ARCHIVES















    • Contemporary Art 2.012展
      記事掲載
















  • イスタンブール残滓 1
    すっかりイスタンブールの怒濤の10日間もいい思い出になっちゃった〜。

    帰国しても厳しい現実は変わらない。

    次の個展は来年2月1日から。来年というがもう三ヶ月もない。

    ヤバイ。

    何もする気がない。

    今回の会場は現代美術を見せる、インスタレーションを見せるのはとてもいい空間になっている。

    場所も銀座プランタンの側だから地の利もよい。

    今回の発表ではインスタレーションで大きく見せられれば、と思う。

    さっそくニュースリリースつくってプロモーションしなくては。

    話は260度くらい変わるが、ここ数年国内外問わず、多くのアートフェア、国際展、ウエッブでの情報などを見てみると具象画な感じのナイーブ、フォーブ、シュールレアリズムな肖像画などが多い。

    たまに色面構成やアブストラクトなものもあるが7〜8割は具象っぽい人物画で占められている。

    この数年、80年代のコンセプショナルアートの最後の時のような閉塞感、過渡期のような焦燥感が漂っている。どこを見ても人物ばかり。カラフルでブラッシュストロークのスピード感。

    あの時はニューペインティングがでてきてあっという間にアートブームになった。

    現在はその逆で、あまりにも商業主義的なデフレスパイラルに陥った美術界がコンセプチュアルな質実剛健な作風を求めているような、新しいイズム、ムーブメントがおこれば一気に世界を席巻してしまう。そんな予兆を感じさせる。

    今のアート業界は過剰な中毒的偏執状況、エロとバイオレンスの見本市みたいな世界だ。

    つまりいかに目立つ絵か?どういう方法でもいいから人目を曳くか?にばかり専心している印象が作品から伝わってくる。

    中には面白い、がっしりとした重みを感じる作品もある。切れ味の鋭い、いい作品だ。

    でも滅多にない。ほとんどは技術ばかりが鼻につくメッセージを感じさせないコンクールなどの優秀作品ばかりだ。

    血の出るような反吐のでるような馬鹿にされたような、そんなあり得ない作品は出会えないし、あっという間に世界のメインステージに登っていくのだろう。

    そろそろ新しいムーブメントを世界のどこかで誰かが一攫千金を狙って仕込んでいることだろう。勝ち馬にのればこれほど儲かる業界もない。

    世界の大富豪たちもアートマイアミとかバーゼルとかでそういう作品を血なまこになって探していることだろう。


    写真はイスタンブールで大きなギャラリーや作品。壁に直接、タイトルやネームを書き入れているところがあり、新しい展示方法だと思う。

    35venue.jpg
    HORMONE SEKINE OFFICIAL SITE | comments(0) | trackbacks(0) |
    <<イスタンブール残滓 2 | イスタンブール滞在記 9 >>