ARCHIVES















    • Contemporary Art 2.012展
      記事掲載
















  • あおひと君、ふたたび地球に来るのか?
    170703-01.jpg

    新国立競技場建設現場(2017年7月1日)


    なんかおかしくないか?! ニッポン。。。

    タガが外れたというか、支離滅裂というか、暴走しているというか。

    そう感じるのは自分だけなのだろうか?

    こんなご時世で、夢を持て、希望を抱けと若者たちには言えまい、、、

    こんなことになったのは、ノホホンとアメリカの巧妙な植民地計画に操られてしまった私たち大人の責任のなのかもしれない。

    アメリカは、日本の天皇制や将軍政治の長い歴史をひもとき、権威に弱い、村社会の同調主義を分析し、プロファイリングをした結果、東大学閥を頂点とさせ、政治家を権威にしたてる作戦をとったのだろう。

    そして「民主主主義は、自由のこと」だと錯覚させるため、3S(スポーツ、セックス、スクリーン)で、アメリカ=民主主義=自由と刷り込んだ。

    今となって、民主主義とは、国を治めるシステムのひとつだとわかっても、洗脳はきつく、なかなか呪縛から逃れられない。

    そんな植民地政策に対して、少なくとも、過去の自民党保守派は、がんばっていたと今、わかってももう遅い、、、

    でも若者たちよ! 大丈夫だ。人間はそんなに簡単には、いかない!

    しぶとく種を絶やさぬよう、狡猾に戦略を練る生き物だ。

    なにせ、DNAには数十億年の歴史がある。

    ポジティブシンキング!

    ラブアンドピース!

    そういえば、蒙古斑守り隊の隊長・青くたって大人だもん!氏から、続報があった。

    それによると、あおひと君が、ふたたびスーパーブルーを探しに地球にくるという。

    でも日本にも探査にくるかは、わからないらしい。

    5百万光年離れたあおひと星からでも、今の日本に、スーパーブルーの輝きを確認できなかったというのだ。

    日本に来ないのはとても残念だが、あおひと君にはぜひ、会いたいのでどこに来ようと、会いに行くつもり。

    また、詳細がわかったら、ブログに書きます。

    170703-02.jpg

    新国立競技場建設現場(2017年7月1日)
    HORMONE SEKINE OFFICIAL SITE | comments(0) | trackbacks(0) |
    <<将棋電王戦 | 極右が代表になった都民ファースト >>