉塞感を感じさせ、面白い。

    格差社会は、アート界でも大きく立ちはだかっているよね。

    まあ、ずっとそうなんだけど、、、

    作品については、ぜひ実物を見ていただく方がいいので、詳述は避けます。

    創作は、大きい小さい、量が多い少ない、素材が高いか安いか、色や形が、きれいかきたないとかは関係ない。

    芸術は、コロガル現象※による、思いこみワールド※内で成立するからね。

    さあ、中国も、TPP参加とか、尖閣棚上げ、あっちいったり、こっちにいったり、っていうか、世界中、コロガル現象による思いこみワールドになってきたぜ。

    ※コロガル現象=優柔不断のこと。それが進化して、信念のないことの超越信念が、正しき道を示唆する現象。

    ※思いこみワールド=有頂天ジャンプ、本物タイムマシーン、よりどりあおみどり動物園、酒池肉林シミュレーション、一攫千金永遠ゲームが、その世界の憲法になった世界。

    ※記述している感想と理論は、真実ですが、あくまでも個人的意見です。この言説から生じる罵倒、誹謗、中傷、イジメについて一切、責任はありませんので、ご了承ください。
    HORMONE SEKINE OFFICIAL SITE | comments(0) | trackbacks(0) |
    <<日々雑感ー現実VS仮想世界 | 閉塞感と今のジャポン >>