ARCHIVES















    • Contemporary Art 2.012展
      記事掲載
















  • さもしいなぁ
    180110_03.jpg

    新国立競技場建設現場(2018年1月10日)以下同様


    韓国と北朝鮮がピョンチャンオリンピックを機に歩み寄った。

    それまでミサイルが飛んでくるぞ〜

    原発に当たったらどうすんだ?

    それは指摘に当たらない、とわけのわからない炎上商売が通用しなくなってきた。

    するとネットじゃあ、平和になっては、困るとばかりに、

    エラソーな自称評論家、専門家が、北朝鮮にだまされるな、中国が裏にいる、中国の潜水艦が侵犯しそうだとか、慰安婦問題を、これでもか!とばかりに針小棒大にあおりたてる。

    しかし中国の潜水艦は、今に限ったことではなくて、つねに日本の領海にうろちょろしているのだ。

    180110_04.jpg

    でもその気持ちはわからないのわけでもない。

    彼ら、自称先生たちは、食えないのだ。

    もう本も売れないし、書く場所もない、それで外に出ればただの高齢者にすぎない。

    若い人たちにとっては、たいしたマスターピースがない評論家とか文筆家なんて、ただの高齢者だ。

    でもネットでなら、バイトのネトウヨ君たちが、コメントで誉め称えてくれるし、もてはやされて、少しは溜飲を下げられる。

    さもしいなぁ〜、、、なんかあわれだな〜〜同情

    S新聞も、新聞紙に印刷してある売国チラシだし、某H氏なんて、金儲けで右翼雑誌作っているとしか思えない。

    それにネットには、まだ書く場所がある。もちろんじゃっかんのギャラもでるのだろう。

    それらを取り上げるキューレションサイトも、自民党ネットサポーターがたくさんアクセスして拡散してくれるからアクセス数が増えアフィリで運営者も儲かる。

    実際、アフィリで食っている連中は、ネトウヨサイトをたくさん立ち上げて稼いでいるという。

    別に日本がどうなろうといいのだ。自分が金持ちになれば。

    でもさすがグーグル、そういう似たような内容がないページをたくさん紐づけているサイトを選別して、ランク下げを昨年末に実施している。


    180110_05.jpg

    そういえば今年も確定申告が近づく。

    佐川国税庁長官は、森友学園の資料はすべて破棄したそうだから、自分の領収書も捨てましょう。

    もうこの独裁国家に対してできる抵抗は、そういうところでしかない。

    でもマジ、このままでは日本は滅亡する。

    中国が尖閣をとったらどうするなんて、ノーテンキなこと言っている場合じゃない。

    とろうと思えば、明日にでもとれる。でもとったところで何のメリットがない。だからとらないだけだ。

    尖閣なんて島を占領したとたん、いまのところ世界が中国を許さなくなるのは明らかだ。

    でもこんな体たらくな政権与党のままでいたら、日本に魅力がなくなって誰も助けてくれなくなるよ。

    まあ、ネトウヨもサヨクも中道もいろいろな主張があっての民主主義だから、いてもいいのだけど、あまりにも今の社会は、いびつでおかしい。

    やはり司法が、ちゃんと独立して機能していないところが悪いよね。

    180110_06.jpg
    HORMONE SEKINE OFFICIAL SITE | comments(0) | trackbacks(0) |
    あけましておめでとうございます
    2018newyearWeb.jpg


    2018年が始まりました。

    今年はどんな年になるでしょうか?

    という間に、もう2018年も終わりだぁ〜とか言っているようで怖い、、、

    自分を捨て、大宇宙のリズム、大きなエネルギーの流れ、原子の振るえに身を任せませう。

    無の境地につとめませう。

    すると目の前にパッと新たなる世界がひろがるでせう。


    2018年元旦の新国立競技場建築現場(2018/1/1)

    1811_IMG_3598.jpg

    1811_IMG_3590.jpg



    1811_IMG_3602.jpg
    HORMONE SEKINE OFFICIAL SITE | comments(0) | trackbacks(0) |
    原宿ダイソーにビックカメラが!
    171230_IMG_3587.jpg

    原宿ダイソーになんとビックカメラが!インバウンドを狙ったね。


    2017年もあと1日。

    なんと来年はイヌ年だ。

    おーーーまいどっぐ!!!!

    2017年を、総括すると、、、、よく生きてこれた!

    自分を褒めてあげたい、、、涙

    なんと、今年は、念願のヨーロッパツアーいっちゃったもんなぁ。

    しかしまあ、よく行ったもんだ。

    というより自分の人生振り返ると、引寄せの法則だ。

    今回のヨーロッパツアーも行きたい!と数年くらい思い続けてたら、行けた。

    そもそもギャラリーの企画展すら叶わなかったけど、もう企画展以外、やらない。

    さらに海外の展覧会なんて、夢を飛び越え、別次元の話だったのが、プラハやベオグラードやハンガリーなどの国際展に招待された。

    雑誌はたくさんこなし、テレビにも何回か出たし。

    と言っても今でも、借金まみれで収入なんて雀の涙もないハチドリの涙。

    1円でも安いスーパーを自転車で回って、賞味期限切れを探し、節約しないと暮らせない日々。

    あ〜正月くらい、美味しいもの食べたいなぁ。


    ところで、あおひと君ヨーロッパツアー、ぜひYouTube見てください!

    ■あおひと君ヨーロッパツアー。ダイジェスト版(1分)


    ■あおひと君ヨーロッパツアー。フルバージョン(48分)


    とにかく夢をひとつづつ、叶えていくのだ。

    けっして諦めず、周囲の人に惑わされず、みんなにバカにされようが、相手にされなくても、孤独を友に、自分を信じ、つねに前を向き、突き進むのです。

    それがアーティストです!

    2018年は、またまた大きな夢を引寄せますよ!

    新国立競技場建設現場(2017年12月30日)

    171230_IMG_3575.jpg

    171230_IMG_3578.jpg

    171230_IMG_3582.jpg

    171230_IMG_3584.jpg
    HORMONE SEKINE OFFICIAL SITE | comments(0) | trackbacks(0) |
    メリクリあけおめタラレバ
    171223_01.jpg


    171223_02.jpg


    171223_03.jpg


    171223_04.jpg

    新国立競技場建設現場(2017年12月23日)


    分断化した社会。

    つまらない世の中になったねぇ。

    生きるって何?

    自分は何?

    死ぬとどうなるの?

    なんで自分が自分なの?

    真剣にこんなことを考え続けて、はや2018年。

    都市伝説では、2018年はたいへんな年になるそうだ。

    アメリカの北朝鮮先制攻撃も、まことしやかに噂される。

    プーチンは、ピョンチャンオリンピックに、ロシアがドーピングで参加禁止になっても、会見をみたけど、全然怒ってなかった。

    これも北朝鮮先制攻撃の噂に拍車をかけた。

    日本はどうなるのだろう?

    なるようになるのだが、その前に核戦争だけはやめて欲しい。

    人類は、そう長く続かない種になりそうだ。
    HORMONE SEKINE OFFICIAL SITE | comments(0) | trackbacks(0) |
    あ〜っ年末、、、ふぅ
    171209_KC4H0519.jpg

    新国立競技場建築現場(2017年12月9日)


    早いっすね、時のすぎゆくまま〜に木の実ナナ!

    寒いっ、今年は。

    去年の12月は暖かかった。

    電気代を比べたらよくわかる。

    なんか、国防とか、北朝鮮とか、中国とか、そんなこと言っている場合じゃないんでは?

    マイカントリー・ジャパン。

    それでなんとなく東京は、アートブーム。

    最近、ギャラリー巡りをよくしている。

    けっこう絵が売れていたり、ギャラリーの訪問者も多い印象だ。

    いいことだ!

    アートは、癒される、元気になる、考えさせられる、新しい視点を発見できる。

    しかし!

    模倣じゃないぞ、景色やものや人物を、そっくりに描いたりするのは、工芸だ。

    アートは、感性、感動、本能な部分を刺激する創作物です。

    そう思うと、日本人のDNAは、自然ととても近しく生きてきたから、

    まず最初に、その部分から感情や感性が動かされてしまう。

    だから工芸的な作品がもてはやされるのだろう。

    そしてそれらをアートと呼ぶ。

    でも、その価値感で欧米に行くと、?となる。

    といろいろヘリクツ並べても、食っていかなきゃならないのだ。

    せつないなぁ、、、、



    171209_KC4H0507.jpg

    171209_KC4H0517.jpg

    171209_KC4H0505.jpg

    新国立競技場建築現場(2017年12月9日)
    HORMONE SEKINE OFFICIAL SITE | comments(0) | trackbacks(0) |
    今は〜♬もう秋〜がす〜ぎ枯れススキ〜♪
    171121_KC4H0486.jpg

    今年も表参道のイルミネーション。設置・点検作業中に遭遇。


    171121_3517.jpg

    千駄ヶ谷の鳩森神社前の1本道のその先に、ちょうどお天道様が沈んでいった。「竜の道」と昔から言われ、気が通じていいとも(あくまでも噂)。


    日本の四季は、美しすぎるから、それ以上、考えることをしなくていいのかもしれない。

    それが毎年、繰り返される。

    この変化は、欧米の思想をめぐらす文化のようにはならなかった理由かもしれない、と代々木公園の紅葉をみて、思った。

    171121_KC4H0490.jpg


    171121_KC4H0494.jpg

    代々木公園の紅葉。こういうのに出会うと、すべてがど〜でもよくなってしまう、、、とほほ


    とくにヨーロッパの冬は厳しいもんな。

    せいぜい南欧のローマやアテネ、スペインのバレンシアあたりにいかないと、東京のような寒さの冬にはならないと経験している(今は温暖化で変わったかも)。

    ロンドン、パリ、フィレンチェも冬はシバれるロッキンロールだ。

    そんな厳しい自然環境だったからこそ、人智、人間中心になったんじゃないのか!?

    日本には、美しい自然があったからこそ、それと一体化し、あまり人間という存在には重きをおかないようになった。

    むしろそれに従うことをよしとした。

    だから現人神(あらひとかみ)には、ひれ伏すパブロフの犬になってしまう。

    アートに対しても、自然と人智の差が生じる。

    自然崇拝と人間崇拝の違い。

    それで日本は、外見重視、建て前、肩書き、表向きに影響されちゃうんじゃないかと、かってに想像しています。

    わかるかなぁ、わかんねぇだろうなぁ〜いぇ〜い、ピース!


    171121_3500.jpg

    新国立競技場建設現場(2017年11月21日)

    171121_3511.jpg

    新国立競技場建設現場(2017年11月21日)

    171121_3514.jpg

    新国立競技場建設現場(2017年11月21日)
    HORMONE SEKINE OFFICIAL SITE | comments(0) | trackbacks(0) |
    あっという間に〜冬!
    171030_03.jpg

    あっという間に、時間が過ぎ、ブログも更新できず、、、

    先週、久々にある出版社から雑誌のイラストを依頼された。

    A4ちょい大きいカラーのイラストを水彩で描いた。

    やはり手書きはいい。

    ここ数年、Photoshopとかで、ネットからイメージを探しだしてきて、マウスで描いているばかりだったので、とても新鮮でした。

    171030_01.jpg

    欧米では、かなりの現代美術ブームだ。

    先日も、オノヨーコさんがバスキアの絵をオークションに出すと12億円で落札。

    いくつかのギャラリーを巡って、話を聞くと、インバウンドで外国人観光客が、飛び込みで入ってきて、作品を買って行くと口を揃える。

    日本人よりも多いというから、驚きだ。

    むしろ当然で、日本人は絵を買う習慣はないが、欧米社会では、作品を買う、家に飾る、プレゼントする、毎日見て楽しむというのは生活習慣になっている。

    最近では、それに中国、アジア諸国が投資ブームに便乗して、アート爆買い。

    しかし、今日もニュースに、沖縄の芸術祭のパンフに寄せられた文章について、沖縄県は、それを政治的だと判断、削除したというガラパゴスネタを見つけた。

    参考サイト:米軍ヘリ事故など政治的な文言削除 沖縄県、芸術文化祭パンフから(沖縄タイムズ)

    数年前、フジロックに政治を持ちこむなと炎上騒ぎも記憶に残っている。

    日本では、美しい、きれい、かわいい、優れた技術だけをさしてアートという。

    まさに忖度芸術、見た目だけ芸術だ。

    しかし本来、現代美術は、思想的意味合いがリンクしてこそ、価値があるとする。

    政治ももちろん、現在では、人間が生きる上で必須なのだから、芸術の重要な一要素だ。

    だから政治的なモチーフや表現でも、削除とか公開中止なんてありえない。

    先進国にいけばいくほど、現代美術の表現は束縛されない。

    エロでも、政治でもOK。

    むしろ人権を侵害したり、自由を束縛したり、ナチズムのようなネタのほうがNGだ。

    欧米では、意味を求める。

    何よりも意味が重要なのだ。

    それを読み解くことに、喜び、感動、価値を見出す。

    美しさや技術は、意味がしっかり裏づけされていて初めて価値が生じるのが、現代美術のコンテキスト(文脈)だ。

    作品が生まれた動機、作家が作品として表わせなければならない必然性、そしてそれが、この社会と思想にどう絡み合うのか、ということに説明を求められる。

    日本のアートが、海外に行っていまいち?と言われてしまうところには、この点の欠如があるからだ。

    それは言葉では補足できない。

    作家の作品に対する取組み方、モチベーション、意識が問われるのです。

    まあ、日本人は、物事を深く考えない、哲学しない民族なので、本来、アート自体、何をもってアートとするのかはあまり重要ではないのかもしれません。

    そのとき心がビビっと震えたり、感覚的に心地よかったら、それ以上はいらないのですね。

    それが自分たちだとしたら、ちょっと切ないなぁ〜〜〜〜

    171030_04.jpg
    HORMONE SEKINE OFFICIAL SITE | comments(0) | trackbacks(0) |