ARCHIVES















    • Contemporary Art 2.012展
      記事掲載
















  • ショックドクトリン

    IMG_2001.jpg
    始まった。国立競技場の解体工事。

    また悲しい出来事がおこってしまった。

    心からご冥福を祈るしかない。



    ISIL(イスラム国)のメッセージ『安倍首相は日本人すべてをテロ対象にさせた』

    すでに湯川氏と後藤氏拉致は知っていながら、わざわざ、あのタイミングで中東諸国とイスラエルに行き、対テロ支援を打ち上げた行動は、どう見ても正常ではない。

    ほんと海外旅行するものにとっていい迷惑だ。

    メディアはポーターだ。ただ運ぶだけ。分析も真相もあばかない。感情に訴えるだけ。てか信じるものは自分しかないってことだ。

    てっきりISILは、シーア、スンニの内部紛争と思っていたが、イラク、イラン大使、外務省国際情報局長などを歴任した孫崎享氏のインタビューがその正体を解き明かしてくれる。

    詳細は http://iwj.co.jp/で。

    最初から安倍首相は、2人の命を助ける気はなかったと断言。

    なぜなら西側の有志連合国になることが目的だった。

    そしてイスラム国は、シリア・アサド大統領と闘うために、アメリカが作った支援グループと言う。

    指導者バグダディはモサドのエージェントとまで世界では語られている。

    モスリムのはずの、ISILは、シリア、クルド、イラクなどを攻撃。

    これらの国は反イスラエル。ヨルダンだけは親イスラエル。

    だからISILは、敵のはずのイスラエルを攻撃しない。

    (今回、人質事件でヨルダン軍パイロットの釈放もおかしい。ISILは安否をあかさない。もしヨルダンが、ISILは米イスラエルの仕業とわかっていたなら困ることになる。なぜなら親イスラエルのヨルダンが反イスラエルになる可能性と、ISILにとっては、イスラエルのバックアップがなくなるかもしれないからだ。あくまで妄想だけど)


    パリであったシャルリー・エブドとユダヤ食品店襲撃事件。

    犯人は、アルカイーダ、ISILと錯綜しているが、本物だったら彼らは自爆テロで逃げるようなことはないと言う。

    しかし彼らの風刺画は、度を超え下品だ。それに以前、ユダヤ人やドゴール批判をしたらすぐに咎められて引っ込めた。

    このきな臭さにも伏線があって、

    2014年12月30日、1967年、第3次中東戦争で占領した土地からイスラエルは撤退する、という国連安保理の決議において、フランスは賛成している。

    9カ国の賛成で採択だったが、賛成8カ国、反対は米、豪2カ国。棄権5カ国で議案は否決された。

    もうひとつ。パレスチナは、イスラエルを戦争犯罪で裁くための国際刑事裁判所(ICC)参加申請の話が進んでいた。

    この事件で、世論はパレスチナよりから態度を急変させたのではないか、という。

    よーく見ると、ISILで、イスラエルとアメリカ軍産複合体が儲かるようになっている。

    さらに孫崎氏は、イラク、アフガン戦争予算は、米国防経費と別枠にあったが、去年でそれもなくなったと述べる。

    そこにイスラム国が出てきて、軍産複合体の下げていた株価が急騰。

    安倍首相は、イスラエルで、ジョン・マケイン上院議員・軍事委員長と他7名の米議員と面会。

    孫崎氏は、安倍首相もマケインに脅かされたら終わりだとため息をつく。

    なぜなら、彼は日本に核ミサイルを持たせ、中国と打ちあえとまで言う第2のチェイニー。

    とにかく強引過ぎるタカ派の軍産複合体メンバーだ。

    日本は、対策本部をアンマンに設置したのは、ヨルダンは、CIAやモサドの拠点だから。

    人質優先ならトルコだ。それを見ても、明らかに彼らの命は軽んじていた。

    また、某国から日本の某有名議員に助けられると接触があり、官邸に知らせるが無視された。

    有力な仲介者のハサン中田氏と常岡浩介氏は公安にガサ入れすらされた。

    とにかく、今回の人質事件は、遺体や、せいぜい首切りを無編集で映した動画を確認したなら納得できるが、

    ネットに流れた写真だけでは、ユカワ・ゴトウ両氏は、FBIの証人保護プロジェクトのように人間を変え、生きている可能性もある。と思いたい。

    とくにユカワハルナの首はどうみても不自然。ってか合成へたすぎ。

    日本人の同情深い、優しい感情を利用したショック・ドクトリンだ。

    今、安倍さんは、自衛隊の海外邦人救出だ!って生き生きしている。

    集団的自衛権、国防費増額、TPP合意、辺野古基地建設、税金をどんどん海外支援へ。

    そんな議員らは、笑いながら晴れ着でテロ抗議だ。


    20150128-1.jpg
    引用:着物でテロに抗議(時事ドットコム)http://urx2.nu/gRTp

    同じ日本人として情けなくなってくる、、、、

    と思ったが、喪服だと黒くてISIL同志だと思われる。

    なので、CIAにバレぬよう、2人の命が無事だと伝えているのだ。

    さすが優秀な国会議員だ。

    とにかく、地に潜むトカゲの支配者に歯向かうと、殺されちゃうからお偉いさんたちもたいへんだ。

    でも私はそのトカゲの弱点を知っている。

    彼らは、なぜか、現代美術や芸術には弱いのだ!


    ところで、評論家の鈴木邦男さんはいいことを書いていた。

    --------

    国家が国民の命を守らないのなら、国家なんていらない。バラバラの個人がいればいいだけだ。

    そうならずに、わざわざ、国家を作り、そこに住む人の法律を作り、税金を払うのは何のためだ。

    一人一人の命を「国家」が守るためだ。守れないのならば、議員も国家も税金も必要ない。

    国民があって、そのあと、国家があるのだ。そのことを忘れてはならない。


    ---以上引用

    鈴木邦男をぶっとばせ!「表現の自由」「言論の自由」http://kunyon.com
    HORMONE SEKINE OFFICIAL SITE | comments(0) | trackbacks(0) |
    資本主義の終焉
    IMG_1974.jpg
    『中島由夫シンポジウム』より。ライブペインティングの作品。会場:アツコバルー


    寒い。電気代がかかるから厚着をしてなるべく省エネ。

    後藤氏の安否はとても心配だが、ISILの人質事件、どうもきな臭い。

    イスラム国リーダー「米国から財政支援を受けた」
    ラホールで収監されているユザフ・アル・サラフィ氏は22日、尋問の過程で、米国から財政支援を受けた、新兵には各600ドルが支払われたと述べた。http://japanese.ruvr.ru/news/2015_01_29/282535273/

    とあるが、もうネットもマスコミも真実がどれかわからないので、あまり深追いはしない。

    ツイッターでは、心ない発言や、排外的で、たまらない。でもついつい、反応してしまう自分が怖い。

    だから、唯心論で考えよう。(すべては自分の心が描き出しているという考え方)

    安倍首相も田母神氏も辺野古もイスラム国も借金も、自分がつくり出した幻想なのだ。

    ほんとうは実在しない。

    ましてや、こんなブログなんて誰も読んでいないのだ。

    ふふふ、楽しいぞ。

    ところで、岩上安身さんの水野和夫日大教授インタビューを見た。

    水野氏は、長年、証券会社調査部で、景気予想などをしていた経験を持つ。

    昨年上梓した『資本主義の終焉と歴史の危機』はベストセラー。





    いや〜面白い。

    かいつまんで紹介。詳しくはIWJでご覧下さい→http://iwj.co.jp/
    ()内はインタではなく、自分のコメントです。

    資本主義とは、永遠に自己増殖しなければならないシステム。

    資本が、昨年より今年、今年よりも来年とふえつづけていかないといけない。

    かつ到着点がない。

    そのためには利子率がとても重要になってくる。

    いま先進国はどこもゼロ金利で行き詰まり。

    国とは、資本家たちが作ったシステムでもあるという。

    だから、リーマンショックのときのように、富める者は救済し、中間層以下からは税金(みかじめ)などで搾取する。

    ずっと国家は国民に資本の分配をしていないことを隠していた。=トマ・ピケティの研究

    自己増殖するために資本家たちは、投資先を、胡椒、ゴマから金銀、どれい

    そして19世紀になり、石油などの資源、20世紀には、バーチャル金融空間になり、

    いまはアフリカ、ロシアの資源に先祖帰り。

    つまり自己増殖させるための利子率が高い投資先が、時代時代に変わっていく。

    1990年代は1割だった日本の非資産保有者が、2014年には、全世帯の3割。それを5割以上にしたい。

    教育費・住宅購入費の生前贈与減税、相続税増税はそのためか。

    賢い人間は富める者にとっては困るから、教育費も増額していく。

    資本家は相続か、スーパーCEOでしか得られない。それは400年以上不変の法則。

    実力社会は幻想だった。

    アメリカは世界の警察から撤退を宣言。

    南北アメリカでまとまりたい。(キューバ国交正常化はそのはじまり)

    EUは、資本の自己増殖のために、ロシア、中国とユーラシア大陸でつながりたい。(多極化する世界)

    ウクライナ紛争は、それを阻止する米英の焦り。

    日本は、アメリカの手下で、中国とぶち当たって玉砕。

    (辺野古基地も集団的自衛権も、挑発手段のために必要なのだ)。

    資本の自己増殖のためには、日中韓など日本海、東シナ海を囲む経済帝国を作る方がいい。

    同時にロシア、EUと仲良くなる。

    それを邪魔するために、日米安保と言いながら、洗脳活動は止まらない。

    (サヨク、在日、反日、慰安婦などなど。自分にもかなり反中思想は脳の神経回路に、こびりついているが、お互いさまだといい、わかり合うしかない生き残る道はないと)。

    もっと内容は多岐にわたって、示唆に富むお話、テンコ盛り。

    アベノミクスの虚飾、年金基金の株運用での破綻など、水野氏専門の経済は言わずもがな。

    まさに今までの世界の歴史が、ぴったしかんかんだった。

    日本はこのままだと、増税、基地建設、貧困格差増長、社会保障費削減の流れは止まらない。

    日本は、いま、資本の自己増殖のために、戦争産業に活路を見出そうとしている。

    でも国民は、投票率は下がって、もう諦めムードみたいだ。

    だったらお金などの富に自己実現の夢を見なければいい。

    人間、なにがつらいかって暇と希望のない行く末だ。

    それを創造力でおぎなうようにすればいい。

    やっぱり現代美術は素晴らしい!



    『守れ!泉岳寺』運動のサイト。赤穂浪士の墓地で有名な泉岳寺の真横に8階建てのマンション建設に反対する署名活動、絶賛開催中。
    ネット署名:http://chn.ge/1mspsa9

    サイト:http://urx2.nu/gpij


    IMG_1965.jpg
    中島由夫ライブペインティング
    HORMONE SEKINE OFFICIAL SITE | comments(0) | trackbacks(0) |
    イスラム国とアポカリプシナウ
    なんか、悲しいことが多すぎて、精神、壊れてきたかな。

    書かずにはいられない今日この頃、妄想日記と断っておきます。

    岩上安身さんも、ツイッターが大炎上だといい、ジャーナリスト常岡浩介さんに続き、権力の営業妨害が入らないよう、心配します・・・祈
    http://urx2.nu/gsM7

    あっっ、自分も危ない! いろいろな面で。。。爆


    辺野古では、基地建設に抗議するなか、今まで何人ものけが人が、救急車で運ばれている。


    2015年1月21日 RBC THE NEWSより


    しかしそれをスルーする本土のマスメディア。

    盛んに書きたてるのは、イスラム国と芸能人ネタのツマヨウジばかり。

    もちろん人質の安否は同じ日本人として、とても気がかりだ。

    イスラエルのモサドやアメリカが、イスラム国兵士を訓練している、とロシアの記者は非難する。

    プーチン批判らしいが、それとなく世界に伝えたいという意志は感じる。

    それがエルサレム・ポストと言う、イスラエルの新聞なのが、今の日本の状況から考えるとアッパレ!

    The Jerudsalem Post「Russian writer and political activist: Mossad training ISIS terrorists in Iraq, Syria」Post http://urx2.nu/gsC3

    今回も、911同様、イスラエル対アラブの自作自演に巻き込まれた、というのがもっぱらの噂だ。

    以前のブログで、イスラム国はイラクやシリアのシーア派弾圧に対して勢力を拡大した、と書いたが、

    やはり裏で操るもっと大きな力がいたと。

    過去ブログ『世界滅亡に日は近い?!』→http://superblue.kilo.jp/aohitokun/?eid=425

    それは、イスラム国を、大義名分で破壊し、そこにイエス・キリストの再臨のための新天地を作るためではないか、と妄想してしまう。

    ユダヤ人の軍産複合体の金儲けという意見は多いが。

    振り返って、民主党の小沢一郎元代表の期ズレ逮捕に始まって、自民党復権、秘密保護法、集団的自衛権解釈改憲など、増税、インフレ増長、格差拡大で反抗心剥奪。

    そんな一連の流れを見ると、人心掌握と大衆操作術、スゴすぎ。

    ていうか、人間ではここまで、うまく計画できないだろ。アル・パチーノ主演映画じゃないが、ほんとうに悪魔がいるのかもしれない。

    キリスト教もイスラームも宗教は必要なもの。

    しかし、人を人とみず、自分たちだけのために他者を平気で殺める教えは、宗教とは言わない。

    シャーリフ(イスラーム法)をシリアの大学で学んだモスリムの前野直樹氏は、イスラム国は、モスリムたちではない。

    なぜなら、イスラームは人を殺めることを諌めているから、と断言する。

    IWJ 前野氏の講演 http://urx2.nu/gsIJ

    本来、自爆テロで使われる、ジハードとは、「努力」「奮闘」の意味で、それが異教徒との戦いに、拡大解釈された。

    さて、『ヨハネの黙示録』の構成だけだけど、めちゃ怖い。
    (以下、抜粋。ウィキペディアより http://urx2.nu/gsZQ


    七人の天使がラッパ(トランペット)を吹く(8章6節-11章19節)
    第一のラッパ 地上の三分の一、木々の三分の一、すべての青草が焼ける
    ・・・あおひと君(青人草)は、第一のラッパで、おさらばかぁ、、、とほほ

    第二のラッパ 海の三分の一が血になり、海の生物の三分の一が死ぬ(8:8-9)
    第三のラッパ にがよもぎという星が落ちて、川の三分の一が苦くなり、人が死ぬ
    第四のラッパ 太陽、月、星の三分の一が暗くなる
    第五のラッパ いなごが額に神の刻印がない人を5ヶ月苦しめる
    第六のラッパ 四人の天使が人間の三分の一を殺した。生き残った人間は相変わらず悪霊、金、銀、銅、石の偶像を拝んだ
    第七のラッパ この世の国はわれらの主、メシアのものとなった。天の神殿が開かれ、契約の箱が見える。


    神の怒りを地にぶちまける(16:1)
    第一の鉢 獣のしるしを付ける者、獣の像を拝む者に悪性のはれ物ができる
    第二の鉢 海が死人の血のようになって海の生物がみんな死ぬ(16:3)
    第三の鉢 水が血に変わる
    第四の鉢 人間が太陽の火で焼かれる。それでも神を冒涜し、悔い改めない
    第五の鉢 獣の国が闇におおわれる。激しい苦痛
    第六の鉢 しるしを行う3匹の悪霊、ハルマゲドンに王を集める
    第七の鉢 大地震 島も山も消える


    最後の裁き いのちの書に名が無い者がすべて火の池に投げ込まれて、永遠に苦しむ (20:11-15)
    ・・・だから、いのちの書に、名が印されるよう、みんな一生懸命だ。

    新天新地

    神が人と共に住み、涙をぬぐわれる、死もなく、悲しみもない。そこにはいのちの書に名が書かれている者だけが入ることが出来る。(21:2-8)

    イエス・キリストの再臨(22:6-17)

    以上。

    ちなみにこれは、ヨハネが、終末において起こるであろう出来事の幻を見たと語り、7つの教会にあてた書簡集だ。

    今よく言われるのが、5000人あまりの、あるキリスト教一派がこれを信じ、しゅくしゅくと遂行しているというのが陰謀説の主説。その何人かは、1%の富裕者たちだ。

    かれらは、イルミナティとか、ヨハネ福音派原理主義者とか、噂されるが、わからない。

    過去ブログ『世界滅亡に日は近い?!』→http://superblue.kilo.jp/aohitokun/?eid=425

    一時、フリーメイソンが陰謀説の主役になったこともあったが、アメリカで300万人、日本ですら、3000人はいるというので、それはないだろ。(いまフリーメイソンって表舞台に出てこない。ダ・ヴィンチコードでのブームにすぎなかったのか?)

    とにかく、世界みな兄弟姉妹、愛と安心で、幸せに暮らせるよう祈るしかない。


    【補足ネタ】

    オバマ大統領が、昨日の一般教書演説で、反格差と富裕層増税をぶちあげ、新自由主義派の共和党が与党の両議会は、空転すると懸念している。だったらTPPも流れて欲しい。

    日本経済新聞 米大統領、富裕層に大幅増税案 一般教書演説で http://urx2.nu/gsD4


    各国首脳のシェルリー・デモ参加は、やっぱり演出だった。

    ca822720be938fd7fde811b529db7323.jpg


    paris.jpg

    Deutsche Wirtschafts Nachrichten http://urx2.nu/gqzn


    だったらもっと面白い25日(日)、中島由夫パフォーマンスあります。なんと某アイドルとからむそうです!必見!


    中島由夫シンドローム

    展示 1月17日(日)ー 1月25日(日)

    火曜日ー土曜日:14:00-21:00
    日曜日、月曜日:11:00-18:00

    会場:アツコバルー http://urx2.nu/gpic

    〒150-0046 東京都渋谷区松濤1-29-1 クロスロードビル5F
    tel:03-6427-8048
    入場料:500円(ワンドリンク付き)

    会期中のイベント
    ☆ アーティスト・トーク 24日(土) 14:00~
    ☆ 中島由夫のアクションペイティング 1月25日(日) 14:00~
     ※詳細は、アツコバルーのホームページ等でご確認ください。

    『守れ!泉岳寺』運動のサイト。赤穂浪士の墓地で有名な泉岳寺の真横に8階建てのマンション建設に反対する署名活動、絶賛開催中。
    ネット署名:http://chn.ge/1mspsa9
    サイト:http://urx2.nu/gpij
    HORMONE SEKINE OFFICIAL SITE | comments(0) | trackbacks(0) |
    占いと心霊写真
    ブログを書いてたら悲しいニュースが飛び込んで来た。
    2名の日本人人質が処刑されようとしている。あれほど有識者は口をそろ、警告してたのに・・・。日本人もテロの対象になってしまった。
    安倍首相は、おごるもの久しからずだ。
    とにかく2名の無事を心より祈る。


    163074.jpeg

    7億7千万円。世界一高値のついたオーストラリアの写真家、ピーター・リクの写真 「ファントム」
    (PRNewsFoto/LIK USA) http://urx2.nu/gplr



    葛西臨海水族館のクロマグロが謎の大量死だという。

    マグロの餌に、ツマヨウジが混入されていたのではないけど、な〜んか嫌な感じだ。

    それで、死んだマグロの行方が気になるが、それより不吉な予兆だ。

    密かに、吉兆に売り渡されたかもしれないが、やっぱり地震だろ。

    (今のところウイルスが原因らしいが、、、どーだか)

    それで、2011年の東北大震災を当てたと言う、諏訪大社下社の『筒粥神事』がある。

    毎年1月14日の夜から15日の早朝にかけて、粥で1年の吉凶を占う神事だ。

    今年の結果は、昨年と同じ三分七厘。

    311の起こった2011年は三分五厘で、低い方が凶だと言う。

    年始そうそう、シャルリーテロやら辺野古やらで、まったく暗い世の中に、ちょっとだけホッともっとだ。

    この粥占いは、神社によってやり方には違いはあるが、日本各地の神社で行なわれ、

    スポーツ占いで的中率の高いのが岐阜県の伊太祁曽(いたきそ)神社だ。

    荒川静香金メダル、ソチオリンピックの葛西選手のメダルを当てたと言う。

    また、諏訪湖の御神渡り(おみわたり=氷の融解で湖面が盛り上がる現象)では、阪神大震災、東北大震災では凶の目がでた。

    2011年の御神渡りで宮司は『3季連続の明けの海(出現しない)には少し不安を覚え、災害のない年でありますようにとお祈りした』と言ったといわれる。

    1995年の阪神淡路のときも、明けの海の4年目だった。

    ちなみに、2012年は出現し、2013年は、明けの海。今年は出現してちょ!願ってます。


    何回も書いているが、自分は、予言や占いは、決定論だから信じない。

    粥占いも、ノストラダムスもマヤ歴も、備えあれば憂いなし、という昔の人の生きる術だと思う。

    人間ちょっとでも調子がいいと、すぐにおごるから、それを戒める生活の知恵だ。

    むしろ、自然界のエネルギーの共鳴のような、カオス理論の方に近いと思う。

    それに似て、人間に予知能力があるのは、科学的に証明されている。

    過去ブログにウダウダ書いてます。

    引き寄せの法則を科学的に解き明かす- その1
    http://urx2.nu/gpiI

    引き寄せの法則を科学的に解き明かす- その2
    http://urx2.nu/gpiO

    引き寄せの法則が説き明かされた!
    http://urx2.nu/gpiQ


    未来は自分が作るので、悪い占いを信じれば、それが現実になるという考え方だ。

    量子力学をいろいろ探ると、ほんとうに粒子のふるまいは、科学者の願うように現れる。

    予想して観察すると、実際、そういう結果になるので、クオークなんてどんどん発見される。

    おそらくダークエネルギーもあと数十年もすれば発見されるだろう。

    (偉大な物理学者たちには申し訳ないです。妄想スミマセン!)

    ところで、TOCANAというサイトで

    「いまだ解明されていない不思議な写真10!」をみつけた。Tocanaより http://urx2.nu/gpiu

    実は、わたくし、心霊写真を撮るのが得意でした。

    ギリシャ留学中、遺跡や古い屋敷をとると、人の顔や姿がよく映っていた。

    いちばん怖かった写真には、リアルな無数の顔の中に、ギリシャ悲劇に登場しそうな美しいライオンの仮面まであって、さすがギリシャだと感動した。

    ポーランドで撮った古い屋敷の写真には、はっきり白人の女性がいたし。

    もちろん友人たちには怖がられた。

    当時は自分も若かったので怖くて、残念ながら破棄しちゃった。

    とっておけば、ピーター・リクみたいに億万長者になれたかもしれない。。。。

    (スミマセン、彼は心霊写真じゃなかった)

    また、前に住んでいたアパートには、霊といっしょに住んでいたらしく、

    自分の前には現れず、遊びに来た友人の何人かは遭遇していた。

    1回だけ、友人といっしょに確認できた心霊現象はあったけどね。

    幽霊たちよ、ロトの当選番号、教えてくれよ。頼むぜよ!

    野菜高いし、物価上がってたいへんだよ〜。

    それよりも、いまの世の中、人間の方がよっぽど怖い。

    とくにA首相とか、、、。


    25日(日)、中島由夫パフォーマンスあります。なんと某アイドルとからむそうです!必見!

    中島由夫シンドローム

    展示 1月17日(日)ー 1月25日(日)

    火曜日ー土曜日:14:00-21:00
    日曜日、月曜日:11:00-18:00

    会場:アツコバルー http://urx2.nu/gpic

    〒150-0046 東京都渋谷区松濤1-29-1 クロスロードビル5F
    tel:03-6427-8048
    入場料:500円(ワンドリンク付き)

    会期中のイベント
    ☆ アーティスト・トーク 24日(土) 14:00~
    ☆ 中島由夫のアクションペイティング 1月25日(日) 14:00~
     ※詳細は、アツコバルーのホームページ等でご確認ください。

    『守れ!泉岳寺』運動のサイト。赤穂浪士の墓地で有名な泉岳寺の真横に8階建てのマンション建設に反対する署名活動、絶賛開催中。
    ネット署名:http://chn.ge/1mspsa9
    サイト:http://urx2.nu/gpij


    御神渡り:http://urx2.nu/goa1

    信濃日報WEB 諏訪大社下社で「筒粥神事」http://urx2.nu/go2a

    「キム・ヨナは不調、葛西は大活躍。浅田は…」ソチ五輪の予言!http://urx2.nu/go40
    HORMONE SEKINE OFFICIAL SITE | comments(0) | trackbacks(0) |
    中島由夫シンドローム
    nakajima.jpg
    若かりし頃のダダカンこと、糸井貫二氏と中島由夫氏。着衣のダダカン(右)の貴重な写真(チラシより)。
    今回の展覧会に、ダダカンさんは律儀にご祝儀を中島氏に送っている。昨年、嶋田氏は会って、まだとても元気で、倒立までしてみせたと言う。94歳?だ。



    まだまだ寒い中。

    17日、7000人の女性たちが国会を包囲する中、

    辺野古では機動隊と市民が命をかけて、激しい戦いをする中、

    安倍首相が我々の社会保障費を削って中東諸国にお土産に持っていった中、

    中、なかなかなかなかなか折れ!

    ツマヨウジ少年があーだこーだろはん、三船高橋離婚、サザン謝罪、、、。

    渋谷アツコバルーで開催された、『中島由夫シンドローム』展に行ってきた。

    中島由夫氏については幾度か、ブログでも書いているがスウェーデンを代表する画家・パフォーマーだ。

    昨日は、中島氏を囲んで、福岡アジア美術館キューレターで『肉体のアナーキズム』著者でもある黒ダライ児氏と

    本展覧会実行委員会の嶋田美子氏、コペンハーゲン大学教授タニヤ・オルム氏のトークショウがあわせて開催された。

    黒ダ氏は主に、1960年前後、中島氏らのパフォーマンス集団『アンビート(Unbeat)』について記録写真などとともに語った。

    圧巻だったのは、中島氏らアンビートが制作した、1960年の樺美智子さんが亡くなったときの安保闘争で使われたゲバ棒、看板、ゴミを街から拾い集めて作った巨大なインスタレーション作品の写真だった。

    まさに今、似た状況の日本が重なり、余計に『何か』を語りかけてきた。

    日本では、具体やハイレッドセンター、ギューちゃんこと篠原ウシオで有名なネオダダオーガナイザーズなどに埋もれて、

    彼らのアンビートは、今はほとんど表に出ることはないが、

    黒ダ氏は、具体よりも先を走っていたと高い評価をする。


    IMG_1952.jpg
    黒ダ氏と中島氏のトークショウ。
    スクリーンには、中島氏の山手線電車内のハプニング。ハイレッドセンターより数年前にすでに実行していた。



    自分は光栄にも、スウェーデンにある彼の美術館で日本人第一号の個展を開催させてもらい、

    中島氏、コブラグループ・アスガーヨルンの弟、ヨルゲン・ナッシュ、イエンス・トールセンらが設立した自由創造大学の名誉学位までもらってしまった。(ちょっと自慢!)

    それで、嶋田美子氏は最後にヨルゲン・ナッシュの言葉でシンポジウムの幕を閉じた。

    が〜〜〜ん。。。

    その言葉は、あまりにも鮮烈で、やや薄くなった毛髪の間をかき分け、脳天をつらぬいたのだ。

    長くなったので次回に続く、、、、




    と言うのはウソよ〜〜〜るげんなっしゅ。

    引用ーーーーー

    Art is always the next possibility というのは、
    アートが明るい未来社会の構築に役立つということではない。
    アートが現状をくつがえし、みえないシステムから
    私たちを解放する「次の可能性」となりうるとしたら、
    それはアートは根源的に自由で、なにものから自律してあり得るもので、
    永遠に混沌の、未知の領域にあるからである。


    --------以上


    ちと難しいかもしれないが、

    嶋田氏は、自分も含め今のアート(アーティスト)は、

    システムの中に自ら取り入ろうとするモノ(者)しかなく、

    また、それにまったくの抵抗を持たないことを疑問視した。

    さらにくだけて言うと、権力(美術館や教育機関)や資本主義(ギャラリー・マスコミ・助成金)に取り入って

    まず、そこに認められることが目的になってしまっている。

    ではなく、作品がすでに権力であり、ギャラリー・マスコミを必要としないもので、

    それらからは独立し、力を発していなくてはいけないのだ。

    少なくとも、50〜60年代のアートの潮流はそうだった。

    それからアメリカ帝国主義、商売主義にアートの文脈は移っていくのだが、、、

    時代は変わって、思想も環境も変わったので、けっしてファイナルアンサーではない。

    しかし示唆に富み、自らを鼓舞するドーパミンのようなフレーズだ。

    だったら自分にとって、未来のためのポッシビリティがあるとしたら、

    宇宙の大きな渦のなかに巻き込まれることしかないと

    自らも激しい反省と、強烈に勇気づけられた素晴らしい一日だった。


    う〜〜〜ん、待ち受けているのは、孤独死か・・・・・爆!


    IMG_1959.jpg
    中島氏や黒ダ氏、タニアさんら関係者と二次会へ。黒ダ氏の誕生日が近いのでみんなで祝い、大いに盛り上がった。


    『守れ!泉岳寺』運動のサイト。赤穂浪士の墓地で有名な泉岳寺の真横に8階建てのマンション建設に反対する署名活動、絶賛開催中。
    ネット署名:http://chn.ge/1mspsa9
    サイト:http://sengakuji-mamoru.jimdo.com

    中島由夫シンドローム

    展示 1月17日(日)ー 1月25日(日)

    火曜日ー土曜日:14:00−21:00
    日曜日、月曜日:11:00−18:00

    会場:アツコバルー
    www.atsukobarouh.com

    〒150-0046 東京都渋谷区松濤1-29-1 クロスロードビル5F
    tel:03-6427-8048
    入場料:500円(ワンドリンク付き)

    会期中のイベント
    ☆ アーティスト・トーク 1月18日(日)、24日(土) 14:00〜
    ☆ 中島由夫のアクションペイティング 1月25日(日) 14:00〜
     ※詳細は、アツコバルーのホームページ等でご確認ください。
    HORMONE SEKINE OFFICIAL SITE | comments(0) | trackbacks(0) |