ARCHIVES















    • Contemporary Art 2.012展
      記事掲載
















  • 地球温暖化と8月30日の国会前デモ
    20150830.jpg
    8月30日、国会前デモ


    すっかり涼しくなった。

    冷房いらずで、電気代が浮いて助かる。

    ちなみに地球は冷えている。

    太陽物理学者のヴァレンティナ・ザルコヴァ博士は、太陽活動を元に分析し、2030年に向かって太陽活動が弱まっていき、それが原因で寒くなり、1640年頃の小氷期くらいになる可能性を、発表した。

    フランドルの画家ブュルーゲルの冬景色の絵の頃だ。

    とにかく世界の専門家の意見に、温暖化は見当たらない。

    横浜国立大学環境情報研究院伊藤公紀教授は、気候変動は、CO2だけが原因とは言えないと断言する。

    気候変動は、太陽活動の太陽風による北極振動(大気循環)などへの影響。太陽と月の潮汐力などいろいろなファクターが複雑に絡み合い、地球は周期的に温暖化、冷涼化しているのだそうだ。

    1万数前年前、11世紀頃などに比べると、気温はまだまだ低い。

    詳しくは、岩上安身の横浜国立大学環境情報研究院の伊藤公紀教授へのインタビューで。http://qq1q.biz/nEjr

    台風やハリケーン、干ばつ、竜巻の巨大化も、過去にはもっとスゴイ時期があった。

    マヤ文明、中国の唐、元、明文明の衰退は乾期と重なっていたりする。

    だから異常気象は、想定内で不安にならず、それよりも、災害を少なくする政策などで、事前に準備をしておくことと伊藤教授は助言する。

    CO2は削減するにこしたことはないが、これから100年に渡って上昇すると言うのは原発をはじめ、経済戦略の方が当てはまりそうだ。

    原発よりも、森林伐採などを減らす方がよほど効果的だと思うのです。

    ところで、伊藤教授の話で、いちばん驚いたのは、熱塩循環説がもとになった海洋大循環説が、実証実験などをしたら、怪しいかったことだ。

    大西洋の海流が北上し、グリーンランドあたりで海底に沈み、ずっと深海をめぐって太平洋とかにわき上がる深層海流だ。

    と書いていたら、オバマ大統領は、温暖化に警鐘をならした。いやはや。

    オバマ氏、アラスカの氷河を視察 孫世代継承へ決意 http://qq1q.biz/nEjo

    もちろん氷河の減退も、アルプス氷河の研究から、過去、周期的に伸びたり縮んだりしているから、今は減っている時期と思った方がいいらしい。

    これから地球は寒くなって、氷河はどんどん伸びそうだ。


    20150830-2.jpg


    8月30日、国会デモに行った。

    正直、7月の時と同じくらいの人出と思った。

    午後2時くらいに雨がやんだのでチャリで向かうと、赤坂山王神社あたりから国会へ急ぐ人に遭遇する。

    すると地下鉄永田町駅、国立国会図書館周辺の舗道が、びっしり反対を叫ぶ人たちでいっぱいなのだ。

    チャリでずっと回ると、国会議事堂前は、すでに車道も群衆で埋め尽くされ、両脇の憲政会館公園の中も、国会周辺、官邸前、すべてが何重にも人垣で埋め尽くされていた。(日比谷公園は行かなかったが、ここも大勢いたと言う)

    もちろん続々と国会へ向かう人の波は途切れない。

    12年6月の6万人の大飯再稼働反対デモより明らかに多い。

    自分は仕事があったので、チャリで一回りして、坊主頭で掴むところのない、後ろ髪を引かれながら戻ったが、主催者発表の延べ人数12万人は妥当な数だ。(35万人は?)

    あいもかわらず警察は3万2千人と言うが、それは国会前だけの話だ。

    安保法案反対デモ、本当の参加者数を本社が試算(サンケイ新聞)

    国会正門前は多くても3万2千人程度だったことが、産経新聞の試算で分かった。http://qq1q.biz/nEjY

    あいも変わらず、こんなことを言っているから、国民はどんどん不信感を募らせ、購読者、視聴率、支持率が下がるのだ。

    安保法制にかかわらず、新国立競技場も、エンブレムデザインも、福島原発事故も、川内原発再稼働も、年金資金の株購入も、子宮頸ガンワクチンも

    すべてにおいて、やることなすことが、拙速で、支離滅裂で、姑息すぎないか?

    てか、これってマジ、日本の存立危機事態だと思うのだけど。。。

    30日のデモには創価学会もいたが、自民党支持者でも、安保法制と安倍首相に異議を唱える人も多いと聞く。

    安保法制は、まず政治プロセスが不当。重要法案11本をひと束ね、強行採決。法案内容のあいまいさなど、やはり納得できるものではない。

    集団的自衛権だって、ホルムズ海峡がダメだから中国の脅威にすり替え、米国のニーズで武器になったりならなかったり、

    もう国会答弁は、行き当たりばったり、はったりぼったくりのメリークリスマス。

    ではなくて、フェアに喉ごしクリアに、正々堂々とやればいい。

    なぜ、それができないかというと、ちゃんと独自に考えていないからだ。

    だから閣僚によって言うことがバラバラ、論旨に一貫性を保てない。

    つまり日米安全保障改定でアメリカの要求だからやるしかない。

    それにまさか国民の反対がここまで大きくなるとは予想できなかったのだろう。

    おごりの証だ、明石のたこやき。

    とにかくナーンも考えてナマステ。

    難しい言葉を使うのが、『考えること』だと思っているみたいだ。

    集団的自衛権行使も、筋を通して、できることと、しないことをしっかり説明し、明文化するとかすれば、今の国民だったら、ここまで騒がれずに成立させられたかもしれない。

    それこそ安倍首相、宿願の憲法改正だって、できるかもしれない。

    かつての自民党は、もう少しちゃんと筋を通し、フェアだったと感じてしまう。

    集団的自衛権行使は反対だが、民主主義がちゃんと機能していて、確実にフェアな手続きだったら、成立したとしても、納得するしかないのだから。

    20150830-3.jpg
    30日、神宮球場では、乃木坂46コンサート!ここも3万人強だが、国会周辺と比べたら明らかに少ない。
    HORMONE SEKINE OFFICIAL SITE | comments(0) | trackbacks(0) |
    だいぞふでふかぁ


    始めに言葉ありき


    新約聖書「ヨハネによる福音書」第1章

    創世は神の言葉(ロゴス)からはじまった、と新約聖書は記す。

    いろいろな解釈はあるが、基本的にキリスト教的欧米人は、言葉は、神と人をつなげる最大の手段だから、言葉はおろそかにはしない。

    それは、普段の生活にも当てはまる。

    契約書は大事だし、神を裏切ることにもなる、ウソをとても嫌う。

    欧米の恋愛ドラマでメンズはしょっちゅう、アイ・ラブ・ルーシーとか言わされているし。。。

    でも日本はそういう文化、社会ではなかった。

    有史以来、親方様や天皇という、お上ありきだ。

    上の位に従う、という皮膚感覚だ。そこに言葉とか契約はない。

    従うのが善なのだ。

    (なぜそうなったのかは長くなるので省きます)

    だから今、こんなメチャクチャな世界になっているのではないか。

    言葉ありきと、お上ありきの相克。

    そこに新自由宗教マニー派の台頭は言わずもがな。



    新国立競技場計画も日々、混乱する。

    夏のオリンピックに冷暖房なしとか(その代わり救護室を充実させるって???)、

    シンボルマークは組織委員会で修正したとか。

    あげくのはてに、組織員委員会の釈明会見で、さらにさらに画像パクリが指摘された。

    参考サイト:佐野研二郎デザインの五輪エンブレム 原案公表の会見で使われた画像がブログからのパクリではとの指摘がなされる http://getnews.jp/archives/1111266


    こんな素晴らしい日本人、最近、なんか変です。

    だいぞふでふか?!


    日本民族は、生まれてから親、先生、上司、首長、政府、総理大臣、

    天皇(今はそれほどでもない)、CSIS&アメリカ宗主国様、プレアデス星団トカゲ様、、、、

    とたくさんの上の位があって、フリーメイソンのように階級を一段づつ上がりながら、偉くなっていく。

    それで、上に上がるに連れ、苦労も学びも軽減されていき、自分は偉くなったと錯覚する。

    偉いから上にあがるのではなくて、上に上がったから偉いとなってしまう。

    さらに言うなら、偉くならなきゃいけない、という生まれもった変なシバリがあるから、

    階段を登ることが目的になってしまう。本末転倒。

    もちろん、目的を違わず、学びも研鑽も積み重ねている尊敬出来る人もたくさんいる。

    それで上にあがるにつれ知力も才能も自動的に備わると思ってしまうからやっかいだ。

    つまり偉くなると、謙虚さを失ってしまい、忠告聞く耳もたず、自ら間違えもただせなくなってしまうのが、最大の問題だ。


    じゃなかったら、武藤ナニガシのように盗聴バレバレのスマホで非公開株のやり取りとか、メンズと交渉しないだろ。(もちろんマスコミ報道が真実ならば。ほんとだろうけど)

    ウィキリークスで、アメリカの盗聴は明確なのに、

    国政を司る、与党の国会議員の危機感のなさというか、

    幼稚すぎるというか、、、怒りより呆れて笑うしかない。

    こんな連中が参謀になって中国と戦争したら、アっという間に撃チンです。


    話が飛んだが、キリスト教的だと、生きている以上、神の命だから、存在するだけでも意味がある。

    基本的人権、生存権の根拠だ。

    民主主義は、そんなキリスト教的社会で生まれた。

    個人個人、共通したDNAがあるから言葉での契約で成り立つ。

    それをルールに社会が営まれる。

    彼らは、言葉でもって自分の存在が神に守られ、

    神と直接、契約を交わした自分の正しさ=正義を背骨にして生きる。

    でも個人個人の正しさが微妙に違うから、時として強引さもあり、自分本位になり、あげくのはてに、神が望むからと、戦争もOKになる。

    逆に日本人は、アニミズムで、神がすべてに宿るため自然を尊び、

    上を敬うから従順で優しい、素晴らしい性格になる。

    しかし日本民族の背骨は、上の位の人の教えだ。指導だ。

    偉い人の言霊に陶酔しやすい。

    その教えをあまり深く考えず、疑わない。

    偉くなった日本人には必ず、立派な恩師がいたりする。

    だから偉い人の名言や人生訓は、とても好まれる。

    知名度、二世、肩書き、資格、階段を上がるためには必須。

    なにせ、上にあがる最初の1、2段目がいちばん大変だからです。

    ということで、上に立つ者が、トンデモない人間がなったら、どーしようもなくなるのだ。

    陸軍に乗っ取られた日本が、第二次世界大戦に突入したのは、まさにその最悪パターンでしょう。

    今もそれに似て来たというのが有識者の見解です。



    文科省は、10年計画で国立大学から文系をなくし、理系だけに見直すと発表。

    学校教育も授業は半分は英語に。

    どうやら政府は、すぐに儲かる技術系を伸ばして、リターンがはっきりわからない上、考える人間は、減らしたいらしい。

    それとも、大学教育者たちに、素直に自民党政権に従えというブラフか。

    当然、私学も逆らうと、補助金減らすゾ、と脅しがある。

    哲学とか歴史とか国語とか無くすって、どういう脳の構造をしているんだ。

    もう日本は終わったね。

    と言っても海外移住もいい国ないし、金ないし、、、

    なので少しでもバランスのとれるように、声をあげるしかない。

    ということで、30日は国会前に行こうと思う。

    ※ブログの内容は、あくまでも私見です。



    【次回の告知】

    オーストリア・ウィーン国際チャリティ・イベント"Verein auf Augenhöhe"(障がい者の母基金のために)招待され、作品とパフォーマンス上演。

    会期:9月22日〜30日 場所:パルフィ宮殿

    参加アーティストの出品作1点づつを、オーストリア最大のオークションハウス主催で、オークションにかけ、その売上げを基金に寄付。

    展覧会場 パルフィ宮殿 http://www.palais-palffy.at

    チャリティオークション 9月25日 場所 ロブコヴィッツ宮殿

    共催『auf Augenhöhe』http://www.auf-augenhoehe.at

    オークションハウス・ドロテアム http://www.dorotheum.com/en/auctions.html

    オークション会場 ロプコヴィッツ宮殿 http://www.viennatouristguide.at/Palais/stadtpalais/lobkowitz.htm
    HORMONE SEKINE OFFICIAL SITE | comments(0) | trackbacks(0) |
    久々にブログ更新
    KC4H0004-2.jpg
    どーなる新国立競技場。このまま芝生を植えて公園にしましょう。



    気がつけばもう8月も末。

    書きたいことはいっぱいあってもみんなネガティブな話題になってしまうので、書く気を失せていました。

    といってもやっぱりネガティブな話題になっちゃいます、、、

    やっと暑さも風がほんのり涼しさをともない始めた。

    今日は、台風の影響か、昼間でもクーラーを入れずに過ごすことができる。

    なんか資本主義の歯車が狂いはいじめた印象だ。

    双葉山は『信念の歯車が狂った』と言い引退したけど、

    自分はもう歯が摩耗して空回りの人生です、、、爆

    あー来年、どーなっちゃうんだろ。。。


    中国天津、相模原の米軍施設の爆発事故(さすが報道が少ない)、今日は川崎で工場爆発。なんと東芝の実験用原子炉から100mも離れていないと言うじゃないか(これも報道しない)。

    鹿児島、川内原発も再稼働してしまい、原発ゼロ1年11ヶ月の記録更新とはいかなかった。

    そのとたんに桜島大噴火の前兆が現れて、なんとタイミングがいいのか、参議院選後になって汚染水漏れを発表した東電のような。

    しかし姶良(あいら)カルデラって知らなかった。

    現在、錦江湾になっているが、2万9000年前大噴火して、川内原発付近でも1mの火砕流が襲って、東京でも10センチの火山灰が積もったという。

    ちなみに10センチの降灰で木造家屋の屋根は潰れるそうだ。

    富士山の大噴火でも10センチの降灰だから、姶良カルデラはいかに凄まじいのか。

    近いところでは1914年、大正時代の大噴火で、桜島が陸地につながったという。

    いま火山学者は皆、口をそろえて、川内原発の噴火による危険性を訴えている。

    けど規制委員会など政府は、すべて法律の解釈を変えて認可した。

    憲法学者が9割が違憲という集団的自衛権行使とまったく同じ手法で、怒るより笑うしかない。

    こんな平和な日本! ノーテンキで素晴らしい。

    東大とかとても優秀な人たちのやっていることは、子どもの頃、友だちと遊んでいて、利己的にルールを変えて、勝ちを手に入れるガキ大将のやり方そのまんま。

    詳しいことは、岩上安身さんの鼎談で、川内原発の再稼働審査での規制委員会、県議会、地元自治体などの舞台裏を話している。すさまじかった(じゃっかん営業はいっている)。

    『桜島は序章に過ぎない!? 「充電」された姶良カルデラの脅威! 日本全土を襲う巨大噴火と川内原発再稼働の「愚」』 参考サイト:http://iwj.co.jp/wj/open/archives/258227


    つまり、安保法制も似たようなもんだが、今、法律は機能していない。

    権力側、ガリバー受益者の意向でどうにでも解釈できるのだ。

    昔は、交通違反を友だちの警官のお父さんにもみ消してもらうなんて聞いたが、

    今は、国の未来を左右することにすら適用してしまう。

    昔はネットがないので、情報が伝わっていなかっただけなのかもしれない。

    でもまだ正義や倫理や人間の尊厳に則して判断していた権力者は多かったような気がする。


    デザイン業界も、オリンピックロゴマークの佐野氏のパクリが大きな問題になっているが、昔は、ネットがないから、デザイナーもパクるリスクが少なかった。

    佐野氏のように、他者のデザインなどいろいろな資料を求め、アレンジすることは当たり前。だからデザインだ。

    まったくのオリジナルなんてできないし、独自なデザインでは、逆にクライアントが、あまりにも世相と距離があって、受け入れてくれない。

    クライアントは最大公約数的な、雰囲気を求め、それが売れると思っているからだ。

    今はその引用というか、資料をパクることがあまりにも容易にできちゃう。

    昔はパソコンがないから、元ネタを自分の思考や手作業やら、工夫をするうち、色々な要素が加わって、知らないうちに自分の息吹が吹き込まれ、別モノになってくれる。

    今は、イラレやフォトショップでサクサクって、いろいろなバリエーションを瞬時に見せてくれ、変えられる。けど自分のオリジナリティは出にくい。

    それに情報も瞬時に世界に伝わる。プラス欧米での訴訟は金になるので、さらに問題は悪化する。

    どっちもどっちぼーるだ

    それにもつけ、佐野氏の兄や親戚は官僚で、やはりデカい仕事はコネがないと取れないということだ。

    これも日本では特に昔からあることでどーしようもない。

    係累、血統、家柄、血筋。日本人はとくに大事にするファクターだ。

    悪く言えば、差別や官尊民卑の原因でもある。

    TPPは恐らく締結できないだろうが、いっそTPPで、係累もコネもみんなISD条項でなくしてもらってもいいかも(笑)

    うまくいかないね。

    安倍総理も彼がいてくれたおかげで、立憲主義とか憲法とか民主主義とか、一気に国民の間に浸透した。

    もっと狡猾な政治家でなくて良かったと思いましょう。

    じゃなかったらストレスで病気になります。

    でも、最近の安倍さんの顔も、姶良カルデラに匹敵するようにすさまじい。

    吐血したとかいろいろ病気も噂されているが、ステロイド系の強力な薬の副作用なのか。

    安倍さん、よくやった。もう引退して養生してください。

    株価が下がる。でも一時は7000円だったんだから、メチャまだ高い。

    日本の平和は世界遺産だ。

    【次回の告知】

    オーストリア・ウィーン国際チャリティ・イベント"Verein auf Augenhöhe"(障がい者の母基金のために)招待され、作品とパフォーマンス上演。

    会期:9月22日~30日 場所:パルフィ宮殿

    参加アーティストの出品作1点づつを、オーストリア最大のオークションハウス主催で、オークションにかけ、その売上げを基金に寄付。

    展覧会場 パルフィ宮殿 http://www.palais-palffy.at

    チャリティオークション 9月25日 場所 ロブコヴィッツ宮殿

    共催『auf Augenhöhe』http://www.auf-augenhoehe.at

    オークションハウス・ドロテアム http://www.dorotheum.com/en/auctions.html

    オークション会場 ロプコヴィッツ宮殿 http://www.viennatouristguide.at/Palais/stadtpalais/lobkowitz.htm

    KC4H0006-2.jpg
    日本青年館も消えていく〜〜
    HORMONE SEKINE OFFICIAL SITE | comments(0) | trackbacks(0) |
    アンポな日々
    KC4H0106.jpg
    7月26日、ママの会渋谷ジャック!けっこう人が多くて驚いた。2000人とのこと。彼女たちのスピーチ、とくに福岡からきたママ。泣かせます!
    http://iwj.co.jp/wj/open/archives/254885



    暑い日が続きます。暑中お見舞い申し上げます。

    この暑い中、日本各地で安保法制の反対運動は衰えを知らない。

    といってもほとんどの人たちにとって、なんとかなるよ、大丈夫だという楽観的なのかもしれない。

    そう願いたい、、、

    それより自分の明日の方が、切迫しているのだ!

    でも負けないよ、アーティストを続けられなくなったときが、サヨナラだ。

    新国立競技場のデザインが白紙になった。

    ザハ・ハディット氏のデザインを選んでおいて、生ガキとはよく言うぜ。

    安藤忠雄氏も選考委員でとばっちり。

    個人的な好みはあるだろうが、彼らの作品は素晴らしい。歴史が続く限り、業績は残る。

    さらにシンボルマークのデザインにもケチがつく。

    あのデザインでは、似ているモノがあって当然だろう。

    オリンピックにかかわらず、自分の経験では、最初にムリをした仕事って、必ずほころびが広がって、メチャクチャになるのだ。

    個人的には嫌いだったけど猪瀬前知事は、金をかけないオリンピック、再稼働反対の立場だったから、5000万円をネタに辞任に追い込まれた。

    会田誠氏も、東京都現代美術館でトラブル発生。

    会田誠さん作品に改変要請 美術館、子ども向け企画展で【朝日新聞】http://u222u.info/mKAq

    会田誠氏 美術館の作品撤去要請に疑問 クレームは「1人」【スポニチアネックス】http://u222u.info/mL2K

    何度もブログで書いているように、日本のアートと欧米の芸術は別物です。

    ムリです。美しい日本にゲンダイアートは喜ばれません。

    ということで、若い才能ある人たちは、欧米に活動拠点を見つけるべきです。大変だけど。

    日本よりは絵は売れる。少ないが助成金もある。それにちゃんとした評価がある。これ大事。

    自分の思想が理解されることの喜びは何事にも代え難い。

    でもその分、勉強しておかないとすぐバレる。アメリカは判らないが、日本みたいに学歴や知名度は通用しない。作品自体の質と知性(哲学的文脈)が問われる。

    とりあえず今年もヨーロッパで発表できるチャンスに恵まれた。

    そーのうちっ、なんとかっなーるだーろーおー♬


    KC4H0112.jpg
    取壊しで揉める霞ヶ丘住宅。まだ人は住んでいる。


    しかし、安保法制ってなんなんだ。

    自民党議員らは傍若無人に勝手なことを言いまくる。

    だいたい礼儀とか精神を持ち出し、日本の過去の美徳を訴えるのは、『自分に素直に従え』という本音の裏がえしにすぎない。

    安倍さん曰く、国際環境は変わったのだ。過去には戻れない。

    岩上さんのインタビューにこんな発言があってビックリ。

    -----以下引用

    フォーリン・ポリシーが4月16日のペーパーで安倍首相は、14〜19年の間に、F22、F35、グローバルホーク、ドローンなど24.7兆円(2400億ドル)使うことを約束したと言う。日本の国防予算は5兆円です。

    2015/07/29 岩上安身による矢吹晋・横浜市立大学名誉教授インタビューhttp://iwj.co.jp/wj/open/archives/255325

    それで、アメリカの戦略とは、オフショア・バランシング(自らは沖合に控え他者を戦わせ漁父の利を得る戦略)。

    トシ・ヨシハラ氏とジェームズ・R・ホームズ氏海軍大学准教授らは『東アジアにおけるエアシーバトルは中国に対するものである』と言明し、『中国本土上陸では勝てない。しかし大陸沖合の列島や東南アジアへの地上部隊の派遣は有効だ』と。

    日本は、はっきり言えばアメリカにミサイルが飛んで来ないための弾除けです。

    これは12年3月、ゲイツ国防長官が、オフショア・バランシングを『アメリカの次の大戦略だ』とウエストポイントの演説で公言している。

    また、米国の戦略はいろいろあるが、共通しているのは、米国本土に被害を及ばないようにすること。米中全面核戦争はぜったい避けること。そのために東アジア地域にとどめる制限戦争にすることなのだ。

    ----------まで(IWJにご支援お願いします!)

    そのために一生懸命、中国、北朝鮮脅威論を刷り込んでいるのが、今の日本の現状だ。

    中国が、買い物以外で攻めて来るわけないだろ。そんな意識がひとつにまとまった国民じゃない。

    正しい情報と冷静に考えればわかるものなのに、脅されて、中国にビビる日本人もヘタれたもんだ。

    TPPは合意見送りになって、少しホッとしたが、安保法制が可決したら、軍事費が増大し、増税、社会保障削減、日本の財政はそれこそ破綻する。

    だいたいギリシャの破綻のいちばんの原因は軍事費という。

    ギリシャ危機の原因は社会保障でなく緊縮策の悪循環とドイツの2倍超に突出する軍事費=独仏からの武器購入【ヤフーニュース】http://bylines.news.yahoo.co.jp/inoueshin/20150706-00047298/

    欧州議会議員のD・コーン・バンディット氏曰く「我々はギリシャに金を与えて武器を買わせているのだ」


    矢吹氏曰く、こんな国ならもう一度、戦争してメチャクチャになって、やり直したほうがいい、って気持ちわからないでもない。

    てか原発あるから死の島になって、200年くらい放置しないとやり直せないって。

    戦後、日本の政治家は周辺国と仲良くするとアメリカがそれを壊してきた。

    アメリカに反する政治家や官僚は自殺という手段で殺され、小さな事件で針小棒大ネガギャンで失脚させられる。

    今の自民党も公明党もマスコミも、もう脅されてダメなんだろう。

    亀井静香議員や、財務省キャリアを辞めた弁護士山口真由氏が言っていたが、

    アメリカの役人はとても具体的にいちいち指示してくるという。

    それもペーペーの山口さんにすら、かなり上の役人が文句を入れるというから、もう奴隷状態。

    そのかわりアメリカ軍産複合体やら医薬業界の言う通りにすれば、かなりのキックバックが入ると推測できる。

    たぶんハンパな額じゃないと思う。

    そう言う人たちが、もっと現代美術を買ってくれれば文句はいわないけど、

    現代美術がわかると創造力が働いて、あこぎな人間にはなれないってか!


    【次回の告知】

    オーストリア・ウィーン国際チャリティ・イベント"Verein auf Augenhöhe"(障がい者の母基金のために)招待され、作品とパフォーマンス上演。

    会期:9月22日~30日 場所:パルフィ宮殿

    参加アーティストの出品作1点づつを、オーストリア最大のオークションハウス主催で、オークションにかけ、その売上げを基金に寄付。

    展覧会場 パルフィ宮殿 http://www.palais-palffy.at

    チャリティオークション 9月25日 場所 ロブコヴィッツ宮殿

    共催『auf Augenhöhe』http://www.auf-augenhoehe.at

    オークションハウス・ドロテアム http://www.dorotheum.com/en/auctions.html

    オークション会場 ロプコヴィッツ宮殿 http://www.viennatouristguide.at/Palais/stadtpalais/lobkowitz.htm

    【ネコイズム展】審査委員で参加

    会期:8月20日〜23日 11:00〜20:00
    場所:目黒・やさしい予感
    22日、15:00〜 授賞式

    KC4H0113.jpg
    NHKでも抗議デモ。8月1日、人は多くなかった。200人くらい?
    HORMONE SEKINE OFFICIAL SITE | comments(0) | trackbacks(0) |
    国会前デモとシールズ(SEALDs)
    KC4H0085.jpg


    安保法制はどうなるのだろうか。

    先週金曜、居ても立ってもいられず、国会前に行ってきた。

    今、話題のシールズ(SEALDs 自由と民主主義のための学生緊急行動)を見た。

    驚いたぜ!!!!!カッコイイ!オシャレ!

    とくにヘソだし女子のコーディとルックスは、グンバツ地震!

    オヤジ、震えたぜぇ!

    それに取り巻きの鼓笛隊?も、すこぶる個性豊かで役者やのー。


    KC4H0089.jpg
    震えたシールズ女子


    へびぃクラバーだった自分は、すっかり貧困と金美齢じゃない、加齢で夜遊びができなくなったが、

    国会議事堂を前に、在りし日の真空管や青山MXの熱い夜がよみがえってしまった。

    際限なく繰り広げられるBPM200超えの激しいビートとシンプルなライム。

    それはウルトラ・ハイテンポな日本の祭り囃子だ。



    シールズ。メチャ画質・音悪し


    そんなシールズたちのデモ・コールに包まれていると、日本発の世界的な音楽ジャンルを創り出せるのではないかと、ふと脳裏をよぎる(つねに貧困から脱出する方法を考えている自分)。

    ブルースもレゲエもラップも、抑圧された人びとのやりどころのないエナジーの産物だ。

    それなりの有名人や、社会的に優秀な人たちは、人前で、自分の思いを吐き出し、受け入れられ、昇華できる場は多い。

    しかし、納得出来ない、不満のあるほとんどの国民は、ネット上で、キーが奏でる、まどろっこしい日本語に頼るしかないのが現状ではないだろうか。

    なんてツラツラ書くと、ヒダリぼくぜんだとヒンシュクなんだろう。

    シールズも、共産党系実行部隊だとか、女子へのヘイトスピーチなど攻撃はすさまじいと言う。

    どーでもいいじゃん。若ければ若いほど、言いたいこと言えば、やりたことをやればいいと思う。

    政府与党へのカウンター勢力に対し、辺野古も含め、必死にデモのアルバイトやら、極左団体を持ち出し、国民の目をそらそうと試みるが、

    今までなら、そうなんだ!と素直に信じたのが、このごろ、その神通力は通じなくなってきたようだ。

    というのも政府自民党のやり口、マスコミの偏向報道など、?が続き、どうも、マスコミや偉い人たちの言っていることと違うぞ、と違和感を感じ、疑い始めているからだ。

    毎日のようにおこる、違反や犯罪。それを一生懸命に、捜査し糾そうとする警察や検察のニュース。

    でも、違憲は?福島原発は?政治家の裏献金はどーなの?と明らかに矛盾する。

    すべてに一貫性がないから、不安になる。

    日本人は真面目なんです。優秀なんです。学ぶんです。

    ほとんどの人は、極左なんてどーでもいい。

    ところが偉い人たちは、その地位に安住し、謙虚さを失い、学びを忘れ、そんな学び続ける一般市民を見くびっている。

    時間がたてばすぐ忘れる、けっきょく金目でしょ、、、と。

    昔の人は、良いことを言った。

    実るほど 頭を足れる 稲穂かな


    日本人の排外主義的傾向、共産主義アレルギーには、息詰まらせられることが多い。

    安倍首相曰く、国際情勢の変った今、国民の意識も変えなくてはならない。

    共産党も党名を変えればいい。

    それこそ政権与党が訴える、彼らにとっての『存立危機事態』だ!


    今回、安保法制をめぐる賛否あわせ、主張を整理してみる。

    反対派は、

    違憲
    集団的自衛権行使による自衛隊員の生命とテロの脅威の増加。
    民意を反映しない強引すぎる国会プロセス

    の3点に集約されそうだ。


    メチャハイセンスな作りの、6分でわかる安保法制 by SEALDs


    賛成派は、

    中国と北朝鮮の脅威
    それに伴うアメリカ軍との同盟強化
    押しつけ憲法

    だろうか。

    大きな疑問は、10の改正案と、1本の法案を一緒くたにし成立させようとする国会プロセスだ。

    10の改正案で、船舶検査法改正案、海上輸送規制法改正案、捕虜取り扱い法改正案、特定公共施設利用法改正案は、1分も審議されていない。

    中国と北朝鮮の脅威は、集団的自衛権行使とは別だ。

    11本まとめるから、論点も、総論、各論が混同し、メチャクチャになって、そのどさくさにまぎれて成立させようという意図は、明らかだ。


    力には力で対処するのでなく、ぎりぎりまで外交努力を模索するしかない。

    ところが、アメリカの軍産複合体系政治家=ジャパンハンドラーが、つねにそれを壊す。

    それをはね除けるには、相当な困難があるが、それこそアメリカが作ったと声高に言う、憲法9条が、いちばんの抑止力になる。

    平和ボケという声が聞こえるが、

    元防衛庁教育訓練局長・新潟県加茂市長小池清彦氏は、『朝鮮戦争にもベトナム戦争にも、派兵を強いられることはなかった』それは憲法9条があったからと言う。

    参考サイト:山崎拓元自民党副総裁・亀井静香衆議院議員・藤井裕久元財務大臣・武村正義元内閣官房長官らによる緊急記者会見
    http://iwj.co.jp/wj/open/archives/253371

    今は、国際情勢が変わったと、南沙諸島にみる、中国の軍拡はどうするのか、北朝鮮のミサイルは、と返す刀で反論するのだろう。

    だからそれは、維新の党・民主党がいうような領海警備法案でいい。

    しかし各論で言いあっても、しりとり合戦になって収拾つかない。

    どう見ても現法案では、アメリカの身替わりになり、国際紛争に巻き込まれる可能性が大きい。

    何度も言うが、現在の戦争や紛争は、経済的な目論みとしか考えられない。

    残念ながら、国のためだと権力に操られた人間同士の無意味な殺しあいだ。

    だから、資本主義を続けるならば、戦争以上に儲かる経済行為を創り出すしかない。

    それって、トカゲ・エイリアンの侵略かぁ。

    中には、ほんとうに戦争好きはいるのだろうけど、ごく少数だ。彼らは、ホルモンなんとかのように放っておけばいい。

    唯一、希望が持てるのは、今回の安保法制法案で、

    原発事故から、さらに多くの国民を、政治的無関心と他力本願な意識から、目覚めさせたことだ。

    ローマは、1日にしてならず。

    勤勉で、真面目で、心やさしい日本国民は、賛否両論、分かち合い、必ず、この危機を乗り切るイノベーションを探し当て、繁栄をもたらし、世界から尊敬される民族になれると信じて疑わない。あーめん、、、



    次回の告知とご支援のお願い!

    オーストリア・ウィーンの国際チャリティ・イベント"Verein auf Augenhöhe"(障がい者の母基金のために)にパフォーマンス上演と絵画出品で招待されました。

    会期:9月22日〜30日 場所:パルフィ宮殿

    また、参加アーティストの出品作1点づつを、オーストリア最大のオークションハウス主催で、オークションにかけ、その売上げを基金に寄付。

    チャリティオークション 9月25日 場所 ロブコヴィッツ宮殿

    でもフライトは自腹(シーズンで高い)。この場を借りて、ご支援をお願いさせてください。

    まあ、こういうときのため、もっと穏便な内容のブログを書かないといけないけどね。。。仕方ない、自己責任だ。

    作品売ります!ホームページでご覧下さい。http://www.super-blue.com

    ※かなりの作品は、重ね塗り、もしくは保管場所がなくて、廃棄処分しちゃったけど、、、涙

    問い合わせ aohitokun@super-blue.com

    共催『auf Augenhöhe』http://www.auf-augenhoehe.at

    オークションハウス・ドロテアム http://www.dorotheum.com/en/auctions.html

    展覧会場 パルフィ宮殿 http://www.palais-palffy.at

    オークション会場 ロプコヴィッツ宮殿 http://www.viennatouristguide.at/Palais/stadtpalais/lobkowitz.htm
    HORMONE SEKINE OFFICIAL SITE | comments(0) | trackbacks(0) |