ARCHIVES















    • Contemporary Art 2.012展
      記事掲載
















  • イスラム国とアポカリプシナウ
    なんか、悲しいことが多すぎて、精神、壊れてきたかな。

    書かずにはいられない今日この頃、妄想日記と断っておきます。

    岩上安身さんも、ツイッターが大炎上だといい、ジャーナリスト常岡浩介さんに続き、権力の営業妨害が入らないよう、心配します・・・祈
    http://urx2.nu/gsM7

    あっっ、自分も危ない! いろいろな面で。。。爆


    辺野古では、基地建設に抗議するなか、今まで何人ものけが人が、救急車で運ばれている。


    2015年1月21日 RBC THE NEWSより


    しかしそれをスルーする本土のマスメディア。

    盛んに書きたてるのは、イスラム国と芸能人ネタのツマヨウジばかり。

    もちろん人質の安否は同じ日本人として、とても気がかりだ。

    イスラエルのモサドやアメリカが、イスラム国兵士を訓練している、とロシアの記者は非難する。

    プーチン批判らしいが、それとなく世界に伝えたいという意志は感じる。

    それがエルサレム・ポストと言う、イスラエルの新聞なのが、今の日本の状況から考えるとアッパレ!

    The Jerudsalem Post「Russian writer and political activist: Mossad training ISIS terrorists in Iraq, Syria」Post http://urx2.nu/gsC3

    今回も、911同様、イスラエル対アラブの自作自演に巻き込まれた、というのがもっぱらの噂だ。

    以前のブログで、イスラム国はイラクやシリアのシーア派弾圧に対して勢力を拡大した、と書いたが、

    やはり裏で操るもっと大きな力がいたと。

    過去ブログ『世界滅亡に日は近い?!』→http://superblue.kilo.jp/aohitokun/?eid=425

    それは、イスラム国を、大義名分で破壊し、そこにイエス・キリストの再臨のための新天地を作るためではないか、と妄想してしまう。

    ユダヤ人の軍産複合体の金儲けという意見は多いが。

    振り返って、民主党の小沢一郎元代表の期ズレ逮捕に始まって、自民党復権、秘密保護法、集団的自衛権解釈改憲など、増税、インフレ増長、格差拡大で反抗心剥奪。

    そんな一連の流れを見ると、人心掌握と大衆操作術、スゴすぎ。

    ていうか、人間ではここまで、うまく計画できないだろ。アル・パチーノ主演映画じゃないが、ほんとうに悪魔がいるのかもしれない。

    キリスト教もイスラームも宗教は必要なもの。

    しかし、人を人とみず、自分たちだけのために他者を平気で殺める教えは、宗教とは言わない。

    シャーリフ(イスラーム法)をシリアの大学で学んだモスリムの前野直樹氏は、イスラム国は、モスリムたちではない。

    なぜなら、イスラームは人を殺めることを諌めているから、と断言する。

    IWJ 前野氏の講演 http://urx2.nu/gsIJ

    本来、自爆テロで使われる、ジハードとは、「努力」「奮闘」の意味で、それが異教徒との戦いに、拡大解釈された。

    さて、『ヨハネの黙示録』の構成だけだけど、めちゃ怖い。
    (以下、抜粋。ウィキペディアより http://urx2.nu/gsZQ


    七人の天使がラッパ(トランペット)を吹く(8章6節-11章19節)
    第一のラッパ 地上の三分の一、木々の三分の一、すべての青草が焼ける
    ・・・あおひと君(青人草)は、第一のラッパで、おさらばかぁ、、、とほほ

    第二のラッパ 海の三分の一が血になり、海の生物の三分の一が死ぬ(8:8-9)
    第三のラッパ にがよもぎという星が落ちて、川の三分の一が苦くなり、人が死ぬ
    第四のラッパ 太陽、月、星の三分の一が暗くなる
    第五のラッパ いなごが額に神の刻印がない人を5ヶ月苦しめる
    第六のラッパ 四人の天使が人間の三分の一を殺した。生き残った人間は相変わらず悪霊、金、銀、銅、石の偶像を拝んだ
    第七のラッパ この世の国はわれらの主、メシアのものとなった。天の神殿が開かれ、契約の箱が見える。


    神の怒りを地にぶちまける(16:1)
    第一の鉢 獣のしるしを付ける者、獣の像を拝む者に悪性のはれ物ができる
    第二の鉢 海が死人の血のようになって海の生物がみんな死ぬ(16:3)
    第三の鉢 水が血に変わる
    第四の鉢 人間が太陽の火で焼かれる。それでも神を冒涜し、悔い改めない
    第五の鉢 獣の国が闇におおわれる。激しい苦痛
    第六の鉢 しるしを行う3匹の悪霊、ハルマゲドンに王を集める
    第七の鉢 大地震 島も山も消える


    最後の裁き いのちの書に名が無い者がすべて火の池に投げ込まれて、永遠に苦しむ (20:11-15)
    ・・・だから、いのちの書に、名が印されるよう、みんな一生懸命だ。

    新天新地

    神が人と共に住み、涙をぬぐわれる、死もなく、悲しみもない。そこにはいのちの書に名が書かれている者だけが入ることが出来る。(21:2-8)

    イエス・キリストの再臨(22:6-17)

    以上。

    ちなみにこれは、ヨハネが、終末において起こるであろう出来事の幻を見たと語り、7つの教会にあてた書簡集だ。

    今よく言われるのが、5000人あまりの、あるキリスト教一派がこれを信じ、しゅくしゅくと遂行しているというのが陰謀説の主説。その何人かは、1%の富裕者たちだ。

    かれらは、イルミナティとか、ヨハネ福音派原理主義者とか、噂されるが、わからない。

    過去ブログ『世界滅亡に日は近い?!』→http://superblue.kilo.jp/aohitokun/?eid=425

    一時、フリーメイソンが陰謀説の主役になったこともあったが、アメリカで300万人、日本ですら、3000人はいるというので、それはないだろ。(いまフリーメイソンって表舞台に出てこない。ダ・ヴィンチコードでのブームにすぎなかったのか?)

    とにかく、世界みな兄弟姉妹、愛と安心で、幸せに暮らせるよう祈るしかない。


    【補足ネタ】

    オバマ大統領が、昨日の一般教書演説で、反格差と富裕層増税をぶちあげ、新自由主義派の共和党が与党の両議会は、空転すると懸念している。だったらTPPも流れて欲しい。

    日本経済新聞 米大統領、富裕層に大幅増税案 一般教書演説で http://urx2.nu/gsD4


    各国首脳のシェルリー・デモ参加は、やっぱり演出だった。

    ca822720be938fd7fde811b529db7323.jpg


    paris.jpg

    Deutsche Wirtschafts Nachrichten http://urx2.nu/gqzn


    だったらもっと面白い25日(日)、中島由夫パフォーマンスあります。なんと某アイドルとからむそうです!必見!


    中島由夫シンドローム

    展示 1月17日(日)ー 1月25日(日)

    火曜日ー土曜日:14:00-21:00
    日曜日、月曜日:11:00-18:00

    会場:アツコバルー http://urx2.nu/gpic

    〒150-0046 東京都渋谷区松濤1-29-1 クロスロードビル5F
    tel:03-6427-8048
    入場料:500円(ワンドリンク付き)

    会期中のイベント
    ☆ アーティスト・トーク 24日(土) 14:00~
    ☆ 中島由夫のアクションペイティング 1月25日(日) 14:00~
     ※詳細は、アツコバルーのホームページ等でご確認ください。

    『守れ!泉岳寺』運動のサイト。赤穂浪士の墓地で有名な泉岳寺の真横に8階建てのマンション建設に反対する署名活動、絶賛開催中。
    ネット署名:http://chn.ge/1mspsa9
    サイト:http://urx2.nu/gpij
    HORMONE SEKINE OFFICIAL SITE | comments(0) | trackbacks(0) |
    占いと心霊写真
    ブログを書いてたら悲しいニュースが飛び込んで来た。
    2名の日本人人質が処刑されようとしている。あれほど有識者は口をそろ、警告してたのに・・・。日本人もテロの対象になってしまった。
    安倍首相は、おごるもの久しからずだ。
    とにかく2名の無事を心より祈る。


    163074.jpeg

    7億7千万円。世界一高値のついたオーストラリアの写真家、ピーター・リクの写真 「ファントム」
    (PRNewsFoto/LIK USA) http://urx2.nu/gplr



    葛西臨海水族館のクロマグロが謎の大量死だという。

    マグロの餌に、ツマヨウジが混入されていたのではないけど、な〜んか嫌な感じだ。

    それで、死んだマグロの行方が気になるが、それより不吉な予兆だ。

    密かに、吉兆に売り渡されたかもしれないが、やっぱり地震だろ。

    (今のところウイルスが原因らしいが、、、どーだか)

    それで、2011年の東北大震災を当てたと言う、諏訪大社下社の『筒粥神事』がある。

    毎年1月14日の夜から15日の早朝にかけて、粥で1年の吉凶を占う神事だ。

    今年の結果は、昨年と同じ三分七厘。

    311の起こった2011年は三分五厘で、低い方が凶だと言う。

    年始そうそう、シャルリーテロやら辺野古やらで、まったく暗い世の中に、ちょっとだけホッともっとだ。

    この粥占いは、神社によってやり方には違いはあるが、日本各地の神社で行なわれ、

    スポーツ占いで的中率の高いのが岐阜県の伊太祁曽(いたきそ)神社だ。

    荒川静香金メダル、ソチオリンピックの葛西選手のメダルを当てたと言う。

    また、諏訪湖の御神渡り(おみわたり=氷の融解で湖面が盛り上がる現象)では、阪神大震災、東北大震災では凶の目がでた。

    2011年の御神渡りで宮司は『3季連続の明けの海(出現しない)には少し不安を覚え、災害のない年でありますようにとお祈りした』と言ったといわれる。

    1995年の阪神淡路のときも、明けの海の4年目だった。

    ちなみに、2012年は出現し、2013年は、明けの海。今年は出現してちょ!願ってます。


    何回も書いているが、自分は、予言や占いは、決定論だから信じない。

    粥占いも、ノストラダムスもマヤ歴も、備えあれば憂いなし、という昔の人の生きる術だと思う。

    人間ちょっとでも調子がいいと、すぐにおごるから、それを戒める生活の知恵だ。

    むしろ、自然界のエネルギーの共鳴のような、カオス理論の方に近いと思う。

    それに似て、人間に予知能力があるのは、科学的に証明されている。

    過去ブログにウダウダ書いてます。

    引き寄せの法則を科学的に解き明かす- その1
    http://urx2.nu/gpiI

    引き寄せの法則を科学的に解き明かす- その2
    http://urx2.nu/gpiO

    引き寄せの法則が説き明かされた!
    http://urx2.nu/gpiQ


    未来は自分が作るので、悪い占いを信じれば、それが現実になるという考え方だ。

    量子力学をいろいろ探ると、ほんとうに粒子のふるまいは、科学者の願うように現れる。

    予想して観察すると、実際、そういう結果になるので、クオークなんてどんどん発見される。

    おそらくダークエネルギーもあと数十年もすれば発見されるだろう。

    (偉大な物理学者たちには申し訳ないです。妄想スミマセン!)

    ところで、TOCANAというサイトで

    「いまだ解明されていない不思議な写真10!」をみつけた。Tocanaより http://urx2.nu/gpiu

    実は、わたくし、心霊写真を撮るのが得意でした。

    ギリシャ留学中、遺跡や古い屋敷をとると、人の顔や姿がよく映っていた。

    いちばん怖かった写真には、リアルな無数の顔の中に、ギリシャ悲劇に登場しそうな美しいライオンの仮面まであって、さすがギリシャだと感動した。

    ポーランドで撮った古い屋敷の写真には、はっきり白人の女性がいたし。

    もちろん友人たちには怖がられた。

    当時は自分も若かったので怖くて、残念ながら破棄しちゃった。

    とっておけば、ピーター・リクみたいに億万長者になれたかもしれない。。。。

    (スミマセン、彼は心霊写真じゃなかった)

    また、前に住んでいたアパートには、霊といっしょに住んでいたらしく、

    自分の前には現れず、遊びに来た友人の何人かは遭遇していた。

    1回だけ、友人といっしょに確認できた心霊現象はあったけどね。

    幽霊たちよ、ロトの当選番号、教えてくれよ。頼むぜよ!

    野菜高いし、物価上がってたいへんだよ〜。

    それよりも、いまの世の中、人間の方がよっぽど怖い。

    とくにA首相とか、、、。


    25日(日)、中島由夫パフォーマンスあります。なんと某アイドルとからむそうです!必見!

    中島由夫シンドローム

    展示 1月17日(日)ー 1月25日(日)

    火曜日ー土曜日:14:00-21:00
    日曜日、月曜日:11:00-18:00

    会場:アツコバルー http://urx2.nu/gpic

    〒150-0046 東京都渋谷区松濤1-29-1 クロスロードビル5F
    tel:03-6427-8048
    入場料:500円(ワンドリンク付き)

    会期中のイベント
    ☆ アーティスト・トーク 24日(土) 14:00~
    ☆ 中島由夫のアクションペイティング 1月25日(日) 14:00~
     ※詳細は、アツコバルーのホームページ等でご確認ください。

    『守れ!泉岳寺』運動のサイト。赤穂浪士の墓地で有名な泉岳寺の真横に8階建てのマンション建設に反対する署名活動、絶賛開催中。
    ネット署名:http://chn.ge/1mspsa9
    サイト:http://urx2.nu/gpij


    御神渡り:http://urx2.nu/goa1

    信濃日報WEB 諏訪大社下社で「筒粥神事」http://urx2.nu/go2a

    「キム・ヨナは不調、葛西は大活躍。浅田は…」ソチ五輪の予言!http://urx2.nu/go40
    HORMONE SEKINE OFFICIAL SITE | comments(0) | trackbacks(0) |
    中島由夫シンドローム
    nakajima.jpg
    若かりし頃のダダカンこと、糸井貫二氏と中島由夫氏。着衣のダダカン(右)の貴重な写真(チラシより)。
    今回の展覧会に、ダダカンさんは律儀にご祝儀を中島氏に送っている。昨年、嶋田氏は会って、まだとても元気で、倒立までしてみせたと言う。94歳?だ。



    まだまだ寒い中。

    17日、7000人の女性たちが国会を包囲する中、

    辺野古では機動隊と市民が命をかけて、激しい戦いをする中、

    安倍首相が我々の社会保障費を削って中東諸国にお土産に持っていった中、

    中、なかなかなかなかなか折れ!

    ツマヨウジ少年があーだこーだろはん、三船高橋離婚、サザン謝罪、、、。

    渋谷アツコバルーで開催された、『中島由夫シンドローム』展に行ってきた。

    中島由夫氏については幾度か、ブログでも書いているがスウェーデンを代表する画家・パフォーマーだ。

    昨日は、中島氏を囲んで、福岡アジア美術館キューレターで『肉体のアナーキズム』著者でもある黒ダライ児氏と

    本展覧会実行委員会の嶋田美子氏、コペンハーゲン大学教授タニヤ・オルム氏のトークショウがあわせて開催された。

    黒ダ氏は主に、1960年前後、中島氏らのパフォーマンス集団『アンビート(Unbeat)』について記録写真などとともに語った。

    圧巻だったのは、中島氏らアンビートが制作した、1960年の樺美智子さんが亡くなったときの安保闘争で使われたゲバ棒、看板、ゴミを街から拾い集めて作った巨大なインスタレーション作品の写真だった。

    まさに今、似た状況の日本が重なり、余計に『何か』を語りかけてきた。

    日本では、具体やハイレッドセンター、ギューちゃんこと篠原ウシオで有名なネオダダオーガナイザーズなどに埋もれて、

    彼らのアンビートは、今はほとんど表に出ることはないが、

    黒ダ氏は、具体よりも先を走っていたと高い評価をする。


    IMG_1952.jpg
    黒ダ氏と中島氏のトークショウ。
    スクリーンには、中島氏の山手線電車内のハプニング。ハイレッドセンターより数年前にすでに実行していた。



    自分は光栄にも、スウェーデンにある彼の美術館で日本人第一号の個展を開催させてもらい、

    中島氏、コブラグループ・アスガーヨルンの弟、ヨルゲン・ナッシュ、イエンス・トールセンらが設立した自由創造大学の名誉学位までもらってしまった。(ちょっと自慢!)

    それで、嶋田美子氏は最後にヨルゲン・ナッシュの言葉でシンポジウムの幕を閉じた。

    が〜〜〜ん。。。

    その言葉は、あまりにも鮮烈で、やや薄くなった毛髪の間をかき分け、脳天をつらぬいたのだ。

    長くなったので次回に続く、、、、




    と言うのはウソよ〜〜〜るげんなっしゅ。

    引用ーーーーー

    Art is always the next possibility というのは、
    アートが明るい未来社会の構築に役立つということではない。
    アートが現状をくつがえし、みえないシステムから
    私たちを解放する「次の可能性」となりうるとしたら、
    それはアートは根源的に自由で、なにものから自律してあり得るもので、
    永遠に混沌の、未知の領域にあるからである。


    --------以上


    ちと難しいかもしれないが、

    嶋田氏は、自分も含め今のアート(アーティスト)は、

    システムの中に自ら取り入ろうとするモノ(者)しかなく、

    また、それにまったくの抵抗を持たないことを疑問視した。

    さらにくだけて言うと、権力(美術館や教育機関)や資本主義(ギャラリー・マスコミ・助成金)に取り入って

    まず、そこに認められることが目的になってしまっている。

    ではなく、作品がすでに権力であり、ギャラリー・マスコミを必要としないもので、

    それらからは独立し、力を発していなくてはいけないのだ。

    少なくとも、50〜60年代のアートの潮流はそうだった。

    それからアメリカ帝国主義、商売主義にアートの文脈は移っていくのだが、、、

    時代は変わって、思想も環境も変わったので、けっしてファイナルアンサーではない。

    しかし示唆に富み、自らを鼓舞するドーパミンのようなフレーズだ。

    だったら自分にとって、未来のためのポッシビリティがあるとしたら、

    宇宙の大きな渦のなかに巻き込まれることしかないと

    自らも激しい反省と、強烈に勇気づけられた素晴らしい一日だった。


    う〜〜〜ん、待ち受けているのは、孤独死か・・・・・爆!


    IMG_1959.jpg
    中島氏や黒ダ氏、タニアさんら関係者と二次会へ。黒ダ氏の誕生日が近いのでみんなで祝い、大いに盛り上がった。


    『守れ!泉岳寺』運動のサイト。赤穂浪士の墓地で有名な泉岳寺の真横に8階建てのマンション建設に反対する署名活動、絶賛開催中。
    ネット署名:http://chn.ge/1mspsa9
    サイト:http://sengakuji-mamoru.jimdo.com

    中島由夫シンドローム

    展示 1月17日(日)ー 1月25日(日)

    火曜日ー土曜日:14:00−21:00
    日曜日、月曜日:11:00−18:00

    会場:アツコバルー
    www.atsukobarouh.com

    〒150-0046 東京都渋谷区松濤1-29-1 クロスロードビル5F
    tel:03-6427-8048
    入場料:500円(ワンドリンク付き)

    会期中のイベント
    ☆ アーティスト・トーク 1月18日(日)、24日(土) 14:00〜
    ☆ 中島由夫のアクションペイティング 1月25日(日) 14:00〜
     ※詳細は、アツコバルーのホームページ等でご確認ください。
    HORMONE SEKINE OFFICIAL SITE | comments(0) | trackbacks(0) |
    テロとイスラム国
    IMG_1947.jpg

    2月に内装から解体が始まる国立競技場。日本の行く末はどうなるのか〜〜〜!



    パリのシャルリー・エブド テロは拡大の様相を示す。

    11日には、フランス全土で、370万人という人々が、表現の自由を求め、テロに抗議し街頭に繰り出した。

    第二次世界大戦のパリ解放以来の動員数と言うから、事件の深刻さを物語る。

    160万人というパリ行進では、欧州主要国のトップや各国大使たち、

    なんとイスラエルのネタニヤフ首相とパレスチナ暫定自治政府のアッバス議長までいたというから驚きだ。

    ところでシャルリー・エブド紙は過去にも、イスラームを揶揄する風刺マンガを掲載していた。

    テロ警告を何度も受けていたから確信犯だ。

    それで1月7日テロにこりずふたたび、風刺マンガを掲載している。


    イスラーム(イスラム教)は610年頃、ムハンマド(マホメット)が神の啓示を受け始まった。

    啓典クルアーン(コーラン)はユダヤ教やキリスト教と共通点は多い。

    ユダヤ教、キリスト教、イスラームは兄弟関係みたいなもので、イスラームはイエスを認めているし、アッラーの神は、ヤハウェで基本、崇める神様はいっしょだ。

    それなのになぜこんなに敵対するのか。仏教徒やヒンズー教徒とは敵対しないのか。

    これについては、近親憎悪という意見はよく聞く。

    というより差別、格差や欧米帝国主義がいちばんの理由だ。

    ところで近年、イスラム国(元ISIS)が問題になっている。

    今回のテロも、イスラム国の関係者と言われている。

    彼らは、アルカイーダなどが加わったスンニ派過激組織から発展したグループで、シリアとイラクの一部都市を乗っ取り独立国を宣言している。

    そもそも中東紛争は、20世紀初頭、欧米帝国主義が埋め込んだ地雷だった。

    イラク戦争ではブッシュと軍産複合体シンジケートに大量破壊兵器を捏造され、フセインはそれで死刑。

    アメリカは、イラクをバラバラのままにして去り、マリキ大統領というシーア派独裁主義者に乗っ取られる。

    このマリキはスンニ派イラク人らを粛正、かたやシーア派系アラウィー派のアサド大統領のシリアは内戦に。

    そこにつけ込んだのがアルカイーダ、スンニ派過激組織など原理主義者たちだった。

    彼らは、シーア派の弾圧からスンニ派住民を守る自警団組織として入り込んだのだ。

    若き文太さんがかっこよかった、山口組みたいなヤツだ。マフィアもそもそも自警団が母体。

    もちろんスンニ派一般市民は、アルカイーダを警戒したが、背に腹は代えられない。


    ところで、スンニとシーアは、イスラームの2大派閥。

    スンナ 予言者の血統による世襲にこだわらない。規律尊守。肖像画など偶像NG、婚前交渉NG

    シーア 預言者(ムハンマド)の血を引く子孫に特別の資格があるとする。信仰の内面を重視。肖像画など偶像OK。モスリム(イスラム教徒)全体の2割ほどで、イラン、イラク、バーレーン、アゼルバイジャンなどは多数派。婚前交渉は一時婚でOK

    しかし前述したが、宗教戦争というより、欧米帝国主義、差別、格差への反撃と見る方がふさわしい。

    イスラームは、オスマン帝国ではヨーロッパも征服。

    しかし、イスラームは異教徒には寛容なので、フランス王国、英国などは治外法権を受け、パスポートで旅行もできた。

    またアリストテレスなど古代ギリシャ哲学は、イスラームの図書館が保管していたので、今に伝わったのは有名な話だ。

    数学の代数学は、英語でALGEBRA(アルジェブラ)というように、アラビア数学が母体だ。

    中近東は国境を地図で見ればわかるようにケーキを切るように直線ばかりだ。

    この国境は、サイクス・ピコ協定という1916年5月16日にイギリス、フランス、ロシアの間で結ばれたオスマン帝国領の分割を約した秘密協定が元になっている。

    それはオスマン帝国から石油利権をぶんどるための線引きだった。

    それを今でもイスラム国は糾弾している。

    参考:岩上安身による東京大学名誉教授・板垣雄三氏インタビューhttp://iwj.co.jp/wj/open/archives/215319

    今回、フランスのバルス首相はテロ戦争を宣言してしまった。

    なんとかムダな争いを避け、平和な世界を取り戻す努力を、世界首脳に心よりお願いしたい。

    HORMONE SEKINE OFFICIAL SITE | comments(0) | trackbacks(0) |
    平和を願う
    年始そうそうパリで悲惨なテロがおこった。

    イスラムの風刺マンガを掲載していた風刺週刊紙「シャルリエブド」のスタッフと護衛の警官たちを殺害したのだ。

    表現の自由を阻止するいかなる暴力にも屈しないとヨーロッパ各国首脳はすぐに反応した。

    もちろんこういうことはぜったいに許せない行為だが、昨年7月のイスラエルのガザ攻撃がふと脳裏をよぎる。

    あのときのヨーロッパの論調はどうだったか。

    大人以上に、600人という子どもがドローン(無人機)などで無差別殺戮されている。

    それもキリスト教を侮辱したとかいっさいない。

    憎悪の連鎖は断ち切ることはできないのだろうか。

    さらに今回のパリのテロ事件は他岸の火事ではない。

    安倍政権は、集団的自衛権行使のための法整備をどんどんと進め、ホムルズ海峡やイスラム国攻撃の参加も現実味をおび始めている。

    そこでもし自衛隊がイスラム過激派に明らかな敵対的な意志を示した時、もう日本もテロの標的に加わる、と口々に専門家は警告する。

    朝生テレビやら各ニュースで、集団的自衛権を正当化させようとする人たちは何を考えているのだろうか。

    自分たちがテロに巻き込まれないと思っているのだろうか。

    国立競技場の解体工事も2月からはじまる。

    そう2020年、東京オリンピックを控えた日本は人口密度と繁華街の多さもテロには格好の餌食になってしまう。

    そんな爆弾を抱えた集団的自衛権行使に関しては、伊波洋一元宜野湾市長が詳しい。

    IWJ伊波氏インタビューなど参考サイト
    http://iwj.co.jp/wj/open/archives/111991
    http://iwj.co.jp/wj/open/archives/72007
    http://iwj.co.jp/wj/open/archives/185135

    簡単に言うと、集団的自衛権行使のいちばんの目的は、台湾東海岸をアメリカの代わりに中国と戦争するためだという。

    アメリカはとにかく兵隊を1人でも死なせたくない。だから身代わりになれ、ということだ。

    なぜなら中国の弾道ミサイルが沖縄も射程距離に入り(もちろん三沢も横田も)在日米軍基地も危なくなった。

    だから京丹後市にXバンドレーダーを設置、ミサイルが飛んで来たらすぐに米軍はグアムとかに撤退できるよう海兵隊を減らしはじめている。

    それに関連して、自衛隊は石垣、奄美など舗装道路走行可能な戦車や対艦ミサイルを配備。

    中国軍に占領された沖縄諸島の離島奪回作戦や、エアシーバトルなどの軍事演習もたびたび行なっている。

    尖閣諸島は目くらましで、本当は台湾海峡での対中国軍とのどんぱちで、アメリカも中国も本土は安泰、漁夫の利を得ようと言う魂胆らしい。

    イスラム国に関しても、米軍は、空爆はするが地上部隊は派兵しない。そのかわり自衛隊にやってもらいたい、とも考えていると言う。

    先日も公明党が条件にあげた周辺事態に限るという集団的自衛権のしばりも、自民党はあっという間にとり去り世界中に行けるようにした。

    もちろん、あくまでもシミュレーション戦で終わると願っている。

    今はある意味、宗教戦争だ。

    今まで国益をめぐる戦争が、国籍のないグローバル企業の台頭と、流通、交通、通信の発達であいまいになり、敵対する理由がなくなったのだ。

    自分もアマゾンコムで買い物するけど、自分は消費税を払わされて、アマゾンは日本に税金は払っていないと言う。

    カードの明細はアメリカかどこか外国の支払いになっている。

    消費税の戻し税もトヨタやホンダはいいけど、そこに納品している孫受け、ひ孫受け中小企業には関係ないのだろうし。

    だいたい法人税減税というけど、実効税率36%ほどを全額、払っている企業はないとも言う。

    おそらくスリムボカンの斎藤さん一人だけじゃないだろうか。

    そのかわり今まで赤字でも1億円以上の企業にしか適用されなかった地方税の外形標準課税が、中小企業にも適用されようとしている。

    すると100万社が倒産に追い込まれると見立てすらある。

    さらに社会保障費、介護サービス削減は、特老に母と兄が世話になっている自分にとって気が気ではない。

    イスラム国についても書きたかったけど長くなったのでへんで。

    とってもネガティブな内容になってしまったが、

    心より愛と安心!を祈ってます。



    【2015年 気になる展覧会】

    中島由夫シンドローム:Art is Always the Next Possibility

    日時:シンポジウム:1月17日(日) 13:00ー17:00

    展示 1月17日(日)ー 1月25日(日)

    火曜日ー土曜日:14:00−21:00
    日曜日、月曜日:11:00−18:00

    会場:アツコバルーarts drinks talk
    www.atsukobarouh.com
    〒150-0046 東京都渋谷区松濤1-29-1 クロスロードビル5F
    tel:03-6427-8048
    入場料:500円(ワンドリンク付き)

    会期中のイベント
    ☆ アーティスト・トーク 1月18日(日)、24日(土) 14:00〜
    ☆ 中島由夫のアクションペイティング 1月25日(日) 14:00〜
     ※詳細は、アツコバルーのホームページ等でご確認ください。

    表現の不自由展〜消されたものたち〜

    会期■2015年1月18日(日)〜2月1日(日) 
    12:00〜20:00(日曜のみ19時) 会期中無休
    (イベント時は作品のみの鑑賞はできません)
    会場■ギャラリー古藤(ふるとう)
    入場料■500円
    イベント参加費■トークのみの日:1,000円
    上映&トークの日(★印):1,500円
    (入場券お持ちの方は1回に限り入場料分割引)
    HORMONE SEKINE OFFICIAL SITE | comments(0) | trackbacks(0) |