ARCHIVES















    • Contemporary Art 2.012展
      記事掲載
















  • お見舞いとお悔やみ
    このたびは東日本巨大地震で被災された方、亡くなられた方々に心よりお悔やみ申し上げます。

    今回、ゲイサイがちょうど今日の13日開催されるはずだったので準備に追われ、確定申告書き終え、税務署に行こうかな、と思っていた矢先の出来事だった。

    最初は小さな揺れだったがなかなか静まらない。

    アレれっ?どんどん大きくなる!うわっヤバイ!

    今の住まいはリーマンショックで引っ越しせざるを得なくなった安普請のアパートの2階。

    身に危険を感じる。

    家具が動き始める。外に出る。少し収まる。物が散乱したものを片づけるため戻ると再び大きな揺れが!また脱出!

    若い頃、北ギリシャのテッサロニキに留学していたとき、震災に見舞われたことがある。

    自分の住んでいた部屋の目の前の建物が完全崩壊し何人もの方が亡くなった。

    そのときもかなり恐ろしい思いをした、が今回の揺れの方が怖かった。

    今日、マグニチュード9に変更され日本観察史上、世界でみてもトップクラスの規模になってしまった。

    海外の情報では日本が2.5m動いたらしい。

    地球の動きではかなりの数値だ。

    ところで4時ごろ外に出ると帰宅する方々と車で街があふれかえっていた。

    不思議な光景だった。激しい渋滞にもかかわらず車のクラクション、人々の話声もなくとても静かな雰囲気の中で粛々と展開されている。

    家に戻り実家に電話をかけるがまったく不通。

    夜7時すぎに電話がなった。母親からだった。興奮した声が飛び込んでくる。

    なんと運悪く用事があって銀座にいたのだ。そこで地震が起こり帰れなくなってしまったという。

    実は母親は足がとても悪く歩くことが不自由だ。それでもリハビリといい外へ出ることが多い。

    この状況ではタクシーも拾えずあの足で住まいのあるところまでは帰れない。

    自転車でとにかく駆けつけることにした。

    外に飛び出ると、夜になっても246も外苑西通りも車と人々であふれかえっている。

    その人々と渋滞の間を縫うように銀座へ向かう。

    母親を見つけ自転車の荷台に乗せ家まで戻る。

    途中、スーパーで食料品を買いだめするが、どこのコンビニと同様、パン類はひとつもない。火が使えないときの為か。

    深夜近くになっても渋滞も家路を急ぐ人たちの行進が途絶えることがない。

    この東日本巨大地震は、三陸沖、宮城沖、福島沖の大きな地震3つが連続して起こった観察史上稀に見る現象だそうだ。夜中の3時には長野地方でも大地震が起こっている。

    これじゃ、昔ベストセラーになった「日本沈没」そのままだ!

    今回、電話が不通になってしまったがネットが正常に機能しツイッターはその威力を発揮した。

    続々と被災者情報、地震情報が書き込まれる。時間が経ってくるとデマっぽい情報も増えてくる。

    なんと東京ガスや電気員の姿で点検を装い女性のマンションに押し入るバカ野郎がいる、とすぐに広まる。

    いや〜ツイッターあっぱれ。

    ギリシャにいた時も地震後すぐに留守宅を物色する火事場泥棒に遭遇した。

    今回も義援金サギやらいろいろな便乗犯罪も起こるのだろう。

    なぜ、この時期なのか?!

    冷静になるといろいろな思いが頭を巡る。

    期待していた13日のゲイサイが順延になってしまう。

    一瞬、ツイていないと悲観するが1、2月と個展は無事、開催出来た。

    もちろん被災された方々にとっても不謹慎なことだが、フルフォードさんたちが言う地震兵器の陰謀説も頭をよぎる。

    民主党危機、前原辞任、レンホウ、枝野、仙石の闇企業献金問題などなどの菅内閣崩壊寸前での出来事との因果を見るとその陰謀説もふと信憑性を帯びてしまう。

    でもこの情報網と技術的に見ても地震兵器はどう考えてもあり得ない。

    それよりも人間の持つ念の力じゃないか、とふと思う。

    誤解されては困るが自分はスピリチュアルな人間でもいろいろあるカルト教信者でもない。

    でも剣術をやったり友人たちの実体験から人間の持つエネルギーは信じているのだ。

    たとえば手のひらを少し離して向かい合わせるとその間にある力が発している。

    自分も訓練で少しはできるが、友だちはそれがとても強い。

    手をかざしてみると触れてもいないのにビリビリと皮膚が刺激されるのが明らかに実感できる。

    宇宙は大きなエネルギーの集積だ。

    素粒子、原子核レベルからすべてある一定のリズムで振動している。

    それが原子を構成し分子になる。

    電磁波や光(フォトン)、放射線、熱などもすべての同様だ。

    それはこの宇宙すべてとそこに存在するすべての物質の源だ。

    人間も地球もすべてその集積であってその原理の中でしか存在できない。

    地震は地殻のズレだ。アンバランスの修復だ。

    人間の持つ負のエネルギーが収斂し何かに作用することはあり得ないか?

    あくまでも自分の勝手な推測、想像だから無視されてもバカにされてもかまない。

    すべて因果応報。

    自分は一人一人が持つエネルギーがまとまったときの力は決して侮れないと思っている。

    しかし、海外でも高い評価を受けた日本人の行動、つまりパニックも暴動も物取りもまったく起こらず粛々と歩いて帰宅する大勢の人たち。

    クラクションひとつならさずじっと渋滞を我慢する人たち。

    ほんとに自慢できることだと思う。

    早く被災地の復興と福島の原電の復旧が成功することを心より祈っています。

    あとギリシャにいた時も経験したが大きな余震は起こることは確実だ。

    今回は巨大だった分、余震も大きいことが予想されるが冷静におそれず行動したい。
    HORMONE SEKINE OFFICIAL SITE | comments(0) | trackbacks(0) |
    <<原発と石原都知事 | ゲイサイ&ももクロ >>