ARCHIVES















    • Contemporary Art 2.012展
      記事掲載
















  • 日々雑感
    long-egg-jp.jpg

    参考サイト【驚愕】コンビニのサラダに入っているタマゴの正体 http://matome.naver.jp/odai/2134245612236872701
    すっごいね!でもタマゴ自体が人工食材だったらもっと笑える。。。殻から黄身も白みも(すでにかなり近いものが)

    広島の地滑りの被災者の皆様、心よりお見舞い申し上げます(非力な自分はせめて気持ちだけでも)。


    安倍首相と石破幹事長の確執は、ナチスのヒットラーと突撃隊(SA)リーダー、エルンスト・レームみたいだ。

    お互い風貌も似ているか、、、、(笑)

    最初、雇われボディガードみたいだった突撃隊は、ナチスといっしょに大きくなり、と同時に、社会主義的傾向が強くなった。

    それでヒットラーに煙たがれ、粛正された。

    安倍政権は、石破氏を、さすが殺しはしない。

    安倍氏は、石破氏をリスクのある安保担当相にすえ傷を負わせ、次期、総裁選の芽を摘もうとしたという見立てが、大勢を占める。

    しかし、安倍首相は、広島の災害対応でケチをつけ、さらに無役を選んだ石破氏の形勢が逆転すると言う誤算を犯す。

    なぜなら国会議員って、みんな大臣になりたいらしく、今回、選ばれなかった議員が造反する匂いがし始めたからという。

    しかし、閣議決定で集団的自衛権を決めた連中がそう、コロコロ変わっていいものだろうか。

    つまり、閣議決定なんて効力はない。

    賛成派だけが賛成したようなもので、民主主義ではないと思う。

    tpf04.jpg

    東京創造芸術祭2014出品作『2014年7月8日』51.5cmx73cm Mixed MEdia 2014。
    "8.July. 2014" work for Tokyo Performing Arts Festival 2014.



    さて、パレスチナ問題はどうなったのだろうか。なんとか平和になって欲しい。

    そしていつのまにかシリアでイスラム国に捕虜になった、民事軍事会社のユカワハルナ氏の消息を聞かなくなった。

    きな臭いよね〜、だから、消臭剤ファブリーズ、ブロガー殺人事件ー 前都城市長長峯誠参議員ニュースがまかれたようだ。

    湯川氏は、田母神さんとか自衛隊系の人たちと仲良かったから、ある筋は、自衛隊の廃棄武器などの横流しを企てていたのではないか、という説もある。

    闇取引で無税だしね。

    しかし、彼は、シリア自由軍による身代金交渉は決裂したというから、もしかしたら。。。

    というか彼はブログで自慢げに、誰々とあった、どこに行った、挙げ句の果てに本名を使うのだから、バックの人たちにとって消えてもらったほうがいいのかもしれない。


    neko03.jpg
    あおねこ。キャンバスにアクリル。40cm x 50cm


    そして一向に収まる気配のないウクライナ紛争は、欧米サイドは、ロシアを悪者に仕立てようと必死に報道する。

    しかし冬に向かいはじめると、EU諸国もそうもいってられなくなった。

    なにせ、天然ガスという大きな人質をとられ、ロシアを怒らせられない、お家事情がある。

    すでに、食材経済でEU諸国は困ってしまっているのだから。

    オランダは、マレーシア民間機撃墜で、学者を使ってロシアに謝罪してもいる。

    昔の自分のブログを読んでいたら、社会学者ジャック・ランシェール著『民主主義への憎悪』を引用し、

    「民主主義とはまさに、人間社会を構造化しているすべての関係を逆転することである。統治者は被統治者のようになり、被統治者は統治者のようになる。女性は男性と対等になり、父親は子供を対等に扱う慣習がつく。市民権を持たない外国人は市民と対等になる~略」と書いていた(すべて忘却、、、トホホ)

    我々は無批判に、民主主義が、ぜったい平和になると期待していいのだろうか、とふと思った。

    しかし楽観主義、ノーテンキ、フーリッシュな自分は、

    宇宙を含めて、地球も人間も日本も自分も、いい方向にしか進まない、と信じている。

    戦争はなくならないし、貧困もヘイトスピーチも人殺しもつねにある。

    しかし、悪い進化も結果も、宇宙の法則では、ぜったいに存在しないと思っている。





    『レクイエム』あおひと君パフォーマンス。2014年8月23日、東京創造芸術祭(中野ゼロ)にて上演。音楽:Molliyo Yamahara、チャーリー加藤千晴。上演時間約25分。撮影:坂田洋一 ※10分くらいからあおひと君登場。

    Aohito-kun Performance " Requiem ". Played at Performing Arts Festival in Tokyo. 23. Aug.2014, Nakano-Zero, Tokyo.
    Music by Molliyo Yamahara, Charlie Kato. Movie by Yoichi Sakata
    HORMONE SEKINE OFFICIAL SITE | comments(0) | trackbacks(0) |
    <<日々雑感 ー 正しいこととは | 『NEKOIZM』&『東京創造芸術祭』 >>