ARCHIVES















    • Contemporary Art 2.012展
      記事掲載
















  • 日々雑感 ー 小保方・遺言・おしどり
    今週もいろいろあった。

    IWJが中継していた、STAP細胞論文問題の小保方さんの記者会見をみた。

    問題の本質なんてどーでもよくて、タレント不祥事みたいな会見だった。

    あまりの執拗な質問攻めに小保方さん、2時間半、最後までよくがんばったね〜と同情させられてしまった。

    まあ、サイエンスライターじゃないと難しすぎてわからない事件ではある。

    だったらそういう記者に行かせればいい。

    いろいろ小保方さん関連のネットを読むと、裏のある見方が多い。

    1つ目は、もしかすると大化けする発見なので、なんとか奪い取りたい、という解釈。

    小保方さんが論文を取り下げてしまったら、どこかの研究者が、ちょろっと文言を変えて論文を公表すれば濡れ手に粟だという。

    だから、内容は全部ばらさない。ノートを全部渡さない。

    実験成功者もいるといったけど、200回成功もしているというけど、会見ではいっさい、具体的に言わなかった。言ったらその人たちにリスクが生じる。

    あくまでこれからの論文で公表するとはそういうことだ。

    しかし記者会見では何回も同じ質問ばかりしていた。中には、怒りだす記者もいた。

    いやはや、、、

    小保方さんも、おち度はあるのだろうが、マナー試験じゃない。

    アインシュタインは生まれない国だとつくづく思う。

    学校の試験で大人に成長する国だから仕方ないっちゃないけど。

    2つめは、共同研究者笹井教授と、iPs細胞の山中教授のライバル争いという見方。

    あとは天下り先確保のための理研の利権潰し。

    といろいろ憶測が飛び交っている。

    ただ言えることは、これだけマスコミが執拗に報道していることは、必ず裏に何かがある、ということだ。

    小沢一郎、猪瀬知事などと同じ。

    逆に、舛添知事みたいにサクッと消えるのは体制側だと思えば、だいたい大筋は当たっているのだろう。

    橋下大阪市長も基本、原発反対だから、いろいろつっつかれているようだ(違ったらゴメンナサイ)。

    マスメディア・リテラシー必要です。

    でも狼少年じゃないけど、政府やマスコミが本当のことを言っても、信じられなくなるのも怖いよね。

    中国に宣戦布告しました!って読売が書いたら、

    キタキタキタ〜〜〜増税するための言い訳だ、ドッカ〜ン!

    次ぎの話題。

    岩井俊二監督や女優の松田美由紀さんが主宰する69(ロック)の会で、映画『遺言 原発さえなければ』の増田直己監督のトークがあった。(福島原発被災者の実話)

    そこでドキュメンタリー映画のたいへんさを語っていた(IWJに近日掲載)。

    岩井監督も10年前までは映画館でドキュメンタリーなんてムリだったって言うし。

    それで、増田監督は、こんな長い映画(4時間弱)なんて誰も見ないとボロクソに言われ、ポレポレ東中野では、買い取りチケットの数や宣伝費を問われたり、そうとう圧力もあったと言う。

    それでやっと1週間だけ、上映が決まり(使用料を払ったのだろう)、封切りしてみたら観客があふれかえりすぎて、見れない客が外にあふれ返るほどの大成功だったという。

    今では続々、日本各地での上映が決まっている。
    http://yuigon-fukushima.com/

    しかし、映画って人気があるし、見る人多いし、モテそうだし、うらやましいのだが、たいへんなんだなぁ。

    またまた話は変わって、4月1日からのテレビのタレントのギャラが2011年にくらべ、10分の1になったって、おしどりマコさんが言っていた。
    参考サイト:http://iwj.co.jp/wj/open/archives/131969

    もうテレビは、マスメディアとしては終わり。これだけ不興を買っていてはダメでしょ。

    いっそ通販だけにして、新しい流通システムのひとつでいいんじゃない。

    ちなみにマコさん、福島問題はほんとうにディープに取材していてスゴイ。4号機のシュラウドのことなんて今まで知らなかった。

    それに内閣調査庁の尾行している監視人の顔までバラしていて、けっこう怖い。

    しかし吉本興行が、首にせず雇っているのも、よく考えると立派。

    最近、山口組でさえ、安倍首相を批判しているっていうからね。アレっ?!
    参考サイト:http://gendai.net/articles/view/news/149361

    さて、久しぶりのパフォーマンス公演が迫ってきた。

    今回は、午後と夜間の1日2ステージ。

    それぞれ演目を変える。

    4月18日(金)14:00(開演14:30)、18:30(開演19:00)2回上演します。

    ポレポレ東中野みたいに、入れない客があふれかえるってことは?!

    ありえないざーーーシュワッチ!

     ------------------------
     Dance Drinks Talk
    『見たことのないダンスが松濤に大集結!』

    アツコバルー初ダンス企画!
    コンテンポラリー、舞踏、アフリカン、パワフル歌謡POP、ベリーダンスフュージョンなど、各公演3組のダンサー達がそれぞれのパフォーマンスを披露します。
     ------------------------
    場所:アツコバルー
    渋谷区松濤1-29-1クロスロードビル 5F/渋谷東急文化村向かい

    各公演 チケット2500円(1ドリンク付)学生1500円(1ドリンク付)
    予約は ab@l-amusee.com または 03-6427-8048まで。
    http://atsukobarouh.com

    4月18日(金) 
    ①昼の部:うえだななこ、ホルモン関根 a.k.a Kanji SEKINE、西山友貴
    ②夜の部:うえだななこ、ホルモン関根 a.k.a Kanji SEKINE、西山友貴
    4月19日(土)
    ③昼の部:アイハラミホ。、佐藤小夜子、長谷川宝子
    ④夜の部:GAYA、平田友子、Yussy
    4月20日(日)
    ⑤昼の部:佐藤小夜子、86B210、板垣あすか
    ⑥夜の部:山川冬樹&fanaco、86B210、板垣あすか
    ---------------------
    atsukobarouh.jpg
    HORMONE SEKINE OFFICIAL SITE | comments(0) | trackbacks(0) |
    <<たまたま | いろいろ報告−赤土類パフォーマンスなど >>