ARCHIVES















    • Contemporary Art 2.012展
      記事掲載
















  • イスタンブール残滓 2
    この2年間、海外に行くことが多くなった。

    2008年6月のチェコ・プラハを皮切りに10月にハンガリー・ブダペスト、2009年4月にはセルビア・ベオグラード、今年は7月にパリ、そして今月はトルコのイスタンブールだ。どこも公的な展覧会やパフォーマンスの発表だった。

    不思議なことだ。それまで自分が海外に行きたいから一生懸命に何年も交渉し営業やら売り込みをしていたわけでもなく偶然の度重なりが続いているだけなのだ。

    そもそも他の作家たちのように小さな頃から画家になりたいとか大きな夢を抱いて美大をでて現代美術の世界に入ったわけではない。

    気づいたら続けている。

    というより続けられている。

    あえて言うなら他にやれることやその才能、他にやりたいことがないから続けるしかない。

    普通、こんなに生産性もなくかなう可能性すらない夢にもならない妄想に取り憑かれ、若い頃からこの業界にどっぷりつかっているわけでも親や親戚のコネもなく、ただヨーロッパ留学中に受けた現代美術の魅力とショックから止められなくなってしまったのだ。

    話はいきなり変わるが最近、海外でいろいろ展覧会をみたりネットのサイトをみると具象絵画の隆盛がスゴイ。

    人物画が多いのだがみんなひと工夫、ふた工夫凝ったり技術的に素晴らしかったりする。

    人物画の次は景色や静物画だが絵の具をふんだんに使ったタブローがほとんどだ。

    色面構成や淡いカラーフィールドな絵画は遠目からもインパクトのある人物画に埋もれてしまう。

    この中からコンセプチャルアートから突如、わき起こったニューペインティングのような新たな潮流を作り出すブーム、イズム、価値観が生まれるのだろうか?

    ニューペインティングのときはリアルタイムでその変遷を体験した。もしかしたらすでにその新しいブームは世界のどこかで生まれているのではないだろうか?

    一度、美術界がその流れに方向転回したら、その後は早いと思う。

    大きな企画展が主要な大都市でいくつも開かれジャーナリズムは喧伝しハレな世界を演出するだろう。

    80年代、概念芸術、キネチックアート、抽象表現主義の延長などで画廊には難解すぎて客離れした白々しい空間だけが広がっていた。アーティストのためのアートとまで言われ現代美術は一般のクライアントは見向きもしなくなっていた。

    そのときイタリアからはトランスアバンギャルドが。東西ドイツからはノイエビルダーが。NYからはニューペイティングが颯爽と登場し今までの無味乾燥でオブジェ的、物質的に隔絶された作品群が豪華絢爛、虹が酒樽で発酵したように色を帯び、今までまったくといっていいほど見られなかった人物たちが画面の中で躍動し始めたのだ。

    今でもジュリアンシュナーベルの割れた皿が張りつくされ絵の具を描き殴ったようなベルリンの壁のような巨大なタブローを目にしたとき、自分の中で整理されない混沌とした自己嫌悪に戸惑った。

    それまでのハードエッジと題されたような人手を得ない工業生産品のような作品群とかけ離れすぎていルのだ。大きな絵を前にして、なぜ?しか疑問符がわいてこない自分がいる。今までのアート界とそこに繋がる一遍の糸くずのような些末な共通項も見つけられない。

    でもその困惑も解決するのにさほど時間は要さなかった。

    それまで難解すぎて美的な感傷がなさすぎた冷たい作品群が雪山のロッジに燃えさかる暖炉のように冷え切った体をほぐし、暖かく迎えいれたのだ。

    一気に世界はアートブームになり日本でもヘタウマと呼ばれ日本でも80年代に入ると画家やイラストレーターが俄然、脚光を浴びるようになる。

    湯村輝彦、日比野克彦、安西水丸、河村要助、田中紀之、大竹伸朗などなど。

    あれからすでに30年近く経とうとしている。

    その間、具象画の人気は続き、日本のアニメブームを巻き込んで巨大化しキャラ化し形骸化している。

    フィリップ・ターフェなどの幾何学的コンポジションブームやレイチェル・ホワイトリード、ダミアン・ハースト、ハーマン・ニーチェなどのストイックでシンボリックな作風の作家も人気を博している。

    しかし巷では色鮮やかな具象的人物像、いちばんストレートでわかりやすく直接的なテーマは、不景気の裏返し、つまり商業的リスクをとらない結果なのか、8割近い比率である。

    アートは作家の超個人的な欲望の蒸留されたエッセンスがあるキッカケで裏返って世界を包み込んでしまう。そのエッセンスの皮膜は透明であればあるほど薄ければ薄いほど気づかないうちに強力なパワーで世界を包み込んでしまう。

    アートは根が深い。時代の大きな鼓動、流れを読み取ってそれを無意識のうちにメッセージに託すことのできる才能がなくてはならないと思う。

    個人的感想だが、メッセージ性の強いものが残っていく気がした。

    というよりこれだけ技術的にもモチーフ的にも差のない作品群。この生き詰まっているコンテンポラリーアート業界で目立つには生き残るにはやっぱり人と同じことをやっていてはダメだ、とつくづく思うのだ。

    具体創始者メンバーの一人、島本昭三氏が言っていたが
    現代美術の伝統とは今までにない、今までとはまったく違った考え方、見せ方、アプローチの仕方を提示していくことが伝統だ、と、伝統を壊すことの繰り返しが現代美術の伝統だ、と言っていた。

    まさに言い得て妙だ。


    香辛料の山
    18egyptbazar.jpg

    HORMONE SEKINE OFFICIAL SITE | comments(0) | trackbacks(0) |
    イスタンブール残滓 1
    すっかりイスタンブールの怒濤の10日間もいい思い出になっちゃった〜。

    帰国しても厳しい現実は変わらない。

    次の個展は来年2月1日から。来年というがもう三ヶ月もない。

    ヤバイ。

    何もする気がない。

    今回の会場は現代美術を見せる、インスタレーションを見せるのはとてもいい空間になっている。

    場所も銀座プランタンの側だから地の利もよい。

    今回の発表ではインスタレーションで大きく見せられれば、と思う。

    さっそくニュースリリースつくってプロモーションしなくては。

    話は260度くらい変わるが、ここ数年国内外問わず、多くのアートフェア、国際展、ウエッブでの情報などを見てみると具象画な感じのナイーブ、フォーブ、シュールレアリズムな肖像画などが多い。

    たまに色面構成やアブストラクトなものもあるが7〜8割は具象っぽい人物画で占められている。

    この数年、80年代のコンセプショナルアートの最後の時のような閉塞感、過渡期のような焦燥感が漂っている。どこを見ても人物ばかり。カラフルでブラッシュストロークのスピード感。

    あの時はニューペインティングがでてきてあっという間にアートブームになった。

    現在はその逆で、あまりにも商業主義的なデフレスパイラルに陥った美術界がコンセプチュアルな質実剛健な作風を求めているような、新しいイズム、ムーブメントがおこれば一気に世界を席巻してしまう。そんな予兆を感じさせる。

    今のアート業界は過剰な中毒的偏執状況、エロとバイオレンスの見本市みたいな世界だ。

    つまりいかに目立つ絵か?どういう方法でもいいから人目を曳くか?にばかり専心している印象が作品から伝わってくる。

    中には面白い、がっしりとした重みを感じる作品もある。切れ味の鋭い、いい作品だ。

    でも滅多にない。ほとんどは技術ばかりが鼻につくメッセージを感じさせないコンクールなどの優秀作品ばかりだ。

    血の出るような反吐のでるような馬鹿にされたような、そんなあり得ない作品は出会えないし、あっという間に世界のメインステージに登っていくのだろう。

    そろそろ新しいムーブメントを世界のどこかで誰かが一攫千金を狙って仕込んでいることだろう。勝ち馬にのればこれほど儲かる業界もない。

    世界の大富豪たちもアートマイアミとかバーゼルとかでそういう作品を血なまこになって探していることだろう。


    写真はイスタンブールで大きなギャラリーや作品。壁に直接、タイトルやネームを書き入れているところがあり、新しい展示方法だと思う。

    35venue.jpg
    HORMONE SEKINE OFFICIAL SITE | comments(0) | trackbacks(0) |
    イスタンブール滞在記 9
    32cat.jpg
    長いようで短かったイスタンブール。

    初日の嵐に見舞われたときは一時はどうなるかと思ったが、最後の旅立ちまで晴天が続いた。

    パフォーマンスはこちらのTVとか新聞などにも取り上げられたと見た人が言っていた。

    空港までは乗り合いタクシーを頼んだ。来るときは深夜でも2人で25ユーロだったが乗り合いは昼間でも一人10ユーロなのであまり変わらない。

    名残惜しいイスタンブール。最後におおきなザクロの生搾りジュースを飲む。酸っぱくて甘くて美味しい。ホテルマンのイシュファンといろいろイスタンブールをほめたたえつつ空港行きタクシーを待つ。入り口に貼ってある寄せ書きに旅の思い出を書き記す。

    テロがあったせいか空港は少しチェックが厳しい。いきなり空港ターミナルビルに入ったとたん持ち物検査だ。普通、チェックインしてからだが、ここでは荷物全部をすぐにチェックされた。機内に乗り込む前にセブジさんに電話でバイバイを言う。

    アエロフロートは相変わらず混んでいる。そして遅れる。モスクワから東京便の乗り換え時間はあまりない。イスタンブール空港で止まったままだ。なかなか離陸しない。モスクワに着いたとたん走れ!係の女性に時間がないとせっつかれる。これではゆっくりタバコも吸えない。

    帰りは気流の関係で少し早くて9時間くらいで着く。これが楽だ。今年2回、アエロフロートでヨーロッパに行ったが安いためか常に混んでいる。去年はガラガラだったのに。

    今度はどこの国から呼ばれるかな?

    パフォーマンスとFree Shake Hands ProjectのYou Tube動画。



    HORMONE SEKINE OFFICIAL SITE | comments(0) | trackbacks(0) |
    イスタンブール滞在記 8
    今日は11月3日、2回目のパフォーマンスだ。なんて時間がたつのは早いのだろうか。
    9泊11日のイスタンブール巡業も終わりつつある。28日の嵐の洗礼、29日の会場下見から毎日、現場に通いパフォーマンス敢行。名所旧跡、ほとんど行ってません。

    すっかりイスタンブールに馴染んでいる。人も車も喧噪もすごいのだがなぜか落ち着くのだ。街にネガティブなエネルギーが感じられない。どんなに貧しそうな人々からも希望が感じられる。生命のハリのようなものが伝わって来るのだ。

    バナナ一本30円弱を売り歩くおじいさん。いかにもフェイクだとわかる香水を売り歩く少年たち。立派なスーツに書類をチェックするエリートサラリーマン。ガラタ橋で釣りをする親父たち。みんな笑顔が明るい。目つきが優しい。

    今日は午前中、イスタンブール現代美術館を見る。来る前から行くことは決めていた唯一の場所だ。

    現代美術館はカバタッシュ駅手前で海沿いの外国船の停留岸壁に沿って建てられている。モダニズムな建物はまさに現代美術館を彷彿とさせるデザインだ。

    まず入る前にボディチェック、キャッシャーで日本から来たアートフェア出品者だからタダにして〜とお願いし断られる。でもディスカウントだったらOKと言うので半額にしてもらった。

    トルコの現代美術家の作品が中心だが数点のヨーロッパのアーティストの収蔵作品もあった。まだオープンしたてなのか収蔵品は少なく規模が小さい。TUYAPのアートフェアの方が数も多く面白い。

    連日会場で、Free Shake Hands Projectをやった。毎回、老若男女に関わらず大受けだ。今日のパフォーマンスも先回と同じ構成だ。まあ、そんなにネタがない(笑)。今日はBGM音楽の停止は当然だが、館内アナウンスも入れてもらえることになった。

    やはり観客はやや少なめだった。2回目の慣れがあったのか自分的にもイマイチ、青テープの巻き方に迫力がなかった。というよりバランス良く自縛できず中途半端に終わってしまった。でもライブペインティングの「愛」と「平和」の字はこちらのほうが良く書けた。

    パフォーマンスの後は参加者みんなでお絵かきワークショップ。好き勝手にアクリル絵の具で大きなキャンバスに絵を描いていく。

    イスタンブール最後のFree Shake Hands Projectをやる。今日は1時間半ほどの人間彫刻。今晩は主宰者のセブジさんたちがディナーに連れて行ってくれるというので早めに退散。

    明日は一日オフにしてブルーモスクと地下宮殿、あとボスポラス海峡のミニクルーズでイスタンブールは満喫しようと思った。

    アナドール・ホテルはネットで約2ヶ月前くらいに予約した。トルコ人たちも安いと言う。部屋も狭くなく若干の不自由はあるものの1泊朝食付きで2500円だったら大満足。プチホテルで連日、家族連れやヨーロッパの旅行客で賑わっていた。ただワイヤレス通信の環境はイマイチだった。夜中から朝にかけては電波がなくなる。まあ、こんなところに来てネット三昧ってわけでもないが、やはり情報収集には威力を発揮した。

    街の至る所に安そうなホテルはあるが、やはりネットなどで事前情報がないといくら安いと言っても躊躇してしまう。タキシム広場近くのほうが夜とかは楽しかったかも知れない。

    夜はセブジさんのラダというソ連製車で市内へ戻る。相変わらずの渋滞。息子のエバンサと合流してタキシムの裏通りへ向かう。

    エバンサは現在、テキスタイルデザイナーで忙しくしているそうだ。兄貴のバリッシュは音楽活動、旦那さんは観光ガイド。一般的なトルコの中流家庭のようだ。

    夜はケバブなどトルコの定番料理を腹一杯に食す。こちらは酒の置いてない大衆食堂が安くていい。中にはメニューにはなくてもどこからか調達してくるロカンタもあった。ジャミー(モスク)の近くではアルコールは販売できないとかいろいろ規則もあるらしい。

    ディナーが終わったら飲みに行こうという。ここイスティクラール通りの裏道にはどこに行っても店と人がひしめいている。今日は平日なのにこの有様だ。週末となると身動きできなくなるらしい。

    自分たちは裏通りを少しさまようとドッグスターと壁にグラフィティされた古いビルに入って登っていく。ここはクラブでもミックスジャンルで来る人たちも偏っていず国際的でいいとセヴジたちお気に入りのクラブだそうだ。

    まだ時間も早く平日なので空いていた。中はそれほど広くない。3フロアーに分かれている。東京にあってもおかしくない内装や選曲だ。たまにトルコ風ポップスがかかるのが面白いし風景によく似合う。

    クラブは毎回、行こうと思っているがやはり旅の疲れと不慣れな地理感覚、それに経済難で夜遅くまで遊べない。ベオグラードやブタペストでは夜、飲みに行ったがやはり早い時間に疲れてしまい退散する羽目になる。

    イスタンブールにもクラブは多いらしいが残念ながらこの一回だけになってしまった。少なくとも1ヶ月以上住んでないと精神的にも肉体的にも余裕がないと思う。パフォーマンスをやりに来ているのだからクラブは二の次だけどね。

    夜も遅くなりセブジやエバンサ、家族にお別れ。みんないい人たちだ。彼らを日本に招くような力がないのが残念だ。

    最後の日。明日午後一の便で帰国の途につく。今日の午前中はホテル近くのブルーモスクと地下宮殿を見て、昼にワカンさんと合流、近場の島のひとつでも行ってみようと思う。

    まずい。携帯の充電をし忘れた。おっとデジカメのバッテリーも減ってきている。

    ブルーモスクは拝観料が無料だった。地下宮殿は幻想的でとてもよかった。ときどき現代美術の展覧会も中で開催するという。ここで水滴シリーズをやりたいなぁ。

    昼にエジプシャン・パザールで落ち合って少し中を散策する。日本語のうまい店員に引っかかる。奥さんが日本人だそうで出稼ぎに戻ってきているのだそうだ。日本の自動車免許証まで見せてくれた。日本語ペラペラ。そんな店員は街のあちこちにいて驚く。しかしみんな商売がとても上手いです。

    トルコ人は観光客相手以外、英語があまり通じない。パフォーマンスをやっていて、もう少しトルコ語が話せたらもっと楽しいと思う。それはハンガリーでもセルビアでも同じだった。しかし自分は言葉を越え、メッセージを伝えられるだけでも幸せだ。

    エジプシャン・パザールはエミニュヌ駅のそばだ。ガラタ橋のたもとで海側はアジア側のカドキョイやユスキュタルへの渡航船や観光クルーズ発着の波止場でもある。自分たちは屋台の1リラのゆでトウモロコシをかじりながら10リラのボスポラス海峡ミニクルーズに乗り込んだ。

    天気は最後の日まで快晴が続いた。これで自分の雨男の汚名を返上できる。200人乗りくらいの小さな遊覧船は水面に陽光をきらめきさせながら金角湾を進み始めた。観光船は風を切り波をけちらしボスポラス海峡を目指す。海岸線には裕福な人たちの別荘が建ち並び高級リゾート地を思い起こさせる。

    日本のODAが関わって作られた巨大なボスポラス大橋をくぐっていく。途中、ビルを浮かべたような巨大な貨物船が通る。自分は小さい頃、乗り物酔いが激しいに関わらず船が好きだった。舳先の流線型に惹かれるのか、大海原を自由に航海できる快感からかその理由はわからない。今でも巨大な船にはあこがれる。船に限って言えば大きければ大きいほどセクシーなのだ。

    さて約2時間のミニクルーズも終了。気持ちよかった。これで後悔なく日本へ戻れる。とにかくボスポラス海峡も見たかったのだ。

    トルコ定番メニュー
    24food.jpg
    ボスポラス海峡
    28sea.jpg
    ブルーモスク
    29bluemosk.jpg
    HORMONE SEKINE OFFICIAL SITE | comments(0) | trackbacks(0) |
    イスタンブール滞在記 7
    朝起きるとワカンさんが朝の散歩から戻ってきていて時間がおかしい、食堂の時刻と自分の腕時計とあっていない、と言う。そう言えば昨夜ホテルのお兄さんがそんなことを言っていたような気がした。サマータイムが昨日で終わったのだ。いつもだったら朝食の始まる8時だが、一時間遅れてまだ朝の7時だ。

    日本と6時間の時差だったのが今日からは7時間になる。

    11月1日、今日も快晴。気持ちいい。寒暖の差は激しく日中は汗ばむくらいだが朝晩は冷える。

    送迎バスで会場へ向かう。ここで昨日、自爆テロがあったんなんて考えられないほど平穏な状態のタキシム広場。

    今回、同じグループから数人の外国人も来ている。デンマーク人で現在ギリシャに住んでいる背の高くて大人しいカヌートさん、コソボ生まれでオランダに亡命したシェフケッさん、トルコ領キプロス人の学校の先生をしているズーレさんなど。

    ギリシャ語ができるというカヌートさんとギリシャ語を話してみるがまったく忘れている。それにイタリア語と混同してうまく話せない。コソボ生まれのシェフケッはダンディでとても英語が流ちょうだ。彼とはコソボやセルビア問題のことで話し込んだ。

    自分は昨年、ベオグラードの国際フェスティバルに呼ばれパフォーマンスを上演した。そこでセルビア人たちはいろいろ良くしてくれた。しかしコソボ、アルバニア人にとっては忘れられないほどの憎悪の対象なのだ。

    彼は内乱が始まる前にオランダに亡命したのだという。親戚、友人は殺され両親の死に目にも会えなかったと語る。戦争当時のセルビア人の残虐な行為は信じられないほだったらしい。母親の中にいる胎児の男女に金を賭け、生きたまま腹を切り開いて嬰児の男女を見分けた兵士たち。息子の目玉をくりぬき父親に食わせた兵士たち。今でもセルビア人は自分がアルバニア人だとわかると憎悪の感情をにじませ挨拶も一言もないという。

    ベオグラードに滞在した時の彼らは明るかった。日本で活躍する名古屋グランパスの監督ストイコビッチ(ピクシー)を自慢するひょうきんないい人たちだった。しかし親父の跡を継いで兵隊になりアルバニア人を殺すんだ、と笑顔で拳を振り上げる青年もいたことは確かだった。

    そんな旧ユーゴスラビア問題。死んでも死にきれぬ忘れることのできない悪夢を抱えている人たちが大勢いるのだ。人間は本当に愚かだ、と彼は何回も言った。自分は彼のその話をただ黙って聞いているしか出来なかった。

    サクッと着替えてまたFree Shake Hands Projectを始める。さすがに週末ほどの人出はなかったが、あっという間に人だかりができる。ブックフェアに来ている小中高生などの集団が流れてくると蜂の巣をつついたように騒がしくなる。

    あまりの人気に主宰者たちや参加者たちのやっかみさえ感じてしまう。はるばる遠く日本から自費で出来ているのだ。思いっきり宣伝しなきゃ!これからもあおひと君、世界を回るぞ!

    このパフォーマンスをやっている最中、一生懸命に話しかけてきたり友人同士で話あったりしている。彼らの会話はまったく理解できないが自分が見えているとても狭い視界を映画化できたらいいかも、とふと思った。子供や女の子、若者たちがあーだこーだ、と話しているのと彼らの仕草がマルコビッチの穴のような視界で見せられたら面白い。人々の反応を映像作品でもつくれる。

    今回も何10分もずっと自分をイジる中学生?高校生?の4人組がいた。なんとか話させようと片言の英語で話しかけたり一生懸命だ。自分はじっと我慢、動かず話さず。毎回、何組かは笑いのツボにはまるのか、とても熱狂的に気に入る人たちがいる。こちらとしてもそれは光栄なんだがあまりにもしつこいと我慢するのがとてもツライ。

    ストリートでやると酔っぱらいかジャンキーっぽいのにからまれるから少しリスキーだ。しかしかぶり物は強い。いくらド派手な服装でもかぶり物には勝てない。

    市内に戻るとワカンさんがラバーブを値切ることに成功、三回、通ってついに買ったと興奮気味に語った。500リラから350リラまで落としたそうだ。かなり時間をかけたカイがあったと思う。

    おみやげ屋さんでも意外と値切らない。半分まで落とせれば上出来だ。だいたい2〜3割までが精一杯だった。

    こちらの人たちの表現に共通しているのが、買わなくてもいいから、見たからって買う義務ない、とか、もし君さえよかったら、とかならず相手を尊重し意見を押しつけたりしないような誘い方をする。またこれが食わせ物なのだ。ついついのその言葉に乗せられて買ってしまう自分。悔しいかな、一回だけ日本語のめちゃくちゃ流ちょうな店員にほだされてお菓子を買ってしまった、とほほ。

    写真:自爆テロのあった場所。
    21taxim.jpg

    Free Shake Hands Project
    13fsh.jpg

    エジブシャンバザールの香辛料店
    17egyptbazar.jpg
    HORMONE SEKINE OFFICIAL SITE | comments(1) | trackbacks(0) |