ARCHIVES















    • Contemporary Art 2.012展
      記事掲載
















  • デモクラシー
    来週から個展だ。

    最近、創作の方の調子がいい。

    というのは実にしっくりと満足する絵が描ける。

    手前味噌風味なのだが。

    ディモクラシーナウというアメリカのケーブルTVのネット版でマイケル・ムーアのインタビューを流していた。

    ボーリングフォーコロンバインやシッコなどの社会派ドキュメンタリー映画作家だ。

    アメリカっていうのは面白い国だ。

    社会批判や体制批判がけっこうタブー視されない。

    自分が思うに日本よりよっぽど自由な雰囲気がするのは幻想か?

    今は愛国者法やら訳のわからないテロとクソ、じゃないテロ特措法みたいのでかなり厳しいらしいが。

    知り合いから聞いたのだが、アメリカ大使館にビザとか問い合わせすると有料だそうだ。それも2,000円もとるという。

    以前、原美術館のイベントにアメリカ大使館文化部長が出席していたが、シークレットサービスが一人付き、まるで植民地に来ているような印象の居丈高な態度に辟易したおぼえがある。

    話を戻すが、マイケル・ムーアはなんとブッシュのいとこ「アトミック・カフェ」のケヴィン・ラファティ監督から映画の撮り方を習ったと言い「ロジャー&ミー」の撮影にもたずさわっている。

    彼が、パティ・スミスの言葉を引用して「民主主義の市民である以上、我々一人ひとりが政治活動家であるべきで、全員が活動家を止めたとき、民主主義は死ぬ」と。

    今の日本に当てはめるとどうか?

    なんでもアメリカの言うことは正しい、という思考回路がそもそも植民地化の成果だ、と反論されそうだが、日本人であろうとも前に進むしかない。

    民主主義? 実はよくわかっていないかもしれない。

    選挙で代表者を選んで国会に送って投票者個人の欲求を国の指針に反映させる。ことができる制度?

    でも過半数で白黒ついちゃうんだから、自分の意見や要望はほとんど希釈されてしまう。

    だから和をもって尊し。

    協調し我慢してなるべく大人しく従順に生きる。

    今、盛に批判されるTPP、トランス・パシフィック・パートナーシップ。

    トランス・パシフィック。といってもインドも中国も韓国もいない。

    パートナーシップと聞こえはいいが。

    ナショジオでオバマ大統領の専属カメラマンのドキュメンタリーをやっていた。

    ホワイトハウスじゃみんな仲がいい家族みたいな雰囲気だ。

    SPもNCISのギブスみたいに怖くないし。

    オバマ大統領はめちゃ気さくだし全然エバっていない、ふうにドキュメンタリーは撮られている。

    でも案外、そんなモンじゃないのかな。

    そのピートというカメラマン。一日2万枚も撮影するそうだ。週で8万枚。デジタルだからできることだろうが、編集者は別にいてすべてに目を通す。大変だぁ。

    ところでこの専属カメラマンはジョンソン大統領からだそうで初代はヨーイチ・オカモトという日系アメリカ人。

    ところで街中で長妻昭代議士が区議会議員を応援し、減税とか無駄を省く区政とか?デジャブーみたいなことを連呼していた。

    ほんとにわかってんのかなぁ。。。。

    今度の日曜、大きなデモが青年館近くに集合するそうだ。

    主催者はチュニジア、エジプトに続き100万人!と血気盛ん。

    今日は比例参議16人が会派離脱表明したし。

    確かに今の国政はメチャクチャだ。

    灯台デモ暗し〜ニッポンちゃちゃちゃ!

    Petu3.jpg
    HORMONE SEKINE OFFICIAL SITE | comments(0) | trackbacks(0) |
    <<トーキョーフロントライン | 雪が止んで >>