ARCHIVES















    • Contemporary Art 2.012展
      記事掲載
















  • ろっぽんぎ
    クリスマスが近いというのに、週末の六本木はガラガラだ。

    年々、人出が減っている。

    もはや山下達郎のクリスマス・イブを耳にすることはない。

    表参道も中・韓を筆頭に、外国人観光客が半分以上ではないだろうか。

    どうみても不景気だろ。

    プーチンがきて、あいかわらず、マスメディアはいいことしかいわない。

    だいたい、歯舞、色丹の2島先行返還なんて、ロシアがすぐ応じるなんてありえない。

    返還して、米軍が基地を作ることは誰でもすぐ思いつく。

    人口は減り、アベノミクスも破綻したことは明らかなのに、唯一のカンフル剤、オリンピックで誤摩化そうとする。

    テレビは、スポ感もの(スポーツ根性ものではなく、スポーツ感動もの)を垂れ流す。

    ロシア人映画監督が、北朝鮮の実態を紹介する映画「太陽の下で」を作った。

    その中で、随行員(監視役)がいないすきに、5、6歳の幼児に

    「君の好きなものは何か?」と質問すると、なんと答えられない。

    どうも「自分が好きなもの」の言葉の意味がわからないようなのだ。

    監督曰く、「自分が主体になる」ことが思考回路にはないようだと、北朝鮮の庶民の印象を答えていた。

    しかし、今の日本も似たような状態になりつつあると思う。

    人間って以外と簡単に操れるのだ。
    HORMONE SEKINE OFFICIAL SITE | comments(0) | trackbacks(0) |
    <<芸能ニュースが4割増! | ライクアローリングストーン >>