ARCHIVES















    • Contemporary Art 2.012展
      記事掲載
















  • 不況の秋、芸術の秋
    flash.jpg

    記事に不備があったと急遽、回収になったフラッシュ9月9日号。その記事って、左帯のヤツだろ!



    今年の夏のように、消費が底冷え。

    政府は10%増税のネガキャンになるから、報道規制をかけているのだろうが、1997年の増税時よりずっと不景気らしい。

    GDP、マイナス6.8% 「消費税ショックで日本の経済成長は崩壊」とCNN http://urx.nu/bMGS

    前回のブログにも書いたけど、日本は個人消費がGDPの6割を占め、国を支えている。

    つまり、一人一人が買い物をしなければ、崩壊する国なのだ。

    それが消費増税を境に、財布のヒモをしめてしまった。

    なぜなら将来に不安があるからだ。

    消費税がどんどん上がるし。

    放射能で病気になるかもしれない。

    また大地震がくるかもしれない。

    富士山が爆発するかもしれない。

    集団的自衛権で戦争になるかもしれない。

    年金や社会保障費削減で、ホームレスになるかもしれない。

    病気になっても医療費が払えなくなるかもしれない。

    TPP参加で会社がつぶれるかもしれない。

    政治家や有名人のように、下手なことを言うと、警察にえん罪で捕まるかもしれない。

    秘密保護法で自由がなくなるかもしれない。。。

    なので不安だからお金を貯めよう。

    なんか遊んでも、変なことは言えないし、ビクビクしちゃって、思いっきり楽しくなれない。

    だったら家でおとなしくゲームをするか、テレビでもみていよう。

    友だちを誘っても、だんだん断られるし。

    一緒にいても、お金の話か、暗い話題ばかりだし、、、、

    もちろん、自分の妄想です。スイマセン!

    29184.jpg


    企業はなぜか、株配当はあげても社内留保で社員の給料をあげない。

    むかし、アメリカの車産業が全盛だったころ、フォードとかの労働者の給料はとても高かった。

    なぜなら社員が、いちばんのお客様でもあったからだ。

    まず、給料で、自分の車を買ったのだ。

    今、日本のやっている経済政策は、せっせと金を海外(国際企業)に流す政策だ。

    決して、国内でお金を回そうとする政策ではない。

    安倍さん、麻生さん、自民党の政治家さん、官僚さん、みんな本当にいいの?

    自分たちの子孫は、生きていけないかもしれないのに。

    そこまでいかなくても、不幸になって、もう日本人じゃなくなるよ。

    まあいいけど、好きにすれば。

    日本一若い市長の美濃加茂市長えん罪事件。若路ディレクター自殺。辺野古基地建設強行。原発再稼働。デング熱。

    名護市市議会議員選挙で、辺野古基地建設反対派が勝ったのがせめてもの救い。

    マスコミはもちろん地方ニュースだからといってあまり報道しない。

    <琉球新報社説>名護市議選 民意はまたも示された 辺野古断念は理の当然だ
    2014年9月8日 http://urx.nu/bNbL


    ってなことで、暗いブログが続いたけど、楽しく生きる事は出来る!

    儲けようと思ったら、モノを売る事ではなくて、システムを売る事にアイデアをさがせばいい。

    ゲームとかネット検索とかを見ればよくわかる。

    アマゾンコムで、そこでモノを売る企業より、そのバーチャル空間を提供するアマゾンコムがいちばん儲かる。

    モノだと、かさばるし置き場がない。それに地震があったら壊れてしまうし、311で見たように、家がつぶれればゴミになる。

    現代アートで作品描いたり、小説、書くより、ギャラリーとか展示会や本をつくってあげるシステム提供者が、作家より儲かる。

    (・・・と思う。自分がやれば絶対儲けることが出来る自信はあるぞ。やんないけど)

    今は作家より、ギャラリストやキューレターの方が威張れるし、声がかかる時代なのだ。

    でも自分はやはり、感動いちばん、作家がいちばん。

    感性に感動に、喜びと生きる希望を見つけよう!

    なんか新興宗教みたいになってきたけど、芸術の秋、現代美術を楽しみましょう。

    ちなみに自分の小さな作品なら安いですよ、、、汗
    HORMONE SEKINE OFFICIAL SITE | comments(0) | trackbacks(0) |
    ぞくぞくデング熱 ー 日々雑感
    IMG_1275.jpg
    母の入院先へ向かう途中、すっぽり雲に覆われたスカイツリー。両国橋より。



    デング熱感染はさらに広がる。

    新宿御苑も封鎖になった。

    とても怪し動きだ。

    昨年は海外渡航者だが、日本で、249人も発症している。

    31335.png
    国立感染症研究所資料より

    穿った見方をすれば、テング熱を使ったデモや広場での集会弾圧とも受け取れる。

    それに国立感染症研究所自体が、理研といっしょで、予算のトラブルらしく、ホームページが閉鎖になっていた。

    しかし下記の注意書きをもって、とても素人なサイトで存続している。

    『本Webサイトは2012年3月17日以降国立感染症研究所の公式のサイトでは無くなりましたが、旅行医学、熱帯医学関係者からの強い要望により、情報の更新は公式サイトとともに継続いたします。』
    国立感染症研究所 http://urx.nu/bJa3

    もっと知りたい方は、『Taked4700のブログ』で。デング熱報道の矛盾点をうまく時系列に説明しています。
    参考サイトhttp://urx.nu/bJbn

    (ちなみに、先回ブログに書いた、怪しい作業員のことは、ネットでもぜんぜん話題になっていなかった。今でも、違う場所で、交通量調査員は見かけるが、あんなハデで、たくさんはいない)

    とにかく、現在、マスメディアの情報はどうでも、作為的につくって報道できると思っていい。

    だから、そんなことに一喜一憂するのは、時間のムダだ。

    陰謀論の好きな自分だが、いかに楽しく、後悔せず死ねるかの方が大事なのだ。


    日本人は、優秀で真面目で、良心あふれた素晴らしい人たちだ。

    それに経済国家。

    今は黙っている国民も、いったん経済が沈下して、生活に支障が来すようになったら、それまで我慢していた、放射線被ばく問題、集団的自衛権、秘密保護法、辺野古建設などなど、一気に不満が吹き出して、ぜったい現政権なんか吹っ飛ぶと思っている。

    だから現政権はそれを承知して、日々、株価が下がらないように一生懸命だ。

    今年になって、NISA(少額投資非課税制度)を開始、さらにその成功を宣伝、口座を増やすため、拍車をかける。

    今回、友だち作戦で、塩崎厚労相に変え、GPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)のリスク性資産の運用比率増加を表明、株価をさらにあげようとしている。

    しかし、円安でどうも、経済不安の方が先に立っている。

    参考サイト「御用新聞にもアベノミクス死亡広告:すとう信彦氏」http://urx.nu/bJJP

    2009年、民主党政権の大失敗は、国民の生活より、政治家たちが、政権をとった嬉しさに舞い上がり、自分がやりたいことを最優先してしまったことだ。

    民主党でも、小泉純一郎のような、変人でもいいから、リーダーシップのある政治家が欲しかった。

    小沢氏も鳩山氏ももう一押し、ワガママが足りなかった。

    自分は嫌いだけど、石原慎太郎、橋下徹、田母神俊雄などなど(敬称略)、どうみても危ないけど、少なからず人気があるのは、国民性がそうだからだ。

    ああいうのを好み、彼らに同調するのが好きなのだ。

    特に、地位や肩書きのある偉い人たちに限って、従属したがる性向がみてとれる。

    だいたいが、ここまでアメリカに媚びて言いなれるのは、その証明に他ならない。

    話が脱線ゲームしたが、もし、民主党がまっさきに経済政策をすすめ、株価を今のようにあげていたら、けっこう長期政権になったと思う。

    それから、2番じゃダメなんですか!ってやればよかったのだ。

    鳩山政権での消費税を凍結していた頃はまだよかったが、カン元首相が消費増税をほのめかしたとたん、下野へまっしぐらなのは火を見ても明らか。

    もちろん沖縄基地問題も、アジアの平和も、従米体質も官僚主導も国民の心配なところではあるのだけれど、やっぱり自分の明日のオマンマが、いちばん心配なのだ。

    たとえばGDP(=個人消費+民間投資+政府支出+純輸出+在庫品)
    内閣府公表最新GDP http://urx.nu/bJFL

    そのうちの個人消費が、GDPの6割を占め、日本国民が多数派=与党です。

    だから、いろいろ不平不満はあるにせよ、経済重視の国で、危ういバランスを保ちながら、まだまだ、いい国ジャポンで、発展できると信じている。

    安倍首相も、田母神氏でも、慎太郎でも、多様性で存在価値はある。しかし、戦争だけは、ぜったいにしてはならない。


    31336.jpg
    デング熱の影に隠れた、自殺したと言われるテレ朝ディレクター故岩路真樹氏。ご冥福をお祈り申し上げます。
    HORMONE SEKINE OFFICIAL SITE | comments(0) | trackbacks(0) |
    デング熱 代々木公園封鎖、現地取材!
    デング熱がなんか異様を呈してきた。

    愛する代々木公園が閉鎖となっちゃぁ、こちとら江戸っ子よーだまっちゃいられねぇ、とさっそく現地に行った。

    ガ〜ン!異常だ。

    IMG_1242.jpg

    IMG_1243.jpg

    IMG_1245.jpg

    正面入り口には、報道陣が群がっていて、アナウンサーがインタビューを一般人にしていたが、もちろん仕込みだろう。

    そして閉鎖よりも異常なのは、原宿の交差点まで、街中にいる不気味な作業員風の人たちだ。

    彼らはすべて、20〜50代の男で、蛍光イエローのタスキを光らせ、調査員と書かれた腕章を付け、膝の上には、ガバンに挟んだ調査書ようなものと、9つくらい並んだカウンターを置いて座っている。

    しかし、ずっと観察していると、決してカウンター押したり、表に何かを書き込むわけではない。みんなの紙には何も書いていなかった。

    ただだまって座っているだけなのだ。

    IMG_1250.jpg

    IMG_1251.jpg

    IMG_1252.jpg

    IMG_1253.jpg

    たまに同僚と会話をする姿もみかけたが、公安のような権力側の匂いはしない。

    でも、リーダーだけが公安で、あとは数合わせの派遣かもしれない。学生風の若者も女性も一人もいなかった。

    代々木公園にでもに来たヤツラをチェックしているのか、それとも閉鎖反対者への威圧&示威行為か。

    でも、そんな反対しそうなヤツラも、雰囲気もまったくしない。

    いつもの外人とキャピギャルが群がる原宿だ。

    IMG_1258.jpg

    IMG_1256.jpg

    IMG_1259.jpg

    IMG_1262.jpg

    IMG_1263.jpg

    IMG_1264.jpg



    笑っちゃうね、国は、何がそんなに心配なんでしょう。

    麻生副総理が口を滑らしたように、ほんとうに現政権はナチスに似てきたゾ。


    そもそも日本でデング熱は、毎年200例以上、確認されていると、国立感染症研究所の報告書に明記されている。

    参考サイト:国立感染症研究所の手引き http://urx.nu/bEx3

    戦時中には、大流行もしていた。

    いま日本人の免疫力が低下しているのだ。

    それが放射能のせいか、もしくは、野菜は、数十年前の50%しか栄養素がないという、全体的な食べ物の質の低下かはわからない。

    今日になって、実際、ウイルスを媒介した蚊が見つかったと言うが、そんなのどうとでも言える。

    誰かが、蚊取りシンゴに入れれば済むことだ。

    東京の代々木公園に行った人が、発症したというまったくの状況証拠で、代々木公園の蚊が、原因と流布するマスコミ。

    NHK職員も発症し、隣接する明治神宮ではなくて、代々木公園にいったからだ、という。

    いっそのこと、明治神宮も、危険だから封鎖したほうがいいのでは?

    ところで、理研の笹井所長の自殺の憶測も消えぬうち、また、テレ朝報道ステーションの、除染や被ばく問題を追求していた、辣腕ディレクターが自殺した。

    ちなみにまだ岩路氏のブログは読める。かなりきわどいことを書いている。
    ご冥福をお祈り申し上げます。
    http://urx.nu/bFOg




    ジャーナリストの田中龍作氏も、彼の自殺はあり得ないと言う。








    まあ、あえて言わせてもらえば、今、寝たきりの母親と、身体障がい者の兄のダブル介護で、疲れ切っているので、長生きするだけが、決していいとは思っていない。

    ある意味、先に死ねる方が幸せな時代になってきたねぇ、、、とほほ

    IMG_1255.jpg

    とうとう、国立競技場の解体工事も始まった。
    HORMONE SEKINE OFFICIAL SITE | comments(0) | trackbacks(0) |
    デング熱
    ガザは停戦合意、ウクライナは和平合意(ロシアは軍をだしていないから停戦ではないと表明)になって一安心。

    とにかく、子どもたちが戦禍にまき込まれるのだけは勘弁して欲しい。

    ガザでは2139人が死に、そのうち子どもが3分の1もいたと言う。

    それもアメリカから買ったドローネー(無人爆撃機)で、わざと子どもを狙うというから卑劣きわまりない。

    イスラエル軍は救急車もわざと攻撃するというから、もはや戦争ではない。ジェノサイドだ。

    参考サイト:戦場ジャーナリスト・志葉玲が見た、ガザ侵攻の真実 http://iwj.co.jp/wj/open/archives/165825

    涼しい。

    今年、夏あった?

    エアコンを使わず、電気代がかからなくていいが、夏に稼ぐ人たちはたいへんだ。

    野菜やコメ、果物も不作で、高くならないか心配。

    IMG_1226.jpg
    9月1日の代々木公園。月曜だけど確かに人は少なかった。


    ところでよく散歩に行く代々木公園。

    こんな涼しい夏なのにデング熱が発生。

    第一報は、代々木公園の蚊が原因だと。

    なんで代々木公園の蚊って、すぐにわかるのだろう。

    アイドルも代々木公園でさされたためというが、他のテングさんにさされたんじゃないの?!

    なんで代々木公園って断定できるのか?

    となりの明治神宮やNHKの敷地の蚊が飛んで来ても、やっぱり代々木公園の蚊なのか?

    てか、なんでわざわざ、代々木公園って言わなきゃならないのか?

    それに関しては、9月23日、代々木公園で開催される大規模な反戦・反原発デモ潰しだ、とのもっぱらの噂ですね。

    それで代々木公園だけだと怪しまれるから、日本各地で確認されたと続報が続く。

    いやはや。

    自分も代々木公園はよく行くけど、昔に比べたら、蚊がいなくなって驚いている。

    だいたい医者は、デング熱って診断することすら、簡単じゃないというが。。。

    あと驚いたのは、特許を会社のものにし、開発社員には報奨金も払う必要なしにするという特許法改正案だ。

    これは日本にとって大打撃だろ。

    優秀な人たちはみな、海外に流れてしまう。

    国益無視の政策としか思えない。

    経団連の強い要望というが、もはやかれら大企業は、ほとんど外資みたいなもの。

    だから国益なんて考えていない。

    トヨタ34万人、日立32万人とかなると、一つの小さな独立国といってもいい。

    ちなみに社員数世界一は、ウォールマート。

    なんと正社員だけで190万人だって!

    世界第144位の、カタール(176万人)より多いぞ。

    参考サイト:フォーブス http://urx.nu/bCE4 Wikipedia

    だったら、いっそ国境なんてなくせばいい。

    国の概念は心の中だけに納めて、世界中、どこでも行けて住めて働けるようにすればいい。

    それで、2〜3世代も経れば、国なんていう気持ちはなくなるだろうし、人種も黒白黄の混ざった人種だけになれば、人種差別もなくなるし。

    そんな海を泳いでどこでも行けるクジラや魚みたいになったら楽しいいと思うけどね。

    またまた毒舌はいて、すんません!

    P8231944.jpg
    あおひと君パフォーマンス「レクイエム」8月23日、中野ゼロ 音楽:Molliyo Yamahara、加藤千晴 撮影提供:東京創造芸術祭
    HORMONE SEKINE OFFICIAL SITE | comments(0) | trackbacks(0) |
    日々雑感 ー 正しいこととは
    『宇宙を含めて、地球も人間も日本も自分も、いい方向にしか進まない。悪い進化も結果も、宇宙の法則で、ぜったいに存在しない』と前回の最後を締めくくった。

    なぜかというと、悪い方向っていう考え方は、人間だけにしかないからだ。

    以前、放送大学で、病気で死にそうなチンパンジーのことを紹介していた。

    首から下が麻痺したチンパジー君、ベッドの上でも、決して不幸そうじゃない。

    絶望的な状況も意に介せず、健康なとき同様、人間をからかって、楽しそうなのだ。

    なぜかというと、チンパンジーは未来や過去も考えないから。いくら自分の体が不自由でも、将来を不安に思うことはないからだ、と言っていた。

    ちなみにこのチンパンジー君、幸運にも病気は完治。元気になっても、あい変わらず飼育員をからかっていた。

    ところが人間は、正しいか、間違っているかを判断し(当たり前だけど)、未来を考える。

    自分が正しいと思うように、かつ、仲間も世界もいっしょに進んでいけば、とっても楽しい。

    だから、正しいということは、楽しいとも言える。

    でも社会では、楽しいというのは、少しイメージがよくない。

    そのため、『楽しい』を『正しい』という言葉に置き換える。


    情報が途絶えたユカワ・ハルナさんを誘拐したイスラム国(ISIS・Islamic State in Iraq and al-Sham)とは、シリアとイラク北部に、かってにイスラム原理主義のアルカイーダ系テロ集団が建国した国だ。

    そもそも彼らはオサマビンラディンの一派で、CIAがパキスタンを通じてつくり出したグループなのだ。

    この辺のことを、元週刊朝日編集山口一臣氏が、わかりやすく説明していた。

    【コラム 山口一臣】世界中に『化け物』を生み出すアメリカの困った体質 http://urx.nu/bxOi

    アメリカの一部グリーダーたちは、ソ連が崩壊して、敵がいなくなって、困ったから、自ら投資して敵をつくりだし、戦争を続ける経済で、金を儲ける(合法的に循環させる)しかない。

    ウクライナも、極右翼主義者を煽動して、親ロシア系大統領を駆逐した。

    それでいま、ロシアと欧米の戦争に持ち込もうとしている。

    恐ろしいことを書いている。

    そんなことにならないように心から願う。


    IMG_1238.jpg
    神宮球場8月30日

    ところで、土曜、神宮球場がいやに騒がしいと思ったら乃木坂46コンサートだった。

    絵画館横には屋外テントでグッズ販売。

    それを求めるファンたちの長~い列が、絵画館回りのランニングコースを取り囲む。

    並ぶファンのなかには、自分くらいのオッサンもいたゾ。

    すごいね!それとも自分の娘のためかな。


    IMG_1236.jpg

    ずらっと並んだお祝い。すっごい量




    そして日曜、皇居の前にもたくさんの人だかりと行列を目撃。

    武道館で開催していた日テレ24時間テレビ「愛は地球を救う」へ向かう人たちだった。

    ちなみに表参道ヒルズの前でも募金をやってたけど、みんな無視。

    だって今、表参道に日本人いないもん。

    これじゃあ、安倍さんたち自民党が当選するはずだ。

    テレビ、新聞を見ない自分にとって、ネットで盛んに言われている『テレビは終わった』感。

    ぜんぜん終わってないじゃん、すごい影響力じゃん。

    自分は、ひねくれモンだから、MLBは好きだけど、メジャーとなると、とたんに拒絶反応が先に来る。

    間違っている!世の中、正しいことは違うところにある!こんなのが人気だから、いつまでたっても日本人はバカなんだ!って憤る自分がいる。

    でも、パリの超行列のジャパンエキスポとか、ベルリンの今はなきラブパレードには、めちゃ共感しちゃって、ぜんぜん違和感ない。

    なぜなら海外だから? 外人だとOKなのか?

    おかしいよね~。

    前述したけど、自分が正しいことは決して、共通したものでも、世の中の正しさでもないということだ。

    正しいという意味は、絶対的でも、公明正大でも、フェアでも正義でもない。

    あくまでも、個人の価値観だ。

    日本人は、儒教思想や家長制度の影響などで、親は正しい、正しいからお上になれる、世の中すべてお上の言うことが正しい、と無意識に信じこまされていた。

    これからは、正しいことを、むやみに絶対だとは信じずに、自分と正しさの違う人たちと話し合い、最大公約数を探りあうことが必要になってきたようだ。

    そうじゃないと、ウクライナ紛争から核戦争を懸念する意見もあるように、人類は絶滅危惧種を飛び越して、一気に絶滅するぞ。

    唯一、正しいことがあるとしたならば、それは、人類を地球から絶滅させない考え方だ。

    まあ宇宙や、地球の歴史からみれば、ささいなことなんだが。

    アントニオ猪木議員が、安倍首相の親書を託され、北朝鮮のナンバー2の金永南(キムヨンナム)と会談した。そして、北朝鮮との国交回復も近いと認めあったと報道。(韓国のTVニュースから。日本では拉致被害者がメインだ)

    これで集団的自衛権行使の理由のひとつはなくなる。

    裏を返すと、北朝鮮と日本の融和は、アメリカ帝国主義者が、焦るはず。

    猪木議員は、力道山の弟子だったことで、北朝鮮との和平を望み、モハメド・アリとの試合で世界のトップと仲良くなれた、と言っている。デヤー猪木議員の平和志向を期待する。

    東洋経済 猪木氏が、北朝鮮と太いパイプを持つワケ http://urx.nu/bxOd
    HORMONE SEKINE OFFICIAL SITE | comments(0) | trackbacks(0) |