ARCHIVES















    • Contemporary Art 2.012展
      記事掲載
















  • 不思議の国にっぽん
    KC4H0105.jpg

    新国立競技場建設工事現場(17/3/18)


    すごいぞ、不思議な国にっぽん!

    こんなにもウソと搾取がまかり通っていても安穏としていられる人たちは、世界一だと思う。

    日本自慢の番組で取り上げたらどうだろう?

    今年の上半期、流行語大賞候補は。。。

    「全自動忖度機」に決まりだ。

    対抗馬は、「コスプレ右翼」かな?

    今年にはいって、いろいろ政権・官僚の不祥事が噴き出したことの意味するもの。

    つまり、権力支配力が弱くなった!?

    スシ友会が減ったせいかな?

    よく言われる理由のひとつは、アメリカが、日本をコントロールできなくなったから、お灸をすえるということだ。

    田中角栄は、今は、アメリカの意向に反したことで血祭りに上げられたのは、もはや疑う余地はない。

    KC4H0108.jpg

    新国立競技場建設工事現場(17/3/18)


    一昨日、夜中に円が急騰した。

    これから書くことは、経済も国際政治もど素人の自分の勝手な感想です。

    3月15日、アメリカで政策金利が上がった。

    普通、金利が上がることは、その通貨の価値があがることで、ドル高になるのが、

    今回、ドル安になった。

    専門家によると——

    これは、アメリカの利上げは、利上げすることを織り込んでいて、利上げ前にすでにドル高になっていることが多いためだと考えられます。
    利上げをすると材料出尽くしとなって、ドルが売られて、ドル安になるという流れです。

    以上、日経平均予想より http://nikkeiyosoku.com/blog/america-rate-hike-2016dec-fomc/

    だそうだ。

    しかし、もしかするとアメリカの奥深くでは、安倍退陣を決めたから、円高にして支持率を下げさせる指令が下った!とは考え過ぎか、、、とほほ

    なにしろ日本は、月2で開催される、日米合同委員会で、日本の政策の指示がでることも周知の事実となっている。

    今のまま安倍政権に日本を託していたら、規制と共謀罪をはじめ、国民を萎縮させる法律ばかりになり、活力を失い、購買力もなくなり、結果的にアメ車も売れず、せいぜい売れるのは単価の安い食材くらいしかなくなってしまう。

    安倍自民党の党是。

    「今だけ、金だけ、自分だけ」

    それじゃあ、アメリカの経済の後押しにはならないからね。

    日本国民みんなが、ある程度、お金を使ってもらわなければ困るのだ。

    それが中国を敵視するわりに爆買いに頼り、大企業重視でGDPも上がらず、円札を印刷して市場に放出するが、市場には出回らず、社内留保に回って、外資に吸い取られていては購買力は落ちるいっぽうだ。

    日本のお家芸、町工場の技術力や、世界にまれにみる職種の多さ、多様性のなかからケミストリーで生まれるイノベーションの土壌が廃れてはもうダメでしょう。


    KC4H0102.jpg

    17年3月18日、ビクタースタジオ前から新国立競技場建設工事現場

    KC4H0109.jpg

    新国立競技場建設工事現場(17/3/18)
    HORMONE SEKINE OFFICIAL SITE | comments(0) | trackbacks(0) |
    <<心の足場 | 今日の新国立競技場 >>