ARCHIVES















    • Contemporary Art 2.012展
      記事掲載
















  • 何も考えていないのか?
    180115_IMG_0467.jpg

    新国立競技場建設現場(2018年1月15日)


    温暖化なのでしょうか?

    地球的に言うと寒冷期にはいっているそうだが、原発のためなら黙ってましょう。

    寒いと電気代かかるんで困るんです。

    人口が減れば、GDPは下がるのは目に見えている。

    今までのビジネススキームではやってられない。

    日本のGDPは、個人消費が6割を占めるのに。

    なーにも考えていない政府。

    人口が減れば、求職率はあがる。犯罪だって自殺者だって減るだろう。

    それをいかにも政治のおかげだと言われてもねぇ。


    180120_IMG_0485.jpg

    新国立競技場建設現場(2018年1月20日)


    19世紀、J・S・ミルが定常状態論を唱えた。

    富には上限があるといった。

    1972年にはローマクラブが成長の限界を主張した。

    2008年リーマンショックから脱成長が注目された。

    つまりGDPをもうやめようと。

    右肩上がりしか、喜べない価値感は捨てようと。

    その好例が、ブータンの国民幸福指数などだ。

    荒川区では幸福実感都市を目指している。

    2035年になると、高齢者が4割を占め、男性の半分が独身になる「超ソロ社会」になるそうだ。

    参考:は2035年、人口の半分は独身になる。社会から孤立しない『つながるぼっち』をどう実現するか?http://www.huffingtonpost.jp/2017/09/27/tsunagaru_a_23224459/

    こんな未来なのに、朝から晩まで中国が攻めてくるとか、韓国を嫌っていてばかりで解決するのか?

    トランプのご機嫌とりで武器なんかを買うよりも、もっと国力をあげるよう、子どもが安心して産めるよう、将来、安心して老後を暮らせるようするのが国の役目じゃないのだろうか?

    すかさず、ネトウヨらからは、安心できるように中国、北朝鮮がせめて来ないよう、軍備を増強するのだと言う声が聞こえてきそうだ。

    何度も言うけど占領しに来るならとっくに来ている。ミサイルだって打ち込むことはできる。

    でもそれをしてどうなる? あくまでも駆け引きの道具なのだ。

    だから同じ土俵にたたなければいい。それをするのが外交だろう。

    日本の政権も官僚も、なんでこうも好戦的なのだろう?

    やはりもう一度、戦争をしたいとしか思えない。

    でももう昔のような戦争はできないのだ。

    あまりにも武器の威力も技術も進化しすぎている。

    180120_IMG_0487.jpg

    新国立競技場建設現場(2018年1月20日)

    180120_IMG_0481.jpg

    180120_IMG_0485.jpg

    新国立競技場建設現場(2018年1月20日)
    HORMONE SEKINE OFFICIAL SITE | comments(0) | trackbacks(0) |
    <<タッタ1億円? | さもしいなぁ >>