Deprecated: Assigning the return value of new by reference is deprecated in /home/users/2/kilo.jp-superblue/web/aohitokun/class/View.php on line 25

Deprecated: Assigning the return value of new by reference is deprecated in /home/users/2/kilo.jp-superblue/web/aohitokun/class/View.php on line 30

Warning: Cannot modify header information - headers already sent by (output started at /home/users/2/kilo.jp-superblue/web/aohitokun/class/View.php:25) in /home/users/2/kilo.jp-superblue/web/aohitokun/class/View.php on line 81
あおひと君ブログ::都条例注意!
ARCHIVES















    • Contemporary Art 2.012展
      記事掲載
















  • 都条例注意!
    イスタンブールアートフェアであおひと君をとても気に入ってくれたトルコの中校生?たち。
    fun.jpg

    性描写規制を含む東京都条例が今日、再提出された。

    児童ポルノ規制のときのアグネス・チャンのヒステリックに引きつった顔には、醜悪さを通り過ぎ辟易したが、石原都知事のマスコミに対する言いぐさも相変わらず品性のない、横柄な上から目線であきれた。

    自分が偶然、ニュースで目にしたのは、記者の質問に、夫婦の性描写をみて喜ぶなんて頭がおかしいしか思えない、馬鹿じゃないのか!というような得意の捨て台詞だった。

    一度は否決された都青少年健全育成条例の改正案だが、十八歳未満への販売を規制する漫画やアニメについて「刑罰法規に触れる性行為」を「不当に賛美・誇張」する「画像」という三つの要件を提示。このため小説は含まれないという。(11月23日東京新聞web版より引用)

    ニュースだけではそれほど目くじら立てるような規制ではないと思われる方も多いだろう。それに、改正案に小説は含まれない、とのことなので石原知事は他人ごとに捉えているのかもしれない。

    当人のデビュー作「大陽の季節」は昔、読んだ。その他、彼の短編も何本か読んだ。どれも過激な暴力描写、風俗描写がてんこ盛りだった。正直、面白かった。

    現在ではその程度の表現は当たり前なのだろうが、彼がデビューした当時(1955年)は戦後まもなく、日本人の精神には儒教思想から始まり軍国主義、男尊女卑、性忌避の風潮はまだまだ根深く残っていた。故に大陽の季節はセンセーショナルで過激な描写が世相を驚愕させベストセラーになったのだ。それこそ表現の自由があったからこそ生まれたのだ。

    その本人がすっかり表現の世界から身を引いた、まるで小説なんて書いたことのない頭の固いただの老人になりはてているのだ。

    表現の自由は確かに両刃の剣だ。現代美術でもダミアン・ハーストの馬の輪切り標本作品や9月の村上隆のベルサイユ宮殿の個展の閉鎖請求なども目新しい。

    ベルサイユ宮殿といえば日本の皇居くらいに値する歴史的史跡だ。そこで海外のアーティストのエロティックなマンガキャラの作品を展示するフランスと言う国もスゴイのだが、日本ではそれこそ暗黙の了解があるではないか。

    声高にいわなくても天皇制だけにはふれることが出来ない。タブーだ。モスリムにもある。どの国にも少なからずある。それは文化だ。それを否定するつもりはない。

    なんでも規制しましょう!が問題だと思う。自己責任がとれないから何でも他人の審判にゆだねる現状。声高にうるさく言えばまかり通る常識。大義名分で押し通す一部権力者たち。

    今となって人間は生きることより住んでいる地域の決まり事や法規制にはずれないように、捕まらないように失敗しないように破産しないように嫌われないようにストーカーされないように毎日をこなすのに精一杯だ。

    最近、特に感じることは拙速にあがいているとしか思えない世の中の焦りみたいな重い空気だ。国家大成、人間の尊厳など大事な根幹にあたるようなことは巧みに避けて身近にある簡単そうな、わかりやすいことばかりに目を向けているような気がする。

    街に出れば、電車が来るから気をつけろ、白線の後ろに下がれ、路上喫煙禁止、振り込み詐欺に注意、キャッチセールスに注意、注意、注意、注意!

    注意ばっかりだ。

    生まれてから抗生物質てんこ盛りの養殖食材やジャンクフード食って、親から先生から友人から会社の仲間からテレビからずっと注意されっぱなしで生きていたらおかしくなる。

    そのくせ自殺はいっこうに減らず、貧困層は増え、肉親殺し、子殺し、無差別暴行殺人と犯罪は増え続ける。

    確かに我々人間は社会という団体行動の中で効率的に生産性をあげ危険を減らし種の繁栄をもたらしている。そのためにある程度の規律は必要不可欠だが、なんでも規制すれば世の中がよくなるとか、人間の行動がすっかり変わるとかありえないだろう。

    規制はよりよくなる事実が明らかな場合のみ必要だが、現状では何でも規制すればよくなる、という錯覚に陥っているのではないだろうか?

    だからこそ表現の自由は大事だ。表現は空想の産物だ。あり得ないことを疑似体験できる素晴らしい能力だ。それだから創造性は人類の最大の武器でもあると思う。創造性が人間の進化を招き、繁栄をもたらしているのは明らかだ。

    創造できなくなったら、食ってクソして子を増やして死ぬだけの生物のサイクルを繰り返すだけになる。今となって人間がそういう生き物に後戻りすることは出来ない。

    今回の都条例ばかりではないが表現の自由は社会の中で最後の砦だ。漫画家たちが言うように規制が先にあったら創作が前に進めないだろう。規制は検閲でもあるのだ。法規制が事前に、アーティストがこれから作り出そうとする内容を決めるものではないだろう。

    自分でも表現の世界でずっとやっているが、新しい表現を探しだすこと、創造することの困難さ、大変さは筆舌に尽くしがたい。あらゆる可能性を探り日々苦心し血のにじむような困難を経ている。だからこそ世に残る天才の作品は光を放っているのだ。

    マンガとダ・ビンチは一緒には出来ないが、どちらにも創造性は不可欠だ。漫画といっても鉄腕アトムもナルトもいまじゃ世界的に影響力をもつアート作品だと思っている。

    現在まで世界中に残っている作品は数え切れないほどの忘れ去られた作品の多大な犠牲の上に築かれているのではないだろうか? それらの作品の中には命をかけてタブーに挑戦した作品も数多くあったはずだ。

    たとえ残らなかったとしても勇猛果敢なアーティストたちの闘いのエネルギーがあるアーティストに集大されて傑作は生まれているのだ。

    自分は傑作は決して作家一人が全部、考えだし生み出したものではないと思っている。

    「大陽の季節」も彼自身がそういった数々の試行錯誤を経た作品にふれ感動、怒りなどいろいろな経験を経てきたからこそ生み出された作品だと思うのだが。

    そういった作品が途切れなく生まれ、数え切れないほどの人々に希望を与え感動を呼び社会を繁栄、進化させている表現の世界を、そのときだけのそれも一握りの人々のわかったような似非倫理観に押し流されることは危険過ぎやしないか?!

    関連ニュース:http://www.47news.jp/CN/201011/CN2010112901000790.html
    HORMONE SEKINE OFFICIAL SITE | comments(0) | trackbacks(0) |
    <<12月1日 | 11月も終わる、、、 >>