Deprecated: Assigning the return value of new by reference is deprecated in /home/users/2/kilo.jp-superblue/web/aohitokun/class/View.php on line 25

Deprecated: Assigning the return value of new by reference is deprecated in /home/users/2/kilo.jp-superblue/web/aohitokun/class/View.php on line 30

Warning: Cannot modify header information - headers already sent by (output started at /home/users/2/kilo.jp-superblue/web/aohitokun/class/View.php:25) in /home/users/2/kilo.jp-superblue/web/aohitokun/class/View.php on line 81
あおひと君ブログ::マイナンバー制
ARCHIVES















    • Contemporary Art 2.012展
      記事掲載
















  • マイナンバー制
    IMG_2118.jpg
    国立競技場(2015/04/12)どんどん解体はすすむ。


    4月10日、オバマ大統領とキューバのラウル・カストロ国家評議会議長が握手した。

    1961年の国交断絶以来で、こういうニュースは単純にうれしい。

    しかし、社会主義国キューバは、公務員の年収が、3万円くらいだそうだ、、、北朝鮮も似たようなものだと聞いた。

    かつての中国でも使っていた、兌換紙幣(外人用)と地元紙幣も、いまだ使い分けている。

    若かりし頃、中国を通って、シベリア鉄道でヨーロッパに旅した時、中国で、兌換券と人民元を使った憶えがある。

    闇で、兌換券をレンミンビー(人民元)に替えると、うろ覚えだが、1.8倍くらいになった。(もちろん違法)

    それで、お店やレストランで人民券を払うと、店員にイヤな顔をされた。

    なぜなら兌換券だと、外人向けマーケットなどで買い物が出来たり、人民券より割高だからだ。

    これからキューバも、世界から大勢の観光客がやってくる。格差社会が始まるのだろう。

    昨年、ベオグラードに行ったとき、セルビアの友人は、いろいろ不自由があったが、格差はなかった社会主義国時代のほうが、よっぽどよかったと言っていた。

    チトー率いるユーゴスラビアが、当時、東欧諸国の中ではいちばん、安定していたと思う。

    プラハ(チェコ)、ブダペスト(ハンガリー)、ベルグラード(セルビア・旧ユーゴスラビア)には、社会主義時代の生活を再現した歴史博物館があってとても興味深い。

    中でも、ブダペストのコミュニストミュージアムは、とてもモダンで豪華で驚いた。

    しかし、どこの国もたいへんな生活を強いられていた印象だった。

    秘密警察、拷問、虐殺、戒厳令、密告、配給制、、、、

    キューバのような暖かい自然豊かな国だったら、まだ耐えられるかもしれない。

    しかし、チェコとかポーランドとか冬の厳しい国での管理国家は、きつそうだ。

    SN3E0395.jpg
    ベオグラードにあるチトー大統領の博物館


    1億総中流社会で、キラキラ輝いていた日本も、今のままで行くと、似たような『格差のある』国家社会主義国になりそうだ。

    というか、日本は、江戸時代や戦前も似たようなもんだから、あまり気にならないのかも知れない。

    自分だって縛られるの好きだし、、、、汗

    当然、自分は表現の自由保持と戦争反対、子どもと自然を守れです!


    さて、本題に。

    マイナンバー制が今年の10月5日からのナンバー通知で始まる。

    全国民に、12桁の番号が割り振られるのだが、住民票をもとに通知する。

    そして、各自ICカードを持つが、とりあえず義務じゃないそうだ。

    自分はタスポを持っているから要らないでしょ。

    ちなみにサイトは、『マイナポータル』といい、マイナちゃんというユルキャラが広報するが、ぜんぜんマイナーだ。

    まだ、マイナンバー制自体、7割以上の国民が知らないという。

    それで、まず住民票のところに住んでいない人には届かない。

    6000万人いるというサラリーマンで、扶養家族のある人には、『平成28年度扶養控除等申請用紙』が、11〜12月ころ税務署から届く。

    それら申請書に、扶養する奥さんや子ども、両親などの番号を記入、送り返すのだが、本人はもちろん、それぞれ被扶養者の番号カードと身分証明が必要になる。

    また、年金受給者には、『公的年金等受給者の扶養控除申請書』、日雇い労働者にも、『従たる給与についての扶養家族申請書』が届く。

    それらに被扶養者すべての番号を記入し、それを証明する必要がある。

    かつそれらを雇用主の企業が管理(守秘義務も)、システム化もしなくてはならない。

    そんな1億人以上の書類整理を2ヶ月間でやって、2016年1月1日から施行だ。

    これら約1億人以上のデータ管理は、世界初の試み。

    目的は、適正な徴税と社会保障管理だというが、、、

    有識者は中間層からの徴税強化と資産チェックとみる。

    もちろん管理社会も強化され、今後、この番号をもとに蓄積されたデータは、警察が自由に使えるようになる。

    例えば、警察に職質にあい、番号を要求されると、バババッとプライバシーが裸にされる。

    さらに本法案の施行前に、すでに改正案があることもアンビリーバブルで、5月から国会審議になる。

    その目玉は、匿名加工個人情報といい、名前や住所を省き、外部(海外企業も含む)への情報提供を容易にするビックデータ活用法や、銀行口座と特定検診の医療データも加えて、2018年1月施行にする。

    さすがに預金口座などは任意だが、将来、義務になるかもしれない。

    かつこれらはデータサーバーは、一括管理らしい。つまり一カ所で管理する。

    というが、ネットでは分散型と言う情報もあるが、どこからでもアクセスできれば、一括型だと思うが、、、?!

    ※以上の内容はあくまでも、ネットと下記サイトからの情報です。
    参考サイト:IWJの2015/04/06 4・6共通番号いらないネット院内集会 http://iwj.co.jp/wj/member/archives/33760


    ネットでは、大地震の噂が飛び交う。

    茨城・鉾田市の海岸にイルカ150頭以上が打ち上げられる。(テレ朝ニュース 2015/4/10)http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000048161.html

    東北大震災前にも同じ現象が。

    茨城・鹿嶋市の海岸にイルカ52頭打ち上げられる(日テレニュース 2011/3/5)http://www.news24.jp/articles/2011/03/05/07177271.html

    東海沖、南海、東北大震災のアウターライズも懸念され、とにかく、備えあれば憂いなし。

    今度は、511かな。

    そんなドタバタの中、安保法制とか共通番号改正案とか、ドンドン決めちゃうか?!
    HORMONE SEKINE OFFICIAL SITE | comments(0) | trackbacks(0) |
    <<夢と安心 | NBA >>