ARCHIVES















    • Contemporary Art 2.012展
      記事掲載
















  • デモと東大話法
    今日はU23オリンピック予選。なでしこジャパンに続け!

    ところでツイッターにスパムメールが急に来るようになった。フェイスブックも新しいタイムライン・インターフェイスになった途端、アクセスがメチャ遅くなった。

    単純に端末PCの互換性の問題(マックPC)のせいなのか、先週末、増大した大陽風のせいなのか、トラフィックの急増で対応できなくなったか、闇の検閲ソフトのせいなのか、真相はわからない。

    去る3月11日の午後から少し晴れ間ものぞき、知り合いの個展の最終日だったので顔だけでも出そうと自転車で銀座へ向かった。

    途中、半蔵門手前当たりから急に警官の数が増えはじめる。なぜか日曜にかかわらず厳重、警備中だ。

    かけ声が聞こえた。とともにデモ行進が近づいてくる。反原発を訴えている。少人数のグループですぐに通り過ぎる。するとまた遠くからシュプレヒコールが聞こえてくる。今度はかなり長い隊列のデモだ。

    みんな一緒に盛り上がればいいと思うが、よく見ると、宗教団体系だったり労働組合系だったり。反原発でも一緒に反対できないのも押し迫った危機感がないせいか。

    小さい頃、安保デモを目の当たりにした印象から言うと、当時のデモは戦いだった。投石やら催涙ガスやら市内戦さながらの切迫感があったが、今のデモは団体旅行のような気楽さと各人のテレがうかがえ、それはそれで平和的でいいと思う。

    後から311の夕方、人間の鎖で国会を囲んだ、と知る。夕方、国会の近くを通ったとき、大きなデモ行進が国会方面に進んでいたから彼らが鎖を築いたのかもしれない。

    しかし日本中、反原発デモなどが繰りひろげられているのにマスコミは相変わらず見て見ぬふり。たぶん一度でも過激な行動やら暴力事件に発展したら、デモグループを悪者に仕立て上げ、一斉に集中砲火を浴びせるのだろう。

    そのかわりに、震災被災者の悲劇ばかりを放映する。そこには政府の怠慢や遅延する復旧対策や原発事故責任をウヤムヤにしながら、怒りの矛先を同情論と差し替え、責任の所在を闇に葬ろうとする姿勢がミエミエ、、、ところで山口美江さんのご冥福をお祈り申し上げます。柴漬け食べたい!はまだ覚えている。

    セシウム、ストロンチウムはカリウム、カルシウムに似ているので体内に入ると、それらの過剰摂取と同じ症状がでると複数の専門家は忠告している。ガンは発症に時間がかかるが、セシウムなどの過剰摂取による心臓系疾病は早くあらわれ被ばくとの因果関係が疑えるのだそうだ。

    ところで「ベンゼンより高影響=内部被ばく推計、東京の発がんリスクー東大」という記事が一昨日、時事通信から発せられていた。東京は被爆リスクはほとんどないよ、みたいな報告だ。

    まず推計である、実地調査ではない。それに「厚生労働省や東京都が公表している水道水や乳製品、野菜などの放射性物質濃度を基に、・・・」とある。???厚労省と東京都の調査が正確な測定値という仮定に基づいた机上の計算だが、時事通信がニュースにするともっともらしく信憑性が増すから、マカ不思議。
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120312-00000127-jij-soci

    もしこれが「ベンゼンより高影響=内部被ばく推計、東京の発がんリスクー大東大」だったらどうだろう。(大東大関係者の皆様、お許しを!)

    論文を孫引きフレーズを集めて書いたことと同じである。東大、厚労省、東京都の資料だから嘘はない、と今までは信じてもらえた。しかし311から一気にこの神話は崩れていると言いたい。

    私たち関東以北の人たちは福島県民の方々ほどではないが、被ばくの無言の圧力を受けている。不安な気持ちは体の奥底に日々、積もり続けているのだ。子供のいる家庭は笑い事では済まされない。

    最近、安富歩の「原発危機と「東大話法」という本が話題になっている。原発事故から触発されて書いたと言う。その話法を20の法則にまとめている。というか20個もあって法則とは言えないだろうが、児玉龍彦氏と同様、怒り心頭なのだろう。

    1:自分の信念ではなく、自分の立場に合わせた思考を採用する。
    2:自分の立場の都合のよいように相手の話を解釈する。
    3:都合の悪いことは無視し、都合のよいことだけ返事する。
    4:都合のよいことがない場合には、関係のない話をしてお茶を濁す。
    5:どんなにいい加減でつじつまの合わないことでも自信満々で話す。
    6:自分の問題を隠すために、同種の問題を持つ人を、力いっぱいに批判する。
    7:その場で自分が立派な人だと思われることを言う。
    8:自分を傍観者と見なし、発言者を分類してレッテル張り氏、実体化して属性を勝手に設定し、解説する。
    9:「誤解を恐れずに言えば」と言って嘘をつく。
    10: スケープゴートを侮蔑することで、読者・聞き手を恫喝し、迎合的な態度を取らせる。
    11:相手の知識が自分より低いとみたら、なりふり構わず、自信満々で難しそうな概念を持ち出す。
    12:自分の議論を「公平」だと無根拠に断言する。
    13:自分の立場に沿って、都合のよい話を集める。
    14:羊頭狗肉。
    15:わけのわからない見せかけの自己批判によって、誠実さを演出する。
    16:わけのわからない理屈を使って相手をケムに巻き、自分の主張を正当化する。
    17: ああでもない、こうでもない、と自分がいろいろ知っていることを並べて、賢いところを見せる。
    18:ああでもない、こうでもない、と引っ張っておいて、自分の言いたいところに突然落とす。
    19:全体のバランスを恒に考えて発言せよ。
    20:「もし○○○であるとしたら、お詫びします」と言って、謝罪したフリで切り抜ける。

    だそうだ。

    写真は「AP013」78cm x 108cm、水彩紙にグワッシュ。
    013.jpg
    HORMONE SEKINE OFFICIAL SITE | comments(0) | trackbacks(0) |
    311をむかえて
    黙祷。

    一年が過ぎた。今だ余震は続いている。一昨晩も震度5弱の地震が茨城北部を襲った。

    マスコミでは盛んに被災者の悲哀、復旧の様相を放映。被災された方々の悲しみ、ご苦労は計り知れない。本当に運命のはかなさ、自然の脅威、人間の非力さを思い知らされた出来事だった。

    ところでナショナルジオグラフィックではさっそく福島第一原発事故のドキュメンタリー番組を制作している。IAEAやNRC(アメリカ原子力規制委員会)の現地調査の記録もいれながら日本政府の一連の対応や事故原因などを再現、検証していた。

    番組内では東電の政府などへの情報隠蔽、福島第一の旧式増殖炉の欠陥、天災によるリスクマネージメントの甘さなどを指摘。なにせ2002年ころに検討された地震による災害シミュレーションの結果、今後30年間、大きな津波は来ない、と判定したというのだから恐れ入る。専門家でも地震予知は年幅くらいでも困難と言明しているにかかわらずだ。

    海外のマスコミは原発事故に対して数々の人災を指摘しているにかかわらず、国内で責任の追求はほとんど聞かれない。猪瀬副知事や上田埼玉県知事の東電の企業向け電気料値上げに対する抗議もポーズにすぎないのだろう。電気料は経費プラス3%の利益は確保されている総括原価方式という価格設定にかかわらず個人向けも追って値上げるらしい。

    当然、電気事業の自由化を考えてしまうが拙速は危険。なにせアメリカではエンロン事件がある。エネルギーを債権化して大停電を引き起こした事件だ。自由化するとTPPがらみで美味しい市場になる。郵貯がなかなか民営化できないなら先にこっちでいくか!おそらく青図はできているのだろう。

    話が飛んだが、当然、日本のマスコミでは作れない内容だ。欧米、とくにアメリカはいきすぎた資本主義、軍産複合体にみる好戦性、影の支配者による陰謀論など批判も多く耳にするが、なんか国としては全体的にバランス感覚の良さを感じてしまうのは自分だけだろうか。

    それが宗教のせいなのか、多様な国民性のゆえかは知るよしもない。とにかくアメリカに長く住んだ経験があるわけではないので偉そうなことは言えないが、日本よりは平等に見えてしまうし独裁国家的には感じられないのだ。少なくとも政府官僚上層部が大統領とともに入れ替わる部分だけでも見習った方がいい。

    日本国民は仏教&儒教の影響なのだろう、とても謙虚、悪く言えば服従好きのため、お上にもの申せない。その上、士農工商の歴史も長く、外国植民地支配もない中、階級制度が身に染みつき、大多数の平民(武士は7%くらいしかいなかった)には”おしん”じゃないが忍耐や和が美徳としてすり込まれてしまった。海外からも絶賛された311当日の都内のあの秩序だった光景は日本の誇るべき国民性のなせる技だ。

    今、思うと「男は黙ってサンパウロ・ビール!」なんてコピーが大受けしたことも合点がいく。黙った男が評価される国なんて他にはないだろう。それは反面、独自な文化で素晴らしいのだが、これだけグローバルスタンダード、ワールドワイドになったらそうも言ってられない。和洋折衷とは言っても性格と行動は別々にはできない。

    最近、震災当時の政府、原発の実態がマスコミにのぼり初めた。急に今頃、言われても、の菅じゃない、感がある。貯蔵燃料棒だらけの第4原子炉の安全性だけでも伝えて欲しい。なにせここも偶然、修理が遅れたせいで最悪の事態を免れていた、と言うではないか。

    被災地のがんばっている姿を見せることで、みんなで絆を確かめ合い、より早い復旧を願うのは当然のことだが、政府や東電、関連機関、専門家たちの責任の検証、原発リスクの公表などなど、改善を促すような番組がもっと放映されるべきではないか。メディア勢力図の変化で売上げが減り、もはや政府と従米とお笑いプロダクションの広報担当になりさがってしまったマスメディアに求めるのは酷というものか。

    なんか消費税増税をこれほどまでに推し進めているのは今後、増え続けるガン患者を見越しているのか、と勘ぐってしまう。それにこの混乱に乗じて進めている社会保障と税の一体改革というのも危なさそうだ。マイナンバー法なんて親しみある名称で呼ぶ国民識別番号制もいかながなものか。国民年金、健康保険など国税庁管轄になったら強制徴収になる可能性もあると言う。

    こうやってどんどん青テープで縛り上げられていくあおひと君増殖計画、着々進行中!

    なんでも隠ぺいし後で、実はホントとはこうだった、とかもう止めてよね。犬の遠吠えのごとくウダウダるーが言ってないで、自分たちがもっともっと意識を変え行動につなげていかなきゃ、ダメなんだろう。

    でも日々の生活に追われ(追われるような仕組みになっている)ゲームやアイドル、お笑いで時間をとられていたらそんな余裕ないし、ますます格差社会になり、富裕層は当然、今の地位を保ちたいがため政府官僚のやることは黙認するし、反面、平民層は、現実に追われ、もの申す暇もないし活力もわかなくなり、お上にとってイケイケどんべえ、洗脳しやすく扱いやすくなっていく。まさに3S(GHQが持ち込んだスポーツ、セックス、スクリーンによる洗脳政策)効果の面目躍如。

    ところで最近読みたいと思った本に、岡田斗司夫著「評価経済社会ーぼくらは世界の変わり目に立ち会っている」がある。さっそく図書館で借りようと思ったら、なんと17人も予約がいた。アマゾンの中古でもまだ高い。内容はアマゾンレビューでは賛否両論、「フォロワーが100万人いるひとなら1億円を稼ぐのは難しくない。逆に、1億円を持っていてもtwitter のフォロワーを100万人にするのは難しい」、というフレーズが示しているように価値観がお金から違うモノ(評価)に移っているそうなのだ。

    こういうことを言うと、でたでた!貧乏人の言い訳。だから金持ちになれないんだよね〜、クっククっクっ〜青い鳥〜♪という反論がすぐ返ってきそうだ。でもね、リーマンショック以降、特にお金至上主義を疑う人たちが増えていることは事実だし、人間はとてもグリーディ(どん欲)だからお金が生み出す価値観に飽きてきたとも言えるのだ。

    英語教育はなんども書いているけど、日本人自立防止策の代表例だが「男は黙ってサンオイル!」も立花隆の「田中角栄研究」(ネット上ではCIAがらみの陰謀だ)、安達祐実の「同情するなら金送れ」も、すべて仕組まれたと思えてくる。振り込めサギも預金封鎖をしやすくするためとも言われているし、なんかすべて疑心暗鬼になる今日この頃。

    よくないなぁ〜さみしいなぁ〜。

    20世紀は急激な科学の発展で確かに生活は豊かになり世界観が広がった。でも先回も書いたように科学は思想ではないので倫理感がともなわない。どうしても人間の尊厳などは排除されてしまう。やっぱり霊界が哲学的に証明されて科学的に発見されて、嘘や悪計が霊次元からはすぐに確認できるなんてことになったら面白いのに。

    ところで嘘というコトバ(行為)がなくなると人間の言動はどうなるのだろう?あり得ない?!
    011.jpg
    HORMONE SEKINE OFFICIAL SITE | comments(0) | trackbacks(0) |
    311を前にして
    やっと暖かくなってきた。今年の東京の開花は平年より5日間ぐらい遅れるらしい。さっき代々木公園を通ったら桜の枝に小さなつぼみみたいなものがたくさん萌えていた。

    さて、先日、個展を終えたが次の個展の準備にはいる。こんどの会場はとても広いからさっさと制作しないと間に合わない。作品の構想はできているので不安はないが。

    先日、スポーツと地震速報は見たいのでとうとう我慢しきれず、だからってデジTVを買う気になれないから、アナログ受像機でも見られて料金がいちばん安い光テレビをつなげた。

    ひっきりなしに311大震災の特番を流す。正直、トラウマがまだ癒えず見る気になれない。弱者ばかりにレンズを向け同情に訴えた構成も息苦しいし。

    同情するなら金をくれ!と昔、安達祐実は雄叫びをあげたが、政府与党や東電の責任、原発事故の対応に焦点をあてたような特番は見あたらない。せいぜい、NHK特集番組に取り上げられていた涙声で怒りを表していた東大アイソトープセンター長の児玉龍彦教授くらいか。

    児玉教授曰く、原発推進をバックアップした東大の責任は大きい。今回の事故で自らの責任を果たすためにも政府や関連機関の対応に怒りを覚える、といっている。放射線被爆問題でカンカンガクガクな議論というか中傷合戦を呈している学者たちとは感性が違う。

    しかし20世紀後半からコンピューターの飛躍的な発展に乗じて科学分野の進歩もすさまじい。医学、物理、化学、天文学、生物学など日進月歩、いや秒進分歩じゃないだろうか。

    それで今は思想的にも自然科学的転回とも言われている。脳機能の研究、遺伝子の解読などにより人間がどんどん知り尽くされていく。しかし科学は哲学とはちがい思想ではない。知識を得るための手段なのだ。ゆえに倫理的な問題に触れることがない。

    だから広島、長崎の原爆被害者はアインシュタインを責めることはありえないし、ダーウィンを優生学を見いだしたからってホロコーストの責任を押しつけることはできない。

    現在、人類の最大の謎は宇宙の起源、生物の発生、心の正体の3つ。このどれかで新たな真実を見つけ出したら、その発見者の名は何千年と歴史に刻まれ続けることだろう。

    そろそろ霊的次元が科学的に明かされることもそう遠くないような気がする。すでに哲学的アプローチで証明しようとする流れがある。そんな考え方にとても興味があるし実際、霊的存在もしくはエネルギー体みたいな肉体とは別の心次元があると思っている。むしろあった方が面白いと思うのだ。生きているうちにその存在を端緒でも知ることができたらとってもうれしいのだけど。

    それよりなでしこジャパン強いぞ!今晩、ドイツと決勝だ。WC優勝に続き今回も勝ったら正真正銘のFIFAランクでトップにもなれそうだ。アメリカ戦をみてても体格は男女の差くらいあるのにテクニックと体力はまったくひけをとらない。

    いよぉ〜ニッポンちゃちゃちゃっ!
    Nippon_love.jpg
    HORMONE SEKINE OFFICIAL SITE | comments(0) | trackbacks(0) |
    個展雑記-2
    昨日で小田原郊外にあるすどう美術館での個展を終える。

    残念ながら期間中、天候が悪く雪までふるオマケ付き。そんなんで富士山は結局、拝むことが出来ず、当然、来館者数も少なかった。

    それにもかかわらず油絵や大きなドローイングなど数点がコレクターの手に渡っていった。これぞまさに青天の霹靂って言うヤツだ。やっぱり作品は他人に所有されて作品になると思うので感激、感謝です。

    本当に現代美術も親しまれ好きな人が増えた。気がつくと日本もかなり変わった。その変化があまりにも身近すぎるためか、時計の分針みたいに緩慢なせいか今になってその差がわかる。

    久しぶりに大相撲を見たら外国人力士の多いこと多いこと。なんとチェコの力士もいてビックリ!野球やサッカーでも海外チームで活躍する日本人選手も急に増えた。昔、大リーグはプロ野球選手にとって高嶺の花以上だったのに野茂選手の活躍あって今じゃ日本でいい成績あげたらすぐ移籍しちゃう。

    今日もアメリカ戦があるが、なでしこジャパンなんてワールドカップ優勝しちゃうんだから恐れ入る。でも正直、男の試合より面白いかも。うまいし点がはいるし、なんてたって勝つからネ。

    今年はヤクルトの青木がミルウォーキー・ブリュワーズにいっちゃって去年の雪辱に危険信号点滅!またダルビッシュやハーフナー選手とか外国選手みたいな日本生まれのスターも増えた。

    夜、六本木いけば日本人は少ないくらいだし、近くのコンビニには韓国、中国はもとよりインド系の若い女性すら働いている。青山三丁目のピーコックのレジのインド・バングラディッシュ系の女性店員たちは日本語は旨いし仕事ぶりだって遜色ない。

    いいことだ。日本人はもっと外国、特に欧米列国にもっと強気でいい。特に政治家は自国民には高飛車で公約は平気で破るくせに欧米人の前じゃどうも大人しい。チョウチョウハッシ、北朝鮮までいかなくていいが、中国くらいしたたかになって欲しい。

    戦後、GHQの敗戦処理で一番うまくいった作戦ベスト3をあげるなら、第3位官僚の権力温存、次が天皇家の温存、そして第1位に英語教育をあげる。日本人が英語教育で洗脳されなければ、こんなに白人に卑屈な性格にはならなかったと思う。もちろん今の若い人たちは自分たち戦後オヤジとは違うと期待している。

    ところで今週日曜は311。もう一年経つのだ。早い。でも東北被災地、福島第一はまだまだ苦しんでいる。政府の右往左往している様をニュースで知ると本当に大丈夫??? 増税する前にまず国にしかできないこと、震災と原発の救済に全力注いで欲しい。もし、行っているのならもっと国民に知らせて欲しい。

    でもでもやっぱりマスコミは機能不全。今朝もオセロ中島騒動一色。オセロ中島は嫌いじゃないタイプだけど太っちゃったねぇ、、、いまじゃキルト作家で有名らしいキャシー中島に少し似てきたかも。

    ネットで騒がれているシロアリ問題。野田総理の3年前の衆院選での街頭演説がその由来らしいがそのシロアリ演説がYoutubeで見られる。http://youtu.be/PmwJ0DrsXNw

    〜税金のムダ遣いは許さないということです。
    天下りを許さない、渡りは許さない。
    それを、徹底していきたいと思います。
    消費税1%分は、2兆5000億円です。
    12兆6000億円ということは、消費税5%ということです。
    消費税5%分のみなさんの税金に、天下り法人がぶら下がってる。
    シロアリがたかってるんです〜
    (街頭演説より)

    これじゃ、マニフェストを投票基準に出来ないじゃないか。

    写真は「神話」展示作品「日本」W=3m H=1.87m/水彩紙にグワッシュ。

    nippon2.jpg
    HORMONE SEKINE OFFICIAL SITE | comments(0) | trackbacks(0) |
    タイと日本
    昨日は大雪。雪が止んだと思ったら地震が数発。ということで3月になった。

    アメリカにとって9月が特別な月になったように(?)日本人にとっても3月は忘れられない月になった。とにかく福島原発の安全維持と復旧を心から祈っている。しかし復旧工事の経過や作業員の奮闘ぶりなどなかなか聞こえてこないのが不思議だ。

    また第4原発の貯蔵核燃料の始末は報道されないが、時限爆弾になっていると広瀬隆氏は警鐘を鳴らしている。これがメルトダウンするともう関東も終わりだ。
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20120229-00000307-sasahi-pol

    震災から一年になろうとするこの時期、再び日本海プレートが活発化しているように茨城県沖を震源とする地震が多発しはじめた。「日本の地震の地図」と言うサイトは震源と規模が地図上に示されて、まるでマグマの動きがわかるようで参考になる。
    http://www.japanquakemap.com/week?lang=jp

    いやはや一昨日も菅元首相の原発対応の調査結果がマスコミをにぎわしていたが、一夜越せばスッカラカンで今度は野田・谷垣密談疑惑! 辻元清美じゃないが政府は疑惑の総合商社かぁ。少しは政治家の皆様も霞ヶ関の官僚ばかりでなく、票を投じる選挙民の方を見て欲しい。当選したら、ハイさようならじゃ、明らかに裏切り行為だ。とにかく消費税増税は拙速すぎる。

    最悪、生活必需品は免除する欧米版付加価値税(VAT)だったらわからないでもない。日本のマスコミは欧米のVATを消費税と同じとしているがちがうのだ。

    ところが以前、藤井元税調会長(元財務大臣)がそれに対しての答えが、必需品と贅沢品の線引きが煩雑(はんざつ)になるので現実的でない、と言っていた覚えがある(確かな情報ありましたらフォロー願います)。税金ってその小市民に出来ない仕事やサービスをするために使われるンじゃなかったっけ?めんどくさいってことなのだ。国民もバカにされたもんです。

    ところで国際情勢分析が秀逸な田中宇(サカイ)氏という元共同通信記者のメルマガを購読している。海外ニュースを情報元に翻訳分析しているので日本のマスコミでは得られない各国の実状がわかって為(ため)になる。昨日のメルマガ「民主化するタイ、しない日本」にとても興味深いことが書いてあった。
    http://tanakanews.com/

    詳しくはブログを読んでほしいが、タイも日本と似ていて官僚支配の国なんだそうだ。タイは官僚が王室と軍部の複合体という違いがあるが、政治家が権力が発揮できないようになっているという。

    そういえばタイではたびたび軍部クーデターが起こっていた。それは実は政治家が権力を拡げようとすると軍部が反乱を仕掛け、国王がそれを仲裁し議会もくじけて国民も納得する、という筋書きができあがっていたのだそうだ。

    その理由とは両国とも長い植民地支配の経験がないので旧態依然とした官僚権力が温存されてきたのだという。日本は第二次世界大戦敗戦後、官僚が天皇と軍部をGHQに差し出し(宮内庁に天皇家の監理監督を承諾という形)で保身に成功したというのだ。

    しかし、タイはこの数年でその盤石(ばんじゃく)だった官僚(王室・軍部)体制も揺らいできたのだという。それはタクシン(海外亡命中)が開かずの扉をこじ開けたのだそうだ。ちなみにタクシン派は赤シャツで反タクシンが黄シャツだ。今は妹インラック・シナワット女史が首相を務めていて、官僚と国会をうまく操っていて安定しているのだと言う。

    日本はせっかく55年体制から脱却し官僚権力の縮小をはかったが、残念ながらあっという間に官僚政治にあと戻りしてしまった。なにしろ日本はバックにCIAなど強力な応援団がついているからタイのようにはうまくいかない。

    地政学的に日本は中国、ロシアとの中間位置だからアメリカも太平洋覇権のために必死である。この辺はEUとアラブの中間にいるトルコに似ているのかも知れない。

    今日も野田首相と谷垣党首の密談が暴露されたようだが、早くしないと消費税やら国民総番号制とか抵抗力をどんどん抜かれていってしまう。100万人くらい青シャツ来て議事堂前でデモったら少しは変わるかもかな(笑)

    さあ、日曜で個展も終わる。土日、天気がよければいいが(よくなさそう、、、涙)。なにしろまだ富士山の勇姿を拝めないでいるもんなぁ。。。

    写真:「試作10」水彩紙にグワッシュ、77cm x 51.5cm
    sudoh_10.jpg
    HORMONE SEKINE OFFICIAL SITE | comments(0) | trackbacks(0) |