ARCHIVES















    • Contemporary Art 2.012展
      記事掲載
















  • NBAファイナル
    170612.jpg

    新国立競技場建設現場(2017年6月12日19時頃)


    NBAファイナルも佳境に入った。

    NBA=ナショナル・バスケットボール・アソシエーションこと、プロバスケットだ。

    マイケル・ジョーダンを追い抜くのは時間の問題となったスーパースター・レブロン・ジェームズ包するクリーブランド・キャバリアーズ対ゴールデンステート・ウォーリアーズの3年連続NBA王座決定戦だ。

    3年前は、ウォーリアーズ、2016年の王者は、キャバリアーズが7戦までもつれる激闘の末、レブロンを号泣させ、チャンピオンシップを手にした。

    今年は、雪辱を期すウォーリアーズが、3連勝でスイープで決まるのかぐらい、差をつけていたが、4戦目はかろうじてキャバリアーズが大勝。5戦目で決まるのか?!

    キャバリアーズのレブロン・ジェームズはとにかく怪物だ。

    高校から全米の注目のスーパースターで、大学に行かずNBA選手になると、現在32歳になるが、すべての記録を塗り替えている。

    203cm113kgの巨漢だが、動きは恐ろしく俊敏でペイントエリア(ゴール付近)も、3ポイントシュートもすべてこなし、まさに天才だ。


    170610-04.jpg

    キャットストリートに突如出現したギャラクシースタジオ東京。VR体験のできるサムスンのショールームだそうだ。中に入る勇気はありませんでした、、、とほほ。



    かたやウォーリアーズは、ステフィン・カリーという天才3ポイントシューターがいる。

    191cmでNBA選手としては小柄だが、素早い動作で放つ3ポイントシュートの決定率は恐ろしく高い。

    3ポイントシュートは、リングから約7.3m以上離れたエリアからのシュートをさす。

    さらにクレイ・トンプソンという地味なプレイヤーも素晴らしく、3ポイントシュートがカリーに並び得意で、2人あわせてスプラッシュ・ブラザーズと呼ばれている。

    2人のシュートは、いつもきれいでリングのネットが、スプラッシュ=水しぶきのように跳ね上がるから名付けられた。

    自分としては、今年、ディビジョンファイナルで善戦したボストン・セルティックスがお気に入りです。

    ちなみにNBAは、イースタン(東)・カンファレンスとウエスタン・カンファレンスに2地区(ディビジョン)に分かれ各15チームづつがいる。

    そのうちシーズン上位8チームが、セミファイナルに進出、トーナメントでセミファイナル、ファイナルと約2ヶ月かけて競い、うまくファンをよろこばすようにできている。

    ところで、ボストン・セルティックスは、ヤクルトと同様、緑がチームカラーで、1959年から8年連続の優勝を成し遂げ、NBAでもっとも多い17回、優勝している名門チームだ。

    それで現在、セルティックスには、アイザイア・トーマスという名ガードが在籍、なんと自分と変わらない175cmでレギュラーだからすごい!

    2mをこす巨漢の森の中を走り回る猟犬のようなプレイは圧巻だ。

    今年は地区首位でファイナルに進むもキャバリアーズの前に屈してしまい残念でした。


    170610-02.jpg

    ロータスの隣りにできたラウンドロイドカフェ。路面のGOMAYA KUKI (カフェ・喫茶)の超特濃「ごまアイス」専門店は、行列多し。ラウンドロイドは、よくわからないが、Ai飛行機?

    170610-03.jpg

    原宿交差点の近くの行列のできる台湾ティー専門店「Gong cha(ゴンチャ)」。行列多し。

    170610-01.jpg

    公団北青山団地はサラ地に!こんな広い青山の土地いくらするんだろう?
    HORMONE SEKINE OFFICIAL SITE | comments(0) | trackbacks(0) |
    <<蒙古斑守り隊の隊長 左側だけ紫氏からメールがきた! | 【スクープ】スーパーブルー探査が再開される?! >>