ARCHIVES















    • Contemporary Art 2.012展
      記事掲載
















  • LOVE & RELIEF (序の口) ー最終
    【緊急告知】
    8月3日(土)第五回東京創造芸術祭
    15:00~17:30の間、あおひと君パフォーマンスを上演!
    なかのZERO・展示ギャラリーB2F(中野区中野2-9-7)入場無料 http;//tokyopaf.org
    ーーーーーーー


    シュタイン夫人へ(私たちはどこから)


    私たちはどこから生まれて来たか。

    愛から。

    私たちはどうして滅ぶか。

    愛なきために。

    私たちは何によって自分に打ちかつか。

    愛によって。

    私たちも愛を見出し得るか。

    愛によって。

    長いあいだ泣かずに済むのは何によるか。

    愛による。

    私たちをたえず結びつけるのは何か。

    愛である。


               『ゲーテ詩集』高橋健二訳 新潮文庫


    日本には、小泉政権前までは、愛がまだ、あった気がする。

    それが、21世紀になって、愛がそのまま、「金」に換わった。

    私たちはどこから生まれて来たか。
    金から。
    私たちはどうして滅ぶか。
    金なきために。
    私たちは何によって自分に打ちかつか。
    金によって。
    私たちも金を見出し得るか。
    金によって。
    長いあいだ泣かずに済むのは何によるか。
    金による。
    私たちをたえず結びつけるのは何か。
    金である。


    まあ、昔のことをいくら懐かしんでも、何も変わらない。

    この宇宙では、線形成長だから、前に向かって進まねばならない。

    しかし、愛は、永遠不滅だと思います。



    ーーー LOVE & RELIEF (序の口) ー最終(前からの続き)ーーー

    S46 ところで、あおひと君は、感覚が私たち人類とは違うけれど、精神っていうものはありますか?

    A46 セイシン?!青心(あおいこころ)?

    S47 セイシンは、気持ちというか、団体行動をコントロールする共通した考え方です。

    A47 行動は色域変位* によって判断する。

    S48 精神というのは、感情とは別に、整理された共通認識があって、それらが個性を側面から支えているんです。その共通の心の働きのことをいいます。

    A48 それって、心を青く塗りつぶす行為に近い。

    S49 ヒカリ時間性時空(4次元)では、電磁波の波長によって、色が決まるが、あおひと君たちの第3パラレルワールドは、電磁波じゃなくてダークエネルギーの面滅具合によって発色が決まる* んですよね。

    A49 青は正常、穏和、安心、希望、ほどよい欲望。黄色は興奮、走る、汗、若さ、焦り。黒は、落ち着き、危機、先輩、後輩、赤ちゃん。赤は、闘い、悲観、苦痛、サギ、ダッシュなどを意味する。

    S50 まるで複雑な信号機ですね。人類は、よく愛国心と言うけど、あおひと君はそういう気持ちは、ありますか?

    A50 愛色心(アイイロココロ)だ。それが、精神と似ているかもしれない。青いものは青い!

    S51 そうですけど。

    A51 ずっとずっとずっと昔、太陽系がすでに消滅したあとで、宇宙の色すら、まだ定まっていなかったころ、あおひとびと、あかいろびと、みどりびとたちとの壮絶なRGB大戦* というのがあった。それはとても悲惨な戦争だった。宇宙空間が一面、兵士の屍骸で埋め尽くされた。宇宙全体、真っ白く輝いて夜が、数百万年訪れなかった。あかいろびと、みどりびと、あおひとびとの白色消滅* のせいだ。

    S52 これから未来で起こるRGB大戦のことですね。なにしろパラレルワールドの未来や過去の方向は、そのつど変わるからやっかいです。

    A52 当時、スーパーブルーはまだ発見されていなかった。だから、あかいろびとも、みどりびとも、発色軽減法* を使って色温度を保たなければならなかった。それで生み出された戦法が、あの有名なカラーリング・ストラテジック・カノン* による冷却攻撃だった。

    S53 カラーリング・ストラテジック・カノン?!

    A53 カラーリング・ストラテジック・カノンは、別名、色水鉄砲だ。そもそも、白人連合軍から横流しした武器で、フルーツジュースミサイル、無色爆弾、カキコオリ噴射なども持ち出して、辺り一面、無色透明になるほど激しい闘いだったという。

    どれも、お互い冷水を掛けあう戦法に大差はないが、その年の桜色の鮮やかさによって使い分け、色相マッチング* によって無色化させる。でもそのタイミングをはずすとトリコロール自爆、つまり白色消滅で相打ちになってしまった。

    S54 つまり透明に無世界化されずに、白濁汚染して宇宙にただよってしまう。その一部の白濁汚染物質* が、パラレル分岐点から、こちらの世界にしみ出してきている。それが宇宙をさまよい、一部は地球にも辿りつき、マリン・スノーとなって、今もって地球の海底に降り積もっている。

    A54 そしてそれが、熱水鉱床に触れて生物が生まれたという説を、あおひと君科学アカデミーの、ややこい・あおひと君教授* が発表している。

    S55 それ聞いたことがあります。あおひと草から人は生まれた、と古事記* や日本書記に、色人創世説として残っています。最近、言われ出したのは人類はパラレル両性類* かもしれないということですね。

    A55 カメレオンは、そのなかでもっとも古い形質を保っている。

    S56 あおひと君の星にもカメレオンはいるんですか?

    A56 変色動物だったら、アオリイカ、アオマキクラゲ、発色タコなど何種類か生息している。

    S57 なんか楽しそうな星ですね。

    A57 でも風速500メートル、マイナス160度で、夜は2000度まで上がるから、人間は生きていけない。元素構成による物質だと燃焼してしまう。あおひと君は、色差構造だから燃えない*。

    S58 そろそろ、時間も迫ってきたので、最後の質問になりますが、これからのあおひと君の探査計画はどうなっているのですか?

    A58 スーパーブルーが見つかるまで探す。

    S58 青山や青森はもう、探したんですよね。

    A59 まだ探し切れていない。

    S59 ところでスーパーブルーはどんな形をしているんですか?色はもちろん、青色でしょうけど。

    A60 スーパーブルーは、 グリーンピースくらいの大きさだ。

    S60 グリーンピース?! ブルーピースじゃないんですね。。。

    A61 ものの量や大きさは関係ない。スーパーブルーは、人間のホルモンのようなもので、カギのようなものだ。そのカギ1つで、第3パラレルワールド全体にエネルギーを循環させることができる。

    S61 さすがに地球の科学では、あまりにもかけ離れた原理です。

    A62 マイナス100億年前に、スーパーブルーの1個のカギ元素が、パラレル第3ワールド内で、色人(いろびと)系エグジスタント した。それが全宇宙を回りながら、青い素数を拾い集めると、反応しあってパラレル構成色になった。その素数の鍵穴に、スーパーブルー元素がすり抜けると、素数のレセプター部分が、共鳴しあって宇宙ドットなニジミを起こす。それが色人系代謝を刺激して、ブルーコンシャスネスになり、青タウリンの元になるんだ* 。

    S62 ちんぷんかんぷんですが、とてもすごいことなのでしょう。

    A63 とてもムダのない、省ブルー新陳代謝活動* だ。地球では、おそらく1兆倍はエネルギー効率が悪い。

    S63 1兆倍!なんか子ども同士の会話みたいですよね。それで、いつ、あおひと君は帰るのですか?

    A64 青春時代のうちは、あおひと君は、故郷には帰れない。

    S64 青春時代?! それってどれくらい続くんですか?

    A65 青い春が終わるまで。でも、そのまえに、スーパーブルーが足りなくなったらたいへんだ!
    k
    S65 大丈夫です。あおひと君ならぜったい探せます。

    A66 明日からブルネイへ行かなくてはならない。数日前、青いシャクナゲが咲いたと連絡があった。もしかするとスーパーブルー返照兆候* かもしれないのだ。

    S66 ブルネイですか。それはまたうらやましい。お気をつけてくださいね。鳥インフルエンザ流行っているみたいですから。

    A67 青息吐息、、、、ブルブル

    S67 それでは、今日は、どうもありがとうございました。なんとかして、スーパーブルーを探し出して、あおひと君たちをどうぞ、助けてくださいね。ありがとうございました!

    A68 ブルブルブルブルブルブルるるるる!

    (了 序の口)


    * 註
    色域変位
     あおひと君は、色の差がすべて、思考、行動の基本になっている。人類は、化学変化によっている。

    ダークエネルギーの面滅具合によって発色が決まる
     前出したが、パラレルワールドでは、線形ベクトルの波長によって色が決まらない。ランダムな、エネルギー表出によるリズムに似た現象が、ベクトルとなっている。つまりそのリズムが、色を決めている。

    RGB大戦
     パラレルワールド内で起きた、最大の宇宙戦争。あおひとびと、あかいろびと、みどりびとたちの、自分たちの色が一番!という主権争い。

    白色消滅
     青と赤と緑のヒカリの三原色の原理と同じで、死をもってお互いの色元素が混じりあい、消滅すること。

    発色軽減法
     スーパーブルーはあおひと君のエネルギー源、レッドブルが、あかいろびとのエネルギー源、ミドリムシが、みどりびとたちのエネルギー源だ。しかし、当時は、それらエネルギー源の抽出法が、発見されていなかった。いろびと星人たちは、怒ることが一番、エネルギーの浪費になったため、なるべく怒りを押さえながら戦った。発色軽減法とは、その怒りを鎮める方法。しかし、その方法は、門外不出の匠の技なので、具体的なやり方はわからない。

    カラーリング・ストラテジック・カノン
     いろびと星人は、怒りがエネルギー浪費になるため、怒らせた方が、勝ちになる。そのために考案された戦略。フルーツジュースミサイルは、果物の汁のミサイル。当たると果汁のシミで汚れて、汚い。いろびと星人にとって、多色化ほど致命傷になる。無色爆弾は、大きな音がなって、ウワッて驚かす爆弾。カキコオリ噴射は、氷のつぶをかける銃器だ。どれも、腹が立つ。

    色相マッチング
     星の循環で、その1周期は、桜色が発色の基準となる。音叉が発する純音のようなもの。完全に相手を激高させるためには、その基準をもとに、武器を調整しなければ、威力を発揮できない。

    白濁汚染物質
     いろびと星人たちは、どれも無色化によって、消滅する。しかし、不完全消滅した場合、白い色素元素が残留する。そこには、数々の有機物も含み、透明度を下げ、色彩度も下げてしまう。それは、いろびと星人のエネルギー代謝に著しく影響するのだ。
     
    ややこい・あおひと君教授
     ややこい・あおひと教授(地球ではアンタッチャブルーと名乗っていた)が、地球に探査に来た際、マリワナ海沖の熱水鉱床で、その白濁汚染物質の有機化合現象を発見した。
     ややこい・あおひと君は、ブルーサイエンティストたちの最高学術会議あおひと君科学アカデミーの初代総長もつとめた、少し色の濃いあおひと君だ。若い頃は、よく青臭い理論ばかりを発表して、干されていた時期もあったが、その青二才ぶりが功をなし、スーパーブルーあおひと君生成論を完成させ、一気にアオデミック青世街道を、のぼり詰めた。ちなみに、ややこい氏も、青柳清流を崇拝し、アオデミックな道を選んだと、「青年の息吹」誌のインタビューで告白している。

    色差構造だから燃えない
     火も、色のうちなので、いろびと星人には熱くないし、まして燃えることもない。

    マイナス100億年前に 〜 青タウリンの元になるんだ
     時間軸が、宇宙次元とは異なり、過去、未来がないので、確定できないが、パラレルワールド創世記のころ、水素とヘリウムの対元素にあたるカギ元素が、パラレルワールドのダークマターとの反応によって、色化(色表出)した。それが、パラレルワールド全体にチリのように存在し、素数個の色化した青色点滅同士が、同調、収斂して(ブルーコンシャスネス)、あおひと君が生まれたという学説。それが、あかいろびとの場合は、レッドブル元素になって色化したが、青になるか、緑になるか、原因は、まだ解明されていない。
     そして、色調癒合した素数色化分子は、それぞれカギ元素をもとに生成されているため、スーパーブルー元素との親和性があり、それに触れることで、共振しダークマターを、取り込むことができる。すると、アンバランスなエネルギー傾斜が生じ、時空のゆがみとなる。それは、この宇宙空間でいう、ダークエネルギーの磁場に似ている。そして前出した、色域変位を生じ、あおひと君の活性化を促すエネルギー源となるのだ。それは、現在、青タウリンとして人工的に抽出できるようになった。これがかの有名な、ややこい・あおひと君の名を世に知らしめた、スーパーブルーあおひと君生成論だ。(わかんねー)

    省ブルー新陳代謝活動
     つまりダークエネルギーを活用することによって、あおひと君の代謝率は格段に効率化される。

    スーパーブルー返照兆候
     地球上では、スーパーブルーが放つエネルギーが、生物に突然変異となって現れることがある。つまりその近くにスーパーブルー鉱床があるかもしれないということだ。
     ブルネイも、その地名から察して可能性は高い。ところで、8月末、ブルネイでTPP会合が開催されることが、急遽決まり、あおひと君のブルネイ行きは延期せざるをえない状況となった。

    <序の口 完>

    *なお、本作品はフィクションです。内容、登場人物などは、事実とは、まったく関係ありません。

    LOVE & RELIEF (序の口)©Kanji SEKINE a.k,a, Hormone SEKINE, 2013
    HORMONE SEKINE OFFICIAL SITE | comments(0) | trackbacks(0) |
    言霊と  LOVE & RELIEF (序の口)−4

    心やさしき人々に


    詩人は沈黙することを好まない。

    あまたの人々に自分を見せようとする。

    賞讃と非難とは覚悟の前だ!

    だれも散文でざんげするのは好まないが、

    詩神の静かな森の中でわれわれはしげしげと

    バラの花かげに隠れて、こっそり心を打ち明ける。


    わたしが迷い、努め、

    悩み、生きたことのくさぐさが、

    ここでは花たばをなす花に過ぎない。

    老いも若さも、

    あやまちも徳も、

    歌ともなれば、捨て難く見える。

               『ゲーテ詩集』高橋健二訳 新潮文庫


    詩というのは、本当に不思議だ。

    こんな何の変哲もない、誰でも書けそうな単語の羅列のどこに、まして、翻訳でもあるというのに、ブルブルと心をふるわす力が隠れているのだ。

    昔の日本では、言霊(ことだま)といい、言葉のなかに霊が宿るとされ、大和言葉(ひらがな)だけで歌をつくると、不思議なことが起こると言われていた。

    アートもしかり。

    ゴッホの歪んだ肖像画にしろ、パウル・クレーの子どもが描いたような水彩画にしろ、濃紺の筆痕だけのリーウーハンの画布にしろ、樹脂の塊だけのレイチェル・ホワイトリードの立体にしろ、同じような言霊が潜んでいる。

    自分は、この魔物に取り付かれ、ここまで来てしまった。

    今や、活字がデジタルに取って代わった。

    しかし、それは、甲羅に刻まれた痕跡から、竹巻に、そして紙から光の集合体に変わったところで、

    岩窟画、油絵、映画、形の残らないパフォーミング・アートですら、同様に、無名でも「本当の作品」には、ひっそり言霊が寄り添っている。

    いったいその言霊は、向かうからやってくるのだろうか? 

    それともこちらから、這いつくばって探し出すものなのだろうか?




    ーーー LOVE & RELIEF (序の口) ー4(前からの続き)ーーー


    S34 ところで、あおひと君たちの星ってどんな感じですか?

    A35 一日の始まりは、風速500mの酸化鉄の青い風が吹いて、陽がのぼると、マイナス160度のメタンの大雨が降る。夜になると、地熱が吹き出して2000度くらいになる。それで一日は、地球の1869年分だ。1年は257日間。だから長く生きれば生きるほど、寿命が短くなってしまう*。

    S35 壮絶な環境ですね。すると、みじかければ短いほど、長くて、早ければ早いほど遅くなって、大きければ大きいほど、小さくなって、悲しければ悲しいほどうれしくて、、、でも、よくそんなところで生きていけますね。

    A36 すぐに慣れる。あおひと君たちは、色に左右されるから、気温や風などの環境は関係ない。物質はあまり重要なものではない。まして時間や質量の多寡や、増減はまったく価値がない。

    S36 なるほど。あおひと君は、物質やその量の多い少ないは、重要ではないのです。人間には、化学反応が生態の基本なので、質量や大きさ、速度、数の大きい、小さいは、必要不可欠な条件です。でも、あおひと君たちは色変換型生命* ですから、違いますよね。色の表面活性と物質のゆらぎ反応の結果で、非線形成長* をします。なにしろ人類には感知できない時空のパラレルワールド住民ですから。

    A37 あおひと君は、色にはうるさい。1兆351億3024色、識別できる。でも、匂いは、臭い、甘い、青い香りの3つだけ、味も美味しいとまずい、青っぽい。あおひと君の感情には、冷たい、悲しい、楽しい、青く切ない、ウルトラマリンに幸せ、という感情がある。

    S37 あおひと君は、物質が相互に作用してそれが、新しい物質に変換する代謝活動はないのですよね。つねにブルーのコロガル状態が連続して、意思を形成するということを聞きましたが・・・。

    A38 あおひと君の進化は、コロガル現象による、思いこみワールド内で成立する*。

    S38 素晴らしいなぁ。この次元にも、思いこみワールドを表出させようというマッド・ブルーサイエンティストがいますが、ぜったい成功しない。なぜなら、反転形成の際、どうしてもダークエネルギーの余剰分を処理できないんです*。あまりにもダークエネルギーのひかり時間におけるエネルギー換算値が大きくなりすぎるからと、いわれています。

    A39 ダークエネルギーの中和処理* には、莫大なセルリアン・フィルターがいる。おそらく太陽の1京倍の10兆倍くらいのターコイズが必要だ。あおひと君の星にはターコイズが無尽蔵にあるし、メタンからも抽出できる。

    あおひと君は、大きい小さいなど、尺度がないので、すぐに集められる。それだけあれば、それだけあるということになる。だからそれだけあることにすれば、それだけあることになる。

    S39 う~ん、地球の技術では、とうぶん不可能だなぁ。それでも思いこみワールドはとても魅力的です。有頂天ジャンプ、本物タイムマシーン、よりどりあおみどり動物園、酒池肉林シミュレーション、一攫千金永遠ゲーム。思いこみワールドの情報は、少しだけですが、青色申告*によって漏れ伝わってきています。再来年あたり清里に、なんちゃってテーマパーク* をつくる計画まであります。

    A40 あおひと君の意思を、57.6テラブルまで、青くしないと思いこみワールドは出現しない。だから、スーパーブルーの枯渇してきたあおひと君の星では、ときどき、思いこみワールド誤解症候群* が流行し、大勢のあおひと君が、水彩褐色病でこん色消滅* してしまうのだ。

    S40 混色消滅ですって!そりゃあ、むごい。あおひと君は、混色消滅を実際、見たことってありますか?

    A41 何度かある。それは残酷な消滅シーンだ。だんだん、褐色化して、カクカクと、あおひと君が立体化していって、いきなりパ~ン!だよ。パ~ン!ってそりゃ、ひどい。

    S41 立体化ですか!そりゃないよなぁ。立体化でも、比較的、穏やかな8角形化くらいで消滅するのでしょう?

    A42 いや、48794角形化まで、柱状変態* を繰り返して、消滅したという記録が、残っている。

    S42 よん、、、4、48794角形化!角張りすぎていて、耐えられない。

    A43 自分は、今までに558角形化までしか見たことはない。立体化するときは、騒音もスゴイ。なにしろ色同士が奏でる擦過音は、周波数を超える。

    S43 、、、そんな場面に遭遇したら、多角形トラウマになってしまいますね。

    A44 ほとんどの場合は、128角形化までで消滅する。最近、青年たちの体力が落ちてきたので、36角形化くらいで、ほとんど消滅してしまう。

    S44 あおひと君の世界でも最近の若者は、弱くなったんですね。昔、ブルーホーンの青柳清流氏* なんて、奥歯だけで、7700角形化まで耐えたというレジェンドあおひと君もいたのに。

    A45 現在あおひと君は、立体化しはじめたら、ブルーレット乳軟剤ですぐに面取り防止治療* を施す。それでだいたい助かる。でも治っても少しだけ、カドが立つ。しかし、日常生活に支障は残らない。ただ、お尻あたりに青いアザは残ってしまう。

    S45 面取り防止治療跡は、地球人にもたまに見かけます。とくに、日本、モンゴル、ハンガリー人などに現れることがあります。

    * 註
    長く生きれば生きるほど、寿命が短くなってしまう
     パラレルワールドは、すべてこの宇宙とは、逆になると、と考えればわかりやすい。長い→短い。強い→弱い。だから、この地球での価値観も、パラレルワールドでは、反転する。しかし、あおひと君たちの価値観は、色にしかない。他のことも許容できるが、別に? だから? という感覚だ。

    色変換型生命
     色が、形相を保っている生命。人類が生きている4次元ではなく、高次元になると、すべてが自由になるという、いい例だ。つまり、あおひと君たちの次元の波長は、線形ベクトルで、つながっていない。それを言葉で表現することは、不可能で、ウン!とか、アッン! とか念じたような状態が、ランダムに点滅するイメージ。

    色の表面活性と物質のゆらぎ反応の結果で、非線形成長する
     前項から続くが、点滅自体、線形運動なので、それが過去や、未来や、時間軸を飛び越えて発生し、かつ、それらがつながることができ、生命を形成し、時間軸や、空間のゆらぎを利用して、あちこちに行ったり来たりしながら成長する。

    コロガル現象による、思いこみワールド内で成立する
     それで、あおひと君が、高次元で出現し、その状態を安定させるためには、電磁波でなく、コロガル波(点滅のイメージ)のエネルギー凝縮によって、元素が存在できるようになる。その凝縮させるエネルギー界を、あおひと君は、思い込みによって作り出している。
     
    反転形成の際、どうしてもダークエネルギーの余剰分を処理できない
     マッド・サイエンティスト(昔の錬金術師のような科学者)が、現在、引き寄せの法則で、少しだけ解明されつつある思い込みワールドを、この宇宙にも、作り出そうとしているが、ダークエネルギーの量が、計測できないので成功しない。

    ダークエネルギーの中和処理
     計測できないダークエネルギーを、表出させるため、陽子を破壊するが、その際、出るエネルギーを制御しないと、計測器自体が、破壊されてしまう。そのために、引き寄せの法則で、ダークエネルギーと陽子破壊をぶつける方法。

    思いこみワールド誤解症候群
     思い込みワールドは、自分の要求するすべてのものに対応していると、勘違いしてしまう病気。

    青色申告
     スパイウエアのひとつ。マッド・サイエンティストの間で、パラレルワールドの情報を盗聴するプログラムとして使われている。

    なんちゃってテーマパーク
     思い込みワールドを真似た、疑似体験型遊園地。

    水彩褐色病でこん色消滅
     水彩褐色病とは、反水分子が、コロガル現象の途中で混入してしまい、スーパーブルーの活性を阻止する障害。そのために、あおひと君は、ウルトラマリンに達せず、褐色になって形相を維持できなくなる、とても恐ろしい病気。

    柱状変態
     パワーバランスを失うと、時空の円環表出ができなくなり、ある部分だけが強調されて角ができてしまい、バランスが崩れれば崩れるほど、多角形化する。

    ブルーホーンの青柳清流氏
     あおひと君で語り継がれているブルーサイエンティスト。青柳清流とは、和名。本名は、あおひと君。多角形化防止剤の研究で、自らその実験台になった。まれに、反水分子を、思い込みエネルギーでイオン化させることで、褐色消滅から逃れられることもある。青柳清流氏は、思い込みエネルギーで耐えたが、7700角形化で、力つきた。この逸話は、教科書にも載った。

    ブルーレット乳軟剤ですぐに面取り防止治療
     青柳清流氏などの研究の結果、現在、あおひと君たちは、混色消滅を防せげるようになった。それは、反水分子に皮膜を作り、スーパーブルー活性酵素と遮断する方法で、面取り防止治療という。地球でいう、水に浮かべた絵の具を写し取る、墨流し描法に似ている。それで、ときどき、完全に皮膜化ができず、濁った青褐色のシミが体に残ってしまうことがある。

    <続く>

    *これまでの3本のタイトル表記を、LOVE & RELIEF(愛と安心)に変更しました。ご了承ください。
    *なお、本作品はフィクションです。内容、登場人物などは、事実とは、まったく関係ありません。

    LOVE & RELIEF (序の口)©Kanji SEKINE a.k,a, Hormone SEKINE, 2013
    HORMONE SEKINE OFFICIAL SITE | comments(0) | trackbacks(0) |
    LOVE & RELIEF (序の口) ー3(前からの続き)
    A18 あおひと君たちは、ラピスラズリー探査、分岐点回転スクリーニング、アンチパラレル非平衡熱力学試験* を繰り返している。

    先発隊で派遣された青垣やすあそ、青江美奈、青田昇、青島ゆきお、ブルースリー* たちも、綿密に調べた。しかしいまだ有益な情報を得ることができない!

    S19 ところで、カラーサイエンティストでも陰謀説* みたいなものがあると聞きました。どこの世界も権力争いは免れない。それで彼らの主張では、かなり濃度のある反世界が広がりつつあるというのですが。

    A19 ブルブルブル。(あおひと君の感情表現。喜怒哀楽はすべてこの表現で表す)

    恐ろしいのは、その反世界が、飛び石連鎖状イオン* かもしれないことだ。ヘタをすると、8テラパラパラ* もするとこの宇宙全体が、裏返ってしまうかもしれない。

    S20 8テラパラパラでですか?! ジャンピング・チェーン・レプテーション* だ! 普通、分岐点周辺で、反世界は終息するのですが、飛び石状になってあちこちに散らばっていく現象ですね。(インタビュアーも、かなり勉強している!)

    A20 ブルブルブル。あおひと君たちはヒカリ時間外平衡応力* で、維持しているから大丈夫だが。

    S21 なんですって!ヒカリ時間内逆転現象* は、幻想にすぎないと思っていました。

    A21 地球でも核が一番外側になって、地球の内側へ行けば行くほど、宇宙がひろがる。同時に、空間が360.0488度、微弱オープン常態* になってしまう。

    それで、無限に広がるはずの空間が、微妙にづれながら一点に吸収されていく。だからラセン形が生まれた。地球の内側に、太陽が輝き、天の川が走り、宇宙背景放射が響きあう。

    でも、いままでに、このギンガ宇宙でも、ヒカリ時間内逆転現象が、引き起こされていたこともわかった。それは、パラレルワールド6次元のギンスズメ色分岐点の宇宙縁に裏返り擦過傷* が見つかったことで証明されている。

    S22 まじっすか?!

    A22 ブルブルブル。それで宇宙に中心主義が生まれ、ベクトル散逸演算* が可能になったといわれている。

    S23 ヒカリ時間内逆転現象は、今までに何回ほど起こっているのですか?

    A23 5x10の53乗回くらいだ。

    S24 メチャクチャ多いんですね。

    A24 ブルブルブル。だいたい今でも地球の1秒間に、10億回くらいは起こっている。もしこの逆転現象がなかったら、中心は重力で支配されないし、バランスという均等関係は起こりえない* 。物質はつねに色域傾斜か、向かい合い反撥* になる。

    つまり、中心は偏色リズミングで決まり*、バランスは125テラワールドのプレヴィウス閃光で均等になる*。

    S25 うわっ! よくわからないですが、ひどい話ですねぇ。

    A25 ブルブルブル。

    S26 ところで、あおひと君は地球に来てどれくらいになるんですか?

    A26 青息吐息。(かなり長くいるの意)

    S27 けっこう長くいるんですね。ホームシックとかはかからないのですか?

    A28 ホームシック?

    S28 ホームシックは、故郷に帰りたい、って思う切ない、青い気持ちのことです。

    A29 ウルトラマリン祭* を思い出して、真っ青になることがある。

    S29 パラレル三大祭り* のひとつですね。先回は、ブルーハワイを借り切ってやりましたね。テレビで見ました。それで次回は、どこでやるんですか?

    A30 次の大祭は、タン・ブルー・サンカス* でやる予定だ。

    S30 あおひと君も、アオノミクス景気* ですね。あそこは高いでしょう?

    A31 いや、思ったより安かった。

    S31 ところで、食事はどうしているのですか?

    A32 ベジタリアンだから苦労しない。青ネギ、青菜、青のり、青首ダイコン、あとアオウミガメの卵は、故郷より美味しいかもしれない。(ベジタリアンといいながら、卵は食べる)

    S32 それはよかったです。お酒はやっぱりブルーキュラソー?!

    A33 最近のマイブームはフローズン・ブルーマルガリータ*。

    S33 オシャレですね~。

    A34 ブルブルブル。


    * 註
    ラピスラズリー探査
     ラピスラズリーの産出する地層の調査。

    分岐点回転スクリーニング
     ヒカリ分岐点において、宇宙とパラレルワールド間に、試験色を行き来させ、その色変化を調べる調査。これによって、ターコイズ噴出口の位置が推測できる。

    アンチパラレル非平衡熱力学試験
     分岐点回転スクリーニングで得た結果、その試験色の色温度のバランスを変えることによって、エネルギー発生量の違いを探る試験。

    青垣やすあそ、青江美奈、青田昇、青島ゆきお、ブルースリー
     先遣隊としてやってきたあおひと君たち。

    カラーサイエンティストでも陰謀説
     あかいろびとや、きいろびとたちに有利になるため、あおいろびとに間違った情報を流すカラーサイエンティストがいといわれている。例えば、黄色に赤を混ぜたら、紫にもなる、という初歩的な理論から、マスタードがカラシ色同位体になる、というあおひと君たちの生死に関わる情報まで、多々、噂されている。

    飛び石連鎖状イオン
     一部、カラーサイエンティストによると、前出したトビ色一括変換が、赤色恒星の通過だけでなく、ブラックホールや中性子星の近接(地場が強いため、数万光年の範囲)でも、うすオレンジ色流出が起こり、パラレルワールドと宇宙の間に、ダークマターのイオン化層(ダークマターにおける中性子が、遊離して層をつくる)が点在すること。

    8テラパラパラ
     パラパラは、パラノイア(妄想・偏執)エネルギーの強さを表す、パラノイア・リアリゼーションの略で、PRとも表記する。パラレルワールドには、この世界のような、距離や重量といった4次元的尺度はない。テラは10の12乗。この宇宙では、無限に近い大きさだが、パラレルワールドで、テラパラパラは、それほど大きな量ではない。

    ジャンピング・チェーン・レプテーション
     その飛び石連鎖状イオンが相互に、触媒反応をおこすことによって、莫大なエネルギーになり、宇宙とパラレルワールドが、裏返えることをいう。ただ、パラレルワールドと、この宇宙が裏返ることは、それほど珍しいことではない。しかし、この宇宙とパラレルワールド以外に、反世界という、暗黒物質だけで、できている世界が、存在していることが確認されていて、それが加わることによって、3つの世界が、3乗倍乗数反転を、起こす可能性があり、それはとても恐れられている。ブラックホールに吸い込まれるようなことだと思えばわかりやすい。

    ヒカリ時間外平衡応力
     ヒカリ時間とは、この宇宙の時間のこと。あおひと君たちは、宇宙次元的な存在ではないので、反世界の現象の外側にいることができる。

    ヒカリ時間内逆転現象
     あおひと君の発言では、彼らは反世界が存在し、その現象の外側にいることができる。ということは、実際、この宇宙でも起こりえることの反証にあたるので、インタビュアーは驚いている。

    微弱オープン常態
     反世界の裏返り現象がおこるとき、両世界にあるエネルギー・バランスが崩れ、ひずみが生じる。するとそのひずみ部分から、ゆらぎが生じ、次元が完結しなくなること。

    パラレルワールド6次元のギンスズメ色分岐点の宇宙縁に裏返り擦過傷
     パラレルワールドの6次元にあるギンスズメ色(銀ネズミ色と灰青色の中間くらいの色)の波長で成り立つ分岐点に残された、裏返り逆転現象の痕跡のこと。
     パラレルワールドは、1つだけではない。逆に言うと、無限に存在する。なぜなら、宇宙的な思想・哲学では成り立たないからだ。だから、存在しない、とも言える。その前提で、宇宙もこの1つだけでなく、パラレルワールドと対になって、無限に存在する。

    ベクトル散逸演算
     線形代数学を、循環演繹法で解を求めること。

    もしこの逆転現象がなかったら、中心は重力で支配されないし、バランスという均等関係は起こりえない*
     重力の源は、パラレルワールドと宇宙の逆転運動で、生じている。それが、質量が生まれ、回転運動、バランスへつながっている。

    物質はつねに色域傾斜か、向かい合い反撥
     宇宙とパラレルワールドの逆転運動があるゆえに、対になって存在することを言う。それで色域傾斜は、宇宙で青(490nm)は、パラレルワールドでは、ー490nmになる。
     
    中心は偏色リズミングで決まり
     逆転運動の間隔(1秒間に10億回ほど起こっている)は、パラレルワールドのエネルギー量によって決まるという概念。

    バランスは125テラワールドのプレヴィウス閃光で均等になる
     宇宙を形成する電磁波の波長の基準を定める概念で、125テラワールドとは、125x10の12乗回目に発生したビッグバン(プレヴィウス閃光)で、この宇宙が決まった、ということを意味している。

    パラレル三大祭り
      パラレル三大祭りとは、ウルトラマリン祭、コバルトブルー祭、サムライブルー祭をさす。それは、あおひと君は、ウルトラマリンを崇拝し、祝うウルトラマリン祭。コバルトブルーをあがめる、あぁおひと君たちのコバルトブルー祭、サムライブルーをあおぉひと君たちのサムライブルー祭だ。

    タン・ブルー・サンカス
     あおひと君の星の、タン地区にある青い館のこと。

    アオノミクス景気
     あおひと君の住む国の大統領 青野シンゾウが、行なった経済政策。

    フローズン・ブルーマルガリータ
    テキーラ、ブルーキュラソー、ライムジュースをクラッシュドアイス1/2カップとともにバーブレンダーでブレンドし、シャンパングラスに注ぐ。ミントの葉を飾り、ストローを2本添える。(ASAHI COCTAIL CUIDEより)
    HORMONE SEKINE OFFICIAL SITE | comments(0) | trackbacks(0) |
    LOVE & RELIEF (序の口) ー2(前からの続き)
    山本太郎氏に対する、ネガキャン、罵詈雑言がすさまじい。

    決して、何かに怒ることは否定はしないが、怒りの根拠が、悪意ばかりだと、彼ら当事者にも、よくないと思うのだが。

    というのも、怒りは、自分の命を縮める。

    早く死にたいのだったら、それでいいけど。

    確かになぁ、今の日本の状態だったら、早く死にたくなる気持ちは、わからないわけでもない?!

    ってなことで、TPP参加してしまった、、、どうすんの?!

    かつての国務長官ヘンリー・キッシンジャーが、「石油を制するものは国家を制する、食料を制するものは人々を制する」、

    「飢える時代になるから、銃をもって田舎に移って、自給できるようにしとけ、それが生き残る道」って、親切にアドバイスしていた。

    参考サイト:ジャーナリスト山本節子氏ブログ http://p.tl/ml6G

    TPPとは、関税とか、聖域5品目は、かませ犬にすぎない。真意は、日本人の食材を制する、ってことだ。

    そんなとき「処世のおきて」というゲーテの詩が、胸にグサッ!



    処世のおきて

    気持ちよい生活を作ろうと思ったら、

    済んだことをくよくよせぬこと、

    めったに腹を立てぬこと、

    いつも現在を楽しむこと、

    とりわけ、人を憎まぬこと、

    未来を神にまかせること。


    『ゲーテ詩集』高橋健二訳 新潮文庫


    とはいっても、言うは易し、行なうは難し。

    きっと、人類は、滅亡するまで、最後の1人になったとしても、怒り、悩み続けていくのだろう。

    さて、気分を変えて、前回の「Love & Peace」の続きです。またブルーな話しですが、、、汗



    ーー LOVE & RELIEF (序の口) ー2(前からの続き)ーー


    (曲:Planet フェイドイン Toru Morichika Quintet "Another World"より)

    A12 この地球には、青木ヶ原、青森、青山、青海、ブルーリバー、ブルーポイントなど、スーパーブルーの影響を受けた痕跡が、たくさん見つかっている。この日本にはとくに、多いはずだ。ブルーサイエンティスト(青を研究する科学者)が観測からすでに、青色偏向表出(*註) が、幾度か起こったことも確認している。

    S13 青色偏向表出が、この日本にもですか?! でもここは日出ズル国として、赤の影響が強いと有識者の説が一般的です。しかし、日本で青色偏向表出が起こっていたとは驚きですね。

    A13 青色偏向表出は、第3パラレル分岐点* 近くの恒星で、よく起きる現象と見なされていた。しかし、最近のブルーサイエンスでは、カラシ色やトビ色が、ダークエネルギー* との平均的パーカッション引っ張り屈折率* をあげることが、だんだんとわかってきた。

    S14 パーカッション引っ張り屈折率をあげる! だから青色偏向表出が起こったんですね。さすがあおひと君だけあって、ゆがみ論* がとても進歩していますね。

    A14 ゆがみ論に関しては、偏向表出スペキュラー* において、ウルトラマリンが、ダカーポ・リズムを刻む* ことによって、スーパーブルー抽出ができることはわかっていた。その予兆として、イシリー酸化物* の同位体でもあるラピスラズリーが、ターコイズ噴出口* の周辺に、かならず見つかる。

    S15 ラピスラズリーまでも発見されたとは知りませんでした。あおひと君たちは、その第3パラレル分岐点以外にも、多くのスーパーブルー鉱床* を発見したと言われているのですが、なぜ急にスーパーブルーが枯渇してしまったんですか? これはパラレル宇宙構造論が覆されるような大事件ですよね。

    A15 レッドレッド!まっ青。アオによし。そうしたら、どうも第3パラレル分岐点の遊離点付近で、うすオレンジ色が混入してしまうことがわかった。

    S16 そうするとトビ色一括変換* が起こってしまう。

    A16 そう、オーマイゴッド!(あおひと君は英語もわかるらしい)

    S17 今までの変色系分解力学の定説* では、暖色系による一括変換は考えられません。赤貝や赤ウミガメ、赤サヤインゲンの例からも、よく知られています。

    でも、うすオレンジ色が一括変換するとなると、これらパラレル分岐説までも、否定されることになりませんか?

    A17 じゅうぶんに考えられる。なにしろ、うすネズミ色での、特異性変換はたびたび観察されていたので、突然変異なのか、それとも、カラーサイエンティストのブルースポット相関図* の見落としにすぎなかったのか。

    とにかくあおひと君の星では、すぐに青色常態触媒としての、うすオレンジ色脱留装置* の準備はだいぶ進んでいる。だからスーパーブルーさえ見つかれば、なんとかあおひと君は、青くなって生きていける。

    S18 早く見つかって欲しいですね。

    <次号に続く>

    なお、本作品はフィクションです。内容、登場人物などは、事実、実物とは、まったく関係ありません。

    * 註

    青色偏向表出
     スーパーブルーが、380〜450ナノメーター(nm)の可視光線を、増幅し、散逸させることによって、ヘリウムをイオン化し、青臭い臭気化学物質を生成させること。まれに、アオダイショウや、カメムシが、それをフェロモンと間違えて発情することがある。

    第3パラレル分岐点
     正宇宙(この世界)と負の宇宙(パラレルワールド)の接点のことをさし、蟹座のM44プレセペ星団付近に出現するものを第3分岐点という。現在、宇宙全体で1000万箇所ほど、分岐点は確認されている。
     ちなみに分岐点は、イルカ座のR星ミラ型変光星の、色域変化の研究から偶然発見され、第1分岐点となった。ちなみにその分岐点から、古代にも、あおひと君はやってきていた。それは、ギリシャ神話に、「イルカに乗った少年」という形で記録されている。また、分岐点は、1秒間に、数十億回、開閉しながら両世界同士はつながっている。

    ダークエネルギー
     現代宇宙論及び天文学において、宇宙全体に浸透し、宇宙の拡張を加速していると考えられる仮説上のエネルギーである。また、宇宙全体に広がって負の圧力を持ち、実質的に「反発する重力」としての効果を及ぼしている。(ウィキペディアより)

    平均的パーカッション引っ張り屈折率
     トビ色(濃い焦茶色)やカラシ色にあたる、580nm〜680nmあたりの100nmの範囲の波長を、マラカスやカスタネットによって、青の波長の、山の部分を、平均的に同調させるため、ダークエネルギーを利用しながら、屈折させる増幅操作の効率性のこと。
     青色の波長だけでは、エネルギー量がたりないときに、よく使われる。そのため、あおひと君は、非常時など、自家発電によってパワー不足を補えるよう、つねにマラカスと、カスタネットを携帯している。とくにカスタネットは、あおひと君同士の会話にも使われるが、同時にエネルギーも補填できるようになっている。
     ちなみに、秋の紅葉や栗の実などの色が、パーカッション引っぱり率をあげることがわかってきた。(あおひと君の住むパラレルワールドでは、音も色も、同じ元素でできている)

    ゆがみ論
     一般相対性理論におけるゆがみ(重力歪み)とは、時空(時空連続体)上の単位距離が質量分布によって局所的に異なってくる、という概念的な凹凸のことである。(ウィキペディアより)。
     あおひと君の星などが存在するパラレルワールドでは、それが重力ではなく、色域地場論で使われることの方が多い。

    偏向表出スペキュラー
     青色偏向表出の際、発せられる光のこと。現在、あおひと君のアンテナ(ペニバン)に装着された、LOVEは、その光を計測する簡易型スペキュレーターである。

    ウルトラマリンが、ダカーポ・リズムを刻む
     青色の中でも、ウルトラマリン(450nm)は、ダ・カーポ現象(波長の山と谷の1周波を繰り返すこと)が、宇宙背景放射の奏でるリズムに同調しやすいと、偏向表出スペキュラーの計測データから、わかってきた。

    イシリー酸化物
     イシリー酸化物とは、地球では、鉱物のラピスラズリー(ウルトラマリンの原材料。アラビア語の語源で、群青の空の色の意味)と成分が似ている、パラレルワールドにある酸化化合物。マーメイドカフェのイシリーとは別だ。

    ターコイズ噴出口
     分岐点付近で、パラレルワールドのダークマターが、漏れ出る場所をさす。

    スーパーブルー鉱床
     パラレルワールド側では、この宇宙からのダークマターが漏れ出る場所に、スーパーブルーが生成されることが多いと言われている。そのスーパーブルーとは、あおひと君にとって、人類の太陽光と同じように重要なエネルギー源なのだ。

    トビ色一括変換
     分岐点は、前述したように、開閉しつづけ一定しないため、うすオレンジ色が、パラレルワールドへも漏出してしまうことがある。そのうすオレンジ色の波長が、パラレルダークマターの触媒となってパーカッション引っ張り作用を生じ、450nmの波長を680nmまで、いっぺんに引き延ばしてしまう現象のこと。
     基本的に、分岐点は、青色巨星に関係するといわれ、まれに数十光年内に、赤色恒星が通ることがあり、その影響を受けて遊離点が発生してしまうと考えられている。しかし、青色巨星の寿命による赤色巨星への過程では、遊離点は、自然消失するため、トビ色一括変換が生じないというのが、パラレルワールドでの定説である。

    変色系分解力学の定説
     波長が相互に影響しあうことを分析する、色彩エネルギー工学の定説では、100nm以上、離れた2色間は、数例をのぞき(前述したトビ色、カラシ色、うすネズミ色などが、現在見つかっている)、相互作用しないことになっている。
     パラレルワールドに、赤貝、赤サヤインゲン、赤ウミガメを、持ち込んでも、青貝、青ウミガメ、青サヤインゲンとなって、トビ色一括変換は起こらなかったと、ブルーサイエンティストが報告している。(『ブルーサイエンス』誌 8月号 P153、青士社刊 2008年)

    ブルースポット相関図
     450〜495nmの青色が、影響を受ける色の相関関係を表した色環構造図。20世紀初頭、ヨハンス・イッテンが、それをもとに色環図を完成させたことは、あおひと君の世界では有名な話。

    青色常態触媒としての、うすオレンジ色脱留装置
     スーパーブルーの活性化をうながす、触媒青色の420〜400nmから、うすオレンジ色の波長(590 ±10nm)を、抽出する装置。

    (続く)
    HORMONE SEKINE OFFICIAL SITE | comments(0) | trackbacks(0) |
    LOVE & RELIEF ー 序の口
    生きてると、本当にいろいろあって、楽しい。

    でも、ヘタレてブログを書く気がしない。

    急に涼しくなったから、外走りができて気持ちがいい。

    今日も、雨があがったので、体がうずき、サクっと30分ほど走る。

    健康には、少食と運動は必須。

    体が資本の自由業。

    参議院の次ぎは、TPPっすか。

    TPPのあとに、選挙があれば、結果は、少しは違ったものになったのだろう。

    もうこの大きな流れは止められないんだろうな。

    さあ、ますます英語が必須になる。特に大企業や地方自治体の人たちは大変だろう。

    トニックもワッフルも満点に近いあおひと君は、困らないけど(笑)。

    官僚試験が、2年後に、そうなるし。

    ワタミも、スタッフ同士や注文を、英語にしそうだな。

    名ない減るぷゆー?!って注文とるんだろう。それはそれで、面白い。

    あの支離滅裂な東大話法は、どう訳すかも見ものだ。

    たぶん、延々と、which,that,whatと関係代名詞が続いていくのだろう。

    英語は、話し言葉だから、陳情などは英語の方が訴えやすいし、日本語みたいに感情的になりにくいし、あいまいさもないし、いいかもしれない。

    かたや、農家の心配は、気が気でないと思う。

    聖域5品目なんて最初っから守れるわけがないから、確信犯だ。

    政治家は嘘ついていい、と、すぐに先輩政治家から言われた、と某議員がツイてたけど、多分、山本太郎氏も、誰からか、既に言われているかもしれない。

    だから、風評被害に苦しむ、福島産の野菜や魚を、バンバン輸出しましょう!

    これから原産地も遺伝子組み換え食品表示もできなくなるから。

    拒んだら、ISD条項で訴えましょう!

    てなことで、この前の個展で発表した映像作品「Love & Peace」のシナリオを連載して、へそでお茶をわかします、へぇ〜そ〜。

    映像は、児童ポルノ規制法改正案に、抵触するので、みせましぇん! なぜかって? あおひと君は、青二才だから。。。


    ーーーーーーーー LOVE & RELIEF (序の口) ーーーーーーーーーーー

    場所は、都内の、とあるオシャレなスペース。中央には、ベージュの大きなイタリア製ソファーがひとつ。

    ソファの後ろ全面、半透明な素材の壁で仕切られている。やわらかい晩春の光が、その部屋全体を、まるで間接照明のように包み込む。しかし、調度品は、何もない、とても無機質な空間だ。

    最初に画面は、黙ってソファーに座っている、チャコールグレーのドルチェ&ソンナバッカーナのスーツを着込んだ、インタビュアーをつとめる男A(S1)を映し出す。金色のネクタイは洋服の青山製、靴はフェラガモかも、の黒のウイングチップで、かなり個性的なコーディだ。

    あおひと君(A1)は、青いシミがところどころある、全身白い姿で、アンテナ装置のペニバンを、股間からそそり立たせ、インタビュアーと相対するようにソファに座っている。

    そのペニバンは、あおひと星の司令官と交信するために使うという。また、あおひと星では、声は、すぐ色化(音が、色彩化する)のでカスタネットを打つことで会話するらしい。だからかなり、うる星やつらだ。

    ーーー映像スタート!フェイドインーーーー

    S1 こんにちわ。一般市民のわたくし、関根と申します。さて、今日は、なんと、お待ちかね!愛と安心のメッセンジャーあおひと君をお招きしています。

     あおひと君にはいろいろと、地球にきた理由、未来への抱負など、お話をうかがいたいと思っています。よろしくお願いいたします。おはようございます。今日はお忙しい中、どうもありがとうございます。

    A1 あおやま あおもり ブルーマウンテン!

    (あおひと君は日本語を理解できるらしい)

    S2 こんにちは。

    A2 あおやま あおもり ブルーマウンテン!

    S3 おっと、いきなり、あおひと君らしいインタビューになりました。あおひと君は、3つの青い出会いの感動を告げるのが、挨拶だそうです。

    A3 ブルー(あおひと君語で、はい、の意味)

    S4 なんとあおひと君は、白金台に来る前に、青森、ブルーマウンテン?! というと、ジャマイカに行って来たんですか?

    A4 ブルー

    (BGMがフェイドインで入ってくる。曲は早乙女和完演奏・唄「あわの歌」)

    S5 サスガ、あおひと君ですね、フットワークが青い。あおひと君を簡単に紹介させていただきます。
    あおひと君は、パラレル第3ワールドのヒカリ分岐点という、ヒカリとダークエネルギーが同期する次元を通って地球に来ました。

    時間的にはお互いの世界の構造が違うので、未来からきたとも言えるし、過去から来たとも言えます。
    あおひと君の世界では、時間や物質など、あまり重要じゃないそうです。色が、すべてを支配していて、存在の基準になるそうなんです。

    A5 ブルー

    S6 それで、今回、地球にきた理由をお教えくださいますか。

    A6 スーパーブルーを探しにきた。

    S7 スーパーブルー?

    A7 スーパーブルーとは、エネルギー保存の第9法則とも言われているものだ。あおひと君は、そのスーパーブルーがないと生きていけない。

    あおひと君の星では、あおひと君やあおひと君、それにあおひと君も、黄色くなりかけたとき、必死に冷や水をかけてくれたあおひと君も、グンジョ色ジャンプの悪い癖を、真っ青になって直してくれたあおひと君も、色あせてしまう。

    S8 だから、あおひと君といえども、アオが抜けて白っぽくなってしまっているのですね。ちなみに、あおひと君のお知り合いは、みんな、あおひと君なんですね。

    A8 あおひと君もあおひと君もそうだ、みんな、あおひと君だ。それに、違うあおひと君もいるし、あのあおひと君は違う事務所の人だし、あおひと君みんな、とても心配だ。

    S9 それはたいへんですね。ちなみに、スーパーブルーは見つかったのですか?

    A9 真っ青。だから、体が白くなっている。

    S10 しかし、そのスーパーブルーは地球にあるのでしょうか?

    A10 こんなに青く輝く星は、他の宇宙にはない。すばらしい星だ。私たち、あおひと君の星は、地球より5.2倍ブルーだが、青色度に換算すると、1,865,000アオアオくらいはある。

    S11 そうなんですか。あおひと君の話はあまりにも、青すぎて、よくわからないのですが、とにかく、青くなってしまいますね。

    A11 レッドレッド。真っ赤っかになっちゃいます、赤くなったら、あおひと君は存在できない。黒くても、しばらくの間は、しのげるが、うすピンクになり始めたら、もうダメ。あおひと君は、絶滅するしかない。レッドレッド!だってピンク君になったら、あおひと君じゃない。

    S12 死活問題だってことだけは、わかりました。そのスーパーブルーが見つかれば、いいですね、、、

    (次に続く)
    HORMONE SEKINE OFFICIAL SITE | comments(0) | trackbacks(0) |