ARCHIVES















    • Contemporary Art 2.012展
      記事掲載
















  • イスタンブール滞在記 1
    イスタンブール滞在2日目の今日も雨。

    今回も格安チケットのアエロフロート。

    今までリムジンバスだったが日暮里から京成線特急を使うと半額以下、時間もそれほど変わらないのを知り今回電車を乗り継ぎ成田へ向かう。

    荷物が重いが筋トレ、ランニングで鍛えている成果がこういうときに役に立つ。

    途中、日暮里駅でサラリーマン同士の取っ組み合いのケンカに遭遇。ラッシュアワーなのかみんな見て見ぬふりで迷惑そうに通り過ぎる。

    ずいぶんストレスがたまっているのだろう、パンチもファイティングポーズも小学生並みだ。あのパンチじゃあたっても自分の指を痛めそうと思いながら先を急ぐ。

    空港に着くとヨーロッパ便の安さが評判だけのことはあるアエロフロートのカウンター前にはすでに長蛇の列。今回、三味線プレイヤーワカン氏がすでに先に待っている。

    モスクワで5時間余り待ち時間があったのでモバイルパソコンでネットにつなげるとホテルからのメールを受信。

    今晩からの宿泊で送迎サービスも予約したのだが、なんと明日の晩だと思われている。

    あわてて返信するもなぜか送信できず、携帯のメールで今晩着を知らせる。それでも不安なので電話をかけて送迎サービスと宿泊の確認ができて一安心。

    イスタンブールに着くとちゃんと送迎サービスが迎えてに来てくれていてホテルに着いたのがすでに二時過ぎ。

    翌朝、ホテルの朝食はシンプルなバイキング。日本では高かった真っ赤なトマトが取り放題。チーズや好物の塩漬けオリーブも食べ放題だ。

    しかし外は残念ながら大雨。それでも街の中心、タキシム広場へ向かうことにする。傘がなかったがダイソーで買った100円レインコートを羽織る。

    しかしまったく役に立たないのがすぐに発覚。それほどの雨足と強風。まるで台風のようだ。明後日からはアートフェアが開催されるけど大丈夫なのか?

    とにかく地理を把握するため中心街を歩き回る。途中、スーパーを見つけて水とチョコと300円弱の女性用折り畳み傘を買う。

    トルコの物価は少し安いぐらいで日本の7,8割くらいか。でも地下鉄や路面電車(トラムバス)は全線85円くらい。

    街のあちらこちちらにモスクの尖塔がそびえたつ風景はヨーロッパとは趣を異にする。イスタンブールは二回目の訪問だが、前回はギリシャ留学中だったのですでに30年近く経つ。当時の面影はブルーモスクやアイヤソフィアの遺跡くらいか。

    風と雨足はますます激化し一時間もたたないうちに傘は破壊される。途中、今回参加するWorldWide Artist For Peaceの主催者に電話するがつながらない。だんだん悪天候も重なって不安が募る、、、、

    今日は2日だけど忙しいのと毎日疲れてなかなか続きが書けない。

    続く 


    HORMONE SEKINE OFFICIAL SITE | comments(0) | trackbacks(0) |
    <<イスタンブール滞在記 2 | 醜いアヒルの踊り >>