ARCHIVES















    • Contemporary Art 2.012展
      記事掲載
















  • 原発とリニア中央新幹線
    IMG_0571.jpg
    東京の記録的大雪(誰のせい?!)


    政府は、再稼働に向けて、急発進。

    中長期のエネルギー基本計画を、2月中に閣議決定することになった。(2月11日読売新聞)

    この政策に書かれている「原発を基盤となる重要なベース電源」という表現は、自民党内ですら批判がでて、修正する予定だったとも言う。

    つまり、原発再稼働OK宣言。

    なぜなら、政府与党は都知事選での舛添候補の勝利をみて、国民の理解は得られると判断、原発再稼働の民意としたのだ。

    ????

    マスコミは、舛添氏の得票率を43.3%といい、支持率のように見せているが、

    その数は、有権者数1061万9652票のうちの490万票(投票率46.14%)での、211万2927票。

    2割、つまり5人に一人の民意だ。

    それもステークホルダー(利害関係者)の多い、東京ステーキホリタンだ。

    衆・参議院選も同様だったけど、2割がなんで過半数と同じになるのか。

    投票率、あげようよ~。。。

    スポーツと同じにはできないが、勝ったほうを応援している人たちも、後味悪いのでは?!(そんなことはないか)

    ちなみに以下、宇都宮健児氏98万2594票、細川護煕氏95万6063票、田母神俊雄氏61万865票、家入一真氏8万8,936票、ドクター・中松氏6万4,774票、マック赤坂氏1万5,070票、鈴木達夫氏1万2,684票、中川智晴氏4,352票、五十嵐政一氏3,911票、ひめじけんじ氏3,727票、内藤久遠氏3,575票、金子博氏3,398票、松山親憲氏2,968票、根上隆氏1,904票、酒向英一氏1,297票。(ウィキペディアより)

    ところで、なぜ、原発再稼働を急ぐのか。

    その裏に、JRが進める、リニア中央新幹線が隠れていた。

    リニアに言われているのは、原発3~5基分の電力消費。

    電磁石で車体を持ち上げるとき、莫大な電力を消費する。

    そして、柏崎刈羽の再稼働を急ぐ理由は、山梨のリニア実験線へ電力を供給する唯一の電源だった。(今、リニア実験も停まっている)

    浜岡原発も同様、リニア運転には必須な電力供給源になるという。

    そして、この事業も原発と同じような利権構造で、10兆円近くの金が動く。

    そのトップは、安部首相とも近い、JR東海会長葛西敬之氏。

    雑誌ウエッジが、原発バンザイなのは、とってもわかりやすい。

    NHK人事、特定秘密保護法、原発再稼働、集団的自衛権、マスコミ懐柔、どんどん進む新自由主義的社会主義?

    しかし、金が欲しいのか、戦争をしたいのか、よくわからん。

    最近、安倍首相の国会での態度、発言などを批判する意見が多くなってきた。

    TPPを見るように、一番わかりやすい構図は、アメリカの軍産複合体を筆頭にした、日本搾取ではないだろうか。(オリンピック&リニア利権はでかい)

    その手足で動いているのが、政界、官界、業界などのトップに座る面々なのだろう。

    いや、彼らの言うことを聞く人間でないと、各企業、それら団体のトップにはなれない、と考える方がわかりやすい。

    よく、フリーメイソンとか陰謀説をささやく人がいるが、単に世の中、パワー(マネー)バランスだと思っている。

    陰謀なんて、けっこう面倒で、秘密がバレそうで、効率が悪い。

    中世だと、戦いに勝つ、敵を殺す。

    つまり筋力(武力)が一番、強いものがトップに立ち、権力を握る。

    資本主義が成熟すると、お金をもっとも多く、または動かす立場の者が、権力を握る。

    権力志向は、けっきょく生物の本能で、それは変わらないと言っちゃ、おしまいだけど。

    寄らば大樹の陰、長いものには巻かれろ、赤信号、みんなで渡れば怖くない。

    人間なんて、一人じゃとても弱い存在。

    排外主義、純金(血)主義の日本人の心情は、よくわかるけど、なんといっても健康な体と気持ちがあってこそ。

    物理や医学や放射能の基礎知識を少しでも知ると、どう考えても原発だけは止めた方がいいと思う。

    とくにこれからの人生の若い男女と子供たちの健康だ。

    まして原発は、使用済み燃料の処理や廃炉費用などを入れると、発電原価がめちゃ高いことは周知の通り。

    安全神話が崩れた今、せめても福島事故や被災者の救済などが解決してから、考えても遅くない。

    とにかく、稼働してしまった熱い原子炉と、冷えた炉での危険度は、比べものにならないと、有識者たちは訴える。

    それに動かしたら、必ず発生する使用済み核燃料の置き場も処理法もまだメドがたっていない。

    自分たち普通の人たちなんて、安心してそれなりの一生を過ごせればいいと思うのだ。

    参考サイト:
    週プレニュース:http://p.tl/E2Lx
    http://p.tl/7pkC
    読売オンライン:http://p.tl/5gKF

    しかし、連チャンでレセプションパーティは大雪。

    アーティスト・リッツモネ氏のマジカルパワーに乾杯!
    IMG_0569.jpg
    HORMONE SEKINE OFFICIAL SITE | comments(0) | trackbacks(0) |
    大雪、偶然ですか?
    先週土曜は、リッツの個展のオープニングだった。

    しかし、こともあろうか、大雪。

    それまで、晴れてばかりで、なぜか8日だけ大雪!

    そして、なんとなんと、次の日は、都知事選!

    これって偶然?

    案の定、投票率は、歴代ワースト3位の46.14%。

    なんだかなぁ〜。

    ということで、リッツモネ個展のレセプションパーティは、

    2月14日(金)仕切り直しになりました。(夜7時より9時過ぎ)

    同様、都知事選も仕切り直しにはならないかなぁ。

    でも、舛添氏には、政党助成金流用や公選法違反など爆弾をかかえているから、仕切り直しはあながちマユツバではないかもしれない。

    でも〜〜〜

    日本では、マスコミが、騒がない限り無理なのだ。

    安部政権の、マスコミ癒着は功を成している。

    どうだろう、今後、マスコミは舛添新知事の明らかな犯罪性を叩くだろうか?!

    (三井環氏が検察に告発をしている)

    猪瀬前知事は、東電にかなり厳しく、いろいろ言っていたらしい。

    だから辞任に追い込まれたという噂はありえ〜る。

    こんなことの繰り返し。いい加減になんとかならないだろうか。

    日本の報道のレベルは世界59位に落ちたというから、もう北といっしょ。
    http://www.tokyo-np.co.jp/article/world/news/CK2014021202000208.html

    美しき日本を取り戻すには、早く落ちるところまで、落ちた方が、いいのかもしれない。

    利権や思惑やしがらみが、複雑にからみすぎてしまったのだ。

    (そういう意味で、天災、戦争は必要悪なのか? あの田母神候補の得票数も、そういう無意識の願望なのか?)

    年老いて、体の自由もきかなくなった自分の母や、同年代の母の友人たちは、充分生きた、早く死にたい、と切実に言っている。

    日本も延命したところで、苦しみが長続きするだけだ。

    葛西選手も沙羅ちゃんも失速しちゃったし、、、

    なんか暗い話ばかりだよね~~~~涙、すいません、、、とほほ

    そんな中、明るいニュースと言えば、ソチ冬季五輪ハーフパイプで平野、平岡両選手の銀、銅メダル、おめでとう!


    -----アリベデルチ・パーティー-----

    8日開催予定だった、リッツモネ氏個展のレセプション・パーティーを、
    2月14日(金)19:00~(9時くらい?)/無料(おみやげ歓迎)
    アリベデルチ・パーティーに改め、開催いたします。

    アリベデルチ=さようならのイタリア語。8日大雪、翌15日、リッツ・モネ氏は帰国。

    --------------------------------
    Ryts MONET ”sisters”
    --------------------------------
    会期:2014.2.8 sat - 3.2 sun
    場所:gallery COEXIST-TOKYO
       東京都江東区木場
    入場料:無料
    主催:株式会社ZEエナジー
    時間:11:00 - 19:00

    〒135-0042江東区木場3-18-17
    http://coexist-tokyo.com
    東西線 木場駅3番出口から徒歩6分
    東西線 大江戸線 門前仲町駅1番出口から徒歩10分
    ----------------------------------
    RytsDM.jpg
    HORMONE SEKINE OFFICIAL SITE | comments(2) | trackbacks(0) |
    ことわざづくし
    IMG_0542.jpg
    2月1日新宿アルタ前

    ネットを見るのが、ツライ。

    何がツライって、ネットに書き込まれる、悪口や罵倒や足の引っ張りあい、つまりネガキャンを目にすることだ。

    今回の知事選もヒートアップ、数々の陰謀、策謀、裏読みが飛び交っている。

    だったら、見なけりゃいいじゃん。

    そう、だから気にしないようにしている。

    でも、読んじゃうことだってある。

    ところで、ニコ動の、選挙討論はすごかった。

    コメントの嵐は圧巻だ。

    田母神候補のときの応援ぶり。

    その他三者(宇都宮、細川、舛添)の罵倒ぶり。

    電光掲示板アーティスト ジェニー・ホルツァーも注目してるって!(嘘)

    そんでもって原発安全派の田母神候補の発言も、またすごい。

    「放射性医学についてですね。私は放射線医学の先生と、原子力技術者に半年くらい通って勉強しました。人体のDNAというのは、大体2年もかからないで全部更新するんですね。
    現在の放射性医学では、今出ていない症状が、5年後、10年後に出るということはあり得ないことなんだそうです。これは放射線医学の専門家が、何人も言っています。
    ー中略ー 2年以内に出ないものは、もう出ないんです。だから、4年5年経って(病気が)出たっていうのは、そのとき浴びた放射線とまったく関係ない」と発言していた。

    参考サイト(ニコ動 都知事候補討論)
    http://www.nicovideo.jp/watch/sm22795571(後半25分くらいから)
    (頭から)http://www.nicovideo.jp/watch/sm22795646

    何を信じていいのか~~~~~~~、、、、、、、、汗

    原発も国家戦略特区も一度に解決させようと考えるから悩むのだ。

    下手の考え休みに似たり
    よい考えも浮かばないのに長く考え込むのは何の役にも立たず、時間の無駄だということ。

    まず脱原発。

    じゃないと死んじゃう。

    すぐには死なないかもしれないが、安心して東京(日本)で暮らせない。

    地震があるたび、余計な心配が増えることは否めない。

    経済特区も福祉も待機児童もカジノも日中戦争も、健康で生きていないと意味がない。

    二兎を追う者は一兎をも得ず
    欲を出して同時に二つのことをうまくやろうとすると、結局はどちらも失敗することのたとえ。

    名護市長選、南相馬もがんばったけど、大本営が崩れなきゃ、元の木阿弥
    いったん良くなったものが、再び元の悪い状態に戻ること。

    それこそ自民党の親方様は、目くそ鼻くそを笑う
    自分の欠点には気づかずに、他人のことをあざ笑いたとえ。

    まさに、漁父の利だ。
    当事者同士が争っているすきにつけ込んで、第三者が何の苦労もなく利益を横取りすることのたとえ。

    まったく、憎まれっ子、世にはばかる、とはよく言ったものだ。
    人から憎まれるような者ほど、逆に世間では幅をきかせるものであるということ。

    でも、類は友を呼ぶ。とくに、日本人は建前と本音は違う。
    気の合う者や似通った者同士は、自然に寄り集まって仲間を作るものであるということ。

    おごれるもの久しからず、は信じたい。
    思い上がった者は長く栄えることはなく、必ず身を滅ぼすときがくること。

    阿弥陀如来に、無心になってまかせるのが一番いいのかもね。(学会系じゃあないよ)

    直感、皮膚感覚、体のふるえにまかせよう〜〜〜。

    ちなみに、あおひと君は、長いビニールテープには巻かれよう。(あおひと君の青いポリシー)


    ところで、今日、目にした記事ー村上春樹氏の小説に質問状検討 「たばこポイ捨て」で(共同通信)http://p.tl/zNWW

    創作だろ?!小説だろ?!それでも町議は目くじらたてて訴えるとは、ハァ。

    というか、売名行為もかませているのかもね。

    創造心があれば、うまく昇華できるのに、、、涙

    創造心のないネトウヨやサヨクも、書き込みやヘイトスピーチで、発散するしかないのに似ている。

    これからは、創造心だ。思考回路の開拓だ。シナプスの増殖だ!

    日本にこだわる必要はないけど、もうちょっとアートに理解は欲しいと思う、今日この頃ですた。

    参考サイト:(故事ことわざ事典 http://p.tl/mZk6)(ことわざ事典:http://p.tl/OJ1T

    Goddess-of-Sun2.jpg
    --------------------------------
    Ryts MONET ”sisters”
    --------------------------------
    会期:2014.2.8 sat - 3.2 sun
    場所:gallery COEXIST-TOKYO
       東京都江東区木場
    入場料:無料
    主催:株式会社ZEエナジー
    時間:11:00 - 19:00

    〒135-0042江東区木場3-18-17
    http://coexist-tokyo.com
    東西線 木場駅3番出口から徒歩6分
    東西線 大江戸線 門前仲町駅1番出口から徒歩10分
    ----------------------------------

    イタリア在住のアーティスト・Ryts MONET氏。イタリアのバーリに生まれ、ヴェネチア大学で美術を学び、現在も同地を拠点に活動する。

    歴史や物語、神話や宗教、大衆文化などにインスピレーションを得た彼の作品は、一見ユーモラスで洒落ていますが、よく見ると現代社会に対する皮肉が込められています。

    本展では、昨年のトーキョーワンダーサイトでのレジデンス・プログラムで制作された作品を中心に発表。出展作品はこの展示のためにイタリアと日本(石巻)において制作されました。
    あおひと君は、映像作品に出演しました。本個展にて上映します。

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
    "Goddess of Sun"(添付写真)

    エントロピーの物理的原理に従って、それぞれのシステム−宇宙全体を含む−は、秩序ある状態から次第に無秩序な状態へとシフトし、エネルギーは不断の散逸へと向かう。

    秩序とカオス、進化と破砕、行動と潜在性の間の緊張は、作品として具現化される。それは、視覚的、あるいは、正式なデータの具体性や、生まれつき備わった人間の能力の危うさにより変動する。
    (引用Text Beatrice Forchini 翻訳:緑川マニ)


    Ryts MONET Biography

    1982年イタリア南部の都市バーリに生まれ、現在はヴェネツィアに在住。
    2007年にヴェネツィア建築大学視覚芸術学士課程を修了し、その後、同大学修士課程において視覚コミュニケーションを専攻。
    2010年ヴェネツィア・Claudio Buziol 財団のアーティストインレジデンスプログラム参加。
    2011年Adrian Paciの主催するRave East Villageでのレジデンス/ワークショッププログラム参加。
    2011年には、第15回タリン・プリント・トリエンナーレに参加。第54回ヴェネツィア・ビエンナーレ・デンマークパビリオンでのパフォーマンスイベントに参加。
    2012年Bevilacqua La Masa 財団のレジデンスプログラム参加。
    2013年トーキョーワンダーサイトでのレジデンスプログラム参加アーティストに選出。GAI(Giovani Artisti Italiani)助成金
    現在、ヴェネツィア建築大学造形学部Agnes Kohlmeyer教授アシスタント。
    HORMONE SEKINE OFFICIAL SITE | comments(0) | trackbacks(0) |
    都知事選に向けて
    IMG_0530.jpg
    多摩川河岸の夕日


    都知事選が盛り上がっている。

    バーチャルネットワールドでは、かんかんがくがくぐぎぐぎげごげご。

    新宿や渋谷にいくと、入れ違い日替わりで選挙演説をやっている。

    舛添氏当確、なんて気の早いニュースも流されているし。

    浮動票都民をあきらめさせる、アナウンス効果を狙っているんだろうな。

    マスコミのこういう動きは、真はその逆だとも思う。

    なにせ、創価学会反舛添スクープの記事がでた、翌日だ。

    臭いよね〜。一気に舛添有利のニュースが飛び交うようになった。

    正直、ステークホルダーの多い東京では、既成勢力を切り崩すのは難しい。

    都区町村の公務員、自衛隊、警察官、学校関連、交通、公共サービス、下請け会社、建設、水道、ガス、電気、みんなステークホルダー(利益享受者)だ。

    なにせ、あの石原、猪瀬とダントツで勝ち抜いてきた東京都。

    といっても、こちとら、江戸っ子、ヒネクレモンとしては、いけすかねぇ。

    かつ、外国暮らしで、日本の良さを骨の髄まで染み付いた愛国者にとって、

    放射能で汚されて、そのまま会社任せでフタをして、

    せっせと稼いだ金が外国に垂れ流し、

    口を閉ざされ表現の自由を奪われて、

    あげくのはてに、なんで、愛する日本人たちが、他国のために外国行って、

    相手を傷つけ悲しませ、自ら血を流さなければいけないのか。

    理解ができない。

    自分は仕事で、多くの講演会や、集会、シンポジウムを見聞している。

    それから判断すると、どんだけ、日本人は洗脳されているか、恐ろしくなることがある。

    彼らの語る、裏の日本の真実は、一人だけの意見ではなく、元官僚、政治家、学者、評論家、専門家いろんな人の意見が、だいだい共通するから、嘘ではないと信じている。

    自分の個人的感想だけど、政治家は清濁あわせ吞む、ことができないとムリだ。

    清い川に魚は住めない。

    宇都宮候補の政策は、とても立派。先回より何倍も練り上げられて、スピーチもうまくなって驚いた。

    先回の知事選は、絶対ムリだと思ったけど、今回はけっこう見直した。

    しかし、、、

    あまりにも弱者対策ばかりで、金持ち政策がない。

    財源は、自分が聞いたのは、8000億円ある公共投資からまかなう、ということだけだった。

    それに都民は弱者ばかりではない。いろんな人種がいる。

    政治とはその両極をうまくまとめて、中をとれる人でないと、すぐ行き詰まると思うのだ。

    そして、一番のネックは、いくら熱意があっても、正義だけでは、官僚とうまくやれないし、政策は実現できない。(民主党もそこがわかっていなかった)

    もうひとつ。脱原発候補者のサポーター同士の足の引っ張りあいは、お互い何の利益にならない。

    まあ、ネット上での、足の引っ張りあいだから、影響するかはわからない。

    先の参院、衆議院選でも、ネットの優劣や評判は、決して現実とは一致しないことが露呈したしね。

    ところで、先回のブログにも書いたけど、安富歩教授のいうように、かつての自民党の派閥政治は理にかなっていたのだ。

    自分は大嫌いだったけど、今思うが、あれは、日本人の生きる知恵だったのだ。

    会社での派閥争いも、一番、効果的に日本人の持っている能力を発揮できるやり方だったのだ。

    もちろん、これだけ国際化したら、国情も社会のシステムも変わって、以前と同じやり方が通用するとは言えないだろうけど。

    自分が知らないだけかもしれないが、福島4号機、汚染水、TPPも、なにもかもなくなったかのように情報が出てこなくなった。

    国家安全保障基本法もあるとき突然、出てきそうだ。これは国益のためには、憲法を無視できると言っている法律だ。

    今年末、特定秘密保護法が施行されれば、原発問題はおそらく特定秘密にされるだろう。(原子力規制庁はテロ対策で特定秘密の関連行政)

    だから、あるとき安倍首相や閣僚が、突如いなくなったら、4号機は事故ったと思うしかない。

    そんときの関東はもう遅い。

    東京都知事選は、そういう暗黒政府に一矢報いることのできる、大事な選挙だと、自分は思っている。

    本人の意志だったら、誰に入れてもいいと思う。

    何回もいうけど、それが民主主義だ。

    でも、そのために不幸になっても、死んでも誰も恨むな、ということだ。

    それに今さら、世界一になる必要があるのだろうか?

    いろんなところで出会う、けなげな子供たちを見ていると、マジやばいって。

    PS

    草間やよいが、誰を推すか、興味ある、、、ちょ〜インパクトあるんだけど。

    自分は無名だから、力になれないけど、有名な美術家やクリエイターたちも、もっと表に出てくればと思う。

    宮島さんとか!

    別に、日本の美術館で発表できなくなってもいいじゃん。

    逆に、世界の美術館からお誘い受けるようになると思うんだけどなぁ。

    ヨーロッパでは、とくに政治とアートは共存だし。

    IMG_0508.jpg
    代々木公園にて
    HORMONE SEKINE OFFICIAL SITE | comments(0) | trackbacks(0) |
    パラダイムシフトはもうすぐだ!
    IMG_0462.jpg


    ボランティアで、ある都知事候補者のポスター張りをした。(お金をもらったら公選法違反だそうだ)

    告知ボードの中で、ポスターの張る場所は、公示日当日の朝に決まった。

    裏はシールになっていてペタペタと張る。

    自分は作品作りで手慣れているけど、けっこう、曲がったり気泡がはいったりして難しいと思う。

    ちなみに東京都1万5000カ所あるそうだ。

    それで、TさんとUさんのポスター張りは早かったね。

    自分が回わったところは、すべて先を超されていた。

    さて、2月9日、東京都知事選挙の投票日。

    誰に投票してもいい。

    でも、正しいとか、正しくないとかじゃなく、好き嫌いでいいと思うのだ。

    もちろん、政策とか理念も大事だと思うけど、日本人なんて所詮、浮き世の都政、じゃない渡世なのだ。

    それを整理してわかりやすく話しているネタを仕入れたので、紹介します。

    あいかわらず、IWJネタの営業含みで、すみません。

    それは、東大話法で一躍、著名人に躍り出た、東大教授の安富歩教授と、仏教学者林淳氏との対談だ。

    参考サイト「仏教思想による学問のルネッサンス」:http://iwj.co.jp/wj/open/archives/119523

    安富氏は、「学者をやってて気づいたことは、学問とは、キリスト教から神を排除した神学論争だった」というのだ。

    「ヨーロッパで発展してきた智とは、ユダヤ教からのカソリックとプロテスタントの代理論争だった。

    哲学のハイデカー、経済学のサミュエルソン等、著名な学者の理論は、そういう背景、つまり文脈にのっているから、理解され、認められた」という。

    IMG_0471.jpg
    1月24日夜、官邸前の脱原発デモ。U候補者も私人で参加してました。

    それは、自分が何回も、現代美術について言っていることとまったく同じで、ユダヤ・キリスト教の理解なしに名作も天才も理解できないのだ。

    ところが、以前、自分のブログにも書いたけど、量子力学や新物理学の最先端学者たちは、東洋思想の方がよっぽど真理に近くて、正しいと認めている。

    そう、パラダイムシフトなのだ。価値観の変革がやってきたのだ!

    小泉だって変わった!?(郵政選挙では、見事に騙されたけど)

    それで安富氏は「日本の学者たちは、ヨーロッパ的ドグマ(真理)を理解できていないことを認めたくない。だから、ヨーロッパ的な学問をしている、ふりをしている。

    西洋のふりをして学問をする理由は、彼らに自己嫌悪があるからだ。横文字を見ると尊敬する。東大では、外国語ができるだけで地位があがる」と言っている(英独仏語ぐらいだろうけど)。

    また「日本人は、感覚的に、責任があることは不自由、責任がないことが自由だと解釈する。

    しかし、ヨーロッパ(ユダヤ・キリスト教的文化)では、真逆。

    責任がないということは、選択肢もないことで、不自由を意味する」と述べる。

    中国には選挙はない。だから不自由だ。それはなんとなくわかる。

    でも日本にはちゃんと選挙があって自由にみえる。

    でも、投票して、1票の責任が生じると不自由に感じるから、投票にいかない。どうせ自分の1票くらいじゃ、かわらないよ、となってしまうのだ。

    投票率が低いのは、責任が生じることの回避=自由でいたいという幻想があるからではないか。

    でも逆なんだ。

    特定秘密保護法も、そうやって決まってしまい、不自由に向かう。

    さらに、日本人はその責任を追求しない。過ぎてしまえば、それで忘れる。

    考えると意志が働き、イコール責任が生じるとなり、忘れて考えないように努めてしまう。

    自分の意志を使うことはタブーのように。

    それは、記憶するだけの教育のせいか? GHQの植民地政策なのか?

    浮き世なのだ。川の流れるよう〜に〜♬

    秋元康氏はさすが日本の文脈をわかっている。だから売れるのだ(脱線した)

    ちなみに、ここで言う責任とは、キリスト教的意味であるのだけれど、自分だって、よくわからない。

    責任とは、自分がやった落とし前は、自分でつけろ、ていう感覚。

    自分のケツは自分でふけ。 それが責任?

    ーーーーーWikipediaからーーー
    責任(せきにん、英: responsibility)とは、元々は何かに対して応答すること、応答する状態を意味しており、ある人の行為が本人が自由に選べる状態であり、これから起きるであろうことあるいはすでに起きたことの原因が行為者にあると考えられる場合に、そのある人は、その行為自体や行為の結果に関して、法的な責任がある、または道徳的な責任がある、とされる。 何かが起きた時、それに対して応答、対処する義務の事。
    ーーーーーーーーーーーーーーー

    わかるかな〜?!

    さらに、「日本に民主主義なんてそもそもなかった。日本人は、多数決で決めることを、きわめて非民主主義的だと感じてしまうからだ」とも言っている。

    安富氏は、「江戸時代は将軍以外、当番制だったから、総理大臣も複数制がいい。自民党の三角大福黄金時代は、まったくの老中制で、総理大臣を回していた。日本のトップが1人というのは、ムリがある」と述べて、なんか同感、太田道灌。

    鳩山、小沢、菅で交代で総理大臣をやれば良かった、と。

    でも安部、石破、麻生はちと勘弁だよ〜〜〜。

    とどのつまり、安富氏は、かつての清沢満之や龍樹(大乗仏教の祖)など天才の言動を引用しながら、日本人は阿弥陀如来の意志に任せればいい、と言っ切っている。

    それは、言い換えると直感、身体感覚、勘に任せろ!ということらしい。

    ムリして西洋の智なんて真似るな。それより、東洋思想で、西洋思想を組み立てることが、これからの日本の学問の課題で、突破口だと話していた。

    ところで、昨日、オーストラリアとイタリア人アーティストも交え、アーティスト・ナイト・クリージングをして、靖国神社が終点だった。

    IMG_0497.jpg
    アート・ナイト・クルージングご一行

    安富氏は「そもそも神社とは、無念の死、非業の死を遂げた人が、怨霊となって出てこないように鎮める場所が、本来の神社の役目だ。

    だから英霊を靖国に奉ることは、間違いだ」とも指摘していた。

    思うに、明治維新、あわててヨーロッパから、欠食児童のように、何でも吸収しようとした。

    もちろん思想も知識も学問も言葉でさえ。

    でも、それを消化する酵素がないまま、阿弥陀如来がわかっているから大丈夫と、ストレンジ和洋折衷のゲリゾー状態で、今まで来てしまったのではないだろうか。

    自分は、牛乳で今だ下痢するし。そんなようなもんだ、今の日本って。

    ある意味、このメチャクチャが面白いんだけど、放射能だけはねぇ、、、

    IMG_0483.jpg
    国会前アートショウ!
    HORMONE SEKINE OFFICIAL SITE | comments(0) | trackbacks(0) |