ARCHIVES















    • Contemporary Art 2.012展
      記事掲載
















  • 今は〜♬もう秋〜がす〜ぎ枯れススキ〜♪
    171121_KC4H0486.jpg

    今年も表参道のイルミネーション。設置・点検作業中に遭遇。


    171121_3517.jpg

    千駄ヶ谷の鳩森神社前の1本道のその先に、ちょうどお天道様が沈んでいった。「竜の道」と昔から言われ、気が通じていいとも(あくまでも噂)。


    日本の四季は、美しすぎるから、それ以上、考えることをしなくていいのかもしれない。

    それが毎年、繰り返される。

    この変化は、欧米の思想をめぐらす文化のようにはならなかった理由かもしれない、と代々木公園の紅葉をみて、思った。

    171121_KC4H0490.jpg


    171121_KC4H0494.jpg

    代々木公園の紅葉。こういうのに出会うと、すべてがど〜でもよくなってしまう、、、とほほ


    とくにヨーロッパの冬は厳しいもんな。

    せいぜい南欧のローマやアテネ、スペインのバレンシアあたりにいかないと、東京のような寒さの冬にはならないと経験している(今は温暖化で変わったかも)。

    ロンドン、パリ、フィレンチェも冬はシバれるロッキンロールだ。

    そんな厳しい自然環境だったからこそ、人智、人間中心になったんじゃないのか!?

    日本には、美しい自然があったからこそ、それと一体化し、あまり人間という存在には重きをおかないようになった。

    むしろそれに従うことをよしとした。

    だから現人神(あらひとかみ)には、ひれ伏すパブロフの犬になってしまう。

    アートに対しても、自然と人智の差が生じる。

    自然崇拝と人間崇拝の違い。

    それで日本は、外見重視、建て前、肩書き、表向きに影響されちゃうんじゃないかと、かってに想像しています。

    わかるかなぁ、わかんねぇだろうなぁ〜いぇ〜い、ピース!


    171121_3500.jpg

    新国立競技場建設現場(2017年11月21日)

    171121_3511.jpg

    新国立競技場建設現場(2017年11月21日)

    171121_3514.jpg

    新国立競技場建設現場(2017年11月21日)
    HORMONE SEKINE OFFICIAL SITE | comments(0) | trackbacks(0) |
    <<あ〜っ年末、、、ふぅ | あっという間に〜冬! >>