ARCHIVES















    • Contemporary Art 2.012展
      記事掲載
















  • ブログが書けない
    う〜ん、ブログを書こうとしても筆が、いや、キーボードが叩けない。

    またパリで同時多発テロがおきる。

    亡くなられた方々のご冥福を心よりお祈り申し上げます。

    と言ってもそれ以上の犠牲者が、毎日のように中東でも生じている。

    それに対しての叫びは、ほとんどが、かき消されてしまう。

    警察庁のデータ2004年〜2013年のデータでは、10年間のテロの被害者は、世界各国で102,315名という。

    米国務省発表では、2014年だけで32,727名。公式発表だから、実数はもっと悲惨かもしれない。


    第一次大戦後、20年代のパリは、平和を謳歌するかのごとく、狂気乱舞した。

    1929年、世界恐慌。

    それがトリガーとなり、ムッソリーニ、ヒトラーが台頭し、一気に第二次大戦へ突入する。

    1936年、ベルリンオリンピック。ヒトラーのポーランド侵攻が、39年9月1日。

    リーマンショックは2008年。

    う〜ん、歴史は繰り返すか、、、汗

    安倍内閣は、共謀罪、緊急事態法、明文改憲と、今回の惨劇に乗じて、突き進もうとする。

    すでに日本は、安保法制や辺野古新基地建設の強行を見る通り、すでに治法国家ではない。

    やろうと思えば、何でもできる。

    それに対し、せっせと納税しても、選挙でしか意思表示が出来ない国民。

    でも、毎日のように、おかしいと声をあげる人たちがいるから、まだ救われる。感謝感謝。

    原発事故の責任のあいまい、被ばくもないものとしているし。

    TPPも、関税撤廃ばかりを謳い、非関税障壁撤廃の危険性はおくびにも出さない。

    中国の台頭、世界の多極化の今、アメリカの帝国主義の危機は確かだから、権力を握る人たちは、必死になっている。

    今まで隠していた対米従属の真相も、アメリカはあけすけで、もう隠そうともしない。

    人間の尊厳・尊重の感情は、深化も進化もしないのだろうか。

    ただ言えることは、金儲けのために、戦争や平和主義をかなぐり捨てるというなら、

    平和主義が儲かるように仕向けるしかない。

    6割以上の人々が、戦争より、平和主義が儲かると裾野から拡げればいい。

    だいたい、今、強欲に戦争や憎しみで飯を食っている人たちも、いずれは病気やら寿命で死ぬ。

    だから彼らの願望を受け継がれないようにする。

    といってもなんか実感ないな。

    希望を捨てたら終わりだ。

    やっぱりまともなことは書けなかった。
    HORMONE SEKINE OFFICIAL SITE | comments(0) | trackbacks(0) |
    <<日々雑感、、、 | 日々雑感 >>