ARCHIVES















    • Contemporary Art 2.012展
      記事掲載
















  • 安保法制と北朝鮮
    IMG_2172.jpg
    『青い扇動者』107cm X 76cm 水彩紙に油絵


    安保法制が国会のみならず、世論でもかなり注目されている。

    国民の8割が議論不足、反対は6割にもなる(大手マスメディアの数だから、実際はもっと高いかもしれないー直近では、毎日新聞52%、日経新聞56%、共同通信56.7%、サンケイ新聞57.7%)。

    安倍首相は、ネット放送で正当化を訴え続けているらしい。(誰が見るんだ)

    かたや法案は通ると織り込み済みで、中国人民軍と自衛隊が、共同訓練を行なっている。

    自衛隊と中国人民解放軍が「共同作戦」モンゴルで実施のPKO訓練【サーチナ・ヤフーニュース】http://u111u.info/mo7n

    それでも辺野古も集団的自衛権も、中国の侵略への抑止力をいちばんに挙げる。

    昨年12月の総選挙で、自民党は『ブレない。TPPは断固反対』と言っていた。

    i320.jpg


    しかしすぐに手のひらを返し、米連邦議会の演説で、安倍首相は『日米間の交渉は、出口がすぐそこに見えています。米国と、日本のリーダーシップで、TPPを一緒に成し遂げましょう』と語った。

    ????

    確かに、いままで国民は政治に無関心で、お上には逆らえないと思わせていたことは否めない。

    自分だってこんなに政治に関心を持つようになったのは、911くらいからだ、、、、汗

    しかし、東北大震災、福島原発事故、火山災害など、多々ある不幸に見舞われ、経済もイマイチ、格差も広がり、さすがの国民も、危機感を持ち覚醒し始めている。

    福島県の被災者のお母さんとかすごく勉強していてびっくり。そりゃ子どもの命には代えられない。

    それなのに政府与党は、数の論理でおごる高ぶる。

    いくら安倍首相が、徴兵はしない、戦死者はでないと訴えたところで、TPPじゃないが、舌の乾かぬうちに、すぐに反故にすると、多くの国民は信用しないのではないか。

    新国立競技場建設でも、当初の見積1300億円が、2520億円にもなり、これまたリンリンランラン。

    下村文科相は、「値段は値段、デザインはデザインと別々にしていたのなら、そういうこと自体はずさんだったということになるでしょうから、そういう検証はすべきだと思う」と最終決定をした安藤忠雄委員長に責任をなすりつける。

    オイオイおいおい!

    もうメチャクチャのコカラッチャっだ。

    日本はどーーなっちゃうんですか!

    そんななか、安倍首相とアメリカは、またショックドクトリンを起こすんじゃないか、と脳裏をよぎる。

    (すみません、暗い話題ばかりで)

    北朝鮮最高指導者のキム・ジョンウンだ。

    なんとカメ養殖場の子ガメが10数匹死んだというので、飼育場のマネージャーを処刑した。

    日常化した停電やら食料不足が原因で、それをスタッフが訴えたら、視察終了後に所長を外に連れ出し、その場で銃殺だそうだ。

    さらに、先月は、新空港のデザインが気にくわないと、これまた建築家を処刑。

    2000年から、彼は1382人、処刑したと韓国国立等統一研究所(Korean Institute for National Unification)が報告する。

    参考サイト:Kim Jong-un 'executes aquarium boss' after baby turtles starve to death http://u111u.info/mo9Y

    (記事のニュースソースが決して正しいかはわからない。なにしろ北朝鮮は日本並の報道管制だから)

    安保法制の成立がムリそうだと思った安倍首相は、アメリカに相談。するとジョンウンにミサイル数発を、日本本土に打ち込むことを依頼。

    なにせ、アメリカは、02年、小泉訪朝で交わした日朝平壌宣言をぶちこわすため、ノドンを打たせたともっぱらの噂だ。

    北朝鮮のミサイルは精度悪いから怖い。原発に当たるかもしれない。

    すると米軍が出動。日本では、すぐに集団的自衛権を強行採決、自衛隊も出動し、国民も納得、その勢いで改憲へ突っ走る。

    しかしこれでも集団的自衛権は必要ないのだ。

    与党が集団的自衛権行使の根拠にした、砂川事件最高裁判決がそのいい例だ。

    参考人質疑で一躍、名を馳せた憲法学者の長谷川恭男教授は、
    -----------------------
    砂川事件の判決の論旨は、日米安全保障条約に基づき、個別的自衛権とアメリカとの集団的自衛権の組み合わせで、日本を防衛するための、米軍駐留の合憲性にある。日本の集団的自衛権の合憲を問うものではない

    『憲法9条は我が国が、その平和と安全を維持するために、他国(アメリカ)に安全保障を求めることには、何ら禁ずるものではない』。それを導くのが、憲法9条第2項での戦力の保持を認めず、そのために防衛力が不足し、それを補うために他国(アメリカ)に、必要な自衛のための措置をとりうることはできる』としていることだ。
    -----------------------

    参考サイト:長谷部恭男早稲田大学教授の岩上安身のインタビュー http://u111u.info/monx

    ジョンウンは、米・日に貸しができ、お金もたくさんもらって、日米朝のトップは安泰、国民は悲劇だ。

    妄想、甚だしいかもしれないが、北朝鮮軍部も国民も、さすがに暴君の残忍さを恐れ、クーデターを起こす可能性はある。

    それに今年も干ばつで食料配給が25%減と言い、国民の不満も増加する。

    とにかく今の闇の帝王は、金のためなら何でもすることは明らかだ。

    前も書いたが、中国AIIBは、北朝鮮崩壊時の難民資金とも言われている。

    中国は、北朝鮮の難民を恐れ、とても危惧している。

    参考サイト:岩上安身による富士通総研主席研究員・柯隆(かりゅう)氏インタビュー http://iwj.co.jp/wj/open/archives/243539

    ウイグル、チベット問題、そして北朝鮮崩壊で北朝鮮族もいっきに増え、中国自体も民主化や分離独立の引き金になるかもしれないからだ。

    今、ウイグル自治区から大勢のウイグル人たちが、中国を脱出し、同民族のトルコへ亡命していると言う。

    数日前、タイは、亡命してきた100名ほどのウイグル人を逮捕し、中国に強制送還した。

    トルコでは怒った民衆がタイの迎賓館などを破壊する事件が勃発している。

    とにかく日本国民は、とても優秀だから、きっとうまく行くと信じている。

    信じるしかない。

    終わりの見えないシリアの戦地で日本語を学ぶダマスカス大生の言葉が胸に刺さる。

    『平和を学ぶため、日本の憲法を学んでいる。70年間、戦争をしないことは驚きの一言に尽きる。日本人の平和を愛する姿があるからこそ、日本人が大好きだ』

    参考サイト【IWJ】忘れ去られた「シリア内戦」の今 http://u111u.info/mooC
    HORMONE SEKINE OFFICIAL SITE | comments(0) | trackbacks(0) |
    洗脳?
    image02.jpeg
    紙に水彩、ペン。B4



    なでしこジャパン、残念!

    いきなりの4点はキツかった。

    リオ・オリンピックで雪辱をはらせばいい。がんばって!



    ギリシャは意外にも、反対派が多勢を占めた。

    若者層を中心に、約62%の国民が緊縮財政にノーをつきつけた。

    そして、ユーロ圏離脱というが、前回、紹介した田中宇氏のブログが正しいなら、これから、ユーロは、脱退条項を急いで作らねばならない。

    チプラス首相の政治的無能ぶりを批判する大手メディアの共通したコメントだが、はたしてどうか。

    ギリシャが、第2の故郷でもある自分にとっては、無責任にも、なでしこと同様、これからもがんばって欲しいとしか、言えないけど。

    これで世界の多極化へ、さらに拍車がかかるのだろう。

    というか、多くの人たちは、一部、権力者が求める不条理な正義と、その裏につきまとう金中心で回る世界観に疲弊しているのではないだろうか。

    今回も、その反動ではないだろうか。

    中東地域や北アフリカでは、悲惨な殺しあいが続き、無垢な子どもたちも殺され、一家は住まいを追われ、

    その他の国でも大勢の人たちは、つねに生活苦に脅される状態に辟易としているのではないだろうか。

    日本も、アメリカ覇権の片棒をかつがらされ、安保法制、改悪改憲へと突き進む。

    それを後押しするマスメディアの中国、韓国のネガティブキャンペーンに国民もおどらされる。

    ノーテンキのアンポンタンで、難しいことはわからないが、

    自分の理想は、全世界の人たちがなるべく楽しく、友交を築けて、憎悪の少ない世界になることだ。

    だから、いつもとても稚拙な疑問が、ツルツルのマルコメ脳みそをかき乱している。

    なぜ中国がそんなに憎いのだろうか?

    なぜ韓国がそんなに憎いのだろうか?

    ヘイトスピーチやネットのコメントとかの、憎悪のメチャこもったフレーズを発する意味が判らない。

    例えば、小さい頃、在日や中国人に殺されそうになったというなら、理解できるが、ほとんどの日本人は、そんなことはないはずだ。

    それを言うなら、アメリカだろ。連合国だろ。

    自分もチョン高にビビって、横浜とか遊びに行っていたけど、やられたことはない。


    99%の人たちは、穏やかに暮らせ、少しの贅沢ができればいいと思っているのではないだろうか。

    なのになぜ、あえて憎しみを募らせるのか。

    もちろん、人それぞれに、好き嫌いはある。

    中国人は嫌いだ、韓国ノーという個人的感情は、あって当然。

    それは日本に限らず、どこの国民にもある。

    自分はギリシャ人って大嫌いだった。留学当時は、日本人とバカにしまくっていた。

    デンマークとスウェーデンもそうだし、フランスとドイツ、ギリシャとトルコもけっこう仲が悪い。

    日本人同士だって、嫌いな上司とか、友だちとか、近所のババアとかいるだろう。

    でもなんとか折り合いをつける努力をするのではないか。

    しかし憎悪はもっと根深い、陰湿な匂いが立ちこめる。

    今、日本は、

    中国が危ないから、ホルムズ海峡に行く(今は言わなくなったが)

    南沙諸島をめぐってアメリカと中国を叩く。

    辺野古基地で中国の抑止力にする。

    北朝鮮のミサイルが危ない。

    といろいろな理由をあげて軍国化しようとしている。

    自分は、中国が、国家(テロは別)として日本を攻めてくるとは思わない。

    でもこういう意見を言うと、平和主義者さえも、反対したり嫌悪する人が多い。

    さらに、こういう意見を言うときや、ブログで書こうとするときも、自分の気持ちに大きなブレーキが無意識にかかって、かなり不快で恐怖心すら覚えるのだ。

    とっさに心にフタをするような、何か別の人間がいるような、大きな抵抗感を感じさせるのだ。

    とくに第二次安倍政権になって、その圧力は増している。

    これって洗脳?人心操作術?サブリミナル?

    逆を例えると、みんなが賛成することに同意すると、快感を伴ってホットもっとで安心するから驚きだ。

    だからほとんどの人は、人間関係や生活環境も影響し、世論の大勢には抗えない。

    おそらく、こういう人心操作が積み重なって、憎悪を育み、善悪の判断もなくなって、戦争に駆り立てられていくのだろう。

    人間の心はほんとうに繊細で、ほだされやすい。

    おっと話が脱線してしまった、、、汗

    結局、2:8の法則ではないが、2割の賛同があれば、みんなが賛成しているように思わすことができ、残り8割の人たちは、そちら側に付くのだ。今日の安心のために。

    まさに自民党は2割くらいの得票率だ。

    今の大手マスメディアは、毒まんじゅうを食わされ、煽動し、先導している。

    だから、反対する勇気のある人は、声をあげた方がいい。

    日本全体が感染症で麻痺しないうちに。

    それで双方が言い合って、ケンカ相手も気がつけば盟友。結果、未来も輝くのではないか、と期待している。(メチャ幻想ですかね?)
    HORMONE SEKINE OFFICIAL SITE | comments(0) | trackbacks(0) |
    ギリシャが危ない
    なでしこジャパン、決勝進出、おめでとう!女子サッカーも、年々、レベルが高くなっている。



    ギリシャが瀬戸際だ。

    巨額の借金返済ができず、国家破綻、EU脱退だと大混乱に陥っている。

    そんなギリシャは、何を隠そう、高校卒業をして、アンポンタンで留学しちまった国だ(今も似たようなもんだが)。

    正直、留学生活は、苦しみの日々で、あまりいい思い出はないが、やっぱり好きな国だ。

    そんなギリシャのEU加盟は、そりゃ、ムリだろ、とすぐ思った。

    悪いけど、見栄っ張りで、古代ギリシャ文明から進化が止まったような国。

    もちろんいい人は大勢いたし、楽しいこともたまにはあったから、あまり悪口は書きたくないけど。

    でも、国となったら別だ。観光資源で、のんびり暮らしていればいいものを。

    4人に1人が公務員といい、産業も目立ったものはない。造船が一時、活況を博したが、ギリシャに税金は落としていなかったようだ。

    船はリベリアやパナマ船籍だし、脱税なんて日常茶飯事だと予想する。イタリアも似たようなもんだけど。

    自分がいた頃は、大学入学の手続きをするにも、親から送ってもらった小包を税関から受け取るにも、数えきれないほどの事務所を巡って、書類にハンコがスタンプ・ラリーになった。

    そのうえ、昼休みは3時間くらいあるし(午後は営業しない事務所も)、言葉は通じない。

    大学の入学手続きには、ほんと1週間以上も、いろんな事務所を駈けずり回った。

    郵便局のストもしょっちゅう。

    唯一の楽しみだった、日本からの便りも届かない。酷いときは、2ヶ月くらいストだった。

    まったく非効率な役所仕事に何度、泣かされたことか。

    それで、世界情勢を的確に解説する田中宇の国際ニュース解説( http://tanakanews.com/ )
    を参考に、かいつまんで現状を読み解く。


    02年、ギリシャもEU加盟で、一気に投資資金が流入、バブルになった。

    スペインも同じだったが、みんな見栄っ張りだから、ベンツとか高級車を乗り回して、バブリーはすごかったらしい。

    しかし11年、ユーロ危機で、IMFに借金漬けにされ、破綻状態の今日に至ってしまう。

    30兆円(3127億ユーロ/15年3月時点)の3分の2が、ECB(欧州中央銀行)とIMFの借金だ。

    今年、総選挙でアレクシス・ツィプラス党首(41歳)率いる、左派政党シリザが第一党になって、首相に就任。

    打開策を模索していたが、債権者(IMF・ECB)がギリシャに、付加価値税23%にあげ、年金支給を67歳からに引き上げろと、緊縮財政で借金かえせ!と要求。

    そりゃ公務員天国だから年金の支払い額もすごいのだろう。

    すると、国民も議会も大反対。なので、彼らの言い分の是非を問う国民投票が、7月5日に行なわれ、決着をつけると言う。

    ツィプラスはバリバリ・レフト。息子にチェ・ゲバラの本名、エルンストと名付けるくらいだ。

    自分がいた頃も、共産党好き、中国好きのギリシャ人が多かった。

    昼休みの習慣(シェスタ)もあるし、どっちかと言うと働かないで、のんびり暮らす世界を、共産主義に重ねあわせていたのかも知れない(勝手な推測です)。

    だってエーゲ海はメチャきれいで気候は温暖、北部の都市テッサロニキでもそんなに寒くない。

    食べ物は正直、イタリアとは違い、まずくて食えたもんじゃなかったけどね。。。

    自分だって、あんなとこにいたら、金儲けより、のんびりハッピーライフだね。

    観光客も一年中いるから、毎日がお祭り騒ぎで、刺激はあるし。

    そんなギリシャ人に、アクセク働いて金儲けしろって言ってもムリだろ。

    弁護する訳じゃないけど、ホントに美しい風景と自然です!ギリシャ最高!

    死ぬ前にもう一度、行けたらなぁ、、、汗


    ちなみに、ギリシャは、6月19日、天然ガスのパイプライン建設でロシアと合意した。

    CNN.co.jp http://www.cnn.co.jp/business/35066229.html

    それはウクライナを避けて、ギリシャからヨーロッパに輸出するルートで、ギリシャは、安く天然ガスを得て、通過料が手に入る。

    また、29日、中国李克強首相は、借金を工面してもよいと支援を申し出る発言もあった。

    アメリカ帝国の衰退、世界覇権の交代を示しているようだ。

    マスコミは、繰り返し、50カ国が締結したAIIBは、透明さが不安といい、日本の正当性を喧伝する。

    そんなアメリカと日本はどんどんカヤの外だ。アメリカも国益になれば、すぐに手のひらを返すと思うけど。

    ところで、田中氏曰く、ツィプラス首相は、国民投票を否決とみて(反対しろとも言っているらしい)、EU・IMFと交渉しているという。

    -------------

    『国民投票が否決されたらEUがギリシャをユーロ離脱させるとも喧伝されているが、これまたユーロ潰し(ドル延命)を画策する(米連銀と米金融界の傀儡色を強めているECBなどを含む)米国系のプロパガンダだ』

    -------------引用


    IMFの借金は、返さなくてもデフォルト国にはならず、滞納国の分類になるといい、EU脱退にもならない。

    なぜなら、EUの規約には、脱退に関する取り決めがない。

    脱退させるにせよ、その規約を策定しなくてはならず、2年はかかると言う。

    そんな中、先日、アメリカ議会で、ファーストトラック法案のTPAが可決、TPPと、EUとのTPPにあたる、TTIP締結に一歩、前進した。

    しかし、ヨーロッパでも、反アメリカ的な政治家が増えていると言う。

    田中氏は、

    -------------

    米国がドル延命のためユーロ危機を起こしたり、ECBにQEをさせたり、NATO(軍産複合体)延命のためにウクライナ危機を起こしてロシア敵視を強めたりといった、米国による覇権延命策が長引き、欧州がその犠牲になる中で、欧州政界では、左派の政治家が反米傾向を強めている。

    -------------引用


    日本では、沖縄や反原発や、反安倍をすぐに、左とレッテルをはって批判するが、ほとんどの人は、左でも右でもなく、自分たちや家族や友だちが、一生を、不安なく普通に暮らしたいと望んでいるだけなのだ。

    するとこれ見よがしに、だから辺野古基地、だから安保法制、集団的自衛権とすぐに返事が返ってきそうだ。

    これを話すと、長くなるから、あらためて私見を書いてみたい。

    さあ、なでしこジャパンの決勝戦の応援には、思わず力が入るぜ!


    付録 ギリシャ語会話

    おはよう・こんにちは カリメーラ
    ありがとう エフカリスト
    お元気ですか ティ・カネテ
    初めまして ヒヤレテ
    どうぞ パラ カロー
    OK エンダクシ
    いくらですか ポソカニ
    さようなら アディオ
    魚のタラ バカヤロー
    ばかやろう アーディ マラカ

    とかとか、もう話せないし、、、爆

    HORMONE SEKINE OFFICIAL SITE | comments(0) | trackbacks(0) |
    日々あかん
    KC4H0047.jpg
    新国立競技場。サラ地になった。でもどうなるのかザハ・ハディッド案。

    KC4H0050.jpg
    日本青年館も取壊し開始!


    メチャクチャだ。

    日々、ブログを更新しなきゃとキーボードを叩くと、すぐにビックル・ニュースが飛び込んできて、最後までかけない、、、ズリズリと。。?

    でも一歩、外に出るとそこは穏やかな日常。

    子どもたちは目を輝かせて駆け回り、学校帰りの生徒たちは元気よく、サラリーマンたちは足早に通り過ぎ、若いカップルたちは、惜しげなく幸せを見せつける。

    NBAではキャバを下したウォーリアーズが優勝、日本じゃセ・リーグ6チームがなんと5ゲーム差以内のダンゴ6兄弟。

    何んなだ〜この違和感。とうとう俺も認知症になったのだろうか?

    尊厳を保つために認知症になった老人はつねに夢を見ている」とくさか里樹(『ヘルプマン!!』作者)は、インタビューで言う。。。汗

    2015/06/23 岩上安身による「介護マンガ『ヘルプマン!!』」著者・くさか里樹氏インタビューhttp://u111u.info/m6bN

    そう、この現実が夢だったらどれほどいいか。


    KC4H0044.jpg
    大勢の中国、韓国など観光客でにぎわう表参道。中国の爆買がないとやっていけない日本経済。

    と前置きはこれくらいにして、今、日本を震撼させている『戦争法案』。

    国会安倍政権は、を95日間延長し、200億円税金を使い、安保法制を成立させると言う。

    なんと採決できそうになかったら、また総選挙をして、国民の信を問う、なんて噂が立ち始めた。

    まさに選挙を繰り返し、政権を手中に収めたヒットラーと同じやり方だ。

    専門的なことは他の人がたくさん指摘しているから感想にとどめる。

    自分は愛と安心をテーマにしている以上、集団的自衛権行使は反対です。

    理由は、現在の戦争は、非対称戦で、国家の軍同士が戦う形ではない。

    ISに見るように対テロ戦だ。

    もし、集団的自衛権行使で中東へ、アメリカや他の同盟国の後方支援で派兵されたら、その時点でISは、日本を敵と見なす。

    すると、原発はたくさんあり、東京オリンピックを控え、セキュリティの脆弱な日本は、彼らの格好のテロの餌食になる可能性が大。

    彼らにとって日本でテロが成功できたら、どんなに宣伝になるだろう。

    てか影の支配者とISはすでに裏で、日本の自衛隊が集団的自衛権行使で来て何かしたら、テロしろ、そうすれば憲法改憲もできるから、なんて話し合っていそうだから怖い。

    すると、待ってましたとばかりに、ナチの国会議事堂焼き払い事件のように、ショックドクトリンで、非常事態宣言から安倍さんの望む大日本帝国復活だぁ!

    というのも第一次安倍政権で、アメリカの意に反すると、腹痛で失脚させられることを学んだ。

    今回は、その反省から、アメリカには、その白い腹を見せ安心させ、あるとき、豹変、大日本帝国の復活を目論む、と推測する有識者がいた。

    軍事評論家前田哲男氏は、「安倍第一次内閣では、『美しい日本』、『戦後レジームからの脱却』と言い、従軍慰安婦、侵略戦争を否定しているにもかかわらず、第二次安倍内閣になると、アメリカ議会では謝罪ばかりし、議会から満場の喝さいを受け、隷従体制を露にした。そのうちひっくり返す気があるのではないか。だからアメリカは安倍首相を信用していない」と読んでいる。

    参考サイト:2015/06/18 「戦争法案」を葬ろう 6.18院内集会〜安保法制を廃案にするために、いまやるべきこと ―講師 憲法学者・小林節氏、軍事評論家・前田哲男氏(動画)http://u111u.info/m6ej


    テロは日本国内とは限らない。海外の邦人もターゲットになる可能性が増大する。

    現に数日前、中東、北アフリカ、フランスなどでテロが勃発した。

    今まで日本は中東諸国とは、大国とは一線を画して友好のイメージがあったが、それも壊れ、とても残念だ。

    2015/06/03 「日本が戦争を始めれば、日本の良いイメージは忘れ去られる」イラン生まれのクルド人監督が警告 〜岩上安身による『サイの季節』バフマン・ゴバディ監督インタビュー http://u111u.info/m6b8


    賛成論者があげるいちばんの理由は、中国と北朝鮮への抑止。

    そのために、宗主国アメリカに、日本も守ってもらうための代償、忠誠を見せる必要がある。

    それだったら周辺事態法と個別的自衛権でカバーできる。

    なぜ、ホルムズ海峡やウクライナに行かなくてはならないのか。(アメリカとの核交渉がまとまりそうでイランが機雷を敷設することはなさそうだ)

    と書きたいことが、論点がたくさんありすぎてまとまらないので、参考サイトをアップして止めます。(文末参照)

    おそらく政府も着地点は見出せず、従米+新自由主義で行くしかないと諦めているような気がする。アメリカは自国の国益さえあれば、あとは関知しない。

    与党も政府も安倍さんに責任を押しつけて従っている方が楽だし、、、

    国も他人も置いといて、自分だけよければ、助かればいいのだ(自分の本心もそうだ)。

    この議論は堂々めぐりしかない。解釈改憲がまかり通るなら、違憲も同様、あてはまる。

    というか日本人の民族性は、仲間はずれを恐れるばかりのちょ〜真面目な性格で、責任忌避本能が強すぎる。

    それでも、百田尚樹氏の発言しかり、若手自民党勉強会のメディア恫喝発言にしろ、自民党のおごりは度を超している。

    というか、こういうオフレコネタが外に漏れるということは、中も割れ始めているということに違いない。

    それは世論の声が、日々大きくなっているからだ。

    だから嫌だと思うことには声をあげるしかない。

    今はそういう時代に変わったのだ。

    『男は黙ってチンタオ・ビール』っていう時代じゃないのだ。

    ダーウィンも、『変化に適応できる種が生き残る』って言ったじゃん。

    回りを気にしていたら、茹で上がって全身ヤケドで死ぬ。

    心理学では、まさか自分だけは、自分が生きているときには、何も起こらないだろうろ、自分で自分を納得させ、心を安定させる精神行動を『正常性バイアス』と言うそうだ。

    images.php.jpeg
    メチャスゴイぞ!シールズなんておしゃれな若者アクションも出てきたし。


    参考サイト

    2015/06/26 「国を守る」とは、「憲法を守る」ことに他ならない――安保関連法案の違憲性と立憲主義の真髄について、岩上安身が「時の人」・長谷部恭男早稲田大学教授に聞く http://u111u.info/m6b1

    2015/06/14 「自民党は、自衛隊員の殉職を待っているとしか思えない」 〜岩上安身のインタビューで紛争解決請負人・伊勢崎賢治氏が戦争法案の欺瞞を暴く http://u111u.info/m6b5

    2015/05/30 「バブルは必ず弾ける、それは明日かもしれない」と断言する浜矩子氏、空前の官製相場で沸きに沸く株式市場、しかし…! 岩上安身が「アホノミクス恐慌」の危険性について訊く http://u111u.info/m6ba


    2015/05/29 「官邸からみれば『報ステは抑えたから大丈夫』」 重要な審議も総理の暴言も報道されない!? メディア介入強める安倍政権に古賀茂明氏が憤り〜岩上安身インタビュー!http://u111u.info/m6bc

    2015/05/21 「狂信的な官僚集団」が支える安倍政権の「戦争法案」 解釈改憲、専守防衛、日米安保…「嘘」と「デタラメ」の数々を暴く 〜福島瑞穂×小西洋之×岩上安身による戦争法案特別鼎談 http://u111u.info/m6be

    【特集】集団的自衛権〜自衛隊が米軍の「下請け」になる日
    http://u111u.info/m6bh

    元関西学院大学法科大学院教授宮武嶺氏のブログ。安保法制をわかりやす句説明
    http://u111u.info/m6bf

    【NIPPON.COM】安倍首相アメリカ議会演説の読み方ー戦後和解と戦後世界システムの再構築http://u111u.info/m6bi

    集団的自衛権賛成派 現代ビジネス 『「日米安保には反対しないが、集団的自衛権には反対だ」この主張の愚かさにあなたはお気づきだろうか?』長谷川幸洋
    http://u111u.info/m6bj

    肯定する言説は説得力があるが、偏差値だけで書くとこうなるんだろう。その問題点を創造性で新たな道筋を考え、よくするのが人間の英知。
    HORMONE SEKINE OFFICIAL SITE | comments(0) | trackbacks(0) |
    現代美術で儲けるノウハウ
    20150606perf.jpg
    撮影:河合孝治氏


    東京創造芸術祭が終った。どうもありがとうございました!

    初日、パフォーマンスを上演したが、ゾーンに入ったのか、テープを強く巻きすぎ、窒息状態、あわや淡谷のりこで死ぬかと思った。

    これで、巻き過ぎ2度目です、、、とほほ

    いや〜、いざとなったら自殺だ!なんていつも言っている自分だが、

    窒息死の苦しさは尋常ではないぞ。でももう数秒、耐えれば死ねたのかな、、、、

    とにかく迫真にせまった、もがきのダンスは、演出だと思われたらしく、

    拍手なりやまず、大ウケだったようで、一安心。

    愛と安心と謳いながら、いちばん危ないのが自分だったりして、、、汗


    13日の土曜、江東区清澄の倉庫ビルから、千駄ヶ谷に引っ越した小山登美夫ギャラリーのリニューアルを兼ねたオープニング・パーティに行った。

    アメリカの物故画家ジェイムズ・キャッスル展だ。

    驚いた!

    客が少なくて驚いてしまったのだ。

    今までの小山登美夫ギャラリーのオープニングなら、人が溢れて困るくらいだった。

    ほんとアート業界も様変わりした。

    自分の仕事、飲み会、デート、疲れて寝たい、スマホチェックなどなど理由は諸般あるだろうが、アートの優先順位が低くなった。ブームは去った。

    その分、原発、被ばく、平和がらみのイベントで忙しいのかもしれない。



    『人々は改革に抵抗しているんじゃない。損することに抵抗しているのだ』ハーバード大マーティ・リンスキー教授は言っているが、

    なぜ、こんな自民党が政権を取るのかと言えば、得する人が多いからだ(と言っても得票率は18%くらいだが)。

    でも、格差社会が広がって、得をする人が減れば、支持率は下がって政権交代になってしまう(と言っても今の野党じゃムリだし、、、)。

    だからその前に、マスコミを手なずけ、都合の悪い情報は隠し洗脳し、法律でどんどん縛り、権力と金欠で身動きとれないようにしている。

    とにかく集団的自衛権がOKになったら、軍事費はさらに増大。その分、社会保障費削減を筆頭に、格差は広がり、全体国家に突っ走る。

    と話がすぐ脱線しちゃうけど、

    ヨーロッパは、日本よりさらに不況だ。

    でも現代美術のマーケットは、ちゃんと機能しているようで、大きなアートフェアはいくつもあって、無名作家でも、サーチギャラリーのサイトで、百万円前後の絵はけっこう売れている(ほんとかどうかは置いといて)。

    それで、自分がヨーロッパで生活した経験と、毎年、ヨーロッパで発表し(今秋もウィーンに招待された)、彼らと語って思うのは、とにかく欧米では、現代アートは、必需品なのだ。

    そのことについて、自分の思考整理もかねて書いておきたい。

    あっ、またヘリクツが始まったという声が聞こえてきた、、、汗

    キリスト・ユダヤ教の西洋では、現代美術は精神(知)の滋養なのだ。

    もちろんヨーロッパでも、現代アートに興味を持つのは一部の人たちだけだが、現代アートに対する姿勢が明らかに違う。


    西洋人にとって、人は神の子で、自然もすべて、神の創造物で、人間はその神を似せて作られている。

    それで、なぜアートが滋養で、生活必需品なのかと言えば、

    神の子でもある自分自身を、より知ることは、すべての創造主の神に近づけると考えたからだ。

    それはイスラムから得たギリシャ文明の哲学、主知主義で開花したイタリア・ルネッサンスで、拍車がかかる。

    それを助ける仕事がアート(芸術)や哲学、自然科学になり発展。

    コペルニクス、ニュートン、デカルト、ダ・ヴィンチ、ミケランジェロなどを生む。

    だから欧米では、この世界的不況でも現代美術のマーケットは成り立つし、その文脈に値する作品が、評価を受け、ものによっては何億円の値がつく。


    日本は神の子ではなく、ヤハウェまたは、エホバがすべてを創った西洋文明とは違う。

    八百万の神は自然のなかに住み、それを操る畏れの対象だ(アニミズム、シャーマニズム)。

    古代から日本は四季に富み、海産物も豊富で豊かな土地だ。

    あまり考えなくても、戦争をして食べ物を奪わなくても、天の恵みでそこそこ生きていけた。

    だが、たまに火山や地震や台風など天災に襲われ、それは神の怒りと信じる。

    そのお上を畏れるDNAは、現在でも、肩書き社会や、上に立つ者を疑わずに認め、政治家の愚行や、官僚主義を疑わず、お任せ民主主義にもつながっている。(儒教思想の影響もあるけど)

    神の怒りを鎮めるための儀式が、神事や祭で、それはのちに『道』という、精神性をつくり出す。

    たとえば武士道とは、『軍神タカミカヅチやヤマトタケル、スサノオウ』を刀に招き入れ、絶大なる力を得るため、自己を滅却し、儀式、形式、掟を重視する。(禅にアニミズムの影響があると説く学説がある)

    そんな儀式好きは、AKB選挙、プロ野球、大相撲など、形式化したイベントの息が長いことからも、見てとれる。

    政治も行政も、内容よりもプロセスや手続きが優先。

    今は、アメリカ様という神様を入れるための政治儀式になったようだ。

    西洋のいう精神や自我は、神の居場所の邪魔にしかならない。

    考えない日本人になったのは、そういう背景もあると思う。

    考えてはいけない。Don't think it!

    それは神に委ね、難しいことは、『シャーマンお上』に任せるという依存体質だ。



    だから日本で言うアートは、『技』(わざ)で発展する。

    神を迎える場所をつくる工芸の文脈だ。

    精緻であればあるほど、自然そっくりであればあるほど、神は喜び、そこに宿り、災厄から守ってくれる。

    神社のご神木は、神が降り立つ場だから祀り、季節の行事の多くは、御来神送迎の儀式だ。

    根付けや焼き物やフィギュア、携帯ストラップなど、日本人が小物にこだわるのは、神が宿って守ってくれるという古来DNAの継承だ。

    もちろん、工芸や物作りアートを否定する気は毛頭ない。それはそれで素晴らしい。

    でも、現代美術を語るとき、そういう認識も踏まえて語りあえる方が、もっと裾野は広がるだろうし、技に優れた日本人の作品がもっと海外で売れるとも思う。

    それに、これからTPPやTISAで、金持ち外人が押し寄せれば、現代アートはもっと売れると思った今日この頃でした。

    とにかく勝ち抜かねば!

    ※あくまでもブログの内容は個人的見解です。ご了承ください。

    展示作品『青い扇動者』107cm x 76cm 水彩紙に油絵
    IMG_2177.jpg
    HORMONE SEKINE OFFICIAL SITE | comments(0) | trackbacks(0) |