ARCHIVES















    • Contemporary Art 2.012展
      記事掲載
















  • 簡単なのよ、新しいものをつくるというのは、、、
    簡単なのよ、新しいものをつくるというのは。
    いままでにないものをやればいい。

    また、古いものを真似してりゃ安心ですよ。
    いかにも伝統的だと褒めてくれる人もあるかもしれない。


    引用抜粋:「100歳を迎えてさらなる挑戦」 篠田桃紅(美術家)
    『致知』2013年7月号特集「歩歩是道場」総リードより

    しのだとうこう。現代美術家。最初は書家だった。

    書画は、独学らしく、アメリカでも制作したが、乾いた空気が水墨に向かないと、日本を拠点に。

    あの映画監督篠田正浩氏は、いとこにあたるそうだ。

    すごい!100歳、いまだ現役。

    でも、そのくらいにならないと、簡単なんて、そう簡単に言えないっす。

    自分的には、井上有一の方が好みだが、、、、

    そういえばなぜか、長谷川祐子氏キューレションで、今年のシャルジャ・ビエンナーレに出品されてたなぁ、、、

    ところてんで、いろんなことがめまぐるしく展開している、今日このごろ。

    昨日、一昨日も、三日前も!

    詳しくいろいろ書きたいけど、時間はないし、それにも増してどんどん暗くなる。

    太陽はこんなに明るいのに!空はこんなに青いのに!

    そうだ、ヒートが優勝した。

    最終戦は、ヒート95-88スパーズ。第6戦の、最後のアレンの3ポイントがすべてだったかぁ。

    しかしプロバスケは面白い。

    MLBもいいけど、、、ブルワーズの青木選手、お子様が生まれたそうで、おめでとう!

    そのかわり、ヤクルト終わってるんですが!

    でも、上原選手のはしゃぎぶりとか見てると、アメリカに合う人っているよね。

    解説者の田口氏とか小宮山氏とか、元気っていうか、明るいっていうか、なんか違う。

    篠田桃紅じゃないが、空気が乾いていると人間も変わるよね。

    image02.jpg
    HORMONE SEKINE OFFICIAL SITE | comments(0) | trackbacks(0) |
    今日の感動
    コンフェデ日本vsイタリアの激戦は、思いもよらぬ展開に、正直、驚いた。

    カテナッチオ(かんぬき)相手に3点もとったのだ。

    少しフラストレーションがたまったところもあったけど、もちろん勝っては欲しかったけど、来年のWカップにとっておけばいい。(というブラジルも内憂外患らしいが)

    現状、私利(支離)滅裂ジャポンと比べて、サムライジャポンのひたむきさ、一生懸命な姿を見れたおかげで満足です。

    感謝感謝!ありがとう。

    ところで、コンフェデの「世界を青く!」ってNHKのコピーなのか?!

    いろんな意味でビミョ〜だなぁ、、、、汗

    それと、清武選手は、出さないの? あのセットプレーでの精度は、グンバツだと思うんだが。

    詳しいことはわからないが、香川とバッティング?若いから?それとも監督との相性?

    さあ、明日はNBA(全米籠球連盟)ファイナルのファイナル。

    ヒートvsスパーズ3勝どうし、最後の激突。

    第6戦、スパーズ勝利で幕が下りると思ったが、さすがレブロンろん。

    アレンのほとんどブザービーター(タイムアップ同時のゴール)3ポイントで、オーバータイムに持ちこんだ根性と技術はすごいの一言。

    対米追随とか、毎日のように嫌米情報に囲まれている自分でも、スポーツとアートは別。

    ところで、レブロン・ジェームズ君って、ショルダープレス、何キロあげられるんだろう。

    203cm&すいかっぷ並みのあの肩で、バーベルだったら140kgくらいはあげられそうだ。

    ちなみに、全盛期のシュワちゃんは、ベンチプレス234?7kgと以前、雑誌に書いてあった。

    でも、世界最強虫王の仕事を一緒にさせていただいた、なべやかんさんは、ベンチ130kgとか言ってたけど、

    体格を比べたら、やかんさんの方がすごいかも。

    まあ、どっちにしろ、別次元だね。

    自分は、身も心もボロボロ、常にどっかが痛いから、走っても筋トレするも維持するんで精一杯。

    そろそろ暑くなってきたし、外走りはキツイなぁ。

    おとといも、5キロ走ったけど、いつもより暑くてヘロヘロになった。

    といって内走りで、千駄ヶ谷体育館のルームランナーもすぐ飽きちゃうし。

    そういうえば、なぜか森のビアガーデンから漂ってくる、焼き肉の臭いが減ったみたいだ。

    去年までは、臭いで腹が満たされたのだが。。。残念だ!

    ということで、いろいろつっこみネタはあるけれど、今朝の感動を壊したくないので終了。

    img001.jpg
    HORMONE SEKINE OFFICIAL SITE | comments(0) | trackbacks(0) |
    天賦人権飛んでイスタンブール
    ブラジルは強かった。

    しかしイタリアvsメキシコを見る限りにおいても、日本とのレベルの差は、アリさんマーク。

    いみじくも、試合解説の山本昌邦氏曰く、優先順位はゴールなんですね。

    言い得て妙! 当たり前だけど、ゴールしてから、勝利なのだ。

    すっごく上手くて、強くなった日本サッカー。

    でも、大舞台になると、ゴールじゃなくて、勝利という抽象的なイメージを呼び寄せちゃう?!

    やっぱり国民性?! 和を先に重んじるからかなぁ。

    だって、いろいろな個人競技では、世界でも勝てるからね。

    てなことで、イタリア、メキシコ戦では、ゴールを決めてください!

    ところで、先週の「96条の会」を見てから、気になる言葉があった。

    天賦人権(てんぷじんけん)説。  

    簡単にいうと、天から与えられた、人の力ではどうにもならないもの。
    つまり「侵すことのできない」もののこと(国語辞書 - goo辞書)。

    それで、ネットでググってみると、知らないうちに、昨年末に、自民党片山さつき議員の、ツイッター発言が大きな話題になっていた。

    参照先:https://twitter.com/katayama_s/status/276893074691604481

    片山氏の発言は、明らかに問題あるけど、本来の思想は、とても興味深い。

    96条の会、樋口名誉教授が、新憲法草案で、この天賦人権を否定していることは、ゆゆしきこと、と怒っていたが、自民党のQ&AのQ2に、「天賦人権説に基づく規定振りを、全面的に見直しました」と、やっぱり書いてあった。

    「規定振り」って、なんか書いた人の、微妙な心理状況って言うのか、後ろめたさ、が臭う。

    18世紀のルソーやジョン・ロック(米TVドラマのロストに出て来たのと同じ名だ。おそらく、彼の行動や性格に、この思想のなんらかの意味合いを込めていたのかもしれない)など、ヨーロッパ啓蒙思想から定着した概念という。

    ちょー簡単にいうと、国とは、そもそも備わっている人権(自然権ともいう)を守るためにあって、国家が人権を与えたのではない、と言うこと。

    それが、新憲法草案では、国家が人権を規定している、というので皆、騒いでいるのだ。

    もちろん、平和憲法の改訂で、国防軍新設とかがあるが、安全保障はアメリカを無視できないから、そう簡単には行かないだろう。

    詳しくは下記ブログに、とてもわかりやすい解説があるので、素人の自分が、知ったかぶりで書くより、よっぽどいいので参考にしてください。

    烏蛇ノート「天賦人権説(あるいは自然権)の否定は何が問題なのか?」http://d.hatena.ne.jp/crowserpent/20121212

    片山さつき氏など新憲法擁護ブログも参考のために。
    「BLOGORS 憲法改正デマ(4)「天賦人権説」という言葉の誤用が招いた批判 - 開米 瑞浩」http://blogos.com/article/58803/

    もちろん、9条平和憲法もあるが、特に、「国民の権利と義務」の第3章は、よく議論していかなくてはならない。(第10条から40条)

    もちろん、反対するも賛成するも、議論するのも、意見するのも、自由。

    でも、いったんこれで決まったら、賛成しかできなくなる可能性が大きい。

    反対すると、公益および公の秩序に反する、ということだからね。

    でも、考えすぎという意見もあるだろうが、1億円だって、1円の積み重ね。(ロト7当てるしかないよな)

    戦争だって一言の軽はずみな言葉の積み重ね。

    とくに自分みたいな、自由業な人たちは、なおさらです。

    と言うか、彼らにとっては、自分たちみたいな人種こそ、要らない、それこそ「放るもん」なんでしょう。

    自虐観自かぁ、、、、さぶっ!さっき届いたゼピール扇風機のせい?!

    最後に、トルコ事情のブログを紹介しておきます。いい国で、いい人たちが多かったので、とても残念です。

    http://agora-web.jp/archives/1542857.html
    http://jp.globalvoicesonline.org/2013/06/15/22913/

    でも東京都は、オリンピックの件があるから、内心喝采してたりして。

    あの安全神話をぶちあげたプレゼンは、とっても生き生きしてて、ビックる一気のみ。

    TPPが、決まっていたら、そのころはどうなることやら、、、

    写真は、2010年、イスタンブールアートフェア/アーティストに招待されたときのパフォーマンス。三味線は、早乙女和完氏。あおひと君パフォーマンスは、ヨーロッパではなぜか大人気?!

    一応、イスラム圏なのでペニバンが心配だったけど大丈夫だった。でも、今回の大規模デモの原因は、エルドアン大統領の表現の規制もあったというから、ちと驚いた。当時、不景気で、大統領の人気はなかったけど、観光客には、とても自由な雰囲気でした。

    一番下は、今回のデモの中心となったタキシム広場。そう言えば、この広場で自爆テロに、15分差で遭遇した。

    CIMG1279.jpg
    CIMG1292.jpg

    CIMG1320.jpg
    HORMONE SEKINE OFFICIAL SITE | comments(0) | trackbacks(0) |
    96条とお上
    蒸し暑い!

    仕方ないから、アマゾンコムコムで扇風機を買ってしまった。

    1,980円。

    やっすいね、ゼピール?知らないメーカー、もちろんチャイナ。

    うるさいかな、とコメントをチェックしたら、なんか評判いい。

    さあ、扇風機もそろったし、NBAファイナルも佳境だ。

    スパーズVSヒートは、2勝づつで、面白くなってきた!

    かたや、日本では、プロ野球の公式球改良隠匿事件。

    加藤コミッショナーは、どうどうと、「不祥事ではない、情報伝達の不備でしかない」と強調してたけど、もう地に落ちた感がある。

    原発と同じコウゾウ。

    これでは、どんどん優秀なプレイヤーはMLBに、流出するな。

    結局、自分で自分の首をしめるサムライ・ジャパン。

    かたや自分で自分を縛る、あおひと君。

    守備選手にとっては、数メートルの飛距離でエラー、打者では、打率やホームランの差が、年棒の査定に。

    それより何でこの時期に?!ってほうが興味ある。

    だいたいこういうニュースが突発するとき、裏では何かが進行している。

    学んだね、ニュースの見方。

    株価下落、長期金利上昇、中国のTPP参加、さて何が隠れてるのかな〜。

    来週になったら、わかるかなー。

    とにかくいろいろな日本のウミが311以降、出まくっている。

    プロ野球公式球の問題も、考えれば、お上の視点。

    原発もTPPもお上の視点。

    ちょっと古いネタだけど、原子力規制委員会で、有識者からご意見ちょうだい、っていう検討会議があった。

    参考サイト:第13回原子力規制委員会 http://iwj.co.jp/wj/member/archives/6886

    そこで、あの有名な船橋洋一元朝日新聞主筆が、原発安全神話に対して、いいこと言ってた。

    安全神話とは、既得権益を正当化するために作った神話。物事の決め方・すすめ方をパブリックな形で、リスク議論をしないような空気を作る。異論を言う、問題提議をすると嫌われる。霞ヶ関は、優秀な人材を、傷のつきやすい部署には回さない。規制委員会がこれからもっとも苦労することは霞ヶ関文化に飲み込まれないように、いかに戦かっていくかだ。

    って、田中俊一委員長以下、規制委員にのたまっていた。

    そんなことは、船橋氏にあえて言われたくはないけど、せめて在職中に言ってもらいたかった。

    それで思ったのが、日本人のDNAにすり込まれた、明治開国までの、武家社会の、今言えば独裁国家の歴史が長く、お上と下の潜在意識がなかなか抜けきれない、ってことだ。

    政治家や芸能人の世襲制を見ても、霞ヶ関文化を見ても、あくまでも、下のものは、お上に逆らってはいけない文化。

    下にいいぃ、、、下にいいぃ、、

    だから官僚になれる人のDNAには、お上のDNAが。

    一般市民のDNAには、農工商のDNAが生き続けている。

    特に、戦争がないので、またそのDNAの欲望が復帰し始めているのだ。

    だいたい明治開国だって、成し遂げたのは、結局お上たち。

    薩長、土佐、会津だって皆、決起したのは、お上の連中。

    ジャンヌダルクは農民の娘だったし、フランス革命みたいに、一般市民の手によって成し遂げられた訳じゃない。(あくまでも一般論でし)

    最後に、先週14日金曜夜に「96条の会発足記念シンポジウム」って言うのが、上智大学であった。

    なんと、270名の会場、立ち見も満杯、最終的には、9会場を準備、1200名弱が集まったという。

    あのNHKすら、ニュースで流したくらいの盛況ぶりだった。

    自分は、USTで見たのだが、憲法学者樋口陽一東京大学名誉教授の基調講演など、とても勉強になった。
    http://www.ustream.tv/recorded/34321665

    この期に及んで、日本国憲法をじっくり考えるなんて、時代は変わった。

    改憲でも護憲でも、いろいろな考え方があっていい。それが民主主義。

    とにかくお上のように、無礼者!って力で、ごり押しするんじゃなくて、シンポでも言ってたけど、熟考、熟議し、もっと地に足がついた日本国作りを、みんなで模索しないと、本当に原発の神様が、おこっちゃうようで気が気でならない、、、ぶるぶるぶる
    HORMONE SEKINE OFFICIAL SITE | comments(0) | trackbacks(0) |
    自動翻訳とプリズム
    NBAファイナル第2戦!

    ヒートが103対84勝利、これでイーブン、1勝1敗。

    ヒートにとって、ホームで2敗はできないだろう。しかし、レブロンが不調で、アシスト役にまわりウエイド、チャンバーズ、ミラーなどの奮闘、逆転した。

    チャルマーズがチーム最多の19得点をあげる。ちなみにチャルマーズは、スパーズのスーパーガード、パーカーより背は低く公称184cmらしい。

    チャルマーズにせよ、パーカーにしろ、童顔で他の選手がデカすぎるせいもあって、メチャクチャ小さく見える。

    しかし、アルゼンチン出身のジノビリといい、ダンカンといいスパーズのキャラがいいネ。ヒートにも、中途入団のタトゥーがド派手なアンダーセンは面白い。

    ジノビリだって2m1cmもあるけど、ジノビリステップという華麗なフットワークを見せるし、なんで2m以上もある巨漢たちなのに俊敏なのだ。あんびりーばぶる。

    今は解説者の、北原氏は、2m1cm。当時、全日本のエースだった彼は、アメリカに武者修行に行ったけど、噂じゃ高校生くらいにしか通用しなかったという。

    今でもおそらく全日本は、アメリカの高校生の上位チームには、勝てないんじゃないかな。

    さて、すでにヤクルトの自力優勝がなくなった。

    とほほ。まあ、秋になればNFLが始まるから、もういいぜよ。あのレブロンは、NFLからもオファーがあったというから、すごいよね。

    昨日のニュースで、アメリカ議会で、アメリカに不利になるTPP締結だったら、しなくていい、なんて日本へ向けて挑発していた。

    政府関係者は、これを聞いて焦りまくっているのだろう。(と元ネタのサイトを探したけど、見つからなくなった。幻か?それとも情報統制か)

    お役所は、決めたことは、絶対やらないといけない脅迫観念症候群。

    昔、大竹伸朗(現代美術家)が言ってたと思うけど、公立美術館などから、オファーがあると、最初はわざと興味なさそうに、無関心を装うのだそうだ。

    するとお役人はなぜだか、(昔は学芸員もお役人だった)焦って条件をよくしたりする、と聞いたことがある。

    自分もその日が来たら、大竹伸朗をまねして、じらそうと虎視眈々と待ち望んでいるのだが、、、(笑)

    ところで、映像作品の英語版のため、台詞の英訳をしたけど、驚いた。

    自動翻訳ソフトの精度がメチャクチャあがっている!

    一昔前、エキサイトでもヤフーでも自動翻訳なんて、ほとんど使い物にならなかったので、企画書の英訳はけっこう苦労した。

    でも、最近は、うまく訳してくれるし、日本語さえちゃんとしていれば、かなり使えるようになったと思う。

    もちろん、変な訳が出てくるときもあるけど、むしろ、日本語が間違っていることの方が多いくらい。

    それでプリズム事件が勃発。

    PRISM事件でオバマ「多少のプライバシーの犠牲は我慢しろ」(動画)http://www.gizmodo.jp/2013/06/_nsa.html
    ちなみにオバマ大統領も禁煙できなくて、困っていると聞き、少し親近感あるのだけど。。。

    米政府が国民の情報収集をしていた「PRISM」問題を暴露したCIA元職員が実名公開
    http://gigazine.net/news/20130610-prism-whistleblower-cia-technical-assistant/

    これは、サーバーにある個人情報を盗み見できるシステム。日本だって、これだけ翻訳ソフトの精度があがれば、データを盗聴・解読されてもおかしくない。

    エシュロンという盗聴システムは、すでに稼働しているが、その最新バージョン?!

    ていうか、日本政府や主要官庁、外郭団体の通信は、すでに、すべてアメリカの監視フィルターを通っていると考えた方がいい。

    TPPとかの陰に隠れてマイナンバー制も成立。プロバイダーやログイン登録のさいに、マイナンバーの提出も強制されたら、ネットへのコメントからでも、個人を特定されやすくなる。

    今回、ネット選挙解禁にからめて、ネット選挙活動から、なにか不祥事が起きて(起こさせて)、登録制に向かわせると考えるのは、思いこみ症候群かな?!

    市民運動の告知や招集が、ツイッターではできなくなる日も近いのだろうし、どこの国の政府にとっても、うじゃうじゃ五月蠅い小市民を黙らせたいのは、言わずもがな。

    ここに、改憲で盛んに出てくる、公益及び公益の秩序で、新憲法21条の表現の自由の2の、「公益及び公の秩序を害することを目的とした活動を行い、並びにそれを目的として結社をすることは、認められない。」にかかってくるのだろう。

    とネガティブなことばかりを想像してしまうから、よくない。

    というか、悪いことは、当たりやすく、良いことは当たりにくい。

    悪いことは、はずれても気にならないし、むしろ、はずれたことへの喜びが多く味わえちゃうから、悪い予想をしたがる傾向になるのだろう。

    ダメダメ!具体的にいいことだけを考えましょう。

    呼び寄せの法則! 

    ハッピーハッピーハッピッピっぶるぶるぶる!
    HORMONE SEKINE OFFICIAL SITE | comments(0) | trackbacks(0) |