ARCHIVES















    • Contemporary Art 2.012展
      記事掲載
















  • 検察審査会議決
    7月31日、東京検察審査会から、東電勝俣元会長、他2名の副社長に起訴相当の決議がでた。

    昨年9月、東京地検の不起訴処分に対して申し出された検察審査会審査の結果だ。

    詳しいことは省くが、決議文には、東電は、想定外の津波、全電源喪失の可能性など、危険性は事前に承知していたが、経済的な理由でリスク対策を怠っていたと指摘、3名の不起訴不当の決定となった。


    【参考サイト】
    IWJ「東電は全電源喪失を予想できた」検察審査会が勝俣恒久元会長ら「起訴相当」議決 http://urx.nu/aIj8
    検察審査会議決書http://urx.nu/aIj6

    しかし、食品偽装や、脱税は、どんどん逮捕し、マスコミも蜂の巣をつくように騒ぎ立てるのに・・・。 

    検察審査会といえば小沢一郎陸山会事件でのとき、こんなにメディアって静かだったっけ?

    これだけの事故を起こしながら、原因も、想定外の津波のせい、だから責任は誰にもない、とはどうみても異常だから、少しはまともになったのだろう。

    佐々木敦という批評家が、天災と人災の違いの面白い分析をしていた。(『未知との遭遇』筑摩書房より)

    天変地異が起こったあと、人々の言説は未来へ向かう。

    『こんなひどい天災がおきてしまった。これからどしよう・・・』というふうに。

    人災がおこると『なぜ加藤(アキバ事件)は、あんなムゴイことをしたんだ?』と人々の言説が過去に向かうというのです。

    それは天災には、避けることの出来ない宿命みたいのが含まれていて、おきてしまったんだから仕方ない。くよくよせず、先のこと考えようとなる。

    しかし、麻原彰晃は、なぜサリン事件をおこしたんだ? 彼の生い立ちに問題があるのか?それともこれまでの日本社会にその原因があるのか? と過去の検証に入るのだそうです。

    つまり、今回の福島原発事故は、天災に入れ込まれてしまったので、ここまで無責任な状態でいられたのではないだろうか。

    天災と人災を、きっちり分けて考えなくてはいけない。

    東電幹部も国や被害者に対して、天災だから、という逃げの気持ちはなかったか。

    今回の検察審査会の議決は、そういう意味でも大きな意義があったと思った。

    正直、F1事故がなかったら、いまの日本はとっても違っていたはずだ。

    でもあの事故がなかったら、日本を含めて世界が、脱原発には向かわなかったから、大きな目で見れば、神の仕業は正しかったのかもしれない。

    やっぱり人間はつねに最善の道を歩いていると考えよう!

    じゃなきゃ、亡くなった方々の魂がうかばれない。
    HORMONE SEKINE OFFICIAL SITE | comments(0) | trackbacks(0) |
    ちょっと過激に日々雑感


    アベニモマケズ


    雨ニモ 風ニモマケズ

    西ニセンソウガアレバ

    出デカケテイッテカカワリ

    福島デ爆発ガアレバ

    コワガラナクテモイイトイイ

    ケンポウ改正ガデキナケレバ

    ボクチャンが閣議デキメルトイイ

    金モチニハ モットモウケロトイイ

    ビンボウ人ニハ ガマンシテ税金ヲ払エトイウ
     
    ソウイウモノニ ワタシハ負ケナイ


    (島田ギャラリーメルマガより転載 http://gallery-shimada.com

    イイネ!

    パレスチナがジェノサイドになっている。

    ウクライナの内紛で、マレーシア機撃墜が、当初アメリカ西側諸国がいう、親ロシア派の仕業と言う根拠もゆらいでいる。

    パレスチナはいたたまれない。ニュースが悲しすぎて正視できない。

    早く収束することを心から願うしかない。

    かたや安倍首相は、資本家を引き連れ、世界をトップセールスに回る。

    しかし、中国、韓国には行かない。

    ちなみに官邸は、毎日、菅官房長官などが集まって株価の動向にメチャクチャ神経を尖らせていると言う。

    【参考サイト】“官邸相場”を操る官房長官が主宰 株価対策で集う秘密会議の内情 http://urx.nu/aCt4

    つまり、株価の下落=支持率低下と考えている。

    なんかわかる。

    日本はけっきょく、金なのだ。

    少なくとも、自分はそうだ。お金、欲しい〜〜〜!引き寄せ〜〜〜〜!

    もちろん違うという人も多いと思うが、国の考えはそうなのだ。

    パレスチナ、ウクライナ、福島事故というが、直接、火の粉のかからない人たちにとっては関係ない。

    基本は、明日の飯だ。

    日本人は1億3000万人もいる。

    福島原発の被害者が数十万人にいても、日本の人口から見れば大したことない。

    政府は、数万人程度の国民がデモをしてもマスコミが取り上げないようにしているし、国民のお上を尊ぶその習性を承知しているから動じない。

    確信犯だ。

    おそらく世耕議員が電通やアメリカのシンクタンクから、集団心理やプロファイリングなどレクチャーされているのだろう。

    だから、安倍政権を倒そうと思うなら、株価を下げて、景気を悪くするのが、いちばん早い。

    でもみんな、それは望んでいないし、ならないように官邸は動いている。

    しかし、常々残念だと思うのは、民主党は寄せ集めで、一枚岩ではなかったこと。政権をとったら、なんでもできると勘違いしたことだ。

    鳩山さんも、県外移設も官僚操作も簡単に出来ると思ったのだ。

    民主党政権当時、外務官僚たちがアメリカ大使館に、鳩山をなんとかしてくれって直訴しに行ったそうだから、すごいよね。日本政府ってアメリカの出先機関だ。

    【参考サイト】
    「これでいいのか日本!」全国縦断シンポジウム 第二回 沖縄大会 ―大田昌秀氏、野中広務氏、鳩山由紀夫氏、鈴木宗男氏 http://urx.nu/aCZZ

    今思うと、民主党はほんとうに色んな意味で初心者だったんだなぁ。

    蓮舫の事業仕分けでの、2番じゃダメなんですか!は印象深かった。

    今だあの光景は鮮明によみがえるぞ。あの得意そうなパフォーマンス。。。しびれる〜。

    その点、自民党の官僚を使うノウハウや、党内をまとめる人事力学はスゴイ、さすがCIA仕込み。

    しかし、その中でも野中や古賀、亀井、福田、小沢などアメリカをうまくいなしながら、日本の利益を守った保守がいた。

    正直、自民党保守は大嫌いだったが、今思うと、とても偉かったんだ。

    民主党には、前原、枝野、岡田、長島、安住、蓮舫、野田とかがまだいるし。

    民主党も自民亜流らと割れた方が、わかりやすい。

    ところで、大湾氏は、集団的自衛権のメインは、アジアなどに進出した日本企業の労働争議鎮圧のためだともいう。

    【参考サイト】ジュゴンの海に基地を作らないで 沖縄・辺野古新基地建設着工を許さない 7.25緊急現地報告会 in京都 http://urx.nu/aCtr

    自民党の中長期防衛大綱改正では、25兆円を要求した。

    2015年までに、オスプレイ17機、無人戦闘機グローバルホーク、F35ステルス爆撃機、Xバンドレーダーと、アメショッピング テンコ盛り。あと内需で空母2隻(日本は空母保有は禁止だから護衛艦とごまかす)、潜水艦建造だ。

    これでは消費税10%にしないとやってられない。おそらくどんどんあげる気だ。

    安倍首相は、消費増税分は目的税とかいって、社会保障に100%回すんじゃあ、なかったか? 

    とにかくTPPにしろ、集団的自衛権にしろ、沖縄基地問題にしろ、こんなアンフェアーなことを、無血でやれる国はスゴイと思う。

    東洋思想のたまものだ。

    それを許す国民もスゴイが、自分たちの生活まで、まだまだ被害が及んでいないぜったい人数の問題なのだ。

    そのパンデミックになるしきい値を、政府は計算し、危なさそうになったらガス抜きをする。

    北朝鮮の拉致被害者返還は、そのひとつではないだろうか。

    特定秘密保護法施行にぶち当てそうだ。

    来年になったら原発情報は出てこない。

    放射線量データも再稼働審査情報も出てこなくなるだろう。

    自衛隊が暴走したときどうすんだ。

    昔の226事件みたいな、今のウクライナみたいにCIA指導のもと、軍事クーデターが起こらないとも限らない。

    田母神氏と幹事長をはずされた石破茂が組んで、青年将校の官邸占拠とかね。

    石原慎太郎がまだ生きていたら、そこに加わるのだろうが。

    スゴイ絵図だ。。。曾我蕭白ビックリだぁ。

    ぶっちゃけ面白いかも。

    画家バルチュスは、国にかかわることはいっさい、拒んだそうだ。

    だから税金はもとより、証明書のたぐいとか、保険も年金もすべて拒否したといい、自分の絵だけでまかなっていたというからスゴイよな〜。
    HORMONE SEKINE OFFICIAL SITE | comments(0) | trackbacks(0) |
    右脳モノ


    いま、中高生でいちばん人気の小説家は、山田悠介だという。

    【参考サイト】中高生の「好きな作家」断トツ1位 山田悠介の人気の理由 http://dot.asahi.com/aera/2014050200031.html

    といってもうちら年寄りには????

    『リアル鬼ごっこ』の作者と言えば、あ〜聞いたことがあると言う方はいると思う。

    彼は高校卒業後、アルバイトをしながら、クリエイティブな仕事をしたいというだけで、小説を書きはじめた。

    でもよくいる文学少年ではなく、読書なんてしたことなかったらしい。

    20歳のとき、なにか実感が欲しいからと、文芸社から『リアル鬼ごっこ』を自費出版。

    それがあれよあれよと、累計2000万部のベストセラー作家へ変身を遂げる。

    というからには、赤川次郎のごとく、村上春樹のような天才かと思いきや、

    アマゾンコムでの、読者コメントはめちゃくちゃだった。

    文章が下手すぎ、こんなのが本になるのは許せない、と罵倒がほとんどなのだ。

    自分は、数年後、修正後の『リアル鬼ごっこ』は読んだが、それでも文章はおかしかった。

    もちろん面白いという意見も多少はあったが。

    当時、世界最強虫王決定戦で、いっしょに仕事をしていた、新堂冬樹の方がぜんぜん、面白いと思った。

    でも、ベストセラーなんてそんなもんだ。

    ローリングの『ハリーポッター』9社。ジョン・グリシャムの『評決のとき』26社。『アンネの日記』も数社、出版社から断られたのだ。

    そんな前例は山ほどある。

    ジョージルーカスのスターウォーズだって、売れないよ、ということで20万ドルの脚本と監督代だけで、版権キャラ権は全部くれたそうだ。

    まあ、世界最強虫王DVDだって、1本で終わりと思ったから、編集権など版権は放棄してしまいました。。。トホホ。

    しかし、30タイトルを販売、数十万部のベストセラーに。

    まあ、そんなもんだろ。

    話が飛んだが、小説でも、絵画でも、映画でも、人を感動させるものには、何か特別な力があることを言いたかった。

    山田悠介は、確かに下手だ、でも時代に残るかは別にしても、グイグイ引き込む、言葉以外の魅力があるのだ。

    スピード感や突破力と評するが、そんな批評家に、果たして売れる前の、山田悠介を読ませたら、何というか。

    わかるわけない。結果論だ。

    自分は、小説も好きだが、現代アートの作品だと、その違いはもっとよくわかる。

    なぜなら現代アートこそ、パワーや、突破力がすべてだからだ。

    しかし、現代アートに限らず、風景画でも肖像画でも、ありきたりの表現方法でも、その魅力はやはり別物だ。

    イラストにだって、魅力は宿る。

    世界の美術館にある作品は、やはり違うのだ。

    パワーというか、新鮮さというか、言葉では言い表せない、不思議なエナジーが詰まっている。

    また、そういう作品からは、根源的な活力が充填されるから、またまた不思議だ。

    なんなんだろう。

    恐らく、高塚光さんのハンドパワーも同じ次元のものかもしれない。

    つまり、右脳モノなのだ。

    編集者や、ギャラリストや、投資家は、失敗を恐れて、ほとんどが左脳で考えようとする

    自分も、これは売れないよ!と何回も言われてきたし、何回、公募展にも落ちてきたか。

    これからも落ち続け、言われ続けるのだろう。

    まあ、まったく気にはならないけどね。

    とにかくでっかく成功するのは、右脳に作用するものなのだ。

    何度も言うが、それは何か?

    ってわかるはずはない。

    わかるってことは、左脳の世界のものだからだ。

    でも成功したいじゃん!

    なんだろうなぁ、右脳のモノって。

    うのうもの。

    右脳モノ。

    ウノウモノ。

    UNOMONO。

    卯の萌野。

    宇野茂乃。

    ウラモノ!!!!?



    久々にウラモノ出品します。
    8月23日(土)パフォーマンスします。

    東京創造芸術祭
    http://tokyopaf.wix.com/0000
    HORMONE SEKINE OFFICIAL SITE | comments(0) | trackbacks(0) |
    引き寄せの法則が説き明かされた!補足の補足
    イスラエルやウクライナ、早く平和が戻るよう祈っているしかない。

    山形県鶴岡市にクラゲで有名な加茂水族館がある。

    ここのエピソードが心温まる。

    平成9年、来館者数激減で、倒産寸前まで追い込まれる。(当時、企業経営だった)

    当時、困ったときのラッコ頼みで、ラッコショーをしてもダメ。

    村上館長は、もう閉めるしかないとあきらめたとき、

    サンゴの水槽にぐうぜん、小さなクラゲの赤ちゃんがまじっていた

    ある日、お客さんがそれを見て、カワイイ!って喜んだ。

    そのとき、どん底に天から一筋の光明がさしたと思った、と村上館長は振り返る。

    それから、クラゲを展示し始めると、来場者数もどんどんと増え、経営危機から脱することができた。

    そんなクラゲの赤ちゃんは、まさに神様の化身だ、と話す。

    今年、加茂水族館は、とても立派な新しい建物にリニューアル。

    0036-image1.jpg

    クラゲドリーム館(鶴岡市立加茂水族館)http://kamo-kurage.jp
    村上館長のブログも波瀾万丈で面白い!


    ぐうぜん混じった小さなクラゲの赤ちゃんからすべては始まった。

    面白いよね〜不思議だよね〜生きている限り、何があるかわかんない。


    さぁ今回も、引き寄せの法則だ。

    参考文献『超越意識の探求』コリン・ウィルソン著 松田和也訳 学研





    人間の脳ってクルミみたいになっていて、中央が脳梁でつながっている。

    それで、この脳梁って分断しても、命に別条はないそうだ。

    実験で、先天的に脳梁が欠損している被験者に、エロ写真を見せるとボッキする。

    でもなぜボッキするか訊ねてみても、わからないと答える。

    (あくまでも例えです。ほんとうの実験はもっと真面目にやってます )

    それで、右脳の感情・情緒などを司る『主観的自分』と、左脳の言葉や理性的なことを司る『客観的自分』の、コンビネーション・プレーで、人間はうまく生きているということがわかった。

    これを研究するのが分割脳生理学。

    つまり、頭の中には、2人の人間が住んでいるというのだ。

    日常、私たちが『自分』と呼んでいる親方様は、左脳の科学者的自分で、外界の出来事に対処する。

    言葉を操っているのは左脳部分だし。

    ややこしいけど、左脳が『自分だ』って言葉で、自分を信じ込ませている。

    しかし右脳の芸術家的自分は、内的生活を担っている。

    とてもシャイな奥さまで、滅多に気づかれることがないらしい。

    いたな、とわかるのは、心よりくつろいでいるときだと言う。

    瞑想とは、まさに右脳を自覚することだと思う。

    自分は、現代美術などで感動したとき、右脳の主観的自分によく会っている

    それで、右脳は、超越意識に他ならないともいうのだ。(自己啓発系では、変性意識とも言う)

    キタキタキタ、きたぁ〜〜〜♪ 奥さまは魔女!

    著者は、右脳には驚くべき力、潜在能力があることを、催眠術をたとえて説明し、

    催眠術はそれが可能なのに、なぜ、自分自身で、それをできないのだろうか、と疑問を呈する。

    それは、右脳はあなたを信じないからだ、と!

    右脳は、あなたに自信が欠けていることを知っているのだと!

    NLPー神経言語プログラミングは、まさにここに着眼した自己啓発ではないか。

    つまり、右脳の超越的能力を発揮したくとも、左脳が100%、自分の能力を信用していないから出来ないのだと言う。

    スアレスの噛みつきプレイ、火事場のばか力、危機的状態での人間の特殊能力や、クラゲに神をみるとか、予知夢とか、思い当たるフシはないだろうか。

    スティーブン・ジョブスの名言『Stay Hungry, Stay foolish』の、Foolishな状態が、そのことだと思う。

    著者は、オルコット大佐のエピソードを語る。

    ある日、ヒンドゥー教徒の病人相手に、治癒能力者のウソをつかなくてはならない場面に陥った。

    それで大佐は、仕方なくそのふりをした。そうしたら患者は、病気がほんとうに治ってしまった(たぶんプラシーボ効果)。

    大佐は、驚いたのだが、自分にはほんとうにその能力があることに気づく。

    そうしたら不思議にパワーがあふれてきて、治癒できる自分が実感できるようになったという。

    80年代後半、高塚光氏という、ハンドパワーで有名になった人がいるが、自分は彼がその治癒能力に気づく前、仕事をいっしょにしたことがあった。

    まだ彼は、広告代理店のプロデューサーで、言葉は悪いが、ごくごく普通の広告マンで、誰も彼が、そんなスーパーマンだとは思っていなかった。

    高塚氏も、オルコット大佐と同じように、あるとき、祖母?を手かざしで助けて自分の超能力を自覚したと、どこかで読んだことがある。

    ちなみにそのとき、同じ代理店のディレクターが、別冊宝島『現代美術入門』を書いた若林直樹氏だった。

    彼とはイタリアつながりで仲良くて、武蔵野美大の教授までなったけど、若くして急死しちゃった。

    人間、わかんないよね〜〜〜。

    それで、著者は「われわれは、基本的に受動的であるという誤った認識に囚われすぎている』と言う。

    以前、ブログにも書いたが、すでに未来は決まっているという、決定論ではなく、未来は自分がつくり出す、非決定論ということなのだ。

    ところで、引き寄せの法則の情報や知識に関して、メチャメチャ、面白いように引き寄せるんだが、

    肝心の、いちばん引き寄せたいはずの、金目が・・・。

    う〜〜〜〜〜ん、どうやったらキンメ、引き寄せられるんだろう、、、汗
    HORMONE SEKINE OFFICIAL SITE | comments(0) | trackbacks(0) |
    引き寄せの法則が説き明かされた!補足

    国際情勢は緊急を要してきた。

    第3次世界大戦にならないよう祈るしかない。

    なぜ安倍首相は集団的自衛権行使を急いで閣議決定したか。

    決まったとたん、イスラエルのガザ攻撃、ウクライナで民間機撃墜・・・

    ほんとうに心が痛い。

    ほんの一部の人たちが戦争を起こすのだ。

    もはや昔と違い、愛国心とか国民を守るという意識はない。我欲だ。

    だからこそ無意識のパワーで生き抜こう!

    他の人を助けることが出来るのも、自分自身が生きて余力があってこそ。


    先回、無意識の能力みたいなことを書いた。

    よく言う『無心になる』ということだ。

    武士道しかり、仏教の教えしかり。

    でも精神論にしちゃうと、今の世界では、敬遠される。

    スピリチュアル、都市伝説とかと一緒くたにされ、せっかくの能力も十把一絡げ。

    今は、科学が正しい基準になってしまった科学妄信時代

    この呪縛からはなかなか脱せない。

    だったら、科学的にアプローチすればいい。


    無意識な世界がなぜ、非科学的か、というと、

    無意識な状況を、考えたり確認したりできないからだ。

    当たり前だが、考えることができるようでは無意識ではない。

    そもそも、考えるとは言葉に置き換えることだ。

    だから脳神経も対応できる。

    ともすれば、ホモサピエンスは、シナプスが対処できるように、考えるというシステムを編み出したのかもしれない。

    分子レベルでの化学反応は、1秒間の100万分の1の、100万分の1(1兆分の1秒)の短い間で起こる現象だという(放送大学の基礎化学)。

    そんなスピードに脳神経は追いついていけないだろ。

    話すには、1分間300文字が理想だ。

    哲学者デイヴィット・ヒュームは、デカルトの『我思う、ゆえに我あり』に対して欺瞞だ、と批判。

    人間は『思う』ことなどない。ただ『自由連想』するだけだ。単に思念や感情が自動的に次の思念・感情につがっていくだけだ、と。

    不安や心配もとっても重篤なことに思われるけど、言葉でしか感じられない抽象化された、一種の刺激だ。

    だから起こってもいないことに心を惑わされるな、と自己啓発系のマニュアルにはよく書いてある。


    とにかく、普遍的に考えられることと、再現性は科学の最低条件だからムリなのだ。

    まるでダークエネルギーだ。

    それだけのことで、科学ではないとされ、スピリチュアルな烙印が押されてしまう。

    こんな素晴らしい能力を否定しちゃうのはもったいないゾ。

    小保方さんだってまだわからないよ!

    無意識は、高等生物なら基本的に備わっている能力だ。

    自転車に乗れるようになるのと同じくらい簡単に扱えるとも思うのだ。

    ちなみに武道家の達人や、トップアスリートたちは体得している。

    メッシや噛みつきスアレスなんて考えて動いていないだろ。

    いちいち考えていたら動きが遅くなって仕方ない。

    だいたいサッカーしてて噛みつくか? カメじゃないんだから、なんかの癖で、無意識に出ちゃうんだろ???

    サムライジャポン、最後まで考えちゃってんだよね~、エリア内でパスする相手、探してもねぇ。

    自分はそこそこ成功した人とは縁があって、いっしょにいると、ちっちゃな奇跡は日常茶飯事だった。

    その人たちは、仕事はなぜかとってこれる、遅れて駅についても電車も遅れる、そのときだけ雨は止む、金持ちなのに高額宝くじは当たる、、、。

    運のある人たちってスゴイ。

    その圧巻な幸運の日々に、ぜんぜん違う人種を見た感じで、自分はそこで人生、あきらめたくらいだ。

    とにかく世界平和のためにも、自分の成功のためにも無意識の能力(引き寄せの法則)はゼッタイ体得するぞ!

    と思っているうちはダメなのだ。

    無欲で無我で無意識なのだ。

    瞑想がいいかもしれない。

    でも意図して瞑想をしてはダメなのだ。

    う~ん、難しい。

    だから、3B(前回ブログ参照。ベッド、トイレ、通勤途中)なのだろう。

    素晴らしい現代美術の作品に出会い、その圧倒的なパワーと意味不明さに心を打たれ、異次元の開放感に包まれたその至福のとき!

    そんな状態が、意識せず再現でき持続できれば、かなりうまくいきそうだ。

    だったらそういう作品を自分でつくっちゃえばいいのだけど。

    う〜〜〜んんんっ、、、、、汗
    HORMONE SEKINE OFFICIAL SITE | comments(0) | trackbacks(0) |