ARCHIVES















    • Contemporary Art 2.012展
      記事掲載
















  • 『松澤宥「美術思考工房」世界蜂起展』と異次元パフォーマンス
    IMG_0637.jpg
    国立競技場サヨナライベント。キタキタキタ〜〜〜AKB48。残念ながら30日は、雨で中止だった。写真は入場待ち。


    日曜は、神保町の文房堂に、31日から始まる『松澤宥(ユタカ)「美術思考工房」世界蜂起展』の展示作業を手伝いにいった。

    メインは松澤宥氏の資料や、映像、プロジェクトで寄せられたメールアート。それと今回、100点近いメールアート(郵送で送る)の小品の展覧会だ。(自分の作品も1点あります)

    この世界蜂起とは、1971年、72年、73年、松澤氏が提唱したメールアートプロジェクトで、世界の100人前後の作家に呼びかけて、郵便で送ってもらう、という行為自体が作品になったものだ。

    だから送られたものより、その行為が重要だ。

    今回も、河原温、高松次郎、ヨシダヨシエ、河口龍夫、ダニエル・ビュラン、ジョン・バルデッサリなど昔、ブイブイ言わせていたアーチストのメールアートもあった。

    リストには、ヨゼフ・ボイス、ギルバート&ジョージ、ヤニス・クネリス、メル・ボクナー、ジュセッペ・ペノーネ、ジョージ・ブレヒトなどそうそうたるアーチストが目を連ねている。

    これら作品群は、美学校のアーカイブ(記録保管)になり、最終的には、松澤氏がこだわる数字の2にちなみ、西暦2222年に大英博物館に収蔵するのだという。

    1週間しかやっていませんが、お近くにお寄りの際は、ご高覧ください。とても面白い展覧会です。

    作業が終わると、みんなで、美術館レベルだよね!とたたえあい、かたや日本の公共美術館の権威主義、偏狭さにグチまくり。マスコミや政府の姿勢をみれば、公共施設の機能不全は仕方ないけどね。

    ----松澤宥「最終美術思考工房」世界蜂起展出品

    場所:文房堂(ぶんぽうどう)ギャラリー(千代田区神保町1-21-1-4F)入場無料
    3月31(月)~4月5日(土)10:00~18:30(最終日17時まで)
    http://www.bumpodo.co.jp

    ----------------

    そして夜、中島由夫氏、小坂真夕氏とイギリスのパフォーマー・スパイク氏のパフォーマンスがあるというので、新宿百人町のギャラリー&バーブエナへ。
    http://bar-buena.com

    いや〜超絶パフォーマンス?だった。

    60、70年代の前衛世界を彷彿とさせる、忘れていた大人子供の情熱?

    おそらく今の若い人たちには、理解の及ばぬ世界ではないだろうか。

    というか、意味不明。。。。ていうか、若い人もいたので、感想を聞いてみたかった。

    生活だけでなくて、精神の格差社会っすかね。

    とりあえず写真をアップ。

    中島由夫氏とスパイク氏のパフォーマンスのはじまりはじまり〜〜〜〜!!!!
    IMG_0653.jpg
    まあこんあもんかな。

    IMG_0660.jpg
    だんだんヒートアップ!

    IMG_0666.jpg

    IMG_0671.jpg
    おいおい、、、

    IMG_0679.jpg
    74歳の肉体には見えない!さすがダダカンと仲がいいだけある。

    IMG_0681.jpg

    IMG_0685.jpg
    まあ、異次元だよね。

    IMG_0689.jpg
    小坂真夕氏とスパイク氏のパフォーマンス。だったはずが、やはり黙っていられない中島由夫氏。自分のスウェーデンでやったパフォーマンスのときも、乱入されました!
    しかし、何回、オヤジたちが抱きあった夜だろうか、、、う〜っん奥が深い。
    HORMONE SEKINE OFFICIAL SITE | comments(0) | trackbacks(0) |
    <<アベノミクスの終焉か | スゴイことになってきた >>