Deprecated: Assigning the return value of new by reference is deprecated in /home/users/2/kilo.jp-superblue/web/aohitokun/class/View.php on line 25

Deprecated: Assigning the return value of new by reference is deprecated in /home/users/2/kilo.jp-superblue/web/aohitokun/class/View.php on line 30

Warning: Cannot modify header information - headers already sent by (output started at /home/users/2/kilo.jp-superblue/web/aohitokun/class/View.php:25) in /home/users/2/kilo.jp-superblue/web/aohitokun/class/View.php on line 81
あおひと君ブログ::視覚メディアとアート
ARCHIVES















    • Contemporary Art 2.012展
      記事掲載
















  • 視覚メディアとアート
    昨晩の激しい雨もすごかったが一転して今日の東京は春のように暖かい。

    ヨーロッパは相変わらず寒波で大変らしいが、こちらは暖冬。

    異常気象というほどではないだろう。

    何しろ今まで何回も氷河期を繰り返して海面も何十メートルも上がったり下がったりしているのだから。

    問題なのはそれを知らずに大都市を開発発展させ来たのことだ。

    ところで昨日はイラストレーションでは老舗のギャラリーで佐々木悟郎さんの個展を覗いてみた。

    彼のイラストは有名だから見てすぐにわかる。

    淡い水彩のにじみを上手く取り入れた秀逸な作品だ。

    原画はおそらく初めて見たと思う。

    ハガキより少し大きい画面の水彩画がたくさん飾られている。

    どれも新聞の挿絵で描かれたものの原画だ。

    佐々木悟郎さんのイラストを知ったのは恐らくブルータス?ポパイ?

    それも30年近く前だ。

    それを思うと彼の画歴も長いし生き残っている。

    すごいことだと思う。

    当時は雑誌は時代の先端を走っていた。輝いていた。

    お気に入りの最新号は発売されるのが待ち遠しかったくらいだ。

    もちろん月に数冊は買って読んだ。

    今ではすっかりネットに立場がとってかわった感じがする。

    恐らく電子ブックのようになっていくのだろう。

    ところで彼ほどの秀逸なイラストを見るとアートとは違う気がする。

    大きさの問題は重要だが、その作品の放っているパワーのベクトルが違うのだ。

    やはり印刷されて力を発揮するのだ。

    原画自体は完成されているから入り込めない。謎が生まれない。

    会話が上手い、カワイイ、きれいで終わってしまうのだ。

    だから部屋に飾って、いつでも見てみたい気がしない。

    それは自分の心情が映る鏡ではないからだ。

    自分の好きな現代アート作品はいつ見ても違う問いを自分にする。

    作品は自分に問いかけずにはいられない、何かを訴えかけてくるのだ。

    イラストにはそれがない。

    イラストとアートの優越を言っているのではない。役割が違うのだ。

    先のブログにも書いたけど写真でも同じようなことが言える。

    印刷されてよくなる作品。悪くなってしまう作品。

    視覚メディアとアートの差。
    SN3E0446.jpg
    HORMONE SEKINE OFFICIAL SITE | comments(0) | trackbacks(0) |
    <<KAGEROU | 中国オークション >>