ARCHIVES















    • Contemporary Art 2.012展
      記事掲載
















  • 予言と予想
    あけましておめでとうございます。

    本年もよろしくお願いいたします。

    さあああぁや、2015年はどうなる!

    ネットに出ている予言では、どれもこれもよくない、、、

    4月は南海沖、5月22日には、東京あたりに大震災があるらしい。

    だいたい予言では、いいことを言わない。

    それに人は調子のいいとき、予言とかアテにしない。

    予言や占いは、自分の状態が悪いときに、よくなりたいがため、気になるものなのだ。

    プロの人たちは、そういうクライアントの心理をわかっているから、悪いことを言う。

    次に、でも〜っていいことを少しだけ言う。

    最後に、でも慎重いちばん、調子に乗らないことと、エクスキューズで逃げておく。

    そう言われると信憑性がグッと増す。

    不思議なことで人間、いいことを言われてもあまり信じない。むしろ警戒する。

    その思考ベクトルとは、生存本能のひとつだと聞いたことがある。

    つまりつねに警戒、最悪の状況を考えて、狩りをしないと生きていけなかったからだ。

    俺は大丈夫だぁ〜ってブッシュに突き進んで、サーベルタイガーに襲われてもね。

    それと占いで注意すべき点。

    それは決定論だ。

    未来はすでに決まっていると考えるところ。

    キリスト教の最後の審判、仏教の輪廻、自爆テロ。

    みんな決定論だ。

    それは昔の賢者が、その方が、民を操りやすいと目を付けた、人心掌握テクニックのようにも思える。

    人間は、本来、ネガティブ思考にできていると知っていたのだ。

    自分は、未来は決まっていないという、非決定論者です。

    だから、占い、予言より、予想を信じる。

    なぜなら、今あるデータから未来を分析するからだ。

    あくまでも予想。

    最先端の物理学の仮説では、10のマイナス33乗の世界で、ヒモみたいのがブルブルいって六角形に増え続けている、というのがある。

    宇宙の基本形は六角形だ。

    沸騰する水を、ある条件を加えると生じるベナール対流。

    水晶など鉱物の結晶構造。

    雪の結晶。

    蜂の巣。

    ダビデの星の頂点。

    なぜならハニカム構造のように、六角形がいちばん安定して強いからだという。

    地上のパワースポットも、地球を中心にした六角形の頂点にあるという。

    まあ、スピリチュアルやオカルト信者じゃないが、宇宙の大きな力は信じている。

    ちなみにどのネット占いでも、今年の自分は大殺界だそうで、めちゃくちゃ全滅、、、

    これ以上、悪くなってどうすんの!!!!

    でもひとつだけ、今年は金運サイコー、宝くじに当たるってあったぞ。

    よっしゃ〜元気になった!

    ちなみに自分は、決定論的な宝くじより、非決定論なロトが好きです。

    本年もよろしくお願いいたしますぅ。めぇ〜〜〜〜〜〜

    sheep.jpg
    HORMONE SEKINE OFFICIAL SITE | comments(0) | trackbacks(0) |
    世界滅亡に日は近い?!

    IMG_1916.jpg
    国立競技場解体工事は始まらない。ほんとうにあと5年でできるのかぁ? 手前の工事は暗きょ建設らしい



    2014年が終わる。

    なんて時の経つのは早いんだ。

    みなさま、どうもお世話になりました。

    来年もよろしくお願いします。

    って2015年かぁ、生きていけるかなぁ、、、汗

    そんなことを毎年、心配しながら行く年、来る年。

    今年も、自己破産へ秒読み、母と兄のアパート立ち退き、いろいろあった。

    でもいつも誰かに救われている。

    感謝、感謝、感謝!

    人は生かされているとよく言うが、

    ほんとうに神はいると信じる今日この頃です・・・


    なんて殊勝な内容で終わらないのが、あおひと君の世の中、斜め読み〜 ♬

    年末なのに暗い話題になります。スミマセン・・・爆


    911同時多発テロ、リーマンショック、イスラエルのガザ・ジェノサイド、イスラム国建国やウクライナ紛争、格差社会と、西暦2000年になっても、世界情勢は混沌きわまる。

    日本でもグローバルスタンダードの美旗のもと、増税、社会保障費削減、集団的自衛権行使、改憲、貧困格差拡大へと突き進む。

    な〜〜〜んでかっ?!

    尚絅学院大学上村静准教授のお話に、

    愛もへったくれもない世界になりつつある原因を、

    かいまみたので、かいつまんで、かいてみる。

    もちろん一人の聖書学者の見解です。あくまで自己責任でお願いします。

    結論から言うと、世界破滅を望む一派がいるのだ。

    けっしてネットをにぎわす陰謀論とかではない。

    ちゃんとしたキリスト教の骨太の思想だ。

    それはハルマゲドンとかヨハネの黙示録、最後の審判で有名な終末思想だ。

    いつかかならず世界の破滅がやってきて、

    神が舞い降り、そのとき敬虔だった信者は救われて、

    選ばれた民として素晴らしい人生が訪れるという教えです。

    それ以外の不敬の民は、地獄に堕ちてもがき苦しむ。

    それがどうして格差社会やアメリカ帝国主義とつながるのか?

    そもそも、キリスト教は、立法の実行、善行による救済という、ユダヤ教の二元論的教えに反抗して生まれた。

    そういうときに、ナザレのイエスは、立法を守らなくても、娼婦でもホームレスでも、神を信じさえすれば、どんな民でも救われる、と説いたのだ。

    っていまもそう思うけど、信じる者は救われるって。

    しかしキリスト教も複雑で、いろいろな宗派があって、

    いま世界の富を支配するキリスト教徒は、エバンジェリスト(キリスト教原理主義者)が多いという。

    17世紀、ドイツのマルチン・ルターがカソリックの金儲け主義の腐敗を糾弾、プロテスタントという新たな宗派を確立したのは有名な話。

    それまでは教会が絶対権力を持ち、神と民の仲介役をしていた。だから免罪符で金儲けもできた。

    ところがルターは聖書の信仰だけで、神と直接、通じあえると説いたのだ。

    その聖書信仰によって、方言の統一がすすみ共通語ができたが、いろいろな聖書の解釈から、奇跡や神の信憑性も揺らぎ始める。

    結果、科学の発展につながり、啓蒙思想が生まれたけど。

    当時のキリスト教徒たちは、ほんとうに地獄に落ちると信じて疑わなかったという。

    現在で例えると、人間は生物だ!くらいの真実だった。

    (ほんとうは異次元人の実験ロボットなのだ)

    そしてアメリカとは、ヨーロッパからメイフラワー号にのってボストンに漂着したピューリタンたちの国。

    そのアメリカに住みついたピューリタンは、プロテスタントの聖書への疑念に抗って、神の奇跡を信じて疑わず、善行によってのみ最後の審判での救済チケットになると信じる人たちだった。

    つまりエバンジェリスト(原理主義者)。

    そんな彼らの末裔が、いまの世界経済を采配しているのだ。

    彼らの信仰では、貧しい者は、善行が足りない民、努力が足りない怠惰と決めつける二元論論者。

    貧乏人は、善行の足りない=軽蔑に値する不敬者=地獄に堕ちてとうぜん。

    また彼ら自身も救済されるかどうか、常に心は不安でいっぱい。

    それで善行をすればするほど、つまり金を稼げば稼ぐほど、救済されない不安から解消される。

    金儲けの目的は、神に救済されるがゆえの善行なのだ。

    そんな信念があってはTPPに勝てないよね、、、

    また迷惑なことに、終末がなかなか来ない焦りで、似たようなことを起こして、救済されるかも!の予行練習をする。

    それが、911であり、湾岸戦争、アフガン、イラク戦争だ。

    いや〜かんべんしてくださいよ。

    だから、ほんとうに最終戦争はおこる。

    なぜなら、彼らはそれを心から望んでいる、と上村氏は警告する。

    もちろん、ごくごく一部のキリスト教徒のお話だ。

    イスラム教だってごくごく一部がテロリストだ。

    ごくごくごくごく一部の狂信者に、素晴らしい人類たちが引っ掻き回されているのが真相なのだ。

    上村氏は、キリスト教詐欺に気づきなさい、とまでおっしゃる。

    誰かさんは、それにいっしょになって巻き込まれ、ポチみたいにキャンキャンいって、ばっかじゃないの。

    我々は生かされているのだ。

    ほんとうのサムシング・グレートは、もっともっと外がわから見守っている。

    善行=愛だよ、宇宙愛! 永遠のエナジーだぁぁぁ!

    よいお年を〜〜〜〜〜〜。


    ※岩上安身による上村静尚絅学院大学准教授響宴シンポジウム、インタビューなどを参考にしています。
    【IWJ特報147〜151号】キリスト教の「神話」のベールを取り去り、「史的イエス」の実像に迫る 上村静氏インタビューhttp://iwj.co.jp/wj/open/archives/144169
    HORMONE SEKINE OFFICIAL SITE | comments(0) | trackbacks(0) |
    メリクリ! 閲覧注意!
    メリクリ!!!

    ろくでなし子さんが起訴された。

    自身の女性器の3Dデータを配布したとして、わいせつ物陳列やわいせつ物頒布等などの罪だ。

    12月はじめ女性用アダルトショップ経営者・北原みのり氏と逮捕され、保釈されていた。

    自分は、彼女のマンガもその3Dデータも見たことはないが、たびたびおこる表現とワイセツのせめぎ合い。

    来年の『表現の不自由』展のトークショウに出演できるかなぁ。。。汗


    昔、『チャタレイ夫人』なんて言う小説もわいせつ表現で世論をにぎわしたことがあった。

    今、思うとなんてことなはないワイセツ。

    日本はAVとか風俗とかたくさんあるクセになんだかなぁ。

    深夜番組では吉沢アキホちゃんとか、ウラAKBみたいなユニットで大活躍!

    政治も生活も国もダブルスタンダードなジャポン、万歳!


    ところで、気になったアーティストたちを紹介します。

    かなり過激な作品も含まれているので閲覧注意です!

    まずフォトジャーナリズムでは世界的な林典子氏。

    DAYS国際フォトジャーナリズム大賞、フランス世界報道写真祭報道写真特集部門で最高賞。2014年、全米報道写真家協会フォトジャーナリズム大賞、現代社会問題組写真の部(Contemporary Issue Story)1位。ナショナリジオグラフィックより写真集出版するなど大活躍。http://urx2.nu/fzFG



    ナショジオ刊『アラ・カチュー』とは、キルギスで誘拐婚を激写。女性を有無いわず、誘拐し強制結婚させる習慣だそうだ。

    参考サイト:単なる男尊女卑ではない ― キルギスの誘拐結婚を追った写真家林典子に聞いた「アラ・カチュー」http://tocana.jp/2014/11/post_5124.html



    現代美術でいちばん注目をあびる見えない絵画。

    見えない作品で100万ドルの値がつくラナ・ニューストーム。彼女のホームページもあるけど見えない。。。

    Invisible Art Lana Newstrom http://urx2.nu/fzB8

    公式サイト http://lananewstrom.com/

    Invisible-art-Lana-Newstr-013.jpg
    photo by theguardian

    考えさせることが現代美術のひとつの要素だと教えられていない日本では無視されるね。

    自分も先の個展で、キャラクターやパッケージしか受け入れられないことを皮肉った。

    個展『アニマルブルー』レビュー
    http://urx2.nu/fzJU

    堕胎された胎児や、老婆や奇形児のヌードなどで、生と死の意味を問い続ける写真家・山中学(かなり閲覧注意) http://urx2.nu/fzBO

    彼はもちろん日本では発表できず、ニューヨークを舞台にしている。



    映画業界では、「見たらきっと吐く」 ― 公安がマークした、渡辺文樹の恐るべき映像世界 http://urx2.nu/fzDe

    彼の映画は、一切告知なしで電柱などの手書きポスターでしか知り得ないと言うからスゴイ。

    どれほど過激なのか。でもツイッターなどがあるからすぐに満員になりそうだ。

    生物界では、、、

    ペンギンをレイプするオットセイ。過去3例ほど観察されていて習性になりつつあるという。人間にも似たようなもん?!




    MRI画像で見るアダルトビデオ?!





    こんな色んなモンがあるから面白いし、自分で考えるキッカケを与えてくれる。

    賛否両論あってヨシ!


    自民党改憲草案では、

    第九十七条 この憲法が日本国民に保障する基本的人権は、人類の多年にわたる自由獲得の努力の成果であつて、これらの権利は、過去幾多の試錬に堪へ、現在及び将来の国民に対し、侵すことのできない永久の権利として信託されたものである。

    をバッサリ切り捨て、人権をなくしている。

    ちなみに

    (憲法尊重擁護義務)
    第百二条 全て国民は、この憲法を尊重しなければならない。

    と新設する念のいれようだ。

    何回も言うが、護憲ではけっしてない。

    でも自民党改憲草案だけはカンベンだ。


    【2015年 気になる展覧会】

    中島由夫シンドローム:Art is Always the Next Possibility

    日時:シンポジウム:1月17日(日) 13:00ー17:00

    展示 1月17日(日)ー 1月25日(日)

    火曜日ー土曜日:14:00−21:00
    日曜日、月曜日:11:00−18:00

    会場:アツコバルーarts drinks talk
    www.atsukobarouh.com
    〒150-0046 東京都渋谷区松濤1-29-1 クロスロードビル5F
    tel:03-6427-8048
    入場料:500円(ワンドリンク付き)

    会期中のイベント
    ☆ アーティスト・トーク 1月18日(日)、24日(土) 14:00〜
    ☆ 中島由夫のアクションペイティング 1月25日(日) 14:00〜
     ※詳細は、アツコバルーのホームページ等でご確認ください。

    表現の不自由展〜消されたものたち〜

    会期■2015年1月18日(日)〜2月1日(日) 
    12:00〜20:00(日曜のみ19時) 会期中無休
    (イベント時は作品のみの鑑賞はできません)
    会場■ギャラリー古藤(ふるとう)
    入場料■500円
    イベント参加費■トークのみの日:1,000円
    上映&トークの日(★印):1,500円
    (入場券お持ちの方は1回に限り入場料分割引)
    主催問合せ■hyogenfujiyuten@gmail.com
    TEL080-3731-1075
    www.facebook.com/hyogennofujiyu
    HORMONE SEKINE OFFICIAL SITE | comments(0) | trackbacks(0) |
    日々雑感
    IMG_1866.jpg
    個展終了 ラ・キミカ。御礼申し上げます。クマのプーさん、他のお家に引き取られていきました~。


    書きたいことが、たくさんあって、ありすぎて罵詈雑言になってしまい、気づいたら、自分も同じアナのムジナになるので、やめたいけど、悪口はけっこう心地よかったりして、それはのちのち、自分に帰ってくると思うから、なるべく他人の悪口はしないようにしたい、と思いながらストレス発散させてくだちゃい。

    って野坂昭如みたいな、句読点文章になってしまったけど、第二次安倍政権になっての閉そく感は、戦後、最高じゃないだろうか。

    株の乱高下もすさまじく、一昔前だったら、大恐慌だぁ!って騒いだくらいのアゲサゲ、カツアゲ、アツアゲ、カキアゲ、タコアゲ、クシアゲ、あげまん。

    自分はまったくの護憲ではないが、自民党憲法草案だけは止めて欲しい。

    憲法9条はいわずもがな、表現に携わるものとして、例えば。

    第21条 1. 集会、結社及び言論の自由、出版その他一切の表現の自由は、保障する。

    (改憲草案には、新設条項として)
    2. 前項の規定にかかわらず、公益及び公の秩序を害することを目的とした活動を行い、並びにそれを目的として結社することは、認められない。

    って公益ならびに公の秩序を害する・・・

    武蔵大学教授永田浩三氏は、「日本は、国=公共だと大きな誤解があるのではないか」と言う。

    【参考サイト】日本の人権状況って何か変? 〜国際人権規約と秘密保護法とメディア〜 ―講師 藤田早苗氏http://iwj.co.jp/wj/open/archives/214465

    公共とは、国民の利益の最大公約数で、2割ていどの得票率の国家権力が決めることではない。

    日本は、歴史的に征服されたことも、征服者に打ちかって独立したこともない。

    だから『公共』っていう意味も漠然としてしまう。雰囲気で済ましてしまう。

    あおひと君パフォーマンスも公共の利益に反する?!

    ponpidou00.jpg


    ヨーロッパの民主主義も雰囲気で理解しているのではないだろうか。

    学校では、民主主義を議会制度やら選挙制度やら、フランス革命やらでなんか平和の象徴のように教えてくれるけど、真意は伝わらない。

    外人相撲レスラーが、マニュアルみながら四股踏むようなもの。

    ちなみに、日本は消費者民主主義と言う。

    今のところ、お金のやり取りを通してだけしか、民主主義というシステムを感じ取れないということだ。

    でも、いい国だ。だから余計にいらつく。

    それで知人と話していて、沖縄独立の話題になった。

    今回、4沖縄小選挙区では、野党の圧勝。

    今後、辺野古基地建設の展開には目が離せない。

    それで知人曰く、沖縄独立を画策している人たちもいると言う。

    美しい琉球を取り戻す!

    いまだったら観光、カジノ、ハブ空港とかで、140万人くらいなんとかやってけるんじゃあないだろうか。

    そしたら移住したい!

    昔、ある女性に、ダメな男ほど南下する、って皮肉られたことあったっけなぁ、、、爆

    巷では、マスメディア対策でもって、安倍政権を批判するコメント、ブログがとても増えている。

    ところで安倍さん、スシ好きだよね。

    だったら福島沖のカサゴとかアイナメとかワカメとかアワビ、サザエ、じゃんじゃん食って風評被害を否定するべき。

    ジャーナリズムとは、あのアメリカ帝国ですら、市民の側にたって権力にたてつくお仕事。

    日本のマスコミがスシ友では、国民は正しい情報はえられない。

    ところで、Wantonのブログ 「ネット工作員の正体と消し屋の正体」に、ヤフー政治などによく書き込みのある、ネトウヨ投稿のお仕事の実態を暴いている。
    【参考サイト】http://urx2.nu/fpNU


    日本人は、あおひと(青人)草から生まれてきた、と古事記に描いてある。

    お上の子ではない。

    【2015年 気になる展覧会】

    中島由夫シンドローム:Art is Always the Next Possibility

    日時:シンポジウム:1月17日(日) 13:00ー17:00

    展示 1月17日(日)ー 1月25日(日)

    火曜日ー土曜日:14:00−21:00
    日曜日、月曜日:11:00−18:00

    会場:アツコバルーarts drinks talk
    www.atsukobarouh.com
    〒150-0046 東京都渋谷区松濤1-29-1 クロスロードビル5F
    tel:03-6427-8048
    入場料:500円(ワンドリンク付き)

    会期中のイベント
    ☆ アーティスト・トーク 1月18日(日)、24日(土) 14:00〜
    ☆ 中島由夫のアクションペイティング 1月25日(日) 14:00〜
     ※詳細は、アツコバルーのホームページ等でご確認ください。

    表現の不自由展〜消されたものたち〜

    会期■2015年1月18日(日)〜2月1日(日) 
    12:00〜20:00(日曜のみ19時) 会期中無休
    (イベント時は作品のみの鑑賞はできません)
    会場■ギャラリー古藤(ふるとう)
    入場料■500円
    イベント参加費■トークのみの日:1,000円
    上映&トークの日(★印):1,500円
    (入場券お持ちの方は1回に限り入場料分割引)
    主催問合せ■hyogenfujiyuten@gmail.com
    TEL080-3731-1075
    www.facebook.com/hyogennofujiyu


    IMG_1870.jpg
    コケっこっこ〜!
    HORMONE SEKINE OFFICIAL SITE | comments(0) | trackbacks(0) |
    大義なき総選挙
    DM01-3.jpg
    ぷぅ〜〜〜〜〜

    大義なき総選挙が終わった。

    結果は、自民党公示前比マイナス3、民主党+11、公明+4、共産+13だから、自民党は3議席減らした。

    得票も参院選から比べても、自公合わせて、マイナス105万票だともいう。


    アベノミクスを国民が支持、経済最優先で政策運営=安倍首相
    [東京 15日 ロイター] - 安倍晋三首相(自民党総裁)は15日の記者会見で、衆議院選挙では予想をはるかに上回る国民の力強い支持を得ることができた・・・。


    と誇らしげだが、とにかく集団的自衛権の行使、憲法改悪だけは勘弁して欲しい。

    経済政策だけにしてちょ。

    今回、投票率も戦後最低だそうだから、どんだけ日本は平和だって、アンドレあかしだ。

    日本はまだまだ安全で、裕福で、住みやすくて、いい国なのだ。

    それをムリして変える気がないのは致し方ない。

    今回、圧勝ショックでロト6にあたったら、移住しかないべぇ、とさっそくネットで調べてみても、どの国も・・・住めないねぇ、、、汗

    って当たってからにしろってか、、、、笑

    自慢じゃないけど、3等に2回当たってます!

    数字6のうち、5つ当たりだよ! 

    体、マジ震えるよ〜〜〜あと1つかぁぁぁぁ、、、涙

    1億円越えと、60万円の差。

    このくやしさは、わかんねぇ〜だろうなぁ〜〜〜 それも2回もだ。

    ふふふっ、でもでも反原発デモ! 3度目の正直っていうから、みてらっしゃい!

    って話しが脱線ゲームしたが、プラスマイナスしても、日本は世界一いい国だと思う。

    今や、トルコとかハンガリー、ウクライナなどは大統領がやりたい放題、きむじょんいる。

    日本は決してそうはならないと信じているし、そうならないように国民が、『僕、やだもん!』って声をあげ続けるべきだとも思う。

    政治家は、自分の願望をもって立候補しているから、安倍首相のように、改憲、集団的自衛権行使とツッパしってもそれは仕方ない。

    それに釘を刺すのが、選挙とマスメディアなのだ。

    今いちばんの課題は、不偏不党で公正に、国民に真実を伝えなくなった大手マスメディアにあるのではないだろうか。

    社会の木鐸、ペンは剣より強し、第三の権力とまで言われてきたマスメディアの姿勢が、もっと問われてもいいと思う。

    『1年間で78万部減、1世帯当たり部数は0.86部まで減少…新聞の発行部数動向(2014年)(最新)』http://www.garbagenews.net/archives/2013226.html

    『朝日新聞がひと月で13万部減る、対前年比は朝日が-30万部、読売が-60万部、夕刊と少年少女新聞も不振』http://www.kokusyo.jp/


    と、どんどん売れ行きに反映されているのは明らかだ。

    それでも読売新聞は900万部以上だ。

    ただ、『押し紙』というダークマターが隠されているから実売数ではない。

    押し紙とは、戦前からあった悪習慣で、新聞社が新聞専売店に、契約部数以上に上乗せして、新聞を引き取らせることを言う。

    増量2割、3割当たり前。

    すると折り込みチラシの広告費やら、新聞売り上げ金が増える。

    販売店は、泣く泣く引き取っているのが実態なのだ。(資源のムダ使いも)

    これは大手新聞社にとっては、とってもタブー。

    唯一、ジャーナリストの黒薮哲哉氏が、公にして裁判で戦っている。

    岩上安身によるジャーナリスト・黒薮哲哉氏インタビュー http://iwj.co.jp/wj/open/archives/172447

    だから読売新聞も900万でも、実売は700万かもしれない。闇なのだ。(それでもすごい部数だけど)

    バーミヤンなんかいくと、各テーブルに読売新聞が置いてある。

    自分はほとんどテレビや新聞は、見ざる、聞かざる、言わざるの日光東照宮だが、

    日本国民の、大手新聞、テレビへの信用度は、報道の自由世界59位にもかかわらず「世界価値観調査 ※」によるとトップを飾る。

    これって、怖い。

    ※1981年に欧州価値観調査(EVS、European Values Study)から誕生した世界80か国以上が参加している国際的プロジェクト

    でも、あの中国、韓国も以外と信用度の高いのが不思議。オーストラリア、アメリカはまったく信用していませんねぇ。

    ただしこの結果、311大震災の前の調査だから、現在は、もっと低くなっているはずだ。

    参考サイト:世界各国の「新聞・雑誌」や「テレビ」への信頼度をグラフ化してみる(2010-2014年)(最新) http://www.garbagenews.net/archives/1102258.html

    とにかく欧米市民は、報道の自由が日本より上でも(アメリカも49位と低い)、新聞・テレビを信じていない。

    世界報道自由度ランキング http://ja.wikipedia.org/wiki/Template:世界報道自由度ランキング

    国民のメディアリテラシーもだんだんとあがってきたから、大手マスコミも少しはエリを糾さないとマズいと思う。

    そんななかでも一生懸命、選挙特番の池上さんみたいに?、戦っている記者もたくさんいる。

    いい記事や公平な報道も散見する。

    そういうとき、彼らも社内では、針のムシロ、四面楚歌。

    読者からの応援メッセージを送ってあげると、とっても励まされると言う。

    とウダウダ書いたが、マスメディアが、清く正しい報道機関だって信じていること自体が、マスメディアに洗脳されて、間違っているのかもしれない。

    昔は、そうだったってだけなのだ。

    だから我々が、おまかせではなく、もっと自己主張しなくちゃいけない時代になったってことだ。


    早いもので2015年も、もうすぐ。

    素晴らしい日本国が、輝きを失わないように、わたし祈ってます〜〜〜♬


    今週、金曜までです!

    ■ホルモン関根 個展「アニマル・ブルー」

    La Chimica (ラ・キミカ)/ coffee & wine & art

    2014年12月6日(土)〜19日(金) 10:00 〜22:00 日祝休

    入場無料ですが、飲食はキャッシュオン(コーヒー¥450より)になります。

    通常営業は、ギャラリーではなく、カフェ&バーです。

    JR・東京メトロ南北線、有楽町線、都営新宿線 市ヶ谷駅徒歩5分
    東京都千代田区九段北4丁目3番6 TEL 03-6380-9370

    map.jpg
    HORMONE SEKINE OFFICIAL SITE | comments(0) | trackbacks(0) |