Deprecated: Assigning the return value of new by reference is deprecated in /home/users/2/kilo.jp-superblue/web/aohitokun/class/View.php on line 25

Deprecated: Assigning the return value of new by reference is deprecated in /home/users/2/kilo.jp-superblue/web/aohitokun/class/View.php on line 30

Warning: Cannot modify header information - headers already sent by (output started at /home/users/2/kilo.jp-superblue/web/aohitokun/class/View.php:25) in /home/users/2/kilo.jp-superblue/web/aohitokun/class/View.php on line 81
あおひと君ブログ::夢と安心
ARCHIVES















    • Contemporary Art 2.012展
      記事掲載
















  • 夢と安心
    IMG_2123_2.jpg

    粛々と進む国立競技場解体工事(2015/04/22)


    今年の流行語大賞は、『粛々』で決まりそうだ。

    おっと、ドローンが官邸屋上で見つかる!

    セシウムが計測され、反原発派の仕業と結びつけようとする意図がみえる。

    いま、セシウムだったらどこにでも、たくさんある。

    空、飛んでりゃ、いっぱい付く。

    誰でもマイクロ・ホットスポットの土集めてダーティーボムとか作れちゃうぜ。

    ほんとうに悲しい国なってしまった。

    この事件、川内原発裁判判決や、アジア・アフリカ会談での安倍首相と習近平国家主席の会談のフタをしたかったと、穿ってしまう。

    安倍首相は中国と、仲良く戦略的互恵関係を築くと、友好姿勢を見せた、ともっぱら海外メディアの評価らしい。

    The Huffingotn Post【日中首脳会談】安倍首相と習近平国家主席、今度は笑顔だったわけ http://www.huffingtonpost.jp/2015/04/22/abe-xi-japan-china-summit-meeting_n_7122132.html


    セルバンティスの『ドン・キホーテ』を読んでいます。

    実は、ドンキで買い物をしても、小説をちゃんと読んだことがなかった。

    17世紀に出版されたスペイン小説の世界的名作で、

    マンチャ村(・デ・ラ・マンチャ)の下級貴族ドン・キホーテが、騎士道物語を読みすぎて、ほんとうに自分が偉大な騎士だと思い込む。

    それで、侍従サンチョ・パンサを引き連れて、いろいろ旅して騎士道を振りかざし、武勇を馳せるドタバタ劇だ。

    小説はとても長くて、岩波文庫だと翻訳も古いので読みづらい。

    でも、とても面白い!

    つくづく自分はドン・キホーテだな。

    というか、今の日本ってドンキ状態かも知れない。

    安倍政権もネットウヨも一般市民も、それぞれ内容がまったく違う騎士道物語を信じ込んでいるみたいだ。

    本家ドン・キホーテは、あまりにのアホさに笑っちゃうけど、日本については、そうも言っていられない。

    古賀茂明氏の報道ステーション発言が、ネットでは大にぎわいだが、

    彼が、番組最後に挙げたガンジーの言葉

    「あなたがすることのほとんどは無意味であるが、
     それでもしなくてはならない。
     そうしたことをするのは、世界を変えるためではなく、
     世界によって自分が変えられないようにするためである」

    ちょっと長いフレーズだが、ここの「世界」を「安倍政権」とも「米国」とも「中国」とも、いろんな言葉を当てはめても意味がとおる。

    自分は自分でしかない、自分自身に忠実に、と言うことなのだろう。

    それで安倍さんは、日本人の意識があまりにも希薄になったから、『美しい日本』にしようとしているのはわかる。

    でもここで問題なのは、自分自身の思いは、人それぞれ違うのだ。

    逆に、みんないっしょだったらもっと怖いわけで。

    だから民主主義ですり合せなんだけど。

    少なくとも、日本も世界も、江戸や明治時代からは変わった。

    今は、情報は隠さず、お互い納得できるように折り合いをつけなければならない世界だ。

    と簡単に言っても、日本人は議論が下手で、日本語も議論にふさわしい言葉じゃないから、かなり難しい。

    そんな、ウダウダ理屈こねていても、メンドーだ。やっつけちゃえ、というのが今の流れみたいだ。

    ちなみに渦中の古賀氏は、所轄の公安警察から親身になってアドバイスを受けたらしく、

    警察のえん罪は、ミニスカートの若い女性、屈強な30代のサラリーマン、おじいちゃんの3人一組で仕掛けると言う。

    降りる時、ドアのところにいると、女性がチカンだと叫び、30代の男につかまれる。そこにおじいちゃんが来て、私、しかと見届けましたぞ!で終わりだそうだ。

    参考サイト:2015/04/12 自由報道協会が斬る!2015トークライブ特別編 古賀茂明が明かす「I am not ABE」の真相 http://iwj.co.jp/wj/open/archives/242357

    マスコミ報道は、前から比べて明らかに偏向しているに異論はないと思う。

    たとえば数年前まで行革を、あれほどヤンヤと批難していたが、今いっさい聞かれなくなった。

    安倍政権は、政府系金融機関(日本政策投資銀行、日本政策金融公庫、国際協力銀行、商工組合中央金庫)のうち、政策投資銀行以外、3つの機関のトップを、民間人から財務官僚などの天下り先に戻してしまった。

    いろいろ不服があっても、まだまだ日本は我慢できる範囲内なのだろうか?!

    株価が2万円と上がっても、年金基金(公務員の年金は手を触れない)、郵貯資金も使って、下がらないようにしているから、下がったときは、国民年金もパーになる危険性は拭えない。ってあと何十年も、この調子で行かないとならない。

    買いためた株は、実体経済が伴わないかぎり、売れきれない。売ったらもっと下がるし、買い手もつかない。

    高浜原発は、樋口裁判官の勇断で、仮処分という画期的な判決を下したが、川内原発の差し止め訴訟は敗訴、この夏、桜島の横で再稼働する。

    判決の新基準適合の根拠をネットで読んだが、とってもウソっぽい。

    高浜原発訴訟団井戸謙一弁護士が言うに、新審査基準でも、鉄塔など外部電源の耐震強度は、311以前のCクラスのままだそうだ。

    なぜなら新基準は、全部の鉄塔を立て替える費用に配慮しているからと言う。

    もう再生可能エネルギーで、バンバン新事業を開拓した方が夢があるのに。

    地産地消の会津電力は、福島県内の全部の電力を賄えると豪語する。

    トヨタのMIRAIって3分の水素供給で650km走る。

    今は、まだCO2が出るが、汚水処理場のメタンから水素生産も実用化した。

    それで、CO2が出ない太陽光パネル20平米あれば、車の平均年間走行距離1万強kmに匹敵する水素を生産できるまでになっているという。

    でも既得権益が邪魔をする。

    子どもの未来より、今のお金なのだ。

    そりゃお金は大事だけど、将来への安心と夢がないと、活力も成長も生まれない。
    HORMONE SEKINE OFFICIAL SITE | comments(0) | trackbacks(0) |
    <<トーキョー レインボウ プライド Tokyo Rainbow Pride | マイナンバー制 >>