ARCHIVES















    • Contemporary Art 2.012展
      記事掲載
















  • 都知事選に向けて
    IMG_0530.jpg
    多摩川河岸の夕日


    都知事選が盛り上がっている。

    バーチャルネットワールドでは、かんかんがくがくぐぎぐぎげごげご。

    新宿や渋谷にいくと、入れ違い日替わりで選挙演説をやっている。

    舛添氏当確、なんて気の早いニュースも流されているし。

    浮動票都民をあきらめさせる、アナウンス効果を狙っているんだろうな。

    マスコミのこういう動きは、真はその逆だとも思う。

    なにせ、創価学会反舛添スクープの記事がでた、翌日だ。

    臭いよね〜。一気に舛添有利のニュースが飛び交うようになった。

    正直、ステークホルダーの多い東京では、既成勢力を切り崩すのは難しい。

    都区町村の公務員、自衛隊、警察官、学校関連、交通、公共サービス、下請け会社、建設、水道、ガス、電気、みんなステークホルダー(利益享受者)だ。

    なにせ、あの石原、猪瀬とダントツで勝ち抜いてきた東京都。

    といっても、こちとら、江戸っ子、ヒネクレモンとしては、いけすかねぇ。

    かつ、外国暮らしで、日本の良さを骨の髄まで染み付いた愛国者にとって、

    放射能で汚されて、そのまま会社任せでフタをして、

    せっせと稼いだ金が外国に垂れ流し、

    口を閉ざされ表現の自由を奪われて、

    あげくのはてに、なんで、愛する日本人たちが、他国のために外国行って、

    相手を傷つけ悲しませ、自ら血を流さなければいけないのか。

    理解ができない。

    自分は仕事で、多くの講演会や、集会、シンポジウムを見聞している。

    それから判断すると、どんだけ、日本人は洗脳されているか、恐ろしくなることがある。

    彼らの語る、裏の日本の真実は、一人だけの意見ではなく、元官僚、政治家、学者、評論家、専門家いろんな人の意見が、だいだい共通するから、嘘ではないと信じている。

    自分の個人的感想だけど、政治家は清濁あわせ吞む、ことができないとムリだ。

    清い川に魚は住めない。

    宇都宮候補の政策は、とても立派。先回より何倍も練り上げられて、スピーチもうまくなって驚いた。

    先回の知事選は、絶対ムリだと思ったけど、今回はけっこう見直した。

    しかし、、、

    あまりにも弱者対策ばかりで、金持ち政策がない。

    財源は、自分が聞いたのは、8000億円ある公共投資からまかなう、ということだけだった。

    それに都民は弱者ばかりではない。いろんな人種がいる。

    政治とはその両極をうまくまとめて、中をとれる人でないと、すぐ行き詰まると思うのだ。

    そして、一番のネックは、いくら熱意があっても、正義だけでは、官僚とうまくやれないし、政策は実現できない。(民主党もそこがわかっていなかった)

    もうひとつ。脱原発候補者のサポーター同士の足の引っ張りあいは、お互い何の利益にならない。

    まあ、ネット上での、足の引っ張りあいだから、影響するかはわからない。

    先の参院、衆議院選でも、ネットの優劣や評判は、決して現実とは一致しないことが露呈したしね。

    ところで、先回のブログにも書いたけど、安富歩教授のいうように、かつての自民党の派閥政治は理にかなっていたのだ。

    自分は大嫌いだったけど、今思うが、あれは、日本人の生きる知恵だったのだ。

    会社での派閥争いも、一番、効果的に日本人の持っている能力を発揮できるやり方だったのだ。

    もちろん、これだけ国際化したら、国情も社会のシステムも変わって、以前と同じやり方が通用するとは言えないだろうけど。

    自分が知らないだけかもしれないが、福島4号機、汚染水、TPPも、なにもかもなくなったかのように情報が出てこなくなった。

    国家安全保障基本法もあるとき突然、出てきそうだ。これは国益のためには、憲法を無視できると言っている法律だ。

    今年末、特定秘密保護法が施行されれば、原発問題はおそらく特定秘密にされるだろう。(原子力規制庁はテロ対策で特定秘密の関連行政)

    だから、あるとき安倍首相や閣僚が、突如いなくなったら、4号機は事故ったと思うしかない。

    そんときの関東はもう遅い。

    東京都知事選は、そういう暗黒政府に一矢報いることのできる、大事な選挙だと、自分は思っている。

    本人の意志だったら、誰に入れてもいいと思う。

    何回もいうけど、それが民主主義だ。

    でも、そのために不幸になっても、死んでも誰も恨むな、ということだ。

    それに今さら、世界一になる必要があるのだろうか?

    いろんなところで出会う、けなげな子供たちを見ていると、マジやばいって。

    PS

    草間やよいが、誰を推すか、興味ある、、、ちょ〜インパクトあるんだけど。

    自分は無名だから、力になれないけど、有名な美術家やクリエイターたちも、もっと表に出てくればと思う。

    宮島さんとか!

    別に、日本の美術館で発表できなくなってもいいじゃん。

    逆に、世界の美術館からお誘い受けるようになると思うんだけどなぁ。

    ヨーロッパでは、とくに政治とアートは共存だし。

    IMG_0508.jpg
    代々木公園にて
    HORMONE SEKINE OFFICIAL SITE | comments(0) | trackbacks(0) |
    <<ことわざづくし | パラダイムシフトはもうすぐだ! >>